2018.07.28 Saturday

ます釣りに行ってきた!

0

    JUGEMテーマ:家庭

     

     

    ます釣りに行ってきました。

     

    妻と次男坊と次男方の彼女で。

     

     

     

    長男坊と彼女は水曜日に行きました。

     

    就活の関係上・・・

     

     

     

    台風が気になりました。

     

    いろいろ相談の上、降ってきたら帰るという事で・・・

     

     

     

     

     

    少し、雨は降りましたが、

     

    台風の影響はありませんでした!

     

     

     

    川が1つ1つのブロックになっています。

     

    そのブロック毎にますを放流してくれます。

     

     

     

    本日の放流は、

     

    9:30と、10:30に。

     

    午前の部・・・

     

     

     

    ますを放流してくれると釣れます。

     

    釣り上げると、その後は釣れません。

     

    魚がいない状態になります。

     

     

     

    具体的に言うなれば・・・

     

    お腹をすかせた魚がいない状態になります。

     

     

     

    お腹がすいていない魚は釣れません・・・

     

     

     

     

     

    本日の釣果。

     

     

    彼女さん曰く・・・

     

    「釣れた時は、面白い!」

     

     

     

    その通りだと思います。

     

    釣れなくなったら、面白くない・・・ ^^;

     

     

     

     

     

    見えるのです。

     

    魚の影も、食べる瞬間も・・・

     

     

     

    長男坊達は、2人で18匹の釣果。

     

    本日は、4人で19匹の釣果。

     

     

     

    負けました・・・

     

     

     

     

     

    次男坊は、既に置き竿になっています・・・ ^^;

     

     

     

     

     

     

    写真撮影していてはいけません・・・

     

    私が足を引っ張っています・・・

     

     

     

    ブログより・・・

     

    釣果・・・

     

     

     

    でも、近所にも配れて、

     

    彼女さんにもお土産を渡せて・・・

     

     

     

    夕方、未だ雨も風もきつくなってなかったので、

     

    男3人で炭火焼き・・・

     

     

    酒を飲みながら、就活の話し・・・

     

    微妙・・・・ ^^;

     

     

     

     

     

     

     

     

    写真では分かりにくいですが、

     

    塩まみれで焼きました!

     

     

     

    1匹目は、「少し焼きが甘い・・・」

     

    2匹目は、「旨い!!」

     

     

     

    そのタイミングで、全員が食事に入りました。

     

    美味い!

     

    旨い!!

     

     

     

     

     

    ます釣りに行ってきました!! ^^

     

     

     

     

    korolemon

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    2018.07.07 Saturday

    パッションフルーツ到着!

    0

      JUGEMテーマ:家庭

       

       


      パッションフルーツ到着!


       

       

       

      平成30年7月7日(土)

       

       

       

      本日も雨です。

       

      ずっと降り続いています。

       

       

       

      明日にはあがってもらえるようですが、

       

      大きな被害が出ないうちに止んでもらい

       

      たいものです。

       

       

       

      皆さんの所は、如何でしょうか?

       

       

       

      対処が必要な場合、

       

      どうぞお気を付けて下さい。

       

       

       

      ちょっと確認に行って・・・ 

       

      で事故に会う場合があるようです。

       

       

       

      又、復旧作業等で、

       

      お疲れが出ませんよう・・・ カエル の画像

       

       

       

       

       

       

      さて、

       

      パッションフルーツを買ってみました。

       

       

      長男坊のご希望です。

       

       

       

      就職活動中、未だ決まらず。

       

      友人達はほとんど決まった様子です。

       

      そんな中、まだ決まらないのは相当な

       

      プレッシャーになるようです。

       

       

       

      就職浪人もありうる・・・ てst の画像

       

      そんな事を考え出すのでしょう。

       

       

       

      バーベル、腹筋、逆立ち・・・

       

      運動することによって気を紛らせている

       

      ようです。

       

       

       

       

      今回、田舎に行って従妹の姉さんと話しを

       

      しました。

       

       

      「公務員志望はどうしても遅くなる。うち

       

       も、2人共公務員でだいぶプレッシャー

       

       を受けていた様子。猫ちゃん達が慰めて

       

       くれていたみたい! 親はあまり言わない

       

       方がいいかも。」

       

       

       

       

       

      長男坊が言うのです。

       

       

      パッションフルーツのジュースを飲んだ

       

      ようです。

       

       

      今までで一番美味しいジュースだったと。

       

       

      ジュースであれなら、

       

      果実はどんなに美味しいのか?

       

       

       

       

       

      そう言われれば、パッションフルーツを

       

      買って食べたことはありません。

       

       

       

      又、記憶喪失なだけかもしれませんが・・・

       

       

       

      プレッシャーをうけている彼に少しでも

       

      癒しを与える為に、沖縄県産パッション

       

      フルーツをネット注文してみました。

       

       

       

       

      昨日、到着!!

       

       

      早速、ふたを開けると、お手紙が!

       

       

      「数あるショップの中から当店を選んで

       

      頂き大変嬉しく思っています。」

       

       

      「ウンジュ ヌ アチャ ガフー ウガ

       

       ナビラ」で、”あなたの明日の幸せを

       

      祈っています”という意味なのだそうです。

       

       

       

       

      手書きで、絵入り。

       

      「おおきなまごころをこめて・・・」

       

      で締めくくられています。

       

       

       

       

      感動と共に、パッションフルーツを確認。

       

       

       

       

      12個ゲットです!

       

      送料込みで、2、900円。

       

       

       

      良い香りがします。

       

      手に取ってみると・・・

       

      「軽い・・・」

       

       

       

      見た目は、何か大きめの鳥の卵、

       

      でも、手に取ると、

       

      展示用に作った作り物のように感じる

       

      程の軽さ。

       

       

       

       

      長男は大喜びです。

       

      「この香りがいい。スーパーで買えた

       

      として、こんなに香りが残っている

       

      もんかなぁ?」

       

       

       

       

      知りません。

       

      私は、買った事がありません。 

       

       

       

      気付いていなかっただけかもしれませんが、

       

      売っているのを見たことがありません。

       

       

       

       

      冷やすことなく、

       

      早速1つ半分に切りました。

       

       

       

       

      恐る恐る、長男坊がスプーンで一口。

       

       

      微妙な顔をします。

       

      先ず、第一声は「すっぱい・・・」

       

       

       

      マンゴーの甘さがあって・・・

       

      でも、すっきりとしたマンゴーって感じで

       

      マンゴーより美味しく、

       

      それに酸っぱさが混ざっている・・・

       

       

       

       

      美味い!!

       

       

       

       

      種がコリコリするので、

       

      スプーンで寄せて、

       

      果汁だけを飲んだら最高!!

       

       

       

       

      長男坊にはジャストフィットした味の様子。

       

      でも、果汁だけを集めたら・・・

       

      2,900円で1杯できるかどうか・・・ 夏だよ。子供だよ。汗だく の画像

       

       

       

       

      レモンミックスジュースよりも高価な

       

      ジュースとなってしまいます。

       

       

       

      そうなって無くなってしまう前に、

       

      次男坊にも持って行ってあげました。

       

       

      「ほら、パッションフルーツ! 

       

       ちょっと食べてみ!!」

       

       

      何気に一口、口に入れます。

       

       

       

       

       

      「旨いやん。」

       

       

       

       

      終了です・・・・

       

       

       

      兄貴はいろいろと感想を言うのですが、

       

      弟は、「旨いやん。」だけ。

       

       

       

       

       

       

      11個残っているパッションフルーツ。

       

      今日、どんな形で無くなるのでしょうか?

       

       

       

       

      本当は、ピオーネの記事の前置きで

       

      書き始めた「パッションフルーツ」。

       

      なかなか長くなってしまいましたので、

       

      短編としまーーす。

       

       

       

       

      今、TVが・・・

       

       

       

      半分青い・・・

       

      どんな展開になるのでしょうか?

       

       

       

       

       

       

       

       

      ほんの少しでも、

       

      面白いと思って頂ければ、

       

      下のバナー(コロ)を

       

      「ポチッ」と押して頂きますと、

       

      これからも、頑張れます!

       

       

      宜しくお願いします。 おじぎ の画像

       

       

       

       

       


      にほんブログ村

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

      2018.07.04 Wednesday

      今年の夏休み  あまがえるを探して・・・

      0

        JUGEMテーマ:家庭

         

         

         

        さて、お盆休みは休暇を取りたがる人が

         

        沢山いてるので、

         

        その時は出勤するとして、

         

        一足早く、夏休みを頂きました。

         

        (最中ですが・・・)

         

         

         

        その時の様子を少し・・・

         

         

         

         

        1日目

         

         

         

         

        香川県栗林公園に寄ってきました。

         

        中に入ると船が出ていました。

         

         

         

        香川で久しぶりに会った友人の話しですと、

         

        船は最近できたはず。

         

         

         

         

         

        水戸藩は次男の光圀公が後をとりました。

         

        光圀公の兄が高松藩にきて高松藩初代藩主

         

        となったそうです。

         

         

         

        高松に来たお姫様等お客様を

         

        ここ栗林公園にお連れし、

         

        舟遊び等でおもてなしをしたとの事。

         

         

         

        そんな船頭さんの面白いお話しを聞き

         

        ながら、お姫様になった気分で舟遊び

         

        を堪能しました。

         

         

         

         

        写真では、お伝えしにくいのですが、

         

        見事な苔( ^ω^)・・・

         

         

         

         

         

        「あまがえる」を探して池を覗き込むと、

         

        スッポン??

         

         

        頭の形からして、亀ではなさそうです。

         

         

         

        午前・午後、それぞれ友人と再会をし、

         

        酒を酌み交わし、

         

        高松で滞在。

         

         

         

         

        2日目。

         

         

        徳島の伯父さん、伯母さんに会いに行き、

         

        午後、香川県観音寺市のはとこのところへ。

         

         

         

        伯母さんとは何十年ぶりに会ったせいか、

         

        「生きて会うのは、今日で最後」

         

        と何度も言われました。 てst の画像

         

         

         

        自身が若かりし頃のアルバムを解説つきで

         

        見せて頂きました。

         

         

        私の母が生まれた家。

         

        懐かしいショットが何枚も・・・

         

         

         

        伯母さんも年を取り、

         

        はとこも体調を崩し、

         

        2人の息子達も田んぼは・・・

         

         

         

        今は、周り一帯あった田んぼは

         

        貸しているそうです。

         

         

        人が居ないと・・・  

         

         

         

         

        ここでも「あまがえる」発見できず。

         

        はとこ曰く、かえるなど気にしていない

         

        から・・・

         

         

         

        その後、琴弾公園へ!

         

         

         

         

        子供の頃以来、と思っていたのですが、

         

        徳島の伯母さん達と来たと妻が言います。

         

         

        もう、記憶喪失です。 ^^;

         

         

         

         

         

        はことが説明してくれました。

         

        「父母ヶ浜って知ってる?」

         

         

        無風の時、鏡に映った様に写真が撮れる

         

        という事で有名になりました。

         

         

        せっかく来たので写真にチャレンジ!

         

         

         

         

         

         

        上の写真、お分かりになりますか?

         

        若い人達が、手を挙げて写真撮影中!

         

         

        あちらこちらで記念撮影です。

         

         

         

         

        妻も試しに、ハイポーズ!!

         

         

         

        この日、少し風があり、

         

        又、少し離れないと鮮明に見えない。

         

         

         

        案外と難しかったです。

         

         

         

         

         

        陽が差し込まない方がそれっぽく見えます。

         

         

         

         

         

        雲はいい感じに写るのですが・・・

         

         

        日の入りが19:20頃というので、

         

        一度ホテルに戻り、再度、父母ヶ浜へ!

         

         

         

         

        雲もあり、風もあり。

         

        やはり難しかったです!

         

         

         

         

        3日目。

         

         

        私の母の生まれ育った祖母の家。

         

        墓参りに、

         

        伯母さんや従妹に会いに。

         

         

         

        家の裏にあった電照菊も健在です。

         

         

         

        そして、その横には、

         

         

         

         

        いちじくが立派に( ^ω^)

         

        ゴマダラカミキリさんも見えましたが、

         

        恐らくは、ここの方、一切無視と思います。

         

         

         

         

        田んぼを覗くと、

         

        足が生えたおたまじゃくし・・・

         

        かえる発見には至りませんでした。

         

         

         

         

        でも、祖母の家にはつばめが巣を!

         

         

         

        ここまで沢山のヒナは、

         

        久しぶりだそうです。

         

        良い事があればいいのですが・・・

         

         

         

         

         

        その後、私達夫婦が23程前まで住んでいた

         

        家を見に行ってみました。

         

         

         

        あの時と、ほとんど変わりありません。

         

         

         

        あのいちじくの樹も・・・

         

         

         

        あまがえる!!

         

         

         

        いちじくの樹の枝で農園長さんが

         

        日向ぼっこをしていました

         

         

         

        さすが、写真を撮るのは控えました。

         

         

         

         

        妻曰く、

         

        「あまがえるが住む庭がある家に住んで

         

         いたんだね!」

         

         

         

         

         

        本日の最後に、

         

        スーパーで売られている桃の様子を少し。

         

         

         

         

        一角が全て、桃コーナー。

         

         

        傷物で、相当安いもののコーナーから、

         

        贈答品用のコーナーまで。

         

         

         

        次々に買われ、

         

        店の人が、

         

        次々に新しい箱を積んでいきます。

         

         

         

        おそらくは、この兄弟桃が岡山に・・・

         

        いやいや・・・

         

         

         

         

        当家も2箱伯母から頂いて帰りました。

         

        もう既に1箱は近所へ配ってない状態。

         

         

         

         

         

        今回、田舎を回って思ったこと。

         

        年齢が年齢になったら、

         

        若いもんが一緒に住まないと。

         

         

         

        帰宅して、その話しを母にしたら、

         

        今から一緒に住んだら、

         

        よけいにボケるとの事。

         

         

         

        炊事・洗濯等がある方が気が張る。

         

        急に全部してくれるようになると

         

        ボケるのだそうです。

         

         

         

         

        帰宅したのは昨日、火曜日。

         

        母がカラオケに行く日です。

         

         

         

        家事炊事ではなく、カラオケです。

         

        全くボケておりません。

         

        我が家で一番のお元気さんです!

         

         

         

         

         

        今晩でも、

         

        冷えた桃を食べてみましょう。 バイバイ の画像

         

         

         

         

         

         

        korolemon

         

         

         

         

        2018.06.30 Saturday

        夏休み

        0

          JUGEMテーマ:家庭

           

           

          来週、7月2日〜の1週間長期休暇を取ります。

           

          いわゆる夏休みです!

           

          明日、朝1番から徳島県、香川県と2泊3日で

           

          回ってこようと思います。

           

           

          親戚の伯父さん、伯母さん達。

           

          元気なうちに会っておこうと昨年も行きました。

           

           

          本日も今から、お土産買い出し等バタバタです。

           

           

           

          という事で、暫くブログも夏休みです!

