2019.05.05 Sunday

レモンと花柚子への接ぎ木後57日経過です。 接ぎ木2度目の経験で成功を勝ち取れるのか?

0

    JUGEMテーマ:家庭

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    昨年、平成30年2月、接ぎ木に挑戦しました。

     

    人生初めての経験でした。

     

     

    露地植えのレモンと花柚子の樹に接ぎ木。

     

    みかんやレモンの接ぎ穂、計10本を接ぎ木。

     

     

     

    結果は、

     

    レモンの樹に2本のアレンユーレカレモンの穂木がつきました。

     

    花柚子の樹に1本のアレンユーレカレモンの穂木がつきました。

     

    *他の7本の接ぎ穂は失敗に終わりました。

     

     

    成功したのは、アレンユーレカレモンだけでした。

     

    アレンユーレカレモンは強いのかなぁと思った程です。

     

    昨年接ぎ木した時の様子が、「こちら」です。

     

     

     

     

    そして、今年の3月9日、2度目の接ぎ木にチャレンジしました。

     

    本日 令和元年5月5日、57日経過したところです。

     

     

     

    <今年接ぎ木した全内容です>

     

    * 鉢植えレモン ; みかん 接ぎ木2本

     

    * 挿し木鉢植えレモン ; 大きい鉢に1本、小さい鉢に1本(各みかん接ぎ木) 

     

    * 庭植えレモン ; みかん 接ぎ木 9種10本。

     

    * 花柚子    ; みかん 接ぎ木 8種10本。

     

    * ピオーネ   ; ぶどう 接ぎ木 3種4本。

     

     

     

     

    昨年は、接ぎ木後 71日経過した 4月30日に途中の様子を残しています。

     

    その時の様子が、「こちら」です。

     

     

    アレンユーレカレモンは、この時点で、3本の内2本で、

     

    新芽が出るどころではなく、蕾までつけました。

     

     

    アレンの1本と、その他の穂木は新芽をつけません。

     

    トゲが大きくなって、メデールテープを破ったものがある程度。

     

    枯れ始めた穂木も出てきていました。

     

     

     

     

    次に、接ぎ木後 3か月と22日経過した6月9日の様子を残しています。

     

    その時の様子が、「こちら」です。

     

     

    全体的に接ぎ木は成功している、と思っていましたが、

     

    この頃から、悪い方向への変化が見られ始めます。

     

     

     

    アレンユーレカレモンだけが元気です。

     

    最終的には落ちるのですが、小さな果実もつけました。

     

    71日経過時に新芽も出ていなかった穂木からも新芽が出て、

     

    蕾まで出てきました。

     

     

    その他の穂木は・・・

     

    色が悪くなっていったり、

     

    グラグラし始めたり、

     

    そう、枯れていきました。 ^^;

     

     

     

     


    次に、7月14日の様子を残しています。

     

    花柚子に接ぎ木したみかんの穂木から新芽が出だしました。

     

    それから、庭植えレモンに接ぎ木した穂木からも新芽が・・・

     

    実に、接ぎ木を実施してから、約5か月経過後の話しです。

     

    その時の様子が、「こちら」です。

     

     

    5か月も経過して枯れていないのだから、

     

    もう形成層はついていると判断していました。

     

    つまり、もう枯れる事はない、と思っていました。

     

     

     

     

    初めての接ぎ木についての最終記事。

     

    9月23日に、「はっきりと出た答え」というタイトルで

     

    記載しました。その記事が、「こちら」です。

     

     

    7月に見られた「みかんの新芽」も枯れました。

     

    先述した通り、アレンユーレカレモン以外は全てアウトとなりました。

     

     

     

     

    ・数か月経過しても、穂木は枯れなかった。

     

    ・新芽も出た。

     

     

    事から形成層は少しはついたと判断しました。

     

    後は、その後、穂木に栄養が十分回らなかった?

     

    事が失敗の原因と判断しました。

     

     

     

    「接木した後、暖かくなりますと接いだ枝より手前から台木側の新芽が出てきます。 木は接いだ枝より台木の新芽に養分を送ります。 これを放置すると接いだ枝は養分不足で枯れます。 台木側の元気の良い新芽はその都度欠いて下さい。 接いだ部分よりすぐ下から元気の良い新芽が出て来ますので。」

     

     

     

    今年は、「台木側の新芽を欠く」事に注意しました。

     

     

    それと同時に気になった事。

     

    それは、昨年迄とは比較にならないぐらい

     

    台木側に沢山蕾がついたという事。

     

     

    「この蕾に栄養を取られるのでは?」

     

    との心配が日に日に強くなっていきました。

     

     

     

    5月3日、私は摘蕾に踏みきります。

     

    その時の様子が、「こちら」です。

     

     

    気にし過ぎなのかもしれませんが・・・

     

    2~3日で、穂木の新芽が成長します。

     

    ほんの少しですが、

     

    でも、目に見える程の成長です。

     

     

     

    接ぎ木の今の様子を記録しようと、

     

    5月2日に写真を撮りました。

     

    そして、5月3日 摘蕾実施。

     

    そして、本日 5月5日を迎えています。

     

     

     

    この3日間で成長を見せてくれた一部の穂木の

     

    Befoer After を写真にしてみました。

     

    (変化がない穂木は5/2現在のものだけです)

     

     

     

     

    反復します。

     

    昨年の、71日経過後、3か月22日経過後、5か月経過後、

     

    は上記の通りです。

     

     

    そして、本日は今年の接ぎ木から57日経過後です。

    *昨年と接ぎ木を実施した日は1か月程違いますが。

     

    昨年と比較しても、まだまだ予断が許されない状態と

     

    判断しますが、その違いは見せてくれているのではないでしょうか?

     

    *今年の接ぎ木をした時の記事が、「こちら」です。

     

     

     

     

    本日の最後に、

     

    今の接ぎ穂の状態を記録してみます! ^^

     

     

    < 庭植えレモン >

     

     

     


     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    庭植えレモンは、今のところ、

     

    3勝1敗6不明といったところです。

     

     

     

     

    < 花柚子 >

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    *みかん穂木 2本分です。

     

     

     

    花柚子は、今のところ、

     

    6勝1敗3不明といったところです。

     

     

     

     

    接ぎ木後、「少し芽が出始めた」と思っていましたが、

     

    その後の成長は芳しくない状態が続いていました。

     

     

    しかし、ここ3日程度で、

     

    又、少し成長が始まった感が出てきた様に感じます。

     

     

     

     

     ‖飜畋Δ硫蠏腓

     

    ◆‥蕾

     

     

    を状態を見ながら継続してみたいと思います。

     

    あと、液肥を2日と4日に撒いてみました。 ^^;

     

     

    今後の状態を、都度アップしていきたいと思います!

     

     

     

     

     

    ほんの少しでも、

     

    面白いと思って頂ければ、

     

    下のバナー(コロ)を

     

    「ポチッ」と押して頂きますと、

     

    これからも、頑張れます!

     

     

    宜しくお願いします。 おじぎ の画像

     

     

     

     

     


    にほんブログ村

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    2019.04.13 Saturday

    接ぎ木をした後。 もう1度ビニール袋を被せてみました。元気を取り戻せるか?

    0

      JUGEMテーマ:家庭

       

       


      接ぎ木をした後。

       

      もう1度ビニール袋を被せてみました。

       

      元気を取り戻せるか?


       

       

       

      2019年4月13日(土)

       

       

       

      2019年2月24日 接ぎ木された「りんご」と「すもも」の苗を1つずつ頂きました。

       

       

      2019年3月31日 1週間後の彼らの様子をブログにアップしました。

       

       

      今回の接ぎ木は失敗の可能性が高い」とのコメントを頂きました。

       

      台木の展葉が早く、養分が接ぎ穂に回っていない状態との事です。

       

      「接ぎ穂の枝だけでも台木の枝の芽欠きをしてみて下さい。」

       

       

       

      2019年4月1日  さっそく台木の枝の芽欠きをしてみました。

       

       

      2019年4月6日  台木の枝の芽欠き後の状態をアップしました。

       

        *その時の記事が、「こちら」です。

       

       

      穂木から芽が出ただけで、接ぎ木は成功したと判断する私です。

       

      「台木の芽欠きをこれだけしたのだから」

       

      と、又、これで成功すると思っていました。

       

       

       

      4月6日のすももとりんごの様子です。

       

      すもも

       

       

      りんご

       

       

       

      しかしながら、又、コメントを頂きました。(4月9日)

       

      これだけでは、どうも済みそうにありません。

       

       

       

      「李王の枝の立枝(枝の上側の徒長枝)は一番養分を集中させます。 その枝に養分を回さない為に立枝の葉一枚を残して摘芯して下さい。 (葉を一枚残すと翌年そこの基部に蕾を着けます。葉を残さないと蕾を着けません。) 立枝の調整で他の枝に養分が回せます。(養分を回すバランスを取る)・・・」

