2019.11.09 Saturday

カラタチの挿し木、7か月後。 来春の台木はいくつになったのか?

0

     


     

    カラタチの挿し木、7か月後。

     

    来春の台木はいくつになったのか?

     


     

     

     

     

    レモンの挿し木で、苗木を増やしました。

     

    その時は、台木の事までは考えませんでした。

     

    挿し木して、発根した枝をそのまま育てました。

     

     

     

     

    「販売されているレモンの苗木を見ると、大半が接ぎ木によってできた苗木のようです。接ぎ木をするのは、自根よりも耐寒性・耐病性が有り、生育の良い台木を使うからです。果樹や花の種類によっては、自分の種から、或いは、挿し木から育てた場合、種が出来なかったり、又は、出来るまでに長い時間を要するものがあります。接ぎ木で育てると、早く実がなり(結果樹齢に達する事が早い)、病気や害虫に強い木が出来るようです。」

     

     

    以前、「レモンの接ぎ木」に関して記載した文章です。

     

     

     

     

    台木を使わず、挿し木でそのまま育てた苗木が、

     

     ,茲病気にかかるという感じはありませんでした。

     

    ◆〜泙渓敝弔裡泳椶如∈G果実の収穫にも至りました。(結果樹齢2年4か月)

     

     耐寒性は分かりません。(関西住宅地で元々耐寒対策の必要があまりない)

     

     

     

    という状態であった事を考慮すると、

     

    カラタチを台木としたレモンの苗木を作っても、

     

    あまり、その違いを感じられないかもしれません。

     

    最近、そう思う様になりました。

     

     

     

     

     

    しかしながら、台木用にカラタチを育ててきました。

     

     苗木を頂いたり

     

    挿し木で増やしてみたり

     

     取り木にもチャレンジしてきました。

     

     

     

     

    この苦労を無駄にしない為にも、

     

    来春、3月初旬に、カラタチ台木の苗木を作りたいと思います。

     

     

     

    結局、今、試作できるカラタチの苗木はいくつあるのか?

     

    現状の記録を残しておきたいと思います。

     

     

     

     

    1、頂いたカラタチの苗木。(路地植え) ​

     

     

     

     

    このカラタチの苗木は、コピー用として置いておきます。

     

    大きくならない様に剪定しつつ、キープです。

     

     

     

     

    2、頂いた苗木。(鉢植え) ​

     

     

     

    一番の期待の星です。(秘蔵っ子とも言います)

     

    既に、そこそこの太さに育ってきておりますし、

     

    枝も数本ありますので、

     

    4種類程の穂木を接ぎ木できると考えております。

     

     

     

     

    3、枯れかけた苗木。 ​

     

     

    カラタチ台木にタロッコを接ぎ木した苗木(鉢植え)でした。

     

    接ぎ穂のタロッコが枯れてきたので、急遽路地植えにしましたが、

     

    完全に枯れてしまいました。

     

     

    暫くすると、

     

    地面からカラタチの芽がニョキニョキと出てきたものです。

     

    これも、台木として使ってみましょう。 リベンジです!

     

     

     

     

     

    4、取り木してみた苗。 ​

     

     

     

    上記の通り、取り木にチャレンジしてみました。

     

    みごとに失敗でした。

     

    しかしながら、少々白い塊みたいなものは出来ましたので、

     

    その辺りからちょん切り、植えてみました。(9月28日)

     

     

     

    今のところ、

     

    新芽は出てきておりませんが、枯れてもない様子です。

     

     

     

     

    5、挿し木で増やした苗木。 ​

     

     

     

    平成31年3月23日 カラタチの挿し木を実施しました。

     

    8本の枝を挿し木しました。

     

     

    令和1年8月25日 

     

    その内の1本から新芽が出来ているのを確認しました。

     

    その苗木の本日の様子です。

     

    8月25日と比べても、大分大きく育ちました。

     

     

     

     

    それから、もう1本。 ​

     

     

    10月14日に小さな新芽が出ているのを発見しました。

     

    その後も少々成長しましたが、

     

    現在、その成長は止まった感じがします。 ​

     

     

     

     

    その他、あと2本の挿し穂が生きている様です。

     

     

     

    新しい芽は出てこないのですが、依然緑色です。

     

    カラタチの場合、「挿し木してから1年経過後に新芽が出て来るという事もある。」という事ですので、まだまだ期待しております。その他の挿し穂は茶色く枯れてしまったので、「緑色である」という事で生きている証拠と考えられます。カラタチの挿し木は、長さ20冂の長い枝を4本、もっと短い枝を4本挿し木しました。その長い4本の内3本がまだ生きている事から、挿し木する場合は長めの挿し穂を用意した方が良いと考えられます。最も、一番最初に発芽し、今一番大きな成長を見せてくれている挿し穂は、長さ10冂度の短めの挿し穂でしたが・・・

     

     

     

     

    来春、台木として利用できそうな苗木は、

     

    4本という事になっております。

     

     

    取り木の枝や、まだ新芽が出てきていない挿し穂を使うのか?