           

           

          戻ってきた際には、又、宜しくお願い致します。

           

           

           

           

           

          korolemon

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

          2018.05.13 Sunday

          左肩痛につき・・・

          0

            JUGEMテーマ:家庭

             

             

             

            パソコンの使用頻度が増えたのが

             

            原因でしょうか?

             

            左肩が時々痛くなるようになりました。

             

            最近。ずっと。

             

            暫くすれば、直るのですが。

             

             

             

            今日は、1日寝ておりました。

             

            寝返りも、相当な痛みが・・・

             

             

             

            さすがに、明日病院の予約を入れようかと。

             

            シップを貰って終わりなのでしょうが。

             

             

             

            よほどブログも見合そうかと。

             

             

             

            昨日朝、次男坊が学校へ向かう時、

             

            「今日、Aちゃん(彼女さん)来るから。」

             

            「前、言っていたバーベキューでもする?」

             

            「ええなぁ!」

             

             

             

            私が肩が痛い時は決まるものです。

             

             

             

            長男坊に、

             

            「Rちゃん、今日家に来れへんわなぁ?」

             

            「これると思うよ。 何で?」

             

            「バーベキューしようかと思って。」

             

            「分かった。連絡しとくわ。」

             

             

             

            私が肩が痛い時は決まるものです。

             

             

             

            仕〜方がな〜いので、用意をしよう。

             

             

             

             

             

            私と妻の共同作業。

             

            他は誰も手伝ってくれません。

             

             

             

            肩が痛い・・・

             

             

            でも、

             

            時間になれば皆が集まってくれました。

             

             

            では、早速、火をおこして始める準備。

             

             

             

             

             

             

            長男、次男の彼女さん。

             

            初顔合わせでした。

             

            初対面と思えない程、普通に喋ってます。

             

             

            すごい・・・

             

             

            久しぶりに、

             

            大人数での楽しい食事でした!!

             

            肩が痛いので、

             

            本日は流させて頂きました。 ^^;

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

            ほっこりとした幸せ。

             

             

            ずっと

             

             

            続きますよう・・・

             

             

             

             

             

            korolemon

             

             

             

             

             

             

             

             

            2018.04.17 Tuesday

            ボクシング部入部

            0

              JUGEMテーマ:家庭

               

               

               

               

               

              次男坊の不思議さに触れた数日でした。

               

               

              個人的には、

               

              なかなか楽しませて頂けましたので、

               

              記録に残すことにしました。

               

               

               

               

              さて、紆余曲折もあり、

               

              当家、次男坊はボクシング部に入ろうか

               

              と言い出しておりました。

               

               

               

              その後の会話。

               

               

               

              「で、倶楽部決めたん?」

               

              「あぁ。あるサークルに入ろうと思って。」

               

              「何?」

               

              「スキューバ。」

               

               

               

              ・・・・・・ 目玉 の画像

               

               

               

              ボクシングじゃないんだ・・・

               

               

               

              もっとも、大学生になってまで、

               

              あれこれ言うつもりはありませんでした

               

              ので・・・

               

               

              「ふーーーーーん。」と返事。 てst の画像

               

               

               

               

              大学からの友人で、30年近くスキューバを

               

              している友がいます。

               

               

              私は、

               

              体験ダイビングしかした事がないので、

               

              全く詳しくありませんが、

               

               

              「野生のマンボウに出会うのは非常にレア」

               

              という話しのようなのですが、

               

              「野生のマンボウ」に会った事があるとか。

               

               

              それが、どれだけレアなのか実感できる

               

              ところではありませんが、

               

              まぁ、凄いのでしょう。

               

               

               

              そんな友がいたので、

               

              「道具をどこで買ったら良いのか、どこの

               

              海が良いのか等を聞ける友達がいるよ!」

               

              とだけ返事しておきました。

               

               

               

               

               

              数日後、自宅に戻ると、次男坊と妻が

               

              何やら話しをしています。

               

               

              どうも、買い物の話しです。

               

               

              「サークルで必要なもの?」

               

              「うん。」

               

              「どんなんが要るん?」

               

              「うーーーん。 シューズと、アンダー

               

              ウェアと、マウスピースは最低買わない

               

              と、これは貸してくれないらしい。」

               

               

               

               

              ・・・・・・ 目玉 の画像

               

               

               

               

              マウスピース???

               

               

              「何の話ししてるん??」

               

               

               

               

              ボクシング部、

               

              一度、覗くだけ覗こうと思ったようです。

               

               

              行ってみると、ほとんどが経験者。

               

              次男坊の様に、大学生デビュー予定の見学者

               

              は、次男坊を含め3人だけだったようです。

               

               

               

              「やっぱり、ほとんど経験者なんやねぇ。」

               

              「ボクシングで大学に入ってきた人も

               

              沢山いて、経験者が多かったわ。」

               

              「練習見てきたん?」

               

              「スパーもしていたで!」

               

              「やっぱり、大学デビューじゃ、

               

              ついていけないと思ったやろ。」

               

               

               

              ・・・・・・

               

               

               

              「うーーーん。」

               

              「凄いなぁと思ったんやけど・・・」

               

              負ける気がせぇへんかった。

               

               

               

               

              ・・・・・・ 目玉 の画像

               

               

               

               

              その根拠の無い自信は、

               

              一体どこからやってくるのでしょうか?

               

               

               

              昔からそうです。

               

              自信だけは一人前。

               

              結果は・・・・ 

               

               

               

              久しぶりに彼の頭の中の宇宙を見ました。

               

              私には、到底理解不能な、

               

              とてつもない宇宙。

               

               

              果てしなく広がっている宇宙なのでしょう。

               

              広すぎて、彷徨っているのかもしれません。

               

               

              助けてあげたくても、

               

              その宇宙への行き方が分かりません。

               

               

               

              頑張って下さい。

               

              私は、

               

              一生あなたの傍に居ることは出来ません。

               

              どういう道を歩もうが、

               

              いずれは、

               

              あなた一人の足で歩まなくてはなりません。

               

               

               

               

              妻が言います。

               

              「Aちゃん(彼女)は、どう言ってるの?」

               

              「賛成してくれているよ。」

               

              「何て?」

               

              「ボクシング部に入るんやったら、

               

              髪の毛、黒色に染めた方がいいやろなって!

               

              短く切った方が似合うかもって!」

               

               

               

              そこ、髪の毛の話しになるん?????

               

               

               

              宇宙です。

               

              2人、宇宙がいました。 バイバイ の画像

               

               

               

               

               

              妻曰く・・・

               

              「直ぐに、辞めるわ。」

               

               

               

              次男坊曰く・・・

               

              「先ず、体重落とさなアカンって言われた。

               

               今の体重だと、試合に出られないん

               

               やって。」

               

               

              次男坊は、現在78堋の体重なのですが、

               

              大学生では重い階級が無いそうなのです。

               

               

               

               

              消防士になる為に、

               

              体を鍛える為に、

               

              ボクシング部に入るのであって、

               

              ボクシングをする為に入るのではない! 

               

              のではなかったのでしょうか?

               

               

               

               

              いつの間にか、

               

              すっかり試合に出るつもりのご様子です。

               

              やる気マンマン・・・

               

               

               

               

              暖かい目で、見守っていきましょう。

               

               

               

               

              何日続くのか、

               

              それが楽しみですーーーー。 笑っ の画像

               

               

               

               

               

               

              korolemon

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

              2018.03.16 Friday

              成功裏に終わった、はじめてのおつかい

              0

                JUGEMテーマ:家庭

                 

                 

                 

                 

                〜 成功裏に終わった、

                 

                    はじめてのおつかい 〜

                 

                 

                 

                 

                次男坊が、初めての一人旅

                 

                 

                 

                朝、5時25分、家を出発!

                 

                駅まで送らされました。 てst の画像

                 

                 

                 

                家内などは、その車に同乗してきて、

                 

                駅で切符を購入するところまで

                 

                傍にいました。 てst の画像

                 

                 

                 

                過保護のカホコちゃん状態で出発した彼は

                 

                有意義な1日を過ごせたのでしょうか?

                 

                 

                 

                ドキドキしながら、仕事を終え帰宅。

                 

                 

                 

                家族ラインで、「19:00頃、駅につくので、

                 

                迎えに来て!」と連絡してきたのに対して、

                 

                妻がOKを出していたのを読んでいました。

                 

                 

                 

                私が帰宅したのが、18:45。

                 

                迎えに行っている最中でした。

                 

                 

                後、2人揃って帰ってきました。

                 

                 

                オロナミンCを、2ダース、ポンポン菓子、

                 

                うどん等、持てる限りのおみやをゲット!

                 

                 

                今でも、ポンポン菓子を作っているところが

                 

                あったとのこと。

                 

                おみやが、オロナミンCというところが

                 

                面白いです。

                 

                手で持って帰りました。

                 

                重かったでしょう。 笑っ の画像

                 

                 

                 

                 

                伯母さんたちに、お小遣いまでもらい、

                 

                ほくほく顔でした。

                 

                 

                本人5万円、うちの長男坊に4万円!

                 

                私には、無かったのです・・・ 

                 

                 

                 

                長男坊も、只今勉強中でバイトを辞めている

                 

                ので、思わぬ小遣いが手に入り、大喜び!

                 

                 

                3人の伯母さん達に、

                 

                それぞれ電話をしていました。 漢字だよ。笑 の画像

                 

                 

                 

                 

                で、早速、感想を聞かねば!!

                 

                「どうやった?」

                 

                「むっちゃ良かった! 面白かった!」

                 

                大喜びでした。

                 

                 

                 

                 

                消防士さんの自動車免許は

                 

                ミッションでないとダメ!

                 

                 

                ギリギリセーフです。

                 

                当然のことながら、オートマコース、

                 

                17日から教習所に行く予約を

                 

                入れていました。

                 

                 

                早速、教習所に電話!

                 

                「まだ、受講開始前なので大丈夫です。

                 

                一端、キャンセル扱いとなって、再度、

                 

                ミッションコースで予約となるが良い

                 

                ですか?」との事!!

                 

                 

                 

                ギリギリセーフです!! アンパンマン 載せました の画像

                 

                 

                 

                 

                料理は出来る方が良いかも!!

                 

                大阪だとどうか分からないけど、食事を作る

                 

                こともあるので、料理が出来るというのは

                 

                OKかも!!

                 

                重宝されるとの事。

                 

                 

                 

                本人は、料理人か消防士かという程なので、

                 

                大喜び。 

                 

                料理の練習も続けなくちゃ!!

                 

                 

                 

                 

                英語も勉強しておいた方が良いかも!!

                 

                まぁ、これからは、どんな職業についたと

                 

                しても「英語」は必要と言われるかもしれ

                 

                ません。

                 

                 

                 

                「おつかい」に行く前から、妻より「英語」

                 

                ついては説教されており、

                 

                しぶしぶ承諾していた事。

                 

                 

                 

                「しぶしぶ」から、「よ〜〜〜っし!!」

                 

                という雰囲気になっていました。

                 

                 

                 

                 

                一番驚いたのが・・・

                 

                何と言っても、体力・運動能力。

                 

                では、どんな運動能力が必要とされるのか?

                 

                パルクール並みの運動能力を

                 

                求められるのか???

                 

                 

                 

                回答は、腕立て伏せ、腹筋・背筋等、

                 

                結構基本的な運動能力。

                 

                これを、どこまで「凄い!!」

                 

                ものにできるのか?

                 

                 

                 

                今でも、握力 60超の次男坊。

                 

                長男坊には負けるものの、60超は凄い

                 

                と思います。^^;

                 

                体を鍛えるのは、基本的に好きなご様子。

                 

                 

                 

                で、言われたのが、

                 

                大学で運動系の倶楽部に入ること。

                 

                やはり、これが運動を続けられる。

                 

                 

                 

                「で、何をするつもり?」

                 

                「う〜〜ん、いろいろ倶楽部を見学してみて

                 

                からだけど、いろいろ聞いているとボクシン

                 

                グが一番いいと思ってる。」

                 

                 

                妻が言い出します。

                 

                 

                「ボクシング? 止めとき! 痛いよ! 

                 

                鼻折れるよ!」

                 

                 

                「大丈夫! ボクシングをする為に入部する

                 

                んじゃない。体を鍛えるために入る

                 

                のだから。」

                 

                 

                「でも、殴られるよ!」

                 

                 

                「大丈夫、ヘルメットかぶっているから!」

                 

                 

                 

                 

                いやいや、ボクシング部に入ったのなら、

                 

                やはり何がしら殴り合うことはしなければ

                 

                ならなくなると思うよ。

                 

                「体を鍛えるだけだから」で終われるはずは

                 

                ない、と思いますよ!

                 

                 

                 

                それに、「ヘルメット」じゃないですよ。

                 

                「ヘッドギア」というのです。

                 

                「ヘルメット」被ってボクシングして

                 

                どうするんですか? 夏だよ。子供だよ。汗だく の画像

                 

                 

                 

                そもそも、「絶対に倶楽部に入らない」

                 

                のではなかったのですか?

                 

                 

                「上下関係を学ぶ」のは嫌じゃなかった

                 

                のではないですか?

                 

                 

                相当厳しい世界だと思いますよ!!

                 

                 

                 

                と心で会話をして、

                 

                ニコニコしておりました。 ネコ ゴロゴロ の画像

                 

                 

                 

                 

                親ではなく、

                 

                違う人から言われる方が効く

                 

                ことがあるのです。

                 

                良かったです。

                 

                これは一種、信頼性の問題ですかね?

                 

                私に信頼がない? ということ!?

                 

                 

                 

                 

                 

                入学式は、4月1日(日)。

                 

                ついて行こうかな?

                 

                部活、どこまで続くかな?

                 

                 

                 

                最後に彼が言うのです。

                 

                俺、一人旅にはまるかも!?」 てst の画像

                 

                 

                 

                少し、良かったと思っています。 おじぎ の画像

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                ほんの少しでも、

                 

                面白いと思って頂ければ、

                 

                下のバナー(コロ)を

                 

                「ポチッ」と押して頂きますと、

                 

                これからも、頑張れます!

                 

                 

                宜しくお願いします。 おじぎ の画像

                 

                 

                 

                 

                 


                にほんブログ村

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                2018.03.13 Tuesday

                パソコンの移行に手こずる。 メールが使えない ^^;

                0

                  JUGEMテーマ:家庭

                   

                   

                   

                   

                  やっと、

                   

                  パソコンがだいたい移行できた感じです。

                   

                  (最後におちありですが・・・)

                   

                   

                   

                   

                  次男坊が今月パソコンを購入したタイミング

                   

                  で、長男坊のほぼ使用されていないパソコン

                   

                  の話しにもなり、

                   

                  「あまり使わなくなったので、リビングに

                   

                  置いてもいいよ!」との事にて、長男坊の

                   

                  パソコンをゲット!

                   

                   

                   

                  妻とのパソコンの取り合いが

                   

                  解消されそうです!