       

       

       

      「展葉が遅れているスモモとリンゴの枝はもう一度ビニール袋を被せて下さい一か八かです。 ビニール袋は接いだ部分を覆うように。 (台木側の芽は覆わないギリギリまでを覆う。紐でギリギリを縛る) 接いだ部分の温度を上げて活着を早める為です。 接いだ部分の活着は一種の細胞分裂ですので温度が上がれば活溌になりますね。 ビニール袋を外すのは少々遅れてビショビショでムレムレになっても枯れることはありません。」

       

       

       

      「一か八かです。」・・・

       

      「一か八か」という程・・・  危ないという事・・・ ^^;

       

       

       

      ちょっと目まいがして倒れそうになってしまいました。

       

      見た目、葉が少しでも成長しているように見えていたら、

       

      「大丈夫っ!!」だと思う私です・・・

       

      恐らくは、こんな事をしているから、ピオーネの木も新芽が出ないのでしょう。

       

       

       

       

      心を改め、早速

       

       .咼法璽訛泙鮑禿挌錣擦襦

       

       (4月10日実施 本日3日経過)

       

      ◆[枝の葉を1枚残して摘心する。

       

      をしてみましょう。

       

       

       

      先ずは、りんごさんのビニール袋です。

       

      10日の晩、帰宅してからやってみました。

       

      善は急げです。

       

      ビニール袋を被せてから3日経過している状態です。

       

       

       

       

       

       

      最初から付いていたビニール袋を取った理由の1つ。

       

      袋に入れた状態にしますと、風で相当動きます。

       

      中にある枝も動きますので、接ぎ木の接合部分も動いてしまうのでは?

       

      と心配してしまったから・・・

       

       

      又、葉が大きくなってきますと、袋にべったりひっつきます。

       

      袋も水滴で相当重くなっている様に思えましたので、

       

      袋の上側に紐をセロテープでとめ、袋を釣り上げてみました。

       

       

      少しは、枝葉の重量負担は軽減されたと思われますが、

       

      それでも、結構ビショビショムレムレです。

       

      「ビショビショでムレムレになっても枯れることはありません。」

       

      とコメント頂いておりましたので、

       

      気にせずこのまま放っておいてみましょう!

       

       

       

      それぞれの枝はどんな感じでしょうか?

       

       

       

      4月6日現在の穂木(一番育っていない枝です)

       

      4月13日現在の同枝。

       

      成長している様には見えているのですが・・・

       

       

       

      4月6日現在 2番目に育っていた穂木

       

      4月13日現在の同枝。

       

       

      4月6日現在 一番育っていた枝

       

      4月13日現在の同枝。

       

       

      ビニール袋に入れたままでの撮影としましたので、

       

      少し分かりづらいですが、大きくなっています。

       

      はっきり分かる程、大きく育っています。

       

       

       

       

       

      次に、すももの状態です。

       

      先ず、全体的には、

       

       

      こちらもビニール袋を釣り上げています。

       

      ビニール袋中の底の方に水たまりが出来る程の状態です。

       

      風がきつくなる事を考えると、少し不安です。

       

       

      4月6日現在 一番育っていた枝です。

       

      4月13日現在の同枝。

       

      接ぎ穂の長さが元々短めだったので、

       

      葉の付く場所が増えた、という事はないのですが、

       

      これも間違いなく、葉の大きさは大きくなっています。

       

       

      4月6日現在 唯一、花が咲いた枝です。

       

      4月13日現在の同枝。

       

       

      どう写真撮影をしても上手く写らなかったので、

       

      一瞬だけビニール袋を取ってみました。 ^^;

       

       

      花は枯れてしまいましたが、一目瞭然と言えるぐらいの成長です。

       

       

       

       

      4月6日現在 唯一芽が出ていなかった枝。

       

      4月13日現在の同枝。

       

       

      この枝だけはまだまだ小さいのですが、

       

      でも、確かに緑色が生まれました。

       

      今後の成長を大いに期待したいものです!

       

       

       

      この様に、3日で、ある程度の成長は見せてくれています。

       

      しかし、この成長もまだまだであり、予断が許されない状態かもしれません。

       

      初めての経験で、その状態自体の判断が出来ない私です。

       

       

      ですので、ご提案頂いた通り、

       

      次に、立枝の摘芯を行ってみました

       

       

       

      真上に向いて育っている立枝の摘芯を行います。

       

      又、その枝の葉も、1枚を残し全て取り除いてみました。

       

      横方向と枝の進行方向に向いた枝は大事にする、

       

      という事でしたので、全く触りませんでした。

       

       

       

      真横から見た感じです。

       

       

       

      少し上から見た感じです。

       

       

       

       

      もっと沢山の新芽を摘芯した方が良いのか?

       

      もっと沢山の葉を取り除いた方が良いのか?

       

       

       

      今後の接ぎ穂の様子を見ながら検討してみたいと思います。

       

       

       

      いずれにせよ、

       

      接ぎ木に関して、接ぎ木処理後、

       

      「如何に接ぎ穂に栄養を回す事に留意するか?」

       

      という点に、

       

      今迄以上に注力しないといけないと感じさせられました。

       

       

       

      レモン、花柚子にも接ぎ木を行いました。

       

      それぞれの台木から、いっぱいの新芽・蕾が出てきています。

       

       

      全てを取り除く事はできませんが、

       

      接ぎ穂の枝の新芽や蕾は取り除いて行ってみましょう。

       

       

      けっこうの数を接ぎ木しましたので、

       

      けっこうな作業となります。。。  ^^;

       

       

       

      なんとか・・・

       

      接ぎ木・・・

       

      上手くいってくれます様・・・ !!

       

       

       

       

       

       

      ほんの少しでも、

       

      面白いと思って頂ければ、

       

      下のバナー(コロ)を

       

      「ポチッ」と押して頂きますと、

       

      これからも、頑張れます!

       

       

      宜しくお願いします。 おじぎ の画像

       

       

       

       

       


      にほんブログ村

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

      2019.04.06 Saturday

      チェックをお願い致します! 接ぎ木後、台木の枝の芽欠き。 

      0

        JUGEMテーマ:家庭

         

         


        チェックをお願い致します!

         

        接ぎ木後、台木の芽欠き。


         

         

        平成31年2月24日 接ぎ木されたりんごとすももの苗を1つずつ頂きました。

         

        平成31年3月31日 1週間後の彼らの様子をアップしました。

         

        その時の様子が「こちら」です。

         

         

         

        穂木から芽が出だしたので、喜びました。

         

        完全に接ぎ木が成功したと思い込みました。

         

         

        しかしながら、頂いたコメントは、

         

         

        スモモの接木苗を拝見しますとほどほぼ失敗の可能性が強いです。 台木の展葉が早く、養分が接ぎ穂に回っていない状態です。 台木も根を切られて急いでますね。 通常は台木の芽を全て芽欠きしながら養分を接ぎ穂に回しますが、今回は台木も大事のようですから厳しい状態ですね。 せめて接ぎ穂の枝だけでも台木の枝の芽欠きをしてみて下さい。」

         

         

        台木側の芽を芽欠きし、養分を接ぎ穂に回す。

         

         

        これは、昨年接ぎ木に失敗した時にも教えて頂いた事です。

         

        当然の事ながら失念していた訳ではなく、

         

        ただ、接ぎ穂から芽が出だしていたので成功したのだと・・・

         

        台木の芽欠きをしなくても良いものだと思い込みました。

         

         

        良い状態にあるにも関わらず、

         

        新しい芽を摘むのは、とても勇気のいる事です。

         

         

         

        すももの状態を再度確認してみます。

         

         

        2月24日(日)時点

         

        3月30日(土)時点

         

        4月6日(土)時点

         

         

         

        毎日、仕事帰りにチェックしておりますと、

         

        その成長に気づきません。

         

        子供の成長と似た感じがします。

         

         

        しかしながら、左側の台木の枝の葉を見ますと、

         

        間違いなく1番成長しています

         

        しかも、たった1週間で・・・

         

        頂いたコメント通りだと実感出来ます。

         

         

         

        上記のコメントを頂いたその晩、

         

        帰宅してから着替えもせずに台木の芽欠きをしました。

         

        4月1日の晩の話しです。

         

         

        なので、4月6日の上記写真では、

         

        左側の枝以外、接ぎ木部より下の葉がありません。

         

        これでもち直してくれれば良いのですが。

         

         

         

        思い切って左側の枝の葉も全て取ろうかとも思いました。

         

        が、台木は李王です。

         

        将来、路地植えにする事も考えています。

         

        花柚子・ピオーネ・レモンに続く果樹にする見込み大。

         

        なので、全ての芽欠きは出来ませんでした。

         

         

        後は、神頼みです。 ^^;

         

         

         

        しかしながら、

         

        上記の写真でも少し分かりますが、

         

        接ぎ穂の芽も、少しは成長しています。

         

        この1週間で。

         

         

         

        先に下の花が咲き、

         

        次に上の花が咲き、

         

        その後成長が止まったかに見えたこの穂木。

         

         

        真ん中に位置する芽も出だしました。

         

        ほんの僅かですが・・・

         

         

         

         

        一番最初に芽が出た穂木です。

         

        少しづつですが、しかしはっきりと成長しています。

         

         

         

         


        そして、唯一ほどんど動きのない穂木。

         

        2週間少々経過して、この状態です。

         

         

         

         

        しかし、この穂木も又、

         

        少しづつではありますが、動きが見えます。

         

         

         

         

        上記写真の側面から撮ったものですが、

         

        よくよく見ますと、

         

        確かに芽は成長し始めている様に見えます。

         

         

         

        ご質問をしても、

         

        恐らくは、今後も台木側の状態に注意しながら、

         

        新たな芽が出たなら芽欠きをしていく、

         

        しかないのかもしれませんが、

         

        取り敢えず、この状態を保持するしかないでしょうか?