     

    思い切って台木としたら、全部で7本という事に。

     

     

    良い感じではないでしょうか?

     

    何とか、来年はカラタチを台木としたカクテルツリーを完成させたいものです!

     

     

     

     

     

     

     

    〜 あとがき 〜

     

     

    昨日、11年前のメンバーと飲みました。

     

    その当時の上司がご定年を迎えたという事でのお祝い会です。

     

    16名程が参加されました。

     

     

     

    不思議な感じがしました。

     

    あれから、皆10年以上の月日が過ぎ、

     

    その経験も、家族状況も、当然現在の肩書も・・・

     

    色々なものが変わっているのに、あの当時と全く同じ会話です。

     

     

    今は当社を中途退職し、新たな職場で頑張っている部下も来ていましたが、

     

    全く、あの時のまま。(少々、太っておりましたが・・・)

     

     

     

    大声で笑って・・・  楽しく飲んで・・・

     

    バカな会話がほとんどでしたが・・・ ^^;

     

    あの時に、タイムスリップしたかの様でした。

     

     

     

     

     

    ほんの少しでも、

     

    面白いと思って頂ければ、

     

    下のバナー(コロ)を

     

    「ポチッ」と押して頂きますと、

     

    これからも、頑張れます!

     

     

    宜しくお願いします。 

     

     

     

     

     


    にほんブログ村

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    2019.09.07 Saturday

    カラタチの生命力。 挿し木のその後と、台木の成長。

    0

      JUGEMテーマ:家庭

       

       


       

      カラタチの生命力。

       

      挿し木のその後と、台木の成長。

       


       

       

       

      カラタチの苗木を頂きました。

       

      将来の台木として育てております。

       

       

       

      2019年3月23日。

       

      カラタチの挿し木を試みてみました。

       

      実に、2回目の挑戦です。 

       

      その時の記事が「こちら」です。

       

       

       

      カラタチは、本来、種から育てるのが主流の様で、挿し木は難しいようです。1年がかりの作業となるとの事でした。 又、「台木などの使用目的に、それらを増やす場合は “取り木” が手っ取り早いと思います。」とのコメントも頂き、別途「取り木」も試みております。(今の所、私のやり方がまずい様で、上手くいっておりませんが) 半ば諦めの境地で見守っておりました。

       

       

      挿し木は、小さな鉢に挿したものと、プランターに挿したもの。

       

      小さな鉢に挿したものは・・・

       

       

       

      5月1日は、未だこんな感じでしたが、

       

       

       

       

      8月11日には、すっかり枯れておりました。

       

       

       

      愛情が薄かったのでしょうか?

       

      もっと豆に水やりとかをした方が良かったのだと思います。

       

       

       

      プランターで育てていた方も、愛情が薄かったと思います。

       

      初めてレモンの挿し木をした時など、日陰で育て、日々水やりも欠かしませんでした。

       

      「絶対に発根させる!」という強い意志があったと思います。

       

      カラタチの挿し木の時は、「きっと難しいのだろうな。」という気持ちが先行。

       

      半ばほったらかしだったような・・・ ^^;

       

       

       

       

       

       

      この写真は、8月11日の写真ですが、だいぶ枯れてきました。

       

      この左側の挿し木は、未だ青々しているのですが、

       

      「きっと、順番に枯れていくのだろう。」

       

      そんな感じに見えていました。

       

       

       

      そんな、半ば諦めモードでいました所・・・

       

      8月25日に、異変に気付きました。

       

       

       

       

       

       

      なんという事でしょう。

       

      1本の挿し穂から芽が出ているではありませんか!

       

      自分の目を疑った程の驚きでした。

       

      一時などは、ほとんど水やりもしていなかった程・・・

       

       

       

      挿し木をしてから、約5ヵ月後に芽が出た事になります。

       

      この記事の3枚目の写真の左側の挿し穂です。

       

      つまり、8月11日には全く発芽していなかったという事です。

       

       

       

      余程この挿し穂を抜いて、その発根の状態を確認したかったのですが、

       

      さすがに、今のタイミングではまずいと思い見送っております。

       

       

       

      そして、この挿し穂の今日現在の様子がこちらです。

       

       

       

       

       

       

      ほんの少しづつではありますが、

       

      でも、間違いなく成長してくれています。

       

      「カラタチは、挿し木でも増やせんるんだ!」

       

      そう確信させてくれました。 ^^

       

       

       

      そして、さらにその左側の挿し穂の様子は、

       

       

       

       

       

      全く発芽してはいないものの、3本は未だ青々しています。

       

      このまま枯れるかもしれませんし、

       

      又々、新たな新芽を見せてくれるかもしれません。

       

       

      このプランターには、8本の挿し穂を挿しました。

       

      最後は、何本の挿し穂が成長してくれるのでしょうか?