                   

                   

                   

                  但し、いろいろと不具合がありました。

                   

                   

                   

                  セキュリティソフトのバージョンアップが

                   

                  出来ておらず、全く稼働していない。

                   

                   

                   

                  スピーカーがなく、音が出ない。

                   

                  (潰れたので撤去したとの事)

                   

                   

                   

                  データの移行をしないとならない。

                   

                   

                   

                  メールが使用できない。

                   

                   

                   

                   

                  このままでは、ノートも、デスクトップも

                   

                  両方使わないとならないので、1つ1つ

                   

                  直していきましょう!

                   

                   

                   

                  それにしても、使えば使う程、

                   

                  その性能に関心してしまいます。

                   

                   

                   

                  ノートは、6年程前に購入したもの。

                   

                  デスクトップは、3年程前に購入したもの。

                   

                   

                  でも、やっぱりスピード等、

                   

                  使いがってが違います。

                   

                   

                   

                  もう、ノートに戻れそうにない・・・

                   

                   

                   

                  その違いを、改めて確認してみました。

                   

                  記録に残しておきましょう。

                   

                   

                   

                   

                   

                  何故に、子供の方が良いものを

                   

                  使っているのか???

                   

                   

                   

                  3年後に出るパソコンなどは、

                   

                  もっと凄いことになっているのでしょう。

                   

                   

                   

                   

                  先ず、

                   

                  セキュリティ対策ソフトを直しました。

                   

                  これは、最優先です。

                   

                   

                  NTTさんのを使用していますので、

                   

                  電話で教えて頂きながらセット!

                   

                   

                   

                   

                  次に、「音」をどうするか検討。

                   

                  妻は、「音」は要らないのでは?

                   

                  と言うのですが、時には動画も利用して

                   

                  いる者としては、やはり必要なものです。

                   

                   

                   

                  で、スピーカーを購入。

                   

                   

                   

                   

                  ¥1,500程度のものです。

                   

                  音が鳴りだしました。 ^^

                   

                   

                   

                  次に、データの移行。

                   

                   

                  今までは、データといっても、年賀状用の

                   

                  アドレス程度のものしかありませんでした

                   

                  (だけ、ではありませんが)ので、パソコン

                   

                  を買い替えた際は、再度手で入力をして

                   

                  いました。

                   

                   

                   

                  なので、

                   

                  データの移行をしたことがありません。

                   

                   

                  USBケーブルでつないだら良いのかと思い、

                   

                  電気屋さんに行きました。

                   

                  USBの雄雄が売られていません。

                   

                  雄雌は沢山あるのですが・・・

                   

                   

                   

                  電気屋さんに質問!

                   

                  「パソコンのデータを移したいのですが?」

                   

                  「今、お使いのパソコンは?」

                   

                  「Windows7を、10にしたパソコンと・・・」

                   

                  「Windows7のままなら良いのですが、10に

                   

                  アップグレードしたものは、USBで繋ぐと何が

                   

                  起こるか分からない。うまくいくかもしれま

                   

                  せんが、主流じゃない。」

                   

                   

                  「主流は、メモリ等に一度落として移す」

                   

                  とのこと。

                   

                   

                   

                  そういえば、次男坊の卒業の際の贈答品。

                   

                  USBメモリなのです。高校名入りの。

                   

                  卒業式の日と〇〇期も全て英語で印刷されて

                   

                  います。今時だなぁと感心させられました。

                   

                   

                   

                  ということで、私もUSBメモリを購入。

                   

                  購入といっても、CLUB NTT-Westの

                   

                  溜まっていたポイントを利用。

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                  1年分の写真等、

                   

                  楽々いっぱつで移行できました。

                   

                   

                   

                   

                  で、問題なのが、メール

                   

                  実は、これがまだなのです。

                   

                  誰かから、アドバイスを頂こうと・・ ^^;

                   

                  本日のブログの趣旨・・・

                   

                   

                  OUTLOOKがもともとパソコンに入っていない

                   

                  ので、何か別のメールソフトを落とさないと

                   

                  ならない、との記事は読んだのですが、

                   

                  どうも、Windows10のメール/カレンダーと

                   

                  いうアプリはインストールされているよう

                   

                  なのです。

                   

                   

                  が、これに前のOUTLOOKのアカウントを保存

                   

                  しても使えない。

                   

                  送れもしないし、受信も出来ない。

                   

                   

                   

                   

                  次の土日は、メールの設定で、

                   

                  もがこうかと思っています。

                   

                   

                   

                  ヒントを頂けたら、大変助かります。 ^^;

                   

                   

                  と、本日は助けを求めるブログでした。

                   

                   

                  これって「おち」???

                   

                   

                   

                   

                   

                  korolemon

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                  2018.03.12 Monday

                  梅、梅、梅。

                  0

                    JUGEMテーマ:家庭

                     

                     

                     

                    平成30年3月11日(日)

                     

                     

                     

                    近くの神社に散歩です。

                     

                    毎年、この時期1度は、散歩します。

                     

                    妻と、1匹で。

                     

                    何故か知りませんが、

                     

                    梅がいっぱいなのです。

                     

                     

                     

                     

                    桜の花見は、毎年いろいろ。

                     

                    奈良県に行く時もありますし、

                     

                    近くの岩清水八幡宮近くの川沿いだとか、

                     

                    毎年、「今年はどこに行こうか?」

                     

                    と調べて出発。

                     

                     

                     

                    なのに、梅だけは、

                     

                    不思議と毎年近くの神社。

                     

                    綺麗なのです。

                     

                     

                     

                     

                    近くの公園を抜けて、散歩です。

                     

                    片道、40分少々

                     

                    といったところでしょうか?

                     

                     

                    1匹が居るので遅くなるのです。

                     

                    普通に歩けば、20分程度。

                     

                     

                     

                    公園を抜けようとすると、

                     

                    桜の芽が気になりましたのでワンショット。

                     

                    この公園も桜でいっぱいになります。

                     

                    小さい公園ですが、

                     

                    30〜40本はあると思います。

                     

                     

                     

                     

                    神社に着くと、参道沿いに沢山の苔を発見。

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                    自然発生の割には綺麗でした!

                     

                    いつかは、

                     

                    苔にチャレンジしてみたいものです。

                     

                     

                     

                     

                    車道と歩道の間に、梅が続きます。

                     

                    全てが満開という訳ではありませんが、

                     

                    だいぶ開花しています。

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                    毎年、上手に育てるものです。

                     

                    ここの奥様が好きなのか、

                     

                    鉢もいろいろな種類、並んでいます。

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                    今年も、大変綺麗な梅を

                     

                    拝見させて頂きました。 ^^

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                    Korolemon

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                    2018.03.11 Sunday

                    忘れな草

                    0

                      JUGEMテーマ:家庭

                       

                       

                       

                      〜 忘れな草 〜

                       

                       

                       

                      3月10日(土)

                       

                      やっと、休日です。

                       

                       

                       

                      強風が凄かったようですので、

                       

                      ビニールシートを細かくチェックです。

                       

                      大丈夫!と思っていたのですが、

                       

                      やはり被害にあっていました。

                       

                       

                       

                      ハトメに針金を通して、フルーツパーゴラ

                       

                      の支柱に留めていたのですが、ビニールが

                       

                      破れてハトメが取れそうになっている箇所

                       

                      が1か所。

                       

                       

                       

                      その他、パーゴラの支柱が斜めに傾き、足が

                       

                      完全に土から抜けたのでしょう、

                       

                      柚子の木の近くにまで来ていました。

                       

                       

                       

                      ビニールシートの1辺をロープで

                       

                      括り付けたのが失敗だったようです。

                       

                       

                      少しの風で、パラグライダーのグライダーが

                       

                      ふわりと浮き上がるかのように

                       

                      ビニールシートが浮き上がっていました。

                       

                       

                       

                      ロープは切り離し、

                       

                      破壊された場所を修理しました。

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                      後日、雨が降った際、どの辺りに水が

                       

                      溜まるのかを確認し、

                       

                      別で雨対策を検討してみましょう。

                       

                       

                       

                       

                       

                      フルーツパーゴラを修理してから、

                       

                      次に向かったのは「除虫菊」の購入。

                       

                       

                      妻と苗木屋さんに行ってみました。

                       

                      1月前とはだいぶ違って、

                       

                      花や野菜の苗が沢山売られていました。

                       

                      やはり、

                       

                      数が並ぶと見ていて嬉しくなります!

                       

                       

                       

                      「除虫菊の苗はありますか?」

                       

                       

                      芳しい返答は返ってきませんでした。 ^^;

                       

                      *あるとすれば、5月頃。

                      *注文しても確保できるかどうか?

                      *あまり、出回らない種類なので。

                       

                       

                      蚊取り線香の元ということで、

                       

                      人気があまりないのでしょうか?

                       

                      ネットで見ると、

                       

                      綺麗な花なのにと思います。

                       

                      状況によって、ネット注文することにしましょう。

                       

                       

                       

                      その横で、妻はお買い物。

                       

                      ダーラローズ

                      イベリス

                      ブロンディ

                      レースラベンダー

                       

                      と書かれています。

                       

                       

                       

                       

                      私は、除虫菊以外、

                       

                      買う予定は無かったのですが、

                       

                      ふと目についた苗を発見。

                       

                      取り上げて、珍しいものでもないはず。

                       

                       

                       

                       

                       

                      忘れな草を発見。

                       

                      2株しか残っていませんでした。

                       

                       

                      良く売れているというより、

                      季節はずれで、売れ残ったという感じ。

                      苗は3月頃のはずなのに・・・

                       

                       

                       

                      ふと、学生の頃大好きだった

                       

                      尾崎豊さんの歌を思い出し・・・

                       

                       

                      「君が教えてくれた花の名前は、

                       

                      街に埋もれそうな小さな、忘れな草」

                       

                       

                       

                      即、購入。

                       

                       

                       

                      大学生の頃、友人とコンサートに行く話しを

                       

                      していたけど、なかなか行けず。

                       

                       

                      「社会人になったら時間を合わせていこう

                       

                      ね!」と話しをしていたら、私達が社会人に

                       

                      なり2年程で、お亡くなりになりました。

                       

                       

                       

                      たまに車でドライブする時、尾崎豊さんの

                       

                      テープレコーダーをガンガンにかけて、

                       

                      みんなで大合唱していました。

                       

                       

                      懐かしい思い出です。

                       

                       

                       

                      今でも、みんな、たまには尾崎さんの曲を

                       

                      歌うのでしょうか?

                       

                       

                      めったに行くことがなくなりましたが、

                       

                      カラオケに行くと、今でも尾崎豊さんの曲を

                       

                      1曲は歌います。 

                       

                      最近の曲は、歌える程に覚えていない

                       

                      という理由もあります。 ^^;

                       

                       

                       

                      妻も、ドライブでの大合唱に参加した事

                       

                      があるのに・・・

                       

                       

                      その当時は楽しそうにしていたのに・・・

                       

                      今は、私が家で尾崎を歌うと、

                       

                      「もう、分かったから!」

                       

                      とウザがります。

                       

                      お風呂で、こっそり歌います。

                       

                       

                       

                       

                      やはり、心なしか少し枯れています。

                       

                      でも、大事に育ててみましょう。

                       

                       

                       

                       

                       

                      花や野菜だけではなく、

                       

                      果樹コーナーも見て回りました。

                       

                       

                      シャインマスカットの苗が売られて

                       

                      いました。

                       

                      少し、ピクッとしましたが、買えません。

                       

                      場所がありません。 ^^;

                       

                       

                       

                      レモン、ミカンも沢山売られていました。

                       

                      その中で、少し気になったこと。

                       

                       

                       

                       

                      「はれひめ」と「せとか」の苗木にだけ、

                       

                      「農研機構育成 登録品種」のラベルが

                       

                      貼ってあります。

                       

                      「無断で増殖すると違法」・・・

                       

                       

                       

                       

                      貴重な苗、品種なのですね。

                       

                      苗木のお値段も、他のよりお高かったです。

                       

                       

                      庭にスペースが確保できればチャレンジ

                       

                      してみたいのですが・・・

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                      ほんの少しでも、

                       

                      面白いと思って頂ければ、

                       

                      下のバナー(コロ)を

                       

                      「ポチッ」と押して頂きますと、

                       

                      これからも、頑張れます!

                       

                       

                      宜しくお願いします。 おじぎ の画像

                       

                       

                       

                       

                       


                      にほんブログ村

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                      2018.03.03 Saturday

                      急きょ、晩御飯。

                      0

                        JUGEMテーマ:家庭

                         

                         

                         

                        今日は、妻のお父さんの命日。

                         

                         

                         

                        お寺さんが午前中に来ることになって

                         

                        ました。

                         

                         

                        いろいろ押したようで、

                         

                        当家に到着したのは午後1時。

                         

                        終わったのが、2時過ぎ。

                         

                         

                         

                         

                        妻は、ランチの予定があったようで・・・

                         

                         

                        それには間に合わないので、

                         

                        「後のケーキに合流してきてもいい?」

                         

                        と笑顔で尋ねてきました。

                         

                         

                         

                        「ダメだ!!」などと

                         

                        言えるはずもありません。

                         

                         

                         

                        私は、ハーブの種を見にいく予定でした。

                         

                        ぶどうのパーゴラを覆う透明シートも

                         

                        見に行きたかったのです。

                         

                         

                         

                        長男が、「晩御飯は中華がいいなぁ。」と

                         

                        言い出しました。

                         

                         

                         

                        「回鍋肉と春巻き!!」

                         

                         

                         

                        「えっ?? 春巻き??」

                         

                         

                         

                        回鍋肉は良いのですが、

                         

                         

                         

                        春巻き??

                         

                        焼いて、冷まして、巻いて、揚げる・・・

                         

                        あの、春巻きですか??

                         

                         

                         

                         

                        晩御飯は誰がつくるのでしょうか?

                         

                        「私、今からケーキ行くから・・・ 

                         

                        時間的に無理やから・・・」

                         

                         

                         

                         

                        「・・・・・」

                         

                         

                         

                         

                        等と話しをしている時間が

                         

                        もったいなくなってきました。

                         

                         

                         

                        いそいそと出かけ、

                         

                        透明シートと、花の種を購入し、

                         

                        晩御飯の買い物をして、

                         

                        戻ってきたのが 17:00。

                         

                         

                         

                         

                        長男は、今日、

                         

                        終日勉強に勤しんでおりますので、

                         

                        まぁ、晩御飯は食べたいものを

                         

                        用意してあげたい。

                         

                         

                         

                         

                        時間的にどうかと思いましたが、

                         

                        2品用意することにしました。

                         

                         

                         

                        作っている間、

                         

                        「今日はブログ無理かなぁ?」と

                         

                        諦めの声が聞こえてきました。

                         

                         

                         

                        しかしながら、

                         

                        土曜日・日曜日は、出来うる限り・・・

                         

                        と思っておりましたら・・・

                         

                        「急きょ、晩御飯。」

                         

                        のブログにしようと思いました。 ^^;

                         

                         

                         

                        前振りが長い・・・

                         

                         

                         

                         

                        ちょうど、1枚目を巻こうかとした時に、

                         

                        「急きょ、晩御飯。」に行きつき、パシャ!