         

         

         

         

        当然の事ながら、

         

        是が非でも成功させたい苗です。

         

        宜しくお願い致します。 ^^;

         

         

         

         

         

        一方で、りんごの方はといいますと・・・

         

         

         

        3月30日時点

         

        4月6日時点

         

         

        こちらも、

         

        少しづつですが、成長している様です。

         

         

        一番葉が少ない穂木は・・・

         

         

         

         

        1週間で、これぐらいの成長です。

         

        こちらは3本全て接ぎ穂で、台木からの芽はありません。

         

        こちらの成長とも比べながら観察を続けたいと思います。

         

         

         

         

         

         

        ほんの少しでも、

         

        面白いと思って頂ければ、

         

        下のバナー(コロ)を

         

        「ポチッ」と押して頂きますと、

         

        これからも、頑張れます!

         

         

        宜しくお願いします。 おじぎ の画像

         

         

         

         

         


        にほんブログ村

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

        2019.03.09 Saturday

        レモンとピオーネに接ぎ木をしてみた! 人生2度目の接ぎ木。 今回は動画も残してみた!

        0

          JUGEMテーマ:家庭

           

           


          レモンとピオーネに接ぎ木をしてみた!

           

          人生2度目の接ぎ木。

           

          今回は動画も残してみた!


           

           

           

          平成31年2月24日 接ぎ木用の挿し穂を頂きました。

           

          その時の記事が、「こちら」です!

           

           

          そして、先週の、平成31年3月2日(土)に接ぎ木を行う予定でした。

           

          4月では、既に根が動き始めています

           

          根が動き始める少し前がベストという事でしたので、

           

          3月の第1週末を接ぎ木の適期としていました。

           

           

          しかしまさかの、メデールテープが無くなっていた事件発生。

           

          早速、ポチりしました所・・・

           

           

           

           

          きっちり届いてくれました。

           

          30Mあれば大丈夫でしょう。

           

           

           

          では、さっそく始めましょう!

           

          本日、9:00スタートです。

           

           

           

           

          道具を出し、穂木を冷蔵庫から出してきました。

           

          昨年の接ぎ木の様子が、「こちら」です。

           

           

          昨年は接ぎ木した箇所をビニール袋で覆いました。

           

          湿度を保つ為

           

           

          今回は、ビニール袋は止めました。

           

          メデールテープで穂木全部を巻く事により、

           

          保湿は可能としてみました。

           

          これがアウトならば、全滅です。 ^^;

           

           

          心配なのは、2週間冷蔵庫で眠っていた穂木達です。

           

          成長を始めていないでしょうか?

           

           

           

           

          2週間前と何ら変わった所はないようです。

           

          ただ沢山穂木があるので、作業中に乾燥してはいけません。

           

          水に漬けておきました。

           

           

           

           

          さぁ、それでは始めるゾっと思った時、

           

          あまり見ない鳥さんがやってきました。

           

           

           

           

          お腹のあたりがオレンジ色でした。

           

          しょっちゅう来る鳥さんではありません。

           

          何か食べられるものがあったのか、なかなか離れませんでした。

           

           

          昨年の接ぎ木・・・

           

          失敗して枯れた穂木はそのまま放置されていました。

           

           

           

           

          今年頂いた穂木が沢山あったので、

           

          この枯れた場所も使っていかなければと思い、

           

          皆さん(枯れ穂木)には退場して頂きました。

           

           

          昨年と違う点がもう1つあります。

           

          台木の成長が始まっています

           

          目に見えて分かる程、成長が始まっています。

           

          今年の冬は、「暖冬」という言葉では片づけられない、

           

          「冬がなかった」と呼べる程ではという感じがしています。

           

           

           

           

           

          さて、それでは早速、穂木を切っていきます。

           

          穂木には1〜3つの芽を残して切るのが良いそうです。

           

          昨年は20冂の長い穂木を使用しました。(沢山の芽が残っていた)

           

          今年は、少し短めでいきたいと思います。

           

           

           

          穂木の形成層部分を、台木側の形成層部分と合わすように接いでいくのですが、

           

          この切断面にデコボコを作らず、「ピシャっ」と切らないといけないようです。

           

          *台木と接合した時に隙間ができる原因になります。

           

           

          手で一気に引いて切ると切り過ぎる場合もあり、まな板の上で切るようにしました。

           

          これが、人生1回の経験しかない私にとってはまだまだ難しい作業です。

           

          穂木の切る部分も、台木の切り込む深さも、3僂鬟ぅ瓠璽

           

           

           

          それから、接合する所だけではなく、

           

          穂木全体をメデールテープで巻きました。保湿効果を高める為。

           

          今年は、接ぎ木作業後ビニール袋をかけるのは止めました。

           

           

           

           

          このメデールテープで巻く時の動画がこちらです。

           

           

          三脚を使った1人撮影なので、少々ご辛抱下さい。

           

          ポンポコ音が鳴っているのは、長男坊がドラムの練習をしている音です。

           

           

           

           

           

          これは、昨年も記載した「形成層を合わす」イメージ図です。

           

          右端の図からも分かるように、台木と穂木の大きさが、

           

          全く同じでない限り、両端の形成層が合う事はありません。

           

           

           

           

          図で書くなら、こんな感じになるのでしょうか?

           

          では、台木の切る場所を端の方にしたらどうでしょうか?

           

           

           

           

          台木は穂木よりも太い枝を使用し、

           

          台木の端側を切り込み、出来るだけ穂木と同じ幅となる場所としました。

           

           

          又、台木は「その枝自体の成長が落ち着いている枝」の方が、

           

          穂木に栄養が回るようになる事からも太い枝が好ましい様です。

           

          *同じ理由から、接ぐ場所の誓うの枝葉は摘み、穂木に栄養がいくようにする。

           

          逆に穂木は、1年目(2年目でもOK)が良いようです。

           

           

           

          又、今回意識した、接ぐ時の注意点。

           

          この写真は、昨年接ぎ木した際の写真です。

           

          角度のキツイ方を上側に接いでいますので、台木通り真っ直ぐ伸びていません。

           

          角度のキツイ方を下側に接ぐと、真っ直ぐ枝が伸びる事になります。

           

          これが、昨年、ご指摘頂いた点です。

           

           

           

           

          「柑橘の枝で枝の断面が三角の形状の枝があります。(穂木側) 三角の枝の平らな部分を薄く削りますとその平らな部分は全て形成層になります。 この場合は台木と穂木が多少ずれても活着します。 形成層は緑っぽいので分かると思います。 テープを巻く時に三角のままだと巻きにくいので三角の上半分をカットします。 あと斜めにカットした部分も活着部分になります。 あと台木や穂木で少し湾曲した枝があります。 こう言った湾曲した枝は湾曲した部分を削らず、側面を削ります。 側面は少し尖っていますが、ほぼほぼまっすぐで削った時に平面になり易いです。」

           

          以前頂いたコメントです。

           

          「三角の枝の平らな部分を薄く削ると、その平らな部分は全て形成層となります。」

           

          この部分がなる程なぁと思いましたので、三角の平らな部分を沢山使いました。

           

          ただ、その逆側が山になっている事が多く、この山を削るのが難しかったです。

           

          どうやっても厚みが残ってしまい、台木に噛ませるときっちり付いていない感じがします。

           

           

           

          そんなあんなと思案しながら、台木を切ってみた写真です。

           

           

          台木側は太めの枝を切りますので、少し堅い感じがあります。

           

          力を入れず、シーソーするように少しづつ切る・・・

           

          等と言っておりましても。。。

           

          今年もマタマタ、左手を切ってしまいました

           

           

          接ぎ木ナイフは大変良く切れまして、血が沢山出てきます。

           

          その後は、左手で枝を支えるのは止めまして、

           

          ペンチで枝を挟み、支えるように変更しました。 ^^;

           

           

          そんな苦労をしながら接ぎ木したのがこちらです。

           

           

           

           

          接ぎ木した時も、動画を撮ってみました。

           

          1人動画なので、本当にすいません。 ^^;

           

           

           

           

          ピオーネも接ぎ木しました。

           

           

           

          だいぶ枝が残りましたので、残った枝を挿し木しておきました。

           

          挿し木の適期は6月。

           

          穂木の成長も止まっている今挿し木しても難しいのかと思いますが、

           

          穂木達には頑張って頂きたいものです。

           

           

           

           

          鉢植えレモンにも、挿し木鉢植えレモンにも、

           

          少し接ぎ木を実践してみましたよ!