                         

                        今日は晩御飯、今日は晩御飯・・・

                         

                         

                         

                         

                        20枚巻きました。

                         

                        最後の1枚(一番手前)、

                         

                        具が無くなったので、

                         

                        切れてるチーズを巻いてみました。

                         

                         

                         

                         

                        回鍋肉2皿目は、次男坊が帰ってきてから。

                         

                         

                        19:30完成!!

                         

                         

                        ちなみに、妻が帰宅したのが 19:00。

                         

                         

                        長男坊が、我慢しきれず

                         

                        「まだぁ??」と言ってきたのが、

                         

                        19:20頃。

                         

                         

                         

                         

                        キッチンドランカーに

                         

                        なっておりました。 ^^;

                         

                         

                         

                         

                        明日こそは、ぶどうの雨対策をして・・・

                         

                        種まきをして・・・

                         

                         

                         

                        確定申告をまだしていません。(医療控除)

                         

                        こっちの方が急ぐ!!!

                         

                        頑張りましょう。

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                        下のバナー(コロ)を

                         

                        「ポチッ」と押して頂きますと、

                         

                        これからも、頑張れます!

                         

                         

                        宜しくお願いします。 おじぎ の画像

                         

                         

                         

                         

                         


                        にほんブログ村

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                        2018.03.02 Friday

                        思わず写真を

                        0

                          JUGEMテーマ:家庭

                           

                           

                          金曜日。

                           

                          やっと土曜日、日曜日。

                           

                          明日を楽しみに帰ってきました。

                           

                           

                           

                          駅からバスに乗り、

                           

                          バスを降りてから歩いていると、

                           

                          思わず見入ってしまいました。

                           

                           

                           

                          雲一つない夜空に

                           

                          大きな月が浮かびあがっていました。

                           

                           

                          地球に近づいてきた時に見える

                           

                          スーパームーンでも、

                           

                          雲があるのか、ないのかで、

                           

                          全く雰囲気が変わります。

                           

                           

                           

                          思わずシャッターを切っていました。

                           

                           

                           

                          ちょっと見入った後、自宅に戻って、

                           

                          「今晩の月、すごいね。」

                           

                          と言うと、

                           

                          「あっ、それ思った! 綺麗かったよ。」

                           

                          との返事が返ってきました。

                           

                           

                           

                           

                          珍しく、妻との意見が一致。

                           

                          と同時に、

                           

                          「よかった。やっぱり綺麗だったんだ。」

                           

                          と安心しました。  ^^;

                           

                           

                           

                           

                           

                          実際に、目で見るのと写真では全く違い、

                           

                          上手くお伝え出来ませんが、

                           

                          皆様のご自宅からは、

                           

                          今宵どんなお月様が見えたでしょうか?

                           

                           

                           

                           

                           

                           

                           

                           


                           

                           

                           

                           

                           

                          やはり、

                           

                          写真の方が断然小さく感じます。 ^^;

                           

                           

                           

                           

                           

                           

                           

                          下のバナー(コロ)を

                           

                          「ポチッ」と押して頂きますと、

                           

                          これからも、頑張れます!

                           

                           

                          宜しくお願いします。 おじぎ の画像

                           

                           

                           

                           

                           


                          にほんブログ村

                           

                           

                           

                           

                           

                           

                           

                           

                           

                           

                           

                           

                           

                           

                          2018.02.11 Sunday

                          ちょっと、ひと安心。

                          0

                            JUGEMテーマ:家庭

                             

                             

                             

                             

                            今日、合格発表がある日でした。

                             

                            今頃の合格発表は、インターネット。

                             

                            以前は、大学に行って、張り紙がされる

                             

                            のを待って・・・

                             

                             

                             

                            何か、昔の方が良かったかも。

                             

                             

                             

                            10時半頃、郵便が届きました。

                             

                            1通の合格通知書。

                             

                            たまたま私が取りに行きました。

                             

                            表紙を見てビックリ。

                             

                            「合格通知書」との記載があった為。

                             

                             

                             

                             

                            インターネットでの発表は、正午以降

                             

                            との事でした。

                             

                            つまり、

                             

                            ネットで確認する前に届いたという事。

                             

                             

                             

                             

                            次男坊は、朝からソワソワ・・・

                             

                            1つでも受かっていれば、先ずは安心

                             

                            できる。

                             

                            けれども、手ごたえは全くなかったから。

                             

                             

                             

                             

                            通知書を受け取り、声をかけました。

                             

                            「合格通知書届いたよ〜!」

                             

                             

                             

                            どたどたどたどた・・・

                             

                            「うそ〜〜〜っ!」と、

                             

                            2階から降りてきました。

                             

                             

                             

                             

                             

                            「浪人」

                             

                            この言葉が充満していた重苦しい雰囲気が

                             

                            解消された瞬間でした。

                             

                             

                             

                            私自身、

                             

                            90%近い確率で覚悟していた程です。

                             

                            受験後の彼からの言葉を聞いている限り。

                             

                             

                             

                            「もう、どこでもいい。浪人だけはいやや! 

                             

                            浪人するくらいなら死んだほうがましや!」

                             

                            「俺、勉強するのが、本当に嫌いやねん!」

                             

                            本当に、嫌いなんだなぁと思いました。^^;

                             

                             

                             

                             

                            将来は、頭ではなく、肉体を使う仕事を

                             

                            探すそうです。^^;

                             

                             

                             

                             

                            そこまで言っていた彼から出てきた言葉。

                             

                            「よし、これで、取り敢えず大学生には

                             

                            なれる。パソコン買いに行こう!」

                             

                             

                             

                             

                            まだ、他の大学の合格発表を後日に

                             

                            残しているのに。

                             

                            彼らしさを感じさせられた瞬間でした。

                             

                             

                             

                            妻はというと、猛反対。

                             

                            「まだ、終わってない。パソコン買う

                             

                            とかは、全てが決まってから!」

                             

                             

                             

                            しかし、

                             

                            その言葉は全く意味を持ちませんでした。

                             

                            そそくさと着替えに入り、

                             

                            「さぁ、行くで!!」

                             

                             

                             

                             

                            一言、言われます。

                             

                            「せめて、お仏壇に(ご先祖さんに)ご報告

                             

                            して、お礼を言ってきなさい!」

                             

                             

                             

                             

                            いろいろな事がありましたが、

                             

                            あれも人生、これも人生。

                             

                             

                             

                            どれ程頑張ろうとも、頑張れなくても、

                             

                            必ず結果が出る時というのは来るもので、

                             

                            そして、その先も必ず来るのです。

                             

                            終わることはないのです。

                             

                             

                             

                            その時々で、何を感じ、

                             

                            今後、

                             

                            それをどう活かしていこうとするのか?

                             

                             

                             

                             

                            今、パソコンの初期設定でもがいている

                             

                            彼にも、

                             

                            これからの長〜〜〜い人生が待っている。

                             

                             

                             

                             

                            何はともあれ、

                             

                            先ずは、ちょっと、ひと安心。

                             

                            彼が言うように、

                             

                            取り敢えず、

                             

                            これで大学生にはなれるのだから。

                             

                             

                             

                             

                            ちょっと、独り言でした。

                             

                             

                             

                             

                            korolemon

                             

                             

                             

                             

                             

                             

                             

                             

                             

                             

                             

                             

                             

                             

                             

                            2018.01.27 Saturday

                            H30年1月の寒波 薄っすらと雪がつもりました。

                            0

                              JUGEMテーマ:家庭

                               

                               

                               


                              薄っすらと雪がつもりました。


                               

                               

                               

                              平成30年1月 

                               

                              寒波が日本全土を覆っています。

                               

                               

                              東京都心部でも、▲4℃まで下がり、

                               

                              48年ぶりの冷え込みとか・・・

                               

                               

                               

                              寒波の記録を残しておきましょう。

                               

                               

                               

                              当家近隣の最低気温

                               

                              1月24日(水) ▲1℃

                              1月25日(木) ▲3℃

                              1月26日(金) ▲1℃

                               

                              そして、今日、

                               

                              1月27日(土) ▲4℃

                               

                              氷点下が続きます。

                               

                               

                               

                              昨日までは、確かに寒かったのですが、

                               

                              雪は積もりませんでした。

                               

                               

                              なので、ビジュアル的には、

                               

                              ましであったような・・・

                               

                               

                              ところが一転、本日朝、

                               

                              姉を駅に送ろうと外に出てみますと、

                               

                               

                               

                               

                              一面の雪化粧に・・・

                               

                               

                              薄っすらとですが、

                               

                              でも、真っ白・・・

                               

                               

                               

                               

                               

                              お花にも、雪が被っています。

                               

                              ではでは、レモンは大丈夫??

                               

                               

                               

                               

                              1月24日(水)晩

                               

                              鉢植えレモンは、全て玄関内に移しました。

                               

                               

                               

                              本当は、

                               

                              外壁の前に2鉢(挿し木鉢)、

                               

                              玄関内に2鉢(挿し木鉢)

                               

                              玄関の外の角に1鉢(挿し木鉢)、

                               

                               

                              そして、鉢植えレモンは、

                               

                              ビニール袋を被せて玄関先に置いておく。

                               

                               

                               

                              この冬を乗り切った時に、どの様な違いが生

                               

                              まれるか検証するつもりでした。

                               

                              レモンの成長 30.1」参照願います。

                               

                               

                               

                               

                              全レモンの鉢達よ!!

                               

                               撤収〜〜〜!!  

                               

                               

                               

                               

                               

                              検証も大事・・・

                               

                              そもそも、私のブログは、

                               

                              検証のブログ・・・

                               

                               

                               

                               

                              しかしながら、

                               

                              半分もの鉢を、

                               

                              ダメにしてしまうリスクをとるのは、

                               

                               

                              無理〜〜〜!!  

                               

                               

                               

                               

                              気が弱いものです。

                               

                              困ったものです・・・

                               

                               

                               

                               

                              彼らには、まだまだ色々な検証に付き合って

                               

                              頂かなければなりません。

                               

                              末永く、宜しくお願いします!  おじぎ の画像

                               

                               

                               

                              では、庭植えレモンはどんな様子なので

                               

                              しょう?

                               

                               

                               

                               

                               

                              ダメです。

                               

                              雪に覆われています。

                               

                               

                              そして、柚子も・・・

                               

                               

                               

                               

                              こればかりは、どうにもなりません。  てst の画像

                               

                               

                              しーかたながなーいので、

                               

                              ほうきで叩いて、葉の上の雪をせめて落とし

                               

                              ておきました。 

                               

                               

                               

                              あとは、コロちゃんのおしっこで解かす

                               

                              ぐらいしか思いつかない。  イヌ*犬*戌*ワンワン*キャンキャン*DOG*ドッグ の画像

                               

                               

                               

                               

                              今年の寒波の記録。

                               

                              どうぞ、全ての木々達よ、

                               

                              無事で春を迎えて下さい。

                               

                               

                              そうしたら、「これぐらいの寒さには耐えら

                               

                              れる」検証になります。 漢字だよ。笑 の画像

                               

                               

                               

                               

                               

                               

                              下のバナー(コロ)を

                               

                              「ポチッ」と押して頂きますと、

                               

                              大変、助かります!!

                               

                               

                              宜しくお願いします。 おじぎ の画像

                               

                               

                               

                               

                               


                              にほんブログ村

                               

                               

                               

                               

                               

                               

                               

                               

                               

                               

                               

                               

                               

                               

                              2018.01.22 Monday

                              How to grow a lemon. While a beginner inspect the cultivation method.

                              0

                                JUGEMテーマ:家庭

                                 

                                 

                                 

                                 

                                 

                                 


                                 How to grow a lemon.

                                 

                                  While a beginner inspect

                                 

                                             the cultivation method.

                                 


                                 

                                 

                                 

                                〜 Introduction 〜

                                 

                                 

                                 

                                I have begun to write a blog of

                                 

                                how to grow a lemon.

                                 

                                 

                                 

                                Its number of articles is "56" a little.

                                 

                                 

                                 

                                I couldn't find an article.

                                 

                                Where, did I write that article?

                                 

                                 

                                 

                                If there is not "a summary",

                                 

                                each article terminates in each article.

                                 

                                 

                                 

                                 

                                From such thought,

                                 

                                I compile each article

                                 

                                as "a book of one how to grow a lemon".

                                 

                                 

                                 

                                 

                                I think that it takes considerable time

                                 

                                so that each article is completed.

                                 

                                 

                                 

                                 

                                But, 

                                 

                                 

                                I should be able to update it

                                 

                                while inspecting it every day.

                                 

                                 

                                 

                                 

                                 

                                 

                                ■ Index

                                 

                                1、Fascinate to grow a lemon

                                 

                                  Fascinate to grow a lemon in a house.

                                 

                                I went to Shimanami Kaido!

                                 

                                 

                                2、The history of the lemon

                                 

                                ・The first lemon

                                 

                                ・A lemon came over to Japan.

                                 

                                 

                                3、About how to grow a lemon.

                                 

                                  On the cultivation of the lemon.

                                 

                                ・Area suitable for the cultivation

                                 of the lemon

                                 

                                ・The tree bears fruit with one

                                 

                                ・Time is necessary before it bears a

                                 fruit for the first time

                                 

                                 

                                How to buy young plants, various kinds

                                 

                                ・A stick seedling and large seedling

                                 

                                ・When should we buy a seedling?

                                 

                                ・How to choose good young plants

                                 

                                 

                                 Soil, manure (effective microorganisms)

                                 

                                ・How much is the quantity of

                                 

                                 fertilization?

                                 

                                 a. requires a lot of manure

                                 

                                 b. organic quality compound fertilizer

                                 

                                   in about February

                                 

                                 c. almost same quantity

                                 

                                 d. method to sprinkle manure

                                 

                                ・Careful about manure desperation

                                 

                                ・The measurement of the acidity

                                 

                                ・Effective microorganisms

                                 

                                 

                                Watering

                                 

                                 

                                Do you plant a lemon in the garden?

                                 

                                  Or,is it a potted plant?

                                 

                                ・Easy to bear a fruit by a potted plant

                                 

                                 

                                ΑHow to plant a lemon in the garden

                                 

                                ・Proper time for plantation

                                 

                                ・Place to plant a seedling

                                 

                                ・Plantation

                                 

                                ・How to fix forms

                                 

                                 

                                АHow to plant a lemon in pots

                                 

                                ・Proper time for plantation

                                 

                                ・A large seedling is suitable

                                 

                                 for a potted plant

                                 

                                ・Various bowls

                                 

                                ・Soil to use

                                 

                                ・Plantation methods

                                 

                                 

                                How to transplant a lemon into a bowl

                                 

                                👉 Article of the transplantation

                                 

                                   that I tried.