           

           

           

           

          さて、これで終了です。

           

          終了時刻は、16:15。

           

          実に、7:15の作業となりました。

          *食事、休憩はとっていますが・・・ ^^;

           

           

           

          本日の結果です!

           

          * 鉢植えレモン ; みかん 接ぎ木2本

           

          * 挿し木鉢植えレモン ; 大きい鉢に1本、小さい鉢に1本(各みかん接ぎ木)

           

          * 挿し木    ; みかん 8種9本、葡萄 1本。

           

          * 庭植えレモン ; みかん 接ぎ木 9種10本。

           

          * 花柚子    ; みかん 接ぎ木 8種10本。

           

          * ピオーネ   ; ぶどう 接ぎ木 3種4本。

           

           

           

           

          あとは、1つでも、2つでも、この接ぎ木が成功する事を祈りましょう。

           

          接ぎ木近くから伸びて来る新芽等は、こまめに切除していく事にも注意しましょう。

           

          後の記録を残していきたいと思います。

           

           

           

           

          ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

           

           

          平成31年3月23日(土)

           

          頂いた、既に接ぎ木されたすももの苗から新芽が出ていました。

           

          さすがプロです。

           

          見入っていますと、接ぎ木部分の長さが違う事が気になりました。

           

           

          私が接いだ部分は・・・

           

           

           

          台木と穂木が重なっている部分の長さは、約1.2僉

           

          これに比べて、先生が接いだすももは・・・

           

           

           

           

           

           

          見た目から分かる程、接合部分の長さが違います。

           

          接ぎ木テープをはがして見てみたい程、

           

          「台木に挿している」というより「台木の横に沿わしている」

           

          といった感じに見えます。

           

          自分が接いだ接ぎ木の今後の成長を見ながら、

           

          どのような接ぎ木が良いのか検証していきたいと思います。

           

           

          ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

           

           

           

           

           

           

          ほんの少しでも、

           

          面白いと思って頂ければ、

           

          下のバナー(コロ)を

           

          「ポチッ」と押して頂きますと、

           

          これからも、頑張れます!

           

           

          宜しくお願いします。 おじぎ の画像

           

           

           

           

           


          にほんブログ村

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

          2018.09.23 Sunday

          初めての接ぎ木  はっきりと出た答え 成功と失敗。

          0

            JUGEMテーマ:家庭

             

             


            初めての接ぎ木

             

            はっきりと出た答え 成功と失敗


             

             

            平成30年2月、初めて接ぎ木にチャレンジしました。

             

            その時の様子が「こちら」です。

             

             

             

            リスボンレモンに、6本の穂木を接ぎ木。

            ・ナベリーナを1本

            ・アレンユーレカレモンを2本

            ・みかんを3本

             

             

            花柚子に、4本の穂木を接ぎ木。

            ・リスボンレモンを2本

            ・アレンユーレカレモンを1本

            ・みかんを1本

             

             

             

             

             

            接ぎ木してから71日経過。

             

            レモンに接ぎ木したみかんが1つ枯れてしまいました。

             

            しかしながら、他9本は元気です。

             

            その時の様子が「こちら」です。

             

             

             

             

             

            接ぎ木してから3か月と22日経過。(6月9日)

             

            レモンに接ぎ木したみかんがもう2つ枯れてしまいました。

             

            しかしながら、他7本は元気です。

             

            特に変化がないものから、花まで咲いたものまで。

             

            その時の様子が「こちら」です。

             

             

             

             

             

            「接ぎ木してから、6か月間は触らないように。」

             

            という記事を読んでいましたので、この時点でも触らないようにしていました。

             

            しかしながら、新芽も出て、花まで咲いて。

             

            もう、この時点で枯れていなければ、形成層はちゃんと着いている証拠と思っていました。

             

             

             

             

             

            平成30年7月 みかんの穂木に待望の新芽が!

             

            みかんの穂木が成功して欲しかったのです。

             

            1つでも成功すれば、そこから育った枝を穂木にして・・・

             

            失敗しても、又、再チャレンジできます。

             

            そう思っていますと、やっとみかんの穂木から新芽が出ました。

             

            その時の様子が「こちら」です。

             

             

             

            しかしながら、良かったのはこの辺りまででした。 

             

            ここからは、成長が止まりました。

             

             

             

            「あとは台木側から次々に出て来る新芽に養分を回さないことですね。穂木が完全に活着すれば木も接いだ枝に養分を回し始めます。そうすれば木も接いだ下方から芽を出さなくなります。」

             

             

             

            貴重なアドバイスを頂きました。

             

            穂木から出だした新芽に栄養が十分行くように、その近くの台木から出て来る新芽や元気の良い枝の成長を抑えてみました。

             

            穂木から出だした新芽が大きく成長して欲しい! 夏だよ。子供だよ。汗だく の画像

             

             

             

            その思い空しく、その後「みかんの穂木」が育つ事はありませんでした。

             

             

             

             

            今の様子です。

             

            庭植えレモンに接ぎ木した

             

             .淵戰蝓璽

             

             

             

            ◆.▲譽鵐罅璽譽レモン A

             

             

             

            この穂木が2番目に太く育っています。

             

            台木の一番低い位置に接ぎ木したものです。

             

            その直ぐ上側に接ぎ木した同種の穂木(↓ B)は、

             

            同じくちゃんと付きましたが、Aに比べると枝が細いです。

             

             

             

             アレンユーレカレモン B

             

             

             

             

            ぁ,澆ん A

             

             

             

            ァ,澆ん B

             

             

             

            Α,澆ん C

             

             

             

             

            花柚子に接ぎ木した

             

             .▲譽鵐罅璽譽レモン

             

             

            この穂木が最も大きく、太く育っています。

             

            元の台木と同じぐらいの太さになっています。

             

            メデールテープが取れたら分からなくなりそうな程。

             

             

            ◆.螢好椒鵐譽皀鵝。暇

             

             

             

             

             みかん

             

             

             

            そう、お気づきでしょうか?

             

            アレンユーレカレモンを3本接ぎ木したのですが、

             

            この3本のみ、今の所成功しています! お星さま の画像

             

             

             

            台木がレモンでも、柚子でも。

             

             

             

            その他は、全滅です。

             

             

             

             

            ・3か月経過しても、穂木は枯れなかった。

             

            ・新芽も出た。

             

            事から推察するに、形成層は付いたと思います。

             

            後は、その後、穂木に栄養が十分回らなかった?

             

            事が考えられます。

             

             

             

            レモンも柚子も、樹自体がまだまだ成長しているからでしょうか?

             

            或いは、相性の問題でしょうか?

             

             

             

            カクテルツリー完成にむけ、試行錯誤を続けたいと思います。

             

             

             

            ゆるキャラ凸 デコメ

             

             

             

             

            ほんの少しでも、

             

            面白いと思って頂ければ、

             

            下のバナー(コロ)を

             

            「ポチッ」と押して頂きますと、

             

            これからも、頑張れます!