                                 

                                 

                                 Care for flower, bud

                                 

                                  (I work on pollination)

                                 

                                👉 About pollination

                                 

                                👉 Care for flower and bud

                                 

                                 

                                 Cutting of the lemon

                                 

                                 Grafted tree of the lemon

                                 

                                 The pruning of the lemon

                                 

                                 Cold measures

                                 

                                 Lemon cultivation and insects

                                 

                                 How to grow a lemon in the porch

                                 

                                 

                                5、Pest of the lemon

                                 

                                 Coccoidea

                                 

                                ◆Larva of the swallowtail butterfly

                                 

                                 Citrus leafminer

                                 

                                ぁBell moth

                                 

                                ァAphid

                                 

                                ΑSpider Mite

                                 

                                АLonghorn beetle

                                 

                                ─Thrips

                                 

                                 

                                6、Disease of the lemon

                                 

                                 Melanose

                                 

                                ◆Xanthomonas campestris pv. citri

                                 

                                 Elsinoë fawcettii

                                 

                                ぁGray mold

                                 

                                ァCercospora leaf mold

                                 

                                 

                                7、Diagnosis due to the symptom

                                 

                                 A leaf is yellow

                                 

                                ◆The spots of the leaf is yellow

                                 

                                 A flower falls

                                 

                                  (a flower does not bloom)

                                 

                                ぁA fruit falls

                                 

                                 

                                8、Work according to the month

                                 

                                 

                                9、Eating a lemon

                                 

                                 

                                10、Recipe using the lemon

                                 

                                 

                                 

                                 

                                 

                                 

                                 

                                Please push the blue sentence in Index

                                 

                                and read the airtcle.

                                 

                                 

                                 

                                This blog is not yet completed.

                                 

                                 

                                 

                                I want to link as soon as

                                 

                                I can translate it.

                                 

                                 

                                 

                                Please wait for a while.

                                 

                                 

                                If Japanese is enough,

                                 

                                you can read from here.

                                 

                                 

                                「レモンの育て方 4」

                                 

                                 

                                 

                                 

                                 

                                 

                                I grow a lemon from now on.

                                 

                                 

                                I want to update this blog each time.

                                 

                                 

                                I am so glad if you read my article

                                 

                                 

                                when you have some problems to grow.

                                 

                                 

                                 

                                 

                                Thank you very much

                                 

                                for reading this article today.

                                 

                                 

                                 

                                 

                                 

                                Korolemon

                                 

                                 

                                 

                                 

                                 

                                 

                                 

                                Please push the lower banner

                                 

                                ( my pet namely KORO )

                                 

                                if you think that

                                 

                                this article is even a little interesting.

                                 

                                 

                                 

                                Then I can do my best from now on

                                 

                                because a ranking of the blog may rise!

                                 

                                 

                                 

                                I will be grateful for any help

                                 

                                you can provide.    おじぎ の画像

                                 

                                 

                                 

                                 

                                 


                                にほんブログ村

                                 

                                 

                                 

                                 

                                 

                                 

                                 

                                 

                                 

                                 

                                 

                                 

                                 

                                 

                                 

                                 

                                 

                                 

                                2018.01.07 Sunday

                                アパートDIYがなくなった。

                                0

                                  JUGEMテーマ:家庭

                                   

                                   


                                  アパートDIYがなくなった。


                                   

                                   

                                  親戚がアパートを買う予定が、ありました。

                                   

                                  予算上の関係から、

                                   

                                  中古物件を購入する予定でした。

                                   

                                   

                                   

                                  で、快適に住めるようにDIY。

                                   

                                  自身でリフォームにチャレンジ!

                                   

                                   

                                   

                                   

                                  妻は、そういうのが大好きです。

                                   

                                  ビフォーアフターのTVも大好き。

                                   

                                  インテリアに関する雑誌等を読むのも

                                   

                                  大好き。

                                   

                                   

                                   

                                   

                                  話しが出てから、やる気満々でした。

                                   

                                  恐らくは、指示だけで、

                                   

                                  実際に動くのは・・・  てst の画像

                                   

                                   

                                   

                                   

                                   

                                  今日、6つの物件を見てきました。

                                   

                                  上手に回るなと思いました。

                                   

                                  古い物件等、恐らくは関心を示さない物件か

                                   

                                  ら回り始め、最後に一押しの物件に連れてい

                                   

                                  く。

                                   

                                   

                                   

                                  分かっているつもりでも、やっぱり、

                                   

                                  「おぉ〜〜〜」と思ってしまいます。

                                   

                                   

                                   

                                   

                                   

                                  業者の方が面白い話しをされていました。

                                   

                                   

                                  「リフォームをした物件の方が、

                                   

                                  していない物件より売れやすい。」

                                   

                                   

                                   

                                  当たり前のようで、

                                   

                                  当たり前ではないような。

                                   

                                   

                                   

                                   

                                  例えば、

                                   

                                   1,000万円の物件に400万円のリフォーム

                                   

                                    を実施した物件を、1,400万円で買う。

                                   

                                   

                                  ◆1,000万円の物件を1,000万円で買い、

                                   

                                    後、自分で400万円のリフォームを行う。

                                   

                                   

                                  ,鉢△砲蓮

                                   

                                  どんな違いがあるのでしょうか?

                                   

                                   

                                   

                                  ,離瓮螢奪箸箸靴討蓮

                                   

                                  ・物件を見に行った最初の印象が良い。

                                   

                                  ・一端業者が購入してリフォームした場合、

                                   

                                   2年程度の保証が付いている事が多い。

                                   

                                   

                                   

                                  △離瓮螢奪箸箸靴討蓮

                                   

                                  ・自分の好きな材料を使ったリフォームが

                                   

                                   可能となる。

                                   

                                   

                                   

                                  大きな部分では、こんな違いでしょうか?

                                   

                                   

                                   

                                   

                                  同じマンション内の物件を2つ見ました。

                                   

                                  リフォーム有りと無しでは全く違います。

                                   

                                   

                                   

                                  部屋と部屋の境に段差がある、ない程の違い

                                   

                                  もありました。

                                   

                                  扉がある、ないの違いもありました。

                                   

                                   

                                  汚い、綺麗だけではない違いがそこにありま

                                   

                                  す。

                                   

                                   

                                   

                                  しかしながら、元はほぼ同じ物件なのですか

                                   

                                  ら、同様のリフォームは、後からでも可能。

                                   

                                   

                                   

                                  自身でするのも良し。

                                   

                                  自身で業者に依頼するのも良し。

                                   

                                   

                                  自分の好きな色、柄、

                                   

                                  好きなユニットバス、トイレ・・・

                                   

                                  好みに合わせたリフォームが出来ます。

                                   

                                   

                                   

                                   

                                  でも、圧倒的に「実施済みの物件の方が売れ

                                   

                                  る」らしいのです。

                                   

                                   

                                   

                                  結局、今日決めた物件も、

                                   

                                  平成29年9月 

                                   

                                  フルリノベーション実施済物件。

                                   

                                   

                                  ・システムキッチン(新調)

                                  ・ユニットバス(新調)

                                  ・洗面化粧台(新調)

                                  ・洗浄機能付トイレ(新調)

                                  ・建具(新調)

                                  ・LDK・洋室・廊下 フローリング張り替え

                                  ・全室クロス張り替え

                                  ・トイレ・洗面室CFシート張り替え

                                  ・畳表替え

                                  ・洗濯機パン(新調)

                                  ・TVモニター付ドアホン(新設) 等々

                                   

                                   

                                   

                                  平たく言えば、

                                   

                                  内部はほどんど全部真っ新です。

                                   

                                  (未使用のものばかり)

                                   

                                   

                                   

                                  リビングの壁についている非常警報器。

                                   

                                  窓・戸関係。(替えられないそうです)

                                   

                                  お庭。(1Fなので、27屬寮賤冂輊奸

                                   

                                  以外は全部、新調されている感じです。

                                   

                                   

                                   

                                   

                                  結局、その部屋が気に入れば、

                                   

                                  後から修繕するのがメンドクサイと思う

                                   

                                  のか、それで良いと思ってしまいます。

                                   

                                   

                                   

                                   

                                  自分ですれば、もっと安く、気に入ったもの

                                   

                                  に出来るかもしれないのに・・・

                                   

                                   

                                   

                                  当然ことながら、私自身が、「これが良い」

                                   

                                  と思ってしまいました。 夏だよ。子供だよ。汗だく の画像

                                   

                                   

                                   

                                   

                                   

                                  ご説明が大変長くなりましたが、

                                   

                                  という事で、

                                   

                                  私と妻のリフォームDIYは、

                                   

                                  無くなってしまいました。

                                   

                                   

                                   

                                  DIYをすることになっていれば、

                                   

                                  数日分のブログネタになったかも

                                   

                                  しれません。 

                                   

                                   

                                   

                                   

                                  人の住む家なので、

                                   

                                  それ以上の事は考えずに、

                                   

                                  今日だけのネタにしてみました。

                                   

                                   

                                   

                                   

                                  最後に、当該物件の写真を少し・・・

                                   

                                   

                                  玄関です。

                                   

                                   

                                   

                                   

                                  下駄箱の下にライトがあって

                                   

                                  オシャレでした。

                                   

                                   

                                   

                                  玄関横の洋室 5帖。

                                   

                                   

                                   

                                  その部屋の収納(クローゼット)。

                                   

                                   

                                   

                                   

                                  洗面台。

                                   

                                   


                                   

                                   

                                  お風呂。

                                   

                                   

                                   

                                   

                                  トイレ。

                                   

                                   

                                   

                                   

                                  リビング・ダイニングキッチン 10.5帖。

                                   

                                   

                                   

                                   

                                  リビング奥の和室 6帖。

                                   

                                   

                                   

                                   

                                  リビング奥の洋室 6帖

                                   

                                   

                                   

                                   

                                   

                                  そして、これがリビング奥の和室・洋室

                                   

                                  の外側にある、専用庭(約8坪)。

                                   

                                   

                                   

                                  南側にあり、陽の当たり具合は申し分なし。

                                   

                                  ちょっとしたベランダの奥にあります。

                                   

                                   

                                   

                                   

                                   

                                   

                                   

                                  で、この物件は、

                                   

                                  昭和49年5月に建てられたもの。

                                   

                                  なんと、築44年の物件。

                                   

                                   

                                   

                                  写真では分かりにくいのですが、

                                   

                                  ほぼほぼ、各部屋の段差なし、

                                   

                                  までにリフォーム済み。

                                   

                                   

                                   

                                  フルリノベーション恐るべしと思いました。

                                   

                                   

                                   

                                  結果、私たちの出る幕無し・・・

                                   

                                  と思いきや!!  目玉 の画像

                                   

                                   

                                   

                                   

                                  ありました!!

                                   

                                  お仕事をする箇所が!!

                                   

                                   

                                   

                                  お庭です。  

                                   

                                   

                                   

                                  居住予定者、全くやる気なし。

                                   

                                  「お庭、いらん!」とまで言う始末。

                                   

                                   

                                   

                                  ただ、木の切り株が4・5本見えたので、

                                   

                                  長男・次男も、

                                   

                                  総動員しなければならないかも。 マメマメン ビックリ !! の画像

                                   

                                   

                                   

                                  恐らくは、

                                   

                                   

                                  レモンの木が

                                   

                                  植えられる事になるでしょう!! アンパンマン 載せました の画像

                                   

                                   

                                   

                                   

                                   

                                   

                                  下のバナーを

                                   

                                  「ポチッ」と押して頂きますと、

                                   

                                  助かります!!

                                   

                                   

                                  顔だよ。困る

                                   

                                   

                                   


                                  にほんブログ村

                                   

                                   

                                   

                                   

                                   

                                   

                                   

                                   

                                   

                                   

                                   

                                   

                                   

                                   

                                  2018.01.03 Wednesday

                                  お正月休み、最終日。

                                  0

                                    JUGEMテーマ:家庭

                                     

                                     

                                     

                                     

                                    とうとう、明日からお仕事開始です。

                                     

                                    今日は、散歩しかしていないので、

                                     

                                    ブログもやめておこうかと思ったのですが、

                                     

                                    少しだけ・・・

                                     

                                     

                                     

                                     

                                     

                                    昨年のお正月も、散歩に行きました。

                                     

                                    近所の神社に行く途中で、

                                     

                                    レモンの木を見ました。

                                     

                                     

                                    50個以上の実を付けていました。

                                     

                                    というより、

                                     

                                    採っていなかったのでしょうか。

                                     

                                     

                                     

                                    今年は、2つだけ残っていました。

                                     

                                    写真は、止めておきました。

                                     

                                     

                                     

                                     

                                    大きな樹。

                                     

                                    あれぐらいには、育てたい。

                                     

                                     

                                     

                                     

                                     

                                     

                                    お正月。

                                     

                                    食べて、飲みました。

                                     

                                    一瞬の夢。

                                     

                                    楽しい、夢でした。

                                     

                                     

                                     

                                     

                                     

                                    今年は、ローストビーフと伊達巻きを作ってみました。

                                     

                                    来年からは、又、購入しようと思います。 ^^;

                                     

                                     

                                     

                                     

                                     

                                    追伸

                                     

                                    劇団四季、お好きだったのですね。

                                     

                                    私は、一度も見に行っていません。

                                     

                                     

                                     

                                     

                                    亡き父が、浅利慶太さんのファンでした。

                                     

                                    劇団四季を作る前からです。

                                     

                                     

                                     

                                     

                                    長男が生まれたら、

                                     

                                    「慶太」とつけようと思ったそうです。

                                     

                                     

                                     

                                     

                                    一度、見に行きたいと思っています。

                                     

                                     

                                     

                                     

                                    近所のご主人さんが、

                                     

                                    学生時代、劇団四季でバイトをしていました。

                                     

                                    その時のバイト仲間が、そのまま就職しているようです。

                                     

                                     

                                     

                                    なにかと、ご縁がある劇団です。 ^^

                                     

                                     

                                     

                                     

                                     

                                     

                                    下のバナーを

                                     

                                    「ポチッ」と押して頂きますと、

                                     

                                    助かります!!

                                     

                                     

                                    顔だよ。困る

                                     

                                     

                                     


                                    にほんブログ村

                                     

                                     

                                     

                                     

                                     

                                     

                                     

                                     

                                     

                                     

                                     

                                     

                                     

                                     

                                    2018.01.01 Monday

                                    新年明けましておめでとうございます。

                                    0

                                      JUGEMテーマ:家庭

                                       

                                       

                                       

                                      平成30年1月1日(月) 元旦

                                       

                                       

                                       

                                       

                                      インスタ映えしそうな画像が・・

                                       

                                      テレビやってましたので、

                                       

                                      パシャっと!!

                                       

                                       

                                       

                                       

                                      実際に、

                                       

                                      富士山の初日の出を見てみたいものです。

                                       

                                      陽の光が、☆型になる所が、ビックリ!