             

             

            宜しくお願いします。 おじぎ の画像

             

             

             

             

             


            にほんブログ村

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

            2018.06.09 Saturday

            レモンの接ぎ木をしてから、3か月と22日経過。接ぎ木の成功と失敗・・・

            0

              JUGEMテーマ:家庭

               

               

               


              レモンの接ぎ木をしてから、

               

                   3か月と22日経過。

               

                     接ぎ木の成功と失敗・・・


               

               

              平成30年2月18日(日)

               

              レモンの接ぎ木をしてみました。

               

               

               

              それから71日後、

               

              4月29日の様子が、「こちら」です。

               

               

               

              庭植えレモンと花柚子に、

               

              計10本の接ぎ木を行いましたが、

               

              9本の接ぎ木が成功した。

               

              そう信じていました。

               

               

               

              しかしながら、

               

              世の中そんなに甘くはありません。

               

              徐々に悪い方向への変化が現れ始めました。

               

              その経過の記録を残しておきましょう。

               

               

               

               

               

              先ずは、花柚子

               

               

              花柚子には、

               

              みかんを1本、

               

              アレンユーレカレモンを1本、

               

              リスボンレモンを2本接ぎ木しました。

               

               

               

               

              👉 リスボンレモン

               

               

               

               

              全くと言って良い程、

               

              何の変化もありません。

               

               

              新芽も出ず、枯れもせず・・・ カエル の画像

               

               

               

              取り敢えず、

               

              様子を見ていくしかありません。

               

               

               

              👉 みかん

               

               

               

               

              これも、全く変化が見られません。

               

              他のみかんがみかんだけに・・・

               

              何とか頑張って欲しいものです。

               

               

               

              👉 アレンユーレカレモン

               

               

               

               

              新芽も沢山生えました。

               

              花も咲き、実も付きました。

               

              接ぎ木した10本の穂木の内、

               

              一番成功している穂木です。

               

               

               

              今のところ、実は大きくなってきていま

               

              せん。

               

              実の成長速度は遅い・・・

               

              落ちてしまう可能性大、という感じです。

               

               

               

              ですが、接ぎ木したその年に、

               

              新芽が出て、花が咲き、雌蕊もあって、

               

              実も付きました。

               

               

               

              一番素晴らしい働きを見せてくれた

               

              穂木です!

               

               

               

               

               

              引き続いてレモンの木

               

               

              レモンの木には、

               

              アレンユーレカレモンを2本、

               

              ナベリーナを1本、

               

              みかんを3本   計6本の接ぎ木。

               

               

               

              👉 アレンユーレカレモン1

               

               

               

               

              一番根本近くに接ぎ木した穂木です。

               

               

              変化がなかなか見られない穂木でしたが、

               

              今は新芽もでて、1つだけですが蕾も

               

              付いています。

               

               

               

               

              👉 アレンユーレカレモン2

               

               

               

               

              全ての穂木の中で1番最初に芽が出始め

               

              ました。

               

               

              花も咲きましたが、不完全花で実はならず。

               

              今も、それとなしに枝が成長しています!

               

               

               

              👉 ナベリーナ

               

               

               

               

              ご覧の通り、傾き具合に変化が・・・

               

              幹に近づいていってます。

               

              恐らくは、枯れます。

               

               

              穂木の色が全体的に茶色くなっている

               

              訳ではありませんが、

               

              一部、茶色っぽくなってきています。

               

               

               

              この変化も、この1週間内での現象です。

               

               

               

              👉 みかん1

               

               

               

               

              これも、ここ2〜3日の変化。

               

               

              新芽が出ないまでも、穂木の色は緑色で、

               

              形成層は繋がったと思っていました。

               

               

               

              今年、変化がなくても・・・

               

              来年には新芽が出るか、枝自体が大きく

               

              成長するだろう・・・

               

               

               

              そう思っていた矢先に、

               

              穂木が下に傾いてきました。

               

               

              少し触ってみると、グラグラ。

               

              まだ緑色を残しているとはいえ、

               

              枯れるのは時間の問題かと・・・

               

               

               

              ダメもとで接合部分を固めてみました。

               

               

               

               

               

              👉 みかん2

               

               

               

               

              一番最初にかれた穂木です。

               

               

              枯れてしまったので、台木側から成長した

               

              新芽を切り取らず、

               

              そのまま成長させていました。

               

               

              もう、上記の通り、こんなに大きく育って

               

              います。

               

               

               

              👉 みかん3

               

               

               

               

              この穂木も、全くの変化がありません。

               

              何とか頑張って欲しいものです。

               

               

               

               

               

              以上が10本の変化です。

               

               

               

               .譽皀鵑梁飜擇砲澆んの接ぎ木は

               

                難しいのか?

               

              ◆‘辰縫譽皀鵑麓身の実を付けない程、

               

                木の成長に栄養を注いでいる状態。

               

                若木を台木に接ぎ木は難しいのか?

               

               

               

              というのが、今現在の感想です。

               

               

               

              十分に自分の実を付けている花柚子に

               

              接ぎ木したみかんの穂木が、

               

              何とか育ってくれないか?

               

              と願ってやみません。 おじぎ の画像

               

               

               

               

              取り敢えず、今後も暖かく見守って

               

              いきたいと思います!

               

               

               

               

               

               

              ほんの少しでも、

               

              面白いと思って頂ければ、

               

              下のバナー(コロ)を

               

              「ポチッ」と押して頂きますと、

               

              これからも、頑張れます!

               

               

              宜しくお願いします。 おじぎ の画像

               

               

               

               

               


              にほんブログ村

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

              2018.04.30 Monday

              レモンの接ぎ木 71日後・・・

              0

                JUGEMテーマ:家庭

                 

                 

                 


                レモンの接ぎ木 71日後・・・


                 

                 

                 

                平成30年2月18日(日)

                 

                レモンの接ぎ木をしてみました。

                 

                 

                その時の記事、

                 

                「レモンの木に接ぎ木をやってみた。

                 

                  多品種接ぎにチャレンジ!」

                 

                 

                は「こちら」から!

                 

                 

                 

                 

                つい先日、

                 

                接ぎ木にチャレンジし始めたところ。

                 

                という感覚でした。

                 

                 

                 

                光陰矢の如し。

                 

                もう、2か月と10日程経過します。

                 

                様子が色々と変化してきましたので、

                 

                今の状況を記録することにします。

                 

                 

                 

                当家のカクテルツリーは、

                    

                    成功するのでしょうか?

                 

                 

                 

                 

                 

                接ぎ木をしたのは、

                 

                 庭植えレモン(リスボンレモン)に、

                 

                  .▲譽鵐罅璽譽レモン 2つ

                 

                 ◆.淵戰蝓璽福     。韻

                 

                  みかん        3つ

                 

                 

                b 庭植え花柚子に、

                 

                  .▲譽鵐罅璽譽レモン 1つ

                 

                 ◆.螢好椒鵐譽皀鵝   。欧

                 

                  みかん        1つ

                 

                 

                計 10穂木です。

                 

                 

                 

                 

                 

                先ず、一番動きがあったのが、

                 

                アレンユーレカレモンです。

                 

                 

                 

                a.レモンに接ぎ木した2つの内の1つ。

                 

                 

                ほとんど動きがない分です。

                 

                木の根元近くの枝に接ぎ木したものです。

                 

                 

                 

                 

                 

                b.レモンに接ぎ木した2つの内の2つ目

                 

                 

                一番最初に芽が出始めました。

                 

                高接ぎの特性として、2年目には花が咲く。

                 

                とありましたが、

                 

                なんと初年度から蕾がつきました。

                 

                 

                この蕾は、どこまでもつのか検証しよう

                 

                と思っています。

                 

                今のところ一番成功している穂木です。

                 

                 

                 

                 

                c.花柚子に接ぎ木したアレンユーレカ

                 

                 

                接ぎ木した時と比べ、周りの枝葉が育ち、

                 

                穂木が隠れてしまいそうです。

                 

                 

                しっかりと、芽が出ています。

                 

                 

                アレンユーレカレモンが一番適応した

                 

                のでしょうか?

                 

                育ちが大変良かったです。

                 

                 

                 

                 

                d.レモンに接ぎ木したナベリーナ

                 

                 

                枝ではなく、

                 

                幹に接ぎ木した唯一の穂木です。

                 

                 

                枯れてはいないようです。

                 

                 

                途中、幹から新芽が3つも出て来る時も

                 

                ありましたが、その新芽は切除し、

                 

                この穂木の成長を優先しています。

                 

                 

                みかん系は、「新芽が出てきた」という

                 

                よりは、「トゲが伸びてきた」という感じ

                 

                でメデールテープが破られています。

                 

                 

                 

                 

                 

                e.レモンに接ぎ木した

                 

                  みかん3つの内の1つ目。

                 

                 

                こちらも、枯れてはないようですが、

                 

                何も動きも見られません。

                 

                暫く様子見です!

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                d.レモンに接ぎ木した

                 

                  みかん3つの内の2つ目

                 

                 

                4月8日時点で、

                 

                少し黄色く枯れかけていた穂木です。

                 

                 

                もう穂木の部分は全部枯れている感じ

                 

                となっています。

                 

                 

                 ,△┐得擇蠎茲蕕此⇒融劼鮓ています。

                 

                ◆‖飜畋Δら出た新芽は切除せず、

                 

                  そのまま成長させています。

                 

                 

                枝を切除したり、ダメになったりすると、

                 

                その後から、沢山の新芽が出て来る傾向が

                 

                あります。

                 

                復活させようとしてるのでしょうか。

                 

                 

                <失敗の原因>

                 

                恐らく、接ぎ木の際、体が当たって、

                 

                3回程度やり直した事。

                 

                テープも巻き終わっていたので、巻き直す

                 

                ことなく・・・

                 

                 

                その後も、何度か体があったたような。

                 

                で、紫陽花を移植してスペースを確保した

                 

                のですが、時既に遅し・・・ ^^;

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                e.レモンに接ぎ木した

                 

                  みかん3つの内3つ目

                 

                 

                 

                 

                こちらも、枯れてはない様ですが、

                 

                特段の変化はなし!!

                 

                この1本を、かなり大事にしています!!

                 

                 

                 

                 

                f.花柚子に接ぎ木した

                 

                  2本のリスボンレモン

                 

                 

                包帯を巻いたようになっています。

                 

                メデールテープを引っ張らずに巻いた為。

                 

                テープが薄くなっていないからでしょうか?

                 

                芽が出てこれない?

                 

                ほとんど変化がありません。

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                g.花柚子に接ぎ木したみかん

                 

                 

                こちらも、枯れた感じではありませんが、

                 

                様子に変化なしです。

                 

                小さな芽が出てきたと思ったのですが、

                 

                依然大きくならず・・・

                 

                 

                 

                 

                 

                以上、10本の穂木の現状です。

                 

                今後も、折を見て成長の記録を残して

                 

                いきましょう。

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                〜 大変だった記録 番外編 〜

                 

                 

                木が倒れかけていました。

                 

                日々、少しづつ。

                 

                それも、道路の方になので心配。

                 

                 

                 

                 

                次男坊に中古の原チャリを購入。

                 

                これはチャンス到来!

                 

                 

                 

                「なぁ、原チャリ買ったやん! ちょっと

                 

                手伝って欲しい事あるんやけど・・・」

                 

                 

                「今やったらいいで!」

                 

                 

                 

                やった!

                 

                乗ってきました!!

                 

                 

                2人でやれば・・・

                 

                 

                で、頑張った結果が、こちら!

                 

                 

                 

                 

                手に小さなトゲが沢山ささり・・・

                 

                痛い思いをしながら・・・

                 

                腰を痛めながら・・・

                 

                何とか2人でやり遂げました!!

                 

                 


                 

                 

                妻は、涼しい部屋で・・・

                 

                フルートの練習・・・

                 

                 

                何故か最近始めました。

                 

                 

                 

                 

                「ええなぁ。涼しそうで・・・

                 

                 気が付いたら、

                 

                 庭が綺麗になってるんやもんなぁ!」

                 

                 

                「何言ってるの? 伴奏流して、

                 

                 応援してあげてたんやん!!」

                 

                 

                 

                 

                今日、はっきりと気付きました。

                 

                妻の頭の中が、宇宙だったのです

                 

                 

                 

                 

                 

                ・・・・・・・・・・・・・・・


                平成30年6月9日

                 

                接ぎ木をしてから3か月と22日経過後の

                 

                記事が「こちら」から読めます!

                 

                ・・・・・・・・・・・・・・

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                ほんの少しでも、

                 

                面白いと思って頂ければ、

                 

                下のバナー(コロ)を

                 

                「ポチッ」と押して頂きますと、

                 

                これからも、頑張れます!

                 

                 

                宜しくお願いします。 おじぎ の画像

                 

                 

                 

                 

                 


                にほんブログ村

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                2018.02.18 Sunday

                レモンの木に接ぎ木をやってみた。 多品種接ぎにチャレンジ!

                0

                  JUGEMテーマ:家庭

                   

                   


                  レモンの木に接ぎ木をやってみた。

                   

                      多品種接ぎにチャレンジ!


                   

                   

                  2月18日が来ました。

                   

                  レモンの木に接ぎ木を行う日です。

                   

                  天気も良好です!

                   

                   

                   

                  リスボンレモンと花柚子の木に、リスボンレ

                   

                  モン、アレンユーレカレモン、ナベリーナ等

                   

                  のみかんを接ぎ木してみます。

                   

                   

                  レモンの接ぎ木に際し、注意した点等を記載

                   

                  しつつ、写真等をアップ・記録していきたい

                   

                  と思いますが、結果は上手くいくでしょう

                   

                  か?

                   

                   

                   

                  👉 穂木について

                   

                  穂木の保存については、既にアップしており

                   

                  ますので、「1本のレモンの木に多品種接ぎ

                   

                  を試してみる!」をご覧ください。

                   

                  こちら」から!!

                   

                   

                   

                  冷蔵庫から出してきてみました。

                   

                  鮮度は十分保っていると思います。

                   

                  穂木と道具を準備してみました。

                   

                   

                   

                   

                  穂木は、1〜3芽残して切って用意する

                   

                  との事です。

                   

                   

                  芽を確認しましょう。

                   

                  ・・・

                   

                  芽が小さすぎて、これで良いのかなぁ?

                   

                   

                  少し不安。

                   

                  挿し木をした時もそうでした。

                   

                  小さな膨らみができて、

                   

                  それが大きく育って芽となりました。

                   

                   

                   

                   

                  それから、できるだけ真っ直ぐに切るのと、

                   

                  斜め(約30度)で切るのと。

                   

                   

                  イメージするのは、

                   

                   

                   

                   

                  片方だけでも形成層をしっかり合わせる

                   

                  こと。

                   

                   

                  形成層では細胞分裂が行われているので、台

                   

                  木と穂木の形成層が合うことで、新しい細胞

                   

                  が作られ接合する。

                   

                   

                  角度は、どれぐらいがちょうど良いのか?

                   

                   

                  ちょっと紙に角度を記入して、

                   

                  これを参考に枝を切ってみました。

                   

                   

                   

                   

                  真っ直ぐに切ってみた方。

                   

                   

                   

                   

                  反対側を、斜め(約30度)で切って

                   

                  みました。

                   

                   

                  この時に注意した事。

                   

                   

                  斜めに削る面を真っ直ぐに削る面と並行に

                   

                  なるように心がける事。

                   

                   

                  これで、両側の形成層が合うことが期待でき

                   

                  ますし、隙間もなくなります。

                   

                   

                   

                  但し、正確に切るのは難しいです。

                   

                  慣れていないので、まな板の上で押さえなが

                   

                  ら切ってみたのですが、ちょっとした芽の出

                   

                  っ張りがあり、コロコロ動き、しっかりと押

                   

                  さえられないのです。

                   

                   

                   

                  ゆっくり、根気よくやってみました!

                   

                   

                   

                   

                  その後、メデールテープで穂木を巻きます。

                   

                  乾燥を防ぐため。

                   

                   

                   

                   

                  1回目の写真。

                   

                  十分にメデールテープを引っ張っていないの

                   

                  で、包帯を巻いているのかと思う程の白さ

                   

                  です。

                   

                   

                  それを、接ぎ木した状態。

                   

                   

                   

                   

                  真っ白

                   

                  この穂木は、リスボンレモンです。

                   

                   

                   

                  リスボンレモンの穂木はいつでも取れるの

                   

                  で、このまま接ぎ木しました。

                   

                   

                   

                  どうなるか様子を見てみましょう。

                   

                   

                   

                  そもそも、メデールテープとは、

                   

                   .董璽廚粘いても、テープを破って芽が

                   

                    出て来る。

                   

                  ◆ー然劣化するので、テープを取り除く

                   

                    必要がない。

                   

                    のがメリット。

                   

                   

                   

                  ,里燭瓩法芽の部分は2重巻き以上になら

                   

                  ないように注意しなればなりません。

                   

                   

                   

                  芽以外の部分は、強風等で穂木が動かない

                   

                  ように3〜4重に巻き付けます。

                   

                   

                   

                  穂木と台木の切り口面や形成層部分が完全に

                   

                  シールされている事を確認します。

                   

                   

                   

                  きっちりと巻き付けるために、メデールテー

                   

                  プは3〜5倍伸びるように出来ています。

                   

                   

                   

                  つまり、伸ばして貼れば、

                   

                  こんなに白くはならない・・・

                   

                   

                   

                   

                  巻き付け2回目。

                   

                  少しは引っ張れるようになりました。

                   

                   

                   

                  👉 台木部分

                   

                   

                  接ぎ木ナイフで切ってみました。

                   

                   

                   

                  案の定、指を切ってしまいました。

                   

                  滑った時に手が切れないように左手の位置に

                   

                  注意するのですが、そうし過ぎると、しっか

                   

                  りと枝を押さえられなくなります。

                   

                   

                   

                  作業をやっていて気付いたこと。

                   

                   

                   

                  のこぎりを引くようにナイフを動かしても、

                   

                  なかなか切れません。

                   