                                       

                                       

                                       

                                       

                                       

                                      皆様にとって、

                                       

                                      ラッキーな1年となりますよう!!  お星さま の画像 

                                       

                                       

                                       

                                       

                                      👉 「鎌倉ものがたり」を見に行っただけの

                                       

                                         お正月でした。

                                       

                                       

                                       

                                        途中、1回だけ、うるうるしました。

                                       

                                        涙腺が緩いほうなので・・・

                                       

                                       

                                       

                                        是非、見に行ってみて下さい!!

                                       

                                        すごく良かったです。  アンパンマン 載せました の画像

                                       

                                       

                                       

                                       

                                        皆様、

                                       

                                        今年もどうぞ

                                       

                                        宜しくお願い致します!!

                                       

                                       

                                        

                                        korolemon

                                       

                                       

                                       

                                        
                                      追伸  

                                       

                                      賀状、ありがとうございました!!  おじぎ の画像

                                       

                                       

                                       

                                       

                                      2017.12.18 Monday

                                      Part 2-2

                                      0

                                        JUGEMテーマ:家庭

                                         

                                         

                                         

                                         

                                         

                                        АHow to plant a lemon in pots

                                         

                                         

                                        👉 Proper time for plantation

                                         

                                         

                                        Proper time to plant the young plant of

                                         

                                        the lemon is from the end of February to

                                         

                                        the end of March as same as a garden

                                         

                                        plant.

                                         

                                         

                                         

                                        In the case of a potted plant, we can

                                         

                                        carry a bowl to the room without

                                         

                                        influence of the cold at cold winter

                                         

                                        time.

                                         

                                        Therefore you may plant it from September

                                         

                                        to October.

                                         

                                         

                                         

                                        👉 A large seedling is suitable

                                         

                                          for a potted plant

                                         

                                         

                                        A large seedling is suitable for a potted

                                         

                                        plant. This is because the large seedling

                                         

                                        can be grown as the bowl which it

                                         

                                        purchased, and the first fruition is

                                         

                                        earlier than a stick seedling.

                                         

                                         

                                         

                                        When we choose the large seedling, we

                                         

                                        should choose a young plant which is

                                         

                                        branching off equally from the plant

                                         

                                        foot treatment.

                                         

                                        Because the space where fruits grow

                                         

                                        increases and can finish it compactly.

                                         

                                         

                                         

                                         

                                        👉 Various bowls

                                         

                                         

                                        We are divided into a plastic bowl, an

                                         

                                        unglazed bowl, an earthenware bowl by

                                         

                                        the difference in materials. There is the

                                         

                                        light, strong resin bowl. You should

                                         

                                        better to buy a light plastic bowl and

                                         

                                        resin bowl, because you may carry it to

                                         

                                        the room at the winter cold time.

                                         

                                        As a matter of course, the weight of the

                                         

                                        young plant and soil will be added to

                                         

                                        weight of bowl itself.

                                         

                                         

                                         

                                        An oblong bowl has a sense of stability

                                         

                                        than a tall bowl. If there is a bowl that

                                         

                                        the diameter of the bowl top is same as

                                         

                                        a bowl bottom, it has a sense of

                                         

                                        stability more.

                                         

                                         

                                         

                                         

                                        The design is important, too. But,we will

                                         

                                        image height and width of the future

                                         

                                        young plant. I recommend that you choose

                                         

                                        the bowl which "is hard to fall down".

                                         

                                         

                                         

                                        👉 Soil to use

                                         

                                         

                                        A weed is easy to grow when we use the

                                         

                                        garden soil, and also, the drainage is

                                         

                                        not so good, too. The "soil for fruit

                                         

                                        tree" seems to be good if available.

                                         

                                        The acidity of this soil is ph5 .5-6.0,

                                         

                                        and you can just use it.

                                         

                                        When it is not available, you mix

                                         

                                        "the soil for vegetables" and Kanuma

                                         

                                        soil in the ratio of 7:3 and seem to

                                         

                                        use it.

                                         

                                         

                                         

                                        👉 Plantation methods

                                         

                                         

                                        As for the plantation method, please see

                                         

                                        the next article "transplanted a potted

                                         

                                        lemon". In addition, even in the case of

                                         

                                        a potted plant, we can suppress the

                                         

                                        growth of the tree. For example,

                                         

                                        we pull a branch aside. we suppress the

                                         

                                        growth by doing this way and can make

                                         

                                        with fruit better. At first we roll the

                                         

                                        edge of the bowl with a string.

                                         

                                        Then, we tie the string which I wrapped

                                         

                                        the edge in the branch which I want to

                                         

                                        pull aside with a string.

                                         

                                         

                                         

                                         

                                         

                                         

                                        ─How to transplant a lemon

                                         

                                           into a bowl

                                         

                                         

                                        In the case of a potted plant, the inside

                                         

                                        of the bowl becomes full of roots when we

                                         

                                        just leave it. So, it is usually

                                         

                                        necessary to transplant it at the pace

                                         

                                        once in 2-3 years. The old root comes to

                                         

                                        wither up to become hard to suck water

                                         

                                        well even if we do watering.

                                         

                                         

                                         

                                         A root comes out of the bottom

                                         

                                          of the bowl

                                         

                                        ◆Water did not readily soak into soil

                                         

                                          even if we did water

                                         

                                         

                                        While being careful about such states, we

                                         

                                        transplant it into a slightly big bowl. (

                                         

                                        1〜2号 larger ) By the way, we can

                                         

                                        measure the size (号) of the bowl when

                                         

                                        we divide a diameter by 3. (30cm in

                                         

                                        diameter /3cm = 10号) Even if you do not

                                         

                                        want to make a bowl big, please

                                         

                                        transplant it, and please cut down a

                                         

                                        jam-packed root.

                                         

                                         

                                         

                                        When we transplant it, we warn next.

                                         

                                        A root may rot when we transplant a

                                         

                                        seedling into a bigger bowl suddenly

                                         

                                        because soil does not readily dry. T

                                         

                                        herefore you seem to be careful about

                                         

                                        the size of the bowl to exchange.(into a

                                         

                                        slightly big bowl)

                                         

                                        By the way, I did not know the above.

                                         

                                        Therefore I have exchanged it with a 14号

                                         

                                        bowl from a 7号 bowl when I

                                         

                                        transplanted the potted lemon which I

                                         

                                        purchased. At hot time of July, I did a

                                         

                                        good watering every day twice in morning,

                                         

                                        an evening. I do not seem to do the

                                         

                                        decayed root for the moment. I want to

                                         

                                        be careful about decayed root in future.

                                         

                                         

                                         

                                        レモンの育て方 栽培方法

                                         

                                         

                                        Article of the transplantation

                                        that I tried

                                         

                                        「I transplanted a potted lemon plant!!」

                                         

                                         

                                        Please take a look. ( but Japanese )

                                         

                                         

                                         

                                         

                                         

                                         Care for flower and bud

                                         

                                          (I work on pollination)

                                         

                                         

                                        👉 About pollination

                                         

                                         

                                        As the young plant of the lemon is

                                         

                                        pollinated with one and bears fruit,

                                         

                                        the pollination tree is not necessary.

                                         

                                        In addition, we do not need the

                                         

                                        artificial pollination basically because

                                         

                                        the insects carry the pollen. My lemon

                                         

                                        does nothing in particular, but it is

                                         

                                        pollinated and bear fruit.

                                         

                                        (There is not particularly a lot an

                                         

                                        insect)

                                         

                                         

                                         

                                         

                                        But it seems to become hard to be

                                         

                                        pollinated when insects do not come very

                                         

                                        much. When a fruit does not grow

                                         

                                        though the flower of the lemon blooms,

                                         

                                        please do artificial pollination. A fruit

                                         

                                        seems to have possibilities to grow.

                                         

                                        The artificial pollination is possible by

                                         

                                        using dry writing brushes when we touch

                                         

                                        it in turn in a stamen and the pistil

                                         

                                        capitals.

                                         

                                         

                                         

                                        👉 Care for flower and bud

                                         

                                         

                                        We pick all the flower (bud) which

                                         

                                        bloomed in autumn and summer to promote

                                         

                                        that we grow fruit.

                                         

                                        (When we grow the fruit which grow from

                                         

                                        the flower which bloomed in spring)

                                         

                                         

                                         

                                        About the flower(bud) which bloomed

                                         

                                         in spring

                                         

                                        When do you pick a bud and a flower? 

                                         

                                        A judgment seems to change by a purpose.

                                         

                                         

                                        a.A leaf is necessary to grow fruit.

                                         

                                         (20 pieces of leaves are necessary

                                         

                                          for one fruit?)

                                         

                                         

                                        b.If we pick the bud and flowers,we can

                                         

                                          spend the nourishment for branches

                                         

                                          and leaves and flowers and buds

                                         

                                          which we left.

                                         

                                         ⇒We should pick flowers and buds.

                                         

                                         

                                        c.In consideration of a physical fruit

                                         

                                          drop, we do not pick flowers and

                                         

                                          buds.

                                         

                                         ⇒We should not pick flowers and buds. 

                                         

                                         

                                         

                                        Physiological fruit drop (June drop)

                                         

                                        We seem to be able to consider that a

                                         

                                        physiological fruit drop is a self-regulating

                                         

                                        function of fruit tree itself. A physiological

                                         

                                        fruit drop is a menstruation phenomenon

                                         

                                        that it try to leave a few fruits which

                                         

                                        is only grow and drop other fruit when

                                         

                                        nutrition is insufficient.

                                         

                                         

                                         

                                        A menstruation phenomenon. When there are too few fruits drop, a tree body weakens and causes a biennial bearing. (A high yielding year and low yielding year came one after the other.) On the contrary, when there are too many fruits drop, growth becomes popular, and the branch will be a abnormally long branch. The physiological fruit drop is classified roughly into two ways. One is an fruit drop appearing soon after the flowering. It is a latter term fruit drop appearing before a crop one more.

                                         

                                         

                                         

                                         

                                        We can concentrate on giving nourishment to a bud and flower and the branches and leaves which we want to leave when we pick up an unnecessary bud and flower. However, when a fruit has begun to become really, physiological fruit drop happens, and a fruit hardly remains if "a fruit to bring up" falls. Therefore we do not cut a bud and the flower and leave all. A way of thinking to perform fruit picking after a physiological fruit drop is like C.

                                        として残した蕾・花」と「枝葉」に集中して

                                         

                                        栄養を与える事となり無駄が無くなります

                                         

                                        が、実になりだした時に生理的落果がおきて

                                         

                                        しまい、「育てる実」が落ちてしまったらほ

                                         

                                        とんど実が残らなくなります。であれば、

                                         

                                        摘蕾・摘花せず全てを残し、生理的落果後、

                                         

                                        育てる実を決め、それ以外を摘果する方が

                                         

                                        良いという考え方がのようです。

                                         

                                         

                                        当家の今年の庭植えレモンは、100程の花を付

                                         

                                        けました。ずっと蕾で、いつ咲くか待ちに待

                                         

                                        って、5月10日に咲いたかと思うと、5月13日

                                         

                                        には散り始めました。まだ若木で体力がない

                                         

                                        のかもしれませんが、事前にある程度は整理

                                         

                                        したいとするなら、摘花ではなく、摘蕾とし

                                         

                                        た方が良いのかなと思います。

                                         

                                         

                                        レモンの花には、雌しべがない不完全花が咲

                                         

                                        く事があります。(当然のことながら、実に

                                         

                                        なりません)低温が原因であるとされたり、

                                         

                                        木がまだ若く、結実させる力がないと不完全

                                         

                                        花が多くなるようです。当家で育てているリ

                                         

                                        スボンレモンは不完全花が多い種のようで

                                         

                                        す。マイヤーレモン等は実付きが良い種であ

                                         

                                        り、不完全花もあまりないようです。不完全

                                         

                                        花が咲いたら、これは摘花した方が良いでし

                                         

                                        ょう。(自然に散った後、残花を処理する)

                                         

                                         

                                        レモンの育て方 栽培方法レモンの育て方 栽培方法

                                         

                                         

                                        その時の記録がこちら! 

                                        「やっと咲いた花!」

                                         

                                         

                                        具体的な摘蕾の方法については、来年の検証を行い記載したいと思います!

                                         

                                         

                                         

                                         

                                         

                                         レモンの挿し木

                                         

                                         

                                        植物の枝・茎・葉等を切り取り、土に挿して

                                         

                                        根を出させるものです。枝先端部のみずみず

                                         

                                        しい感じの枝、伸長中のやわらかい枝は、挿

                                         

                                        してから腐りやすい為むいていないようで

                                         

                                        す。伸びが止まり、葉は展開し固まったとこ

                                         

                                        ろの枝がレモンの挿し木に適しているようで

                                         

                                        す。適期としては、6月の梅雨の時期が良いと

                                         

                                        言われています。接ぎ木に比べ、実がなりに

                                         

                                        くい、病気や害虫に弱い、寿命が短いと言わ

                                         

                                        れるようです。しかしながら、台木を用意し

                                         

                                        なくてもよく、比較的簡単に苗木を増やせる

                                         

                                        点は魅力です。

                                         

                                         

                                        柑橘類は、比較的簡単に挿し木できる種であ

                                         

                                        ると言われてます。私が挿し木をした際は、

                                         

                                        例えば「発根促進剤」を使用しましたが、全

                                         

                                        く何も付けず「切った枝を、土に挿した」だ

                                         

                                        けで根が生えてくるとも言われています。

                                         

                                        展開し固まった枝を挿し木する、雨が当た

                                         

                                        らない日陰で育てる、K萋朝・夕水をやる

                                         

                                        等が、挿し木を行う際のポイントとして挙げ

                                         

                                        られますが、「しっかりと毎日水をやるだけ

                                         

                                        で挿し穂に根は生えてくる」と思います。

                                         

                                         

                                        6月17日、7本の枝を挿し木しました。雨の当

                                         

                                        たらない日陰で育てました(内1本は、陽・

                                         

                                        雨が当たる場所で)。42日後、1本の枝から新

                                         

                                        芽が出だしました。後、全ての枝から新芽が

                                         

                                        出ました。

                                         

                                         

                                        <私がやった挿し木の手順>

                                         

                                        a.葉は展開し固まったところの枝を、1本

                                          の長さ 10〜15僂砲垢襦

                                          そして、枝の下側半分の葉を落とす。

                                          次に、残した葉を半分に切る。

                                         (蒸散を抑える為)

                                         

                                        b.この枝を、水を入れたバケツに浸ける。

                                         (1時間程度)

                                         

                                        c.水から出した枝の下側先端部を斜めに

                                          切る。(断面積を増やし給水量を増や

                                          す為、又、根が出る面積を広げる為。)

                                         

                                        d.切った枝の下側先端部に発根促進剤を

                                          付ける。

                                         

                                        e.さし芽・種まき専用の土を入れ、挿し穂

                                          を差し込む。

                                          差し込む時に、発根促進剤が取れないよ

                                          うに、穴を掘ってから枝を差し込み土で

                                          覆う。

                                         