                  又、左手を切る危険があります。

                   

                   

                   

                  これよりも、

                   

                  上下に引くのではなく、

                   

                  シーソーのように、上下に動かす方が

                   

                  よく切れました。

                   

                   

                   

                  この時、深く切ろうと押し付けなくても構い

                   

                  ません。少しづつ切れていきますので、自分

                   

                  が求める深さまで切れたら上下運動を止めれ

                   

                  ばよいだけです。力を入れずにシーソー運動

                   

                  を続けるだけ。

                   

                   

                   

                  ナイフの状態等によっても違ってくる

                   

                  のでしょうが・・・

                   

                   

                  もっと早く気づけば良かったです。 笑っ の画像

                   

                   

                   

                  👉 接合

                   

                  穂木と台木を合わせます。この際、注意した

                   

                  いのが、形成層を合わせる事と、「隙間」を

                   

                  作らない事。

                   

                   

                  これが難しかったです。

                   

                   

                   

                   

                  接合部分は、しっかりと巻き付けます。

                   

                   

                   

                   

                  太い幹の部分にも接ぎ木してみました。

                   

                   

                   

                   

                  どうやっても、台木と穂木の間には隙間が

                   

                  出来たように見えました。

                   

                   

                  完全に隙間をなくすのは至難の業。

                   

                   

                  「隙間が出来ると、間違いなく失敗」との話

                   

                  しもありましたので注意はしたのですが。

                   

                   

                   

                  結果を見ていきたいと思います。 夏だよ。子供だよ。汗だく の画像

                   

                   

                   

                   

                  👉 接ぎ木後の処理

                   

                   

                  保湿が大切になりますので、接ぎ木後はビニ

                   

                  ール袋を被せて紐で縛っておくと良いそう

                   

                  です。

                   

                   

                  枝も呼吸をしているので、自分で保湿する

                   

                  ことになるようです。

                   

                   

                   

                   

                  後で分かるように、ビニール袋に名前を書い

                   

                  ておきました。

                   

                   

                  この後、6か月は触れないようにします。

                   

                   

                  きっちりと付くまでは注意します。

                   

                  と書きながらですが、

                   

                  作業中に、既に完成した接ぎ木に体が当たっ

                   

                  て折れ曲がり、やり直しとなったのが3度。

                   

                   

                  悲しくなっていました。 

                   

                   

                   

                  それと、暖かくなってきた頃、接いだ枝より

                   

                  手前の台木側に新芽が出てきますが、これを

                   

                  放置すると接いだ枝は養分不足で枯れてしま

                   

                  うそうです。なので、台木側の新芽は、出て

                   

                  きたら、その都度取り除かなければならない

                   

                  との事。

                   

                   

                   

                  暖かくなったころ、

                   

                  十分注意していきましょう。 お星さま の画像

                   

                   

                   

                   

                   

                  最後に・・・

                   

                  本日の接ぎ木作業が終わった後の、

                   

                   

                  庭植えレモン

                   

                   

                   

                   

                  全部で6本の穂木を接ぎ木。

                   

                   

                   

                  柚子

                   

                   

                   

                   

                  全部で4本の穂木を接ぎ木。

                   

                   

                  さて、1本でも成功してくれるでしょうか?

                   

                   

                   

                  「毎月の記録」で報告していきたいと

                   

                  思います!!

                   

                   

                   

                  ・・・・・・・・・・・・・・・

                   

                  2月18日

                   

                  接ぎ木をしてから71日経過後の

                   

                  記事が「こちら」から読めます!

                   

                  ・・・・・・・・・・・・・・・

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                  ほんの少しでも、

                   

                  面白いと思って頂ければ、

                   

                  下のバナー(コロ)を

                   

                  「ポチッ」と押して頂きますと、

                   

                  これからも、頑張れます!

                   

                   

                  宜しくお願いします。 おじぎ の画像

                   

                   

                   

                   

                   


                  にほんブログ村

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                  2018.02.04 Sunday

                  レモンの接ぎ木 1本のレモンの木に多品種接ぎを試してみる!

                  0

                    JUGEMテーマ:家庭

                     

                     

                     


                    レモンの接ぎ木

                     

                    1本のレモンの木に多品種接ぎを試してみる!


                     

                     

                     

                    昨年、「レモンの挿し木」にチャレンジして

                     

                    みました。

                     

                     

                     

                    今年は、「レモンの接ぎ木」にチャレンジ

                     

                    してみようと思います。

                     

                     

                     

                    「何故、レモンの苗木の大半は、接ぎ木によ

                     

                    って出来た苗木なのでしょうか?」は、

                     

                    レモンの育て方」で触れてみました。

                     

                     

                    尚の事、接ぎ木の経験を持ち、その結果を

                     

                    記録していきたいと思います。

                     

                     

                     

                    当初は、柚子の木にレモンの枝を接ぎ木して

                     

                    みようかと思ってました。

                     

                     

                    接ぎ木を経験するためと言っても、

                     

                    リスボンの木にリスボンの穂木を

                     

                    接ぎ木しても・・・

                     

                    と思っただけのことです。

                     

                     

                     

                     

                    そんな中、コメントを頂きました。

                     

                     

                    「接ぎ木で遊べば、面白いレモンの木になり

                     

                    ます。収穫時期を意識して接ぐ品種を決めな

                     

                    いといけません。数品種を接げば、9月下旬

                     

                    頃から12月いっぱいまで順番にレモンを楽

                     

                    しめます。形・色もいろいろのレモン。遊び

                     

                    心いっぱい詰め込んだレモン・・・」

                     

                     

                     

                     

                    多品種接ぎの存在は知っていましたが・・

                     

                    当然のことながら、自身でしようとは思った

                     

                    ことは一度もなく(穂木を集める事すら

                     

                    難しい)、でも、「穂木もプレゼントさせて

                     

                    頂きます。」とのお言葉も添えて頂き、

                     

                    ありがたく頂戴することにしました。

                     

                     

                     

                    多品種接ぎを「自身で試してみよう」と

                     

                    思った瞬間でした。

                     

                     

                     

                     

                    👉 接ぎ木の適期

                     

                     

                    いろいろな書物を読んでいますと、「接ぎ木

                     

                    の適期は4月」が多かったように思います。

                     

                     

                    で、私も4月に接ぎ木実施予定でしたが、

                     

                    「柑橘の接ぎ木は、3月の第一週あたりがベ

                     

                    ストかと思います。4月は既に根が動き始め

                     

                    ていますので少し遅いです。接ぎ木は根が動

                     

                    き始める直前がベスト。」とのコメントを頂

                     

                    戴しました。

                     

                     

                    「接ぎ木適期は樹種ごとに違います。緑枝接

                     

                    ぎもありますし、秋接ぎもあります。」とは

                     

                    続くのですが。

                     

                     

                     

                    私の接ぎ木は、3月の1周目に接ぎ木を実施

                     

                    予定としてみましょう。

                     

                     

                     

                     

                    👉 穂木の採取

                     

                     

                    台木に接ぐ枝のことを穂木というようです。

                     

                     

                    穂木は、接ぎ木をする直前に他の木から切り

                     

                    取り、接ぎ木に使用するのではなく、枝の生

                     

                    育が緩慢な寒いうちに切り取り準備し、接ぎ

                     

                    木を行うまで冷蔵庫等(5℃〜8℃)で保存

                     

                    しておく必要があるようです。これは、発芽

                     

                    した枝は穂木としては不適である為、まだ寒

                     

                    い時期、萌芽前の1年生か2年生枝を切り取

                     

                    り、台木の樹液の流動が盛んになる接ぎ木適

                     

                    になるまで保管する必要があるということ

                     

                    のようです。

                     

                     

                    但し、穂木の貯蔵期間は短いほうが失敗しに

                     

                    くいようなので、そのタイミングには留意し

                     

                    たいものです。

                     

                    穂木の鮮度と、接ぎ木の適期のどちらを選ぶ

                     

                    かと言うと、鮮度だという事です。

                     

                     

                     

                    穂木として適切な枝は、濃い緑色でしっかり

                     

                    している充実した前年の春枝や夏枝のようで

                     

                    す(太さ、5〜8伉度)。又、適当な太さ

                     

                    の2年生枝も穂木として使用できるようで

                     

                    す。色、形、堅さ等をしっかり見て、元気な

                     

                    充実した枝を選びたいものです。

                     

                     

                     

                     

                    👉 穂木の保存方法

                     

                     

                    1〜2芽ついている状態の枝を20冂度に

                     

                    切り、葉をつけ根で切り取り落とします。接

                     

                    ぎ木を行うまで乾燥させず、又、カビさせな

                     

                    いようにポリ袋に入れて冷蔵庫の野菜室等で

                     

                    保存します。ポリ袋に入れた後は、空気を抜

                     