                                        f.全体に水をかける。

                                         

                                         

                                         

                                        実際に挿し木を行った際の様子(写真付き)がこちらです。

                                         

                                         「レモンの挿し木をやってみた!」

                                         

                                         

                                        挿し穂から根が出てきたので、鉢に植え替えた時の様子がこちらです。

                                         

                                         「レモンの挿し木 54日後・・・」

                                         

                                         

                                         

                                        今後、挿し木で作った苗は、

                                         

                                        ー造なりにくいのか?、

                                        病気や害虫に弱いのか?、

                                        寿命が短いのか?、

                                         

                                        を検証していきたいと思います。

                                         

                                         

                                         

                                         

                                         レモンの接ぎ木

                                         

                                         

                                        販売されているレモンの苗木を見ると、大半

                                         

                                        が接ぎ木によってできた苗木のようです。接

                                         

                                        ぎ木をするのは、自根よりも耐寒性・耐病性

                                         

                                        が有り、生育の良い台木を使うからです。果

                                         

                                        樹や花の種類によっては、自分の種から、或

                                         

                                        いは、挿し木から育てた場合、種が出来なか

                                         

                                        ったり、又は、出来るまでに長い時間を要す

                                         

                                        るものがあります。接ぎ木で育てると、早く

                                         

                                        実がなり(結果樹齢に達する事が早い)、病

                                         

                                        気や害虫に強い木が出来るようです。

                                         

                                         

                                        レモンの台木としてよく使われるカラタチ

                                         

                                        大きなトゲがあるのが特徴で、柑橘類の中で

                                         

                                        は耐寒性が高い品種です。 アゲハチョウのエ

                                         

                                        サとしても知られています。 全ての柑橘類の

                                         

                                        台木として使えます。 カラタチは、国内の柑

                                         

                                        橘類の95%で台木として使われています。

                                         

                                         

                                        カラタチの種から台木として育てると、2年

                                         

                                        程度は必要となりそうです。又、カラタチの

                                         

                                        苗木を購入する場合は、1苗 600円内外に別途

                                         

                                        送料(1,000円前後)が必要となりそうです。

                                         

                                        そう考えますと、接ぎ木を試みるよりは、

                                         

                                        レモンの苗木を購入した方がとも思います。

                                         

                                         

                                        接ぎ木は、まだ検証しておりません。既に育

                                         

                                        てている「柚子の木」に接ぎ木を行い、どう

                                         

                                        育っていくのか検証してみたいと思っていま

                                         

                                        す。(検証後、詳細掲載予定)

                                         

                                         

                                        レモンの育て方 栽培方法

                                         

                                         

                                         

                                         

                                        👉 「レモンの接ぎ木 1本のレモンの木に多品種接ぎを試してみる!」は「こちら」から!

                                         

                                         

                                         

                                        👉 「レモンの木に接ぎ木をやってみた。多品種接ぎにチャレンジ!」は「こちら」から!

                                         

                                         

                                         

                                         

                                         

                                        👉 「レモンの育て方 4」 はコチラから!

                                         

                                         

                                        「レモンの育て方」の完結編です。

                                         

                                        最初の「もくじ」の全ての記事が読めます。

                                         

                                         

                                         

                                         

                                         

                                         

                                         

                                         

                                         

                                         

                                         

                                         

                                         

                                        2017.12.09 Saturday

                                        Part 1

                                        0

                                          JUGEMテーマ:家庭

                                           

                                           

                                           

                                           

                                           


                                           How to grow a lemon, Part 1

                                           

                                            While a beginner inspect the cultivation method.

                                           

                                                  (INDEX to 3-◆


                                           

                                           

                                           

                                          〜 Introduction 〜

                                           

                                           

                                           

                                          I have begun to write a blog of

                                           

                                          how to grow a lemon.

                                           

                                           

                                           

                                          Its number of articles is "56" a little.

                                           

                                           

                                           

                                          I couldn't find an article.

                                           

                                          Where, did I write that article?

                                           

                                           

                                           

                                          If there is not "a summary",

                                           

                                          each article terminates in each article.

                                           

                                           

                                           

                                           

                                          From such thought,

                                           

                                          I compile each article

                                           

                                          as "a book of one how to grow a lemon".

                                           

                                           

                                           

                                           

                                          I think that it takes considerable time

                                           

                                          so that each article is completed.

                                           

                                           

                                           

                                           

                                          But, 

                                           

                                           

                                          I should be able to update it

                                           

                                          while inspecting it every day.

                                           

                                           

                                           

                                           

                                           

                                           

                                          ■ Index

                                           

                                          1、Fascinate to grow a lemon

                                           

                                            Fascinate to grow a lemon in a house.

                                           

                                          I went to Shimanami Kaido!

                                           

                                           

                                          2、The history of the lemon

                                           

                                          ・The first lemon

                                           

                                          ・A lemon came over to Japan.

                                           

                                           

                                          3、About how to grow a lemon.

                                           

                                            On the cultivation of the lemon.

                                           

                                          ・Area suitable for the cultivation

                                           of the lemon

                                           

                                          ・The tree bears fruit with one

                                           

                                          ・Time is necessary before it bears a

                                           fruit for the first time

                                           

                                          How to buy young plants, various kinds

                                           

                                          ・A stick seedling and large seedling

                                           

                                          ・When should we buy a seedling?

                                           

                                          ・How to choose good young plants

                                           

                                           

                                           Soil, manure (effective microorganisms)

                                           

                                          ぁWatering

                                           

                                          ァDo you plant a lemon in the garden?

                                            Or,is it a potted plant?

                                           

                                          ΑHow to plant a lemon in the garden

                                           

                                          АHow to set a lemon into a bowl

                                           

                                          ─How to transplant a lemon into a bowl

                                           

                                           Care for flower, bud

                                            (I work on pollination)

                                           

                                           Cutting of the lemon

                                           

                                           Grafted tree of the lemon

                                           

                                           The pruning of the lemon

                                           

                                           Cold measures

                                           

                                           Lemon cultivation and insects

                                           

                                           How to grow a lemon in the porch

                                           

                                           

                                          5、Pest of the lemon

                                           

                                           Coccoidea

                                           

                                          ◆Larva of the swallowtail butterfly

                                           

                                           Citrus leafminer

                                           

                                          ぁBell moth

                                           

                                          ァAphid

                                           

                                          ΑSpider Mite

                                           

                                          АLonghorn beetle

                                           

                                          ─Thrips

                                           

                                           

                                          6、Disease of the lemon

                                           

                                           Melanose

                                           

                                          ◆Xanthomonas campestris pv. citri

                                           

                                           Elsinoë fawcettii

                                           

                                          ぁGray mold

                                           

                                          ァCercospora leaf mold

                                           

                                           

                                          7、Diagnosis due to the symptom

                                           

                                           A leaf is yellow

                                           

                                          ◆The spots of the leaf is yellow

                                           

                                           A flower falls

                                            (a flower does not bloom)

                                           

                                          ぁA fruit falls

                                           

                                           

                                          8、Work according to the month

                                           

                                           

                                          9、Eating a lemon

                                           

                                           

                                          10、Recipe using the lemon

                                           

                                           

                                           

                                           

                                           

                                           

                                          1、Fascinate to grow a lemon

                                           

                                           

                                            Fascinate to grow a lemon

                                             in a house.

                                           

                                           

                                          Almost persons reading this article

                                           

                                          already have a purpose (charm)

                                           

                                          to cultivate by yourself.

                                           

                                           

                                          Because you'll already make a fruit tree,

                                           

                                          vegetables or be going to make a lemon

                                           

                                          from now on.

                                           

                                           

                                          One of a fascinate to grow a lemon in a

                                           

                                          house is what we can harvest it at the

                                           

                                          most delicious time. The commercial

                                           

                                          fruit and vegetables are harvested

                                           

                                          before the most ripen fully.

                                           

                                           

                                          This is because it takes time before it

                                           

                                          reaches the consumers. The citrus

                                           

                                          fruits become sweet with growth.

                                           

                                           

                                          As for the lemon which ripened fully

                                           

                                          with becoming the tree, both the taste

                                           

                                          and the fragrance are totally another

                                           

                                          thing. You can taste a genuine taste

                                           

                                          at seasonal time.

                                           

                                           

                                           

                                           

                                          Another fascinate to grow a lemon in a

                                           

                                          house is what we can eat pesticide-free

                                           

                                          fruit, vegetables.

                                           

                                           

                                          In the case of an import lemon, we use

                                           

                                          a preservative (mold materials or wax-

                                           

                                          proof) not to be corrupt from the

                                           

                                          foreign country to the transportation.

                                           

                                           

                                          It does not have a problem that you

                                           

                                          eat a lemon after removing peel of

                                           

                                          lemon.

                                           

                                           

                                          However, I want to be concerned

                                           

                                          with a pesticide-free lemon when I

                                           

                                          think about a carcinogenic

                                           

                                          teratogenic risk and seem to become.

                                           

                                           

                                          The lemon in particular,

                                           

                                          vitamin C is included in the peel of

                                           

                                          lemon as same as in the fresh and fruit

                                           

                                          juice of lemon.

                                           

                                           

                                          When you thought about nourishment,

                                           

                                          you should be able to eat the peel of

                                           

                                          lemon, too.

                                           

                                           

                                          I put a slice lemon in the tea. The lemon

                                           

                                          to put in the tea has better lemon with

                                           

                                          the peel.

                                           

                                           

                                           

                                          As a matter of course, there is not only

                                           

                                          the charm "eating" but also the charm

                                           

                                          "appreciating". I only look at the flower

                                           

                                          of the lemon sweetly, and a heart calms

                                           

                                          down.

                                           

                                           

                                          In addition, citral and limonene are

                                           

                                          included in a bag (oil gland) to collect

                                           

                                          a fragrance ingredient called the

                                           

                                          essential oil in to the rind of a fruit

                                           

                                          of the lemon. So that; is unique;

                                           

                                          smell refreshing.

                                           

                                           

                                          This is included in the leaf of the

                                           

                                          lemon. I cut a leaf, and I prune it,

                                           

                                          and the fragrance of the lemon

                                           

                                          sometimes spreads.

                                           

                                           

                                           

                                           

                                          Why will I be going to grow a lemon? 

                                           

                                          Because the reason consumes vitamin C

                                           

                                          deliciously. This is because it drinks

                                           

                                          the lemon mixed juice which squeezed

                                           

                                          a lemon raw.

                                           

                                           

                                          A lemon is one tree, and a fruit grows.

                                           

                                          In addition, in the case of  other soft

                                           

                                          fruit, it will be deceived by a pest and

                                           

                                          bacteria, and it is difficult to grow.

                                           

                                           

                                          However, a lemon is hard to be deceived

                                           

                                          by a pest and can simplify the fruit

                                           

                                          which I can eat, because the rind of a

                                           

                                          fruit of the lemon is thick. How to grow

                                           

                                          lemons cannot be difficult.  

                                           

                                           

                                          Maybe・・・

                                           

                                           

                                           

                                           

                                           

                                           

                                           ◆I went to Shimanami Kaido!

                                           

                                           

                                          In July, 2017, I went to Shimanami Kaido

                                           

                                          in two people with a wife.

                                           

                                           

                                          From the Hiroshima side, I passed with

                                           

                                          Mukaijima, Innoshima, Ikuchijima,

                                           

                                          Omishima, Hakatajima, Oshima and

                                           

                                          went to Imabari-shi, Ehime.

                                           

                                           

                                           

                                          レモンの木の育て方 栽培方法

                                           

                                           

                                           

                                          "Ikuchijima with Sedota-cho is 25km from

                                           

                                          Imabari-shi, Ehime. It is the island of

                                           

                                          approximately 8,700 population in the

                                           

                                          center of Shimanami Kaido.

                                           

                                           

                                          Because approximately 50% of the island

                                           

                                          are suddenly slanted in Ikuchijima,

                                           

                                          exposure to the sun is good. The amount

                                           

                                          of production of the lemon is number one

                                           

                                          in Japan."

                                           

                                           

                                          "Approximately a quarter (28%) of the

                                           

                                          domestic lemon is produced in Sedota-cho.

                                           

                                           

                                          However, among lemons consumed in

                                           

                                          Japan, the ratio that a domestic lemon is

                                           

                                          consumed is less than 5%. Consumed most

                                           

                                          lemons are from the United States.

                                           

                                           

                                          This is because a price is low. The lemon

                                           

                                          which a farming family of Sedota-cho

                                           

                                          aimed at was the richness of the

                                           

                                          fragrance and the lemon which I could

                                           

                                          eat in peace.

                                           

                                           

                                          The Sedota lemon holds down the

                                           

                                          consumption of a pesticide and the

                                           

                                          chemical fertilizer to less than 50%.

                                           

                                          It is the lemon which I can eat

                                           

                                          together with a zest."

                                           

                                           

                                          I who had begun to grow a lemon had a

                                           

                                          lot of various questions. I went to the

                                           

                                          place of the best domestic amount of

                                           

                                          production in Japan and wanted to learn

                                           

                                          "how to grow lemons".

                                           

                                          ( In fact, I wanted to buy a seedling

                                           

                                          most. ^^;)

                                           

                                           

                                          I went to "the lemon valley" in Sedota-

                                           

                                          cho. There are really a lemon, a lemon.

                                           

                                          A lot of trees of lemon.

                                           

                                           

                                          The person who wants to feel the world of

                                           

                                          a lot of lemons, please drop in once!

                                           

                                           

                                           

                                           

                                          レモンの木の育て方 栽培方法

                                           

                                          レモンの木の育て方 栽培方法

                                           

                                           

                                           

                                           

                                           

                                           

                                          2、The history of the lemon

                                           

                                           

                                           

                                          虫眼鏡 The first lemon

                                           

                                           

                                          When and where did the lemon come from?

                                           

                                           

                                          The place of origin of the lemon seems to

                                           

                                          be the foothills of the Himalayas in

                                           

                                          India.

                                           

                                           

                                          It is supposed that the lemon came out of

                                           

                                          the mating of a shaddock and a lemonade,

                                           

                                          but does not seem to understand the

                                           

                                          original thing that a lemon has begun to

                                           

                                          be cultivated clearly.

                                           

                                           

                                          More than 1,400 years ago, Arabic people

                                           

                                          of the Muslim liked lemons. They brought

                                           

                                          in a lemon in the future to go and seemed

                                           

                                          to go over to Spain and Sicily, the North

                                           

                                          Africa.

                                           

                                           

                                          In the 15th century, the lemon came to be

                                           

                                          cultivated flourishingly in Italy and

                                           

                                          Spain.

                                           

                                           

                                          It will be "to have healed scurvy" to

                                           

                                          have escalated the cultivation of the

                                           

                                          lemon still more.

                                           

                                           

                                          In about 1500, the scurvy is the disease

                                           

                                          that took sailors at voyages of Vasco da

                                           

                                          Gama.

                                           

                                           

                                          As for the sailor, gingiva of the top and

                                           

                                          bottom swelled up. And they could eat

                                           

                                          nothing and starved to death. They

                                           

                                          suffered from hand pedialgia and

                                           

                                          gingival swelling and died in sequence.

                                           

                                           

                                          For the next 300 years, the scurvy

                                           

                                          attacked sailors who went on a voyage

                                           

                                          for a long term.

                                           

                                           

                                          Vitamin C is indispensable for generation

                                           

                                          of protein and the collagen included in

                                           

                                          the connective tissue. Collagen is not

                                           

                                          produced enough when we spend time

                                           

                                          without eating raw fruit and vegetables

                                           

                                          more than three months. As a result,

                                           

                                          various symptoms such as the gingival

                                           

                                          swelling are early and finally result

                                           

                                          in death.

                                           

                                           

                                          In 1582, Sailors who were deceived by

                                           

                                          scurvy strike the shore of West Africa,

                                           

                                          and they eat the lemon which grew

                                           

                                          there.

                                           

                                           

                                          When they washed the mouth with the fruit

                                           

                                          juice of the lemon, somebody recovered

                                           

                                          from the symptom of the mouth.

                                           

                                          Such example seemed to be persuasive

                                           

                                          grounds that a lemon worked for scurvy.

                                           

                                           

                                          After that, the senior service provides

                                           

                                          with about 6 million liters of squeezes

                                           

                                          of lemon in 19 years.

                                           

                                           

                                          The squeeze of lemon was stored in a

                                           

                                          barrel under the layer of the olive oil.

                                           

                                          As a result, it is to have been able to

                                           

                                          keep it without ascorbate most of the

                                           

                                          fruit juice being lost.

                                           

                                          As a matter of course, a sailor starting

                                           

                                          scurvy disappears.

                                           

                                           

                                          The loading the lemon onto the ship is a

                                           

                                          chance to let the consumption of the

                                           

                                          lemon increase, and the lemon farm will

                                           

                                          enlarge in each place.

                                           

                                           

                                           

                                           

                                           

                                          虫眼鏡 A lemon came over to Japan.

                                           

                                           

                                          It is listed in "a history of Japanese

                                           

                                          fruit chronological table" as follows.

                                           

                                           

                                          "April, 1875, Saburo Takagi who was a

                                           

                                          consul general introduced the seed and

                                           

                                          saplings such as orange, a lemon, a

                                           

                                          strawberry, the hop from the United

                                           

                                          States."

                                           

                                           

                                          In addition, it is written with a

                                           

                                          different book as follows.

                                           

                                           

                                          It is the Meiji era after the foundation

                                           

                                          of a country that a lemon was handed

                                           

                                          down to Japan.

                                           

                                           

                                          The lemon was mixed in many foreign-made

                                           

                                          articles, too. When a foreigner came for

                                           

                                          a hot spring cure in Atami of Shizuoka

                                           

                                          in 1873, he sprinkled the species of the

                                           

                                          lemon contained in dinner on the garden.

                                           

                                           

                                          It does not know which story is right.

                                           

                                          But, around the beginning of the Meiji

                                           

                                          era, the lemon seemed to come to Japan.

                                           

                                           

                                          It is written in the cultivation history

                                           

                                          of "the Sedota lemon" as follows.

                                           

                                          In 1928, I plant 300 trifoliate orange

                                           

                                          young plants and perform bud grafting

                                           

                                          of Lisbon Eureka Lemon.

                                           

                                           

                                          In other words, I understand that the

                                           

                                          lemon cultivation began after the Showa

                                           

                                          era.

                                           

                                           

                                           

                                           

                                          3、About how to grow a lemon

                                           

                                           

                                           

                                           On the cultivation of the lemon

                                           

                                           

                                          👉 Area suitable for the cultivation

                                                 of the lemon

                                           

                                           

                                          The lemon seems to like the land which

                                           

                                          drainage has good and the area with

                                           

                                          more than 15 degrees Celsius of mean

                                           

                                          temperature.

                                           

                                           

                                          In Japan, there is a lemon-growing area

                                           

                                          in the warm place of the south side from

                                           

                                          Kanto area. The slant ground of the

                                           

                                          mountains in the coastal area is a lemon

                                           

                                          -growing main area. Because chills do

                                           

                                          not collect, and drainage is good.

                                           

                                           

                                          A Setouchi lemon farm writes it, too.

                                           

                                           

                                          "Originally the area in Setouchi has

                                           

                                          little precipitation, and it is a warm

                                           

                                          area (mean temperature 15 degrees

                                           

                                          Celsius). It is a characteristic that

                                           

                                          there are many fine days.

                                           

                                          The lemon in particular is vulnerable to

                                           

                                          rain and wind. There are few typhoons,

                                           

                                          and, in this area with a little quantity

                                           

                                          of the wind, the outbreak of illness is

                                           

                                          controlled as much as possible and is

                                           

                                          the environment that is most suitable

                                           

                                          for a lemon. As for the lemon growing

                                           

                                          here, both the taste and the nourishment

                                           

                                          are fully included in the depths of the

                                           

                                          acidity."

                                           

                                           

                                          In particular, Sedota-cho is most

                                           

                                          suitable for lemon cultivation.

                                           

                                          This is because it wins a positive well

                                           

                                          as about half of the island is an

                                           

                                          immediate slant.

                                           

                                           

                                          And the lemon is vulnerable to cold.

                                           

                                          When temperature falls than -3 degrees

                                           

                                          Celsius, a tree weakens and seems to have

                                           

                                          possibilities to die. Therefore cold

                                           

                                          protection measures are necessary in the

                                           

                                          area becoming less than -3 degrees

                                           

                                          Celsius.

                                           

                                           

                                           

                                           


                                          👉 The tree bears fruit with one

                                           

                                           

                                          The tree of lemon is pollinated and bears

                                           

                                          a fruit only with one tree.

                                           

                                           

                                          Therefore the pollination tree is not

                                           

                                          necessary.

                                           

                                           

                                           

                                           

                                          👉 Time is necessary before it bears

                                           

                                                 a fruit for the first time

                                           

                                           

                                          The tree gives priority to bring up a

                                           

                                          body of oneself, rather than leaving the

                                           

                                          next generation (leaving fruit and a

                                           

                                          species).

                                           

                                           

                                          In other words, if the growth of a branch

                                           

                                          and a leaf of the tree becomes too much

                                           

                                          popular, most of the nourishment are used

                                           

                                          for the growth of a branch and the leaf ,

                                           

                                          and not be used for a flower and fruit ,

                                           

                                          and they are not accompanied by a flower

                                           

                                          and a fruit.

                                           

                                           

                                          In the case of a potted plant, It seem to

                                           

                                          be said to be need for 3 through 5 years

                                           

                                          before the fruit of the lemon grows for

                                           

                                          the first time.

                                           

                                           

                                          But, in the case of a planting in the

                                           

                                          garden, it seems to be said that we are

                                           

                                          necessary for 4 through 6 years.

                                           

                                           

                                          The growth of the root is limited, and

                                           

                                          this is because a branch and a leaf do

                                           

                                          not grow big in the case of a potted

                                           

                                          plant.

                                           

                                           

                                          Therefore nourishment arrives to a flower

                                           

                                          and fruit, and a potted plant seems to

                                           

                                          bear a fruit early.

                                           

                                          As for the particularly young tree, a

                                           

                                          branch and a leaf grow well. If we cut a

                                           

                                          branch or pull it aside, force to grow up

                                           

                                          can be weakened.

                                           

                                           

                                          There seems to be a method to let a lot

                                           

                                          of flowers bloom by doing so.

                                           

                                          However, it seem to be necessary for

                                           

                                          around three years before a fruit grows

                                           

                                          after planting the seedling of the lemon.

                                           

                                           

                                           

                                           

                                           

                                          ◆How to buy young plants,

                                           

                                             various kinds

                                           

                                           

                                          👉 Stick seedling and large seedling

                                           

                                           

                                          We can classify the young plant roughly

                                           

                                          into "one stick stick seedling" and

                                           

                                          "large seedling which branched off a

                                           

                                          lot".

                                           

                                           

                                           

                                           

                                          Stick seedling;

                                           

                                           A price is low          楽しい

                                           

                                          ◆It is available for much

                                           

                                            how to make 楽しい

                                           

                                           It is necessary for three years

                                           

                                            before a fruit grows at least  悲しい

                                           

                                           

                                          Large seedling;

                                           

                                           A price is high     悲しい

                                           

                                          ◆It is begun easily   楽しい

                                           

                                           A fruit grows early 楽しい

                                           

                                           

                                           

                                          <A large seedling is recommended in

                                           

                                           potted plants>

                                           

                                           

                                          For a potted young plant, a large

                                           

                                          seedling is recommended than a stick

                                           

                                          seedling.

                                           

                                           

                                          Because, it is just grew lemons with the

                                           

                                          bowl which it purchased, and it is early

                                           

                                          that a fruit grows for the first time.

                                           

                                           

                                          When we choose the large seedling,

                                           

                                          we choose the young plant which branches

                                           

                                          off from a part near the plant foot

                                           

                                          treatment if possible.

                                           

                                           

                                          The space where fruit becomes increases

                                           

                                          and can finish it compactly.

                                           


                                           

                                           

                                          The tree of lemon which I planted in my

                                           

                                          garden purchased a stick seedling in a

                                           

                                          gardening shop.

                                           

                                           

                                          And the potted lemon purchased a large

                                           

                                          seedling on the Internet.

                                           

                                           

                                          I understand each merit and demerit well.

                                           

                                          It is up to the thought of the person

                                           

                                          which seedling is good.

                                           

                                           

                                          But I think that you should purchase the

                                           

                                          seedling after knowing the seedling

                                           

                                          passed how many years.

                                           

                                          It seems to be difficult to harvest fruit

                                           

                                          from a young seedling.

                                           

                                           

                                          I think that there is the joy of "to just

                                           

                                          grow the tree of lemon".

                                           

                                           

                                          However, you should purchase the seedling

                                           

                                          which passed for several years if your

                                           

                                          first purpose is "to harvest the fruit of

                                           

                                          the lemon".

                                           

                                           

                                          Please think that you purchased the

                                           

                                          period (time). Even if the price of large

                                           

                                          seedling is high, you will think that

                                           

                                          "it was good early to bear a fruit".

                                           

                                           

                                           

                                           

                                          👉 When should we buy a seedling?

                                           

                                           

                                          In both the gardening shop and the net

                                           

                                          shop, the seedling of the lemon is sold

                                           

                                          anytime.

                                           

                                           

                                          The seedling of the lemon is sold only at

                                           

                                          this time, which means there will not be

                                           

                                          it.

                                           

                                           

                                          But, in a case of planting a lemon,

                                           

                                          A climate is calm. About March is

                                           

                                          good because the growth of the tree of

                                           

                                          lemon is slow.

                                           

                                           

                                          Therefore it is thought that you should

                                           

                                          purchase it at that time. In addition,

                                           

                                          September is also good becase a lot of

                                           

                                          seedlings having a fruit are sold.

                                           

                                           

                                          By the way, I purchased the young plant

                                           

                                          (large seedling) of the lemon for the

                                           

                                          potted plant on the Internet in the end

                                           

                                          of July. (there were four fruits!)

                                           

                                           

                                          I transplanted it into a one size big

                                           

                                          bowl immediately.

                                           

                                          I still grow well.

                                           

                                          (of course,four fruits are fine!)

                                           

                                           

                                           

                                           

                                           

                                          👉 How to choose good young plants

                                           

                                           

                                          There are many leaves. The green of

                                           

                                          the leaf is deep. A branch is enriched

                                           

                                          and thick.

                                           

                                           

                                          It is said that the seedling are good to

                                           

                                          buy. Even if a lot of flower and fruits

                                           

                                          grow , it is temporary.

                                           

                                           

                                          We want to just judge the purchase from

                                           

                                          the viewpoint of  銑 above. But we see

                                           

                                           銑 and can purchase it if we go to

                                           

                                          the home centers for buying by oneself. 

                                           

                                           

                                          However, we can't buy the seedling aftere

                                           

                                          check  銑 above if we buy it on the

                                           

                                          Internet.

                                           

                                           

                                          On the other hand, the young plant of the

                                           

                                          lemon is sold when we go to the gardening

                                           

                                          shop, but there are not many kinds (one

                                           

                                          kind - two kinds) and does not sell a

                                           

                                          lot. We can buy most kinds if we buy it

                                           

                                          in a net shop.

                                           

                                           

                                           

                                           

                                          The article of

                                           

                                          Nursery tree of lemon The various kinds

                                           

                                          is here!

                                           

                                           

                                           

                                           

                                           

                                          I am producing "how to grow lemons 2".

                                           

                                          Please wait a minute.

                                           

                                           

                                           

                                           

                                           

                                           

                                           

                                          Calendar
                                             1234
                                          567891011
                                          12131415161718
                                          19202122232425
                                          262728293031 
                                          << August 2018 >>
                                          ご覧頂きありがとうございます。
                                          @korolemon
                                          スポンサーリンク
                                          ランキングに参加しています。宜しくお願いします!!
                                          にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ
                                          にほんブログ村
                                          ブログ感覚でHPを簡単作成
                                          日本ブログ村ランキング
                                          PVアクセスランキング にほんブログ村
                                          Selected Entries
                                          Categories
                                          Archives
                                          Recent Comment
                                          • ピオーネの成長 8月 収穫の時期   デラウェアより美味しいデラウェアピオーネ採ったど!
                                            海月 (08/20)
                                          • 巣立っていった、挿し木レモンの鉢植え苗木達・・・
                                            korolemon (08/14)
                                          • 巣立っていった、挿し木レモンの鉢植え苗木達・・・
                                            korolemon (08/14)
                                          • 巣立っていった、挿し木レモンの鉢植え苗木達・・・
                                            海月 (08/14)
                                          • 巣立っていった、挿し木レモンの鉢植え苗木達・・・
                                            gerogero (08/14)
                                          • 巣立っていった、挿し木レモンの鉢植え苗木達・・・
                                            korolemon (08/13)
                                          • 巣立っていった、挿し木レモンの鉢植え苗木達・・・
                                            korolemon (08/13)
                                          • 巣立っていった、挿し木レモンの鉢植え苗木達・・・
                                            yukikami27 (08/13)
                                          • 巣立っていった、挿し木レモンの鉢植え苗木達・・・
                                            日本一の果実 (08/13)
                                          • 巣立っていった、挿し木レモンの鉢植え苗木達・・・
                                            korolemon (08/12)
                                          Recommend
                                          バースデー プレート
                                          バースデー プレート (JUGEMレビュー »)

                                          大切な人へ。

                                          生涯残る、唯一の贈り物。
                                          Links
                                          Profile
                                          Search this site.
                                          Others
                                          Mobile
                                          qrcode
                                          Powered by
                                          30days Album
                                          無料ブログ作成サービス JUGEM