                    いて密封した方が良いようです。使用する

                     

                    際、みずみずしさが保たれていればOKとの

                     

                    こと。

                     

                     

                    冷蔵庫で保存する際、新聞紙でくるまず、穂

                     

                    木だけをビニール袋に入れ、グルグル巻きに

                     

                    するのが一番新鮮度を保てるとのことです。

                     

                    新聞紙を濡らして保湿すると過湿でカビ易く

                     

                    なるようです。

                     

                     

                    又、穂木を入れたポリ袋は、7日に1回程度

                     

                    の割合で袋を開けて、ガスを入れ替えると

                     

                    良いようです。

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                    👉 接ぎ木の方法

                     

                     

                    穂木の違いにより、枝を接ぐ「枝接ぎ」と、

                     

                    芽だけを接ぐ「芽接ぎ」に分かれます。

                     

                     

                    又、「枝接ぎ」は、台木の切り方によって、

                     

                    「切り接ぎ」「割り接ぎ」「腹接ぎ」に

                     

                    分かれます。

                     

                     

                    「切り接ぎ」が素人には成功しやすいよう

                     

                    なので、「切り接ぎ」を試してみます。

                     

                     

                     

                     

                    👉 「切り接ぎ」、成功のポイント

                     

                     

                    1、形成層を合わせる

                     

                    枝は、皮部分の樹皮と中の部分の木部に分か

                     

                    れます。そして、樹皮と木部の境(飴色の細

                     

                    胞層)を形成層といいます。

                     

                     

                    今、台木と穂木の太さが同じであれば、切っ

                     

                    た部分どうしを張り合わせた時、形成層の位

                     

                    置も合ってくる確率は高くなります。接ぎ合

                     

                    わせた形成層が2本とも合うと、接ぎ木の成

                     

                    功率も高くなるようです。しかしながら、全

                     

                    く同じ太さのものを揃えるのは難しいので、

                     

                    その場合には、片方だけでも形成層をしっか

                     

                    りと合わせるようにします

                     

                     

                    形成層では、細胞分裂が行われているので、

                     

                    台木と穂木の形成層が合うことで、新しい細

                     

                    胞が作られ接合するようです。

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                    2、乾燥しないようにする

                     

                    台木や穂木の切り口が乾燥しないように注意

                     

                    します。具体的には、枝を切ったら直ぐに接

                     

                    ぎ合わせたり、又、接ぎ木をした後、半年は

                     

                    接ぎ木をした部分を触らないように注意しま

                     

                    す。特に、台木と穂木を接ぎ合わせる時、

                     

                    着面に隙間があると必ず失敗するので、ぴっ

                     

                    たりと合うように、切り口を平らにするよう

                     

                    に注意します。

                     

                     

                     

                    台木に穂木を接いだら、接ぎ木部を接ぎ木テ

                     

                    ープかビニールテープでしっかり固定。

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                    [商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

                    Sun Garden 接ぎ木ナイフ H255×W78×D4(mm)
                    価格:1371円(税込、送料別) (2018/2/5時点)

                     

                     

                     

                     

                    この一連の作業については、実際に接ぎ木を

                     

                    行う時に、作業の写真とともにアップしてい

                     

                    きたいと思います。

                     

                     

                     

                    その後は、この作業が合っているかどうか、

                     

                    順調に育つのか、その後を観察し検証です。

                     

                     

                     

                    この多品種接ぎのブログを作成している途中

                     

                    で、穂木を頂戴しました。

                     

                     

                     

                     

                    みずみずしい、立派な穂木です!

                     

                     

                     

                     

                    穂木となっているものや、

                     

                    根っこが付いている苗木も。

                     

                     

                     

                    リスボンレモン

                     

                    アレンユーレカレモン

                     

                    ナベリーナ等のみかん

                     

                    台木として重宝するカラタチもありました。

                     

                     

                     

                     

                    早速、それぞれビニール袋に入れ直して、

                     

                    冷蔵庫で保管。

                     

                     

                    1週間毎に、

                     

                    ガス抜きとして袋から出してみましょう。

                     

                     

                     

                     

                    ただ、鮮度を取るなら・・・

                     

                    3月の1周目ではなく、

                     

                    2月18日(日)を、

                     

                    接ぎ木実施予定日としたいと思います。

                     

                     

                     

                    少し拡大した写真です。

                     

                     

                     

                     

                    大事に育てて行きたいものです。

                     

                     

                     

                     

                    根っこつきの苗も・・・

                     

                    早速、鉢を買ってきました。

                     

                     

                     

                     

                    左側3つが、私が使用する目的で購入した

                     

                    プラスチック製の鉢。

                     

                     

                    そして、右端が妻が使用する目的で購入した

                     

                    素焼きの鉢。

                     

                     

                    今、並べて置いて写真を撮った意味は、

                     

                    特にはございません。( ^ω^)・・・

                     

                     

                     

                     

                     

                    動かすには、軽くて良いのです!!

                     

                     

                     

                     

                    さぁ、穂木も揃いました。

                     

                    18日を心待ちに待ってみます。

                     

                     

                     

                    ・・・・・・・・・・・

                     

                     

                     

                    平成30年2月18日

                     

                    実際に接ぎ木をしてみた時の

                     

                    記事が「こちら」から読めます!

                     

                     

                     

                     

                    ・・・・・・・・・・・・

                     

                     

                     

                     

                    平成31年3月、人生2度目の接ぎ木に

                     

                    チャレンジしてみました。

                     

                     

                    平成30年時、アレンユーレカレモン以外は全滅!

                     

                    そのリベンジを図ってみました。

                     

                    平成31年の記録には動画も残してみました!

                     

                    その記事が、「こちら」から読めます。

                     

                     

                     

                    そして、その2回目の接ぎ木から57日経過後の

                     

                    様子を記録した記事を「こちら」から読めます!

                     

                    今回レモンと花柚子に接いだ接ぎ穂は全てみかんです。

                     

                    全9種10本(レモン)、全8種10本(花柚子)。

                     

                    どれか1本でも成功すれば、

                     

                    必ず見ためで直ぐ分かるカクテルツリーが出来るはず・・

                     

                    なんとか1本でも成功して頂きたいものです!

                     

                     

                     

                    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

                     

                     

                     

                     

                     

                    下のバナー(コロ)を

                     

                    「ポチッ」と押して頂きますと、

                     

                    大変、助かります!!

                     

                     

                    宜しくお願いします。 おじぎ の画像

                     

                     

                     

                     

                     


                    にほんブログ村

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                    Calendar
                          1
                    2345678
                    9101112131415
                    16171819202122
                    23242526272829
                    30      
                    << June 2019 >>
                    ご覧頂きありがとうございます。
                    @korolemon
                    スポンサーリンク
                    ランキングに参加しています。ポチっと宜しくお願いします!!
                    にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ
                    にほんブログ村
                    スポンサーリンク
                    日本ブログ村ランキング
                    PVアクセスランキング にほんブログ村
                    Selected Entries
                    Categories
                    Archives
                    Recent Comment
                    • 神戸どうぶつ王国を訪れました。 その「おおらかさ」に感謝です。
                      korolemon (06/16)
                    • 神戸どうぶつ王国を訪れました。 その「おおらかさ」に感謝です。
                      海月 (06/16)
                    • ぶどう棚に雨除け屋根を設置。セキスイフルーツパーゴラにyazakiイレクターパイプで増設してみた。
                      korolemon (06/15)
                    • ぶどう棚に雨除け屋根を設置。セキスイフルーツパーゴラにyazakiイレクターパイプで増設してみた。
                      日本一の果実 (06/15)
                    • レモンの挿し木 48日後・・・
                      korolemon (06/14)
                    • レモンの挿し木 48日後・・・
                      まこ (06/14)
                    • ぶどう棚に雨除け屋根を設置。セキスイフルーツパーゴラにyazakiイレクターパイプで増設してみた。
                      korolemon (06/12)
                    • ぶどう棚に雨除け屋根を設置。セキスイフルーツパーゴラにyazakiイレクターパイプで増設してみた。
                      のじさん (06/12)
                    • ぶどう棚に雨除け屋根を設置。セキスイフルーツパーゴラにyazakiイレクターパイプで増設してみた。
                      korolemon (06/11)
                    • ぶどう棚に雨除け屋根を設置。セキスイフルーツパーゴラにyazakiイレクターパイプで増設してみた。
                      海月 (06/11)
                    Recommend
                    バースデー プレート
                    バースデー プレート (JUGEMレビュー »)

                    大切な人へ。

                    生涯残る、唯一の贈り物。
                    Links
                    Profile
                    Search this site.
                    Others
                    Mobile
                    qrcode
                    Powered by
                    30days Album
                    無料ブログ作成サービス JUGEM