       

      少し、期待が持てる様になってきております!

       

       

       

       

      そして、もう1つ、カラタチの力強さを見せてくれたもの。

       

      タロッコの穂木を接ぎ木した苗を頂きました。

       

      新芽は出てきませんでしたが、枯れもしません。

       

      もう一か八かの心境で、この苗を路地植えにしました。

       

       

       

      ずっと様子を見守ってきましたが、

       

      やはり、枯れもしないし、新芽も出ません。

       

       

       

      すると、8月4日の出来事です。

       

       

       

       

       

       

      タロッコの接ぎ穂からは何の動きも見られませんが、

       

      その根本から、新たな新芽が出来てきているのを発見。

       

       

       

      余程、「この新芽を切除したら、タロッコの穂木から新芽が出て来るかもしれない。」と思ったのですが、これだけ待って何の動きも無かった苗木から出てきた新芽なので、チョン切る勇気が持てませんでした。そのままの状態で育てて見る事にしました。

       

      そして、今の状態が・・・

       

       

       

       

       

      もともとの穂木の3倍にはなろうかという程の成長を見せてくれています。

       

      そう、これは台木側から出た芽であり、カラタチです。

       

      こうなると、カラタチが成長して、

       

      穂木であるタロッコが枯れてくるのではないでしょうか?

       

       

       

      今の所、様子見ですが、タロッコが未だ枯れていない様子なので、

       

      この辺で、カラタチの枝をチョン切ってみる方が良いかもしれません。

       

       

       

      8月に見せてくれた、このカラタチのサプライズ。

       

      カラタチの生命力、その力強さを感じました。

       

      挿し穂がどんどん枯れていった時には「弱い」イメージでしたが、

       

      案外、雑草の様な力強さを持っているのかもしれません。 ^^

       

       

       

      今後も、その様子を見守っていきたいと思います。

       

       

       

       

       

       

      〜 ひとりごと 〜

       

       

      今日は、妻がおりません。 一泊二日の社内旅行です。

       

      久しぶりに、フルートの音のない、静かな夜を過ごしております。

       

      「たまには、こういう日も良いのかな?」と不覚にも思ってしまいました。^^;

       

       

       

      来月には、友達とドイツ旅行に行くそうです。

       

      「行ってもいいかなぁ?」と訊いてくるので、

       

      「友達となら、旅費は1人分で済むから、その方がいいんじゃない?」

       

      というと納得しておりました。 ^^

       

       

       

      妻が「家に居ない事」はめったになかったので、少し不思議な感覚です。

       

       

       

       

      「家に居ない事」

       

      長男坊が別居する事になりました。

       

      彼女さんの就職先が決まったからです。

       

      長男坊との将来を考え、長男坊の勤務地である京都中心に就活。

       

      見事、直ぐそば(普通電車で3駅)で決まりました。

       

       

       

      兵庫県の娘なので、自宅からは通えません。

       

      年内目途に、アパートを探す事に・・・・

       

      1人ではなく、2人で住めるアパートという事になりました。

       

      住む場所等が決まり、落ち着いたら、籍を入れる日を決める様です。

       

       

       

      当家から、初めて・・・

       

      今迄普通に家に居た人が居なくなります。

       

      想像しただけでも・・・なのですが、

       

      実際に居なくなるとどういう感じになるのでしょうか?

       

       

       

      妻などは、「大丈夫、毎日京都に行くから!」と言っております。

       

      新婚旅行も3人で行くそうです。 ^^;

       

       

      最も、京都であって、東京ではないので・・・

       

      距離的には「いつでも行ける距離」であり、

       

      それだけでも満足しなければならない事なのでしょうが・・・ ^^;

       

       

       

      今迄もたまには言っていたのですが、

       

      これからは、しょっちゅう次男坊に言う様にしましょう。

       

       

      「お父さんはな、どんな娘でもいい。髪の色が真っ赤で、鼻にピアスしていて、初対面の時におっさん呼ばわりされてもいい。ただな、同居OKの娘さんを見つけてきてな!」

       

       

       

      すいませんでした。

       

      ただの、「ひとりごと」でした・・・ ^^;

       

       

       

       

       

       

      ほんの少しでも、

       

      面白いと思って頂ければ、

       

      下のバナー(コロ)を

       

      「ポチッ」と押して頂きますと、

       

      これからも、頑張れます!

       

       

      宜しくお願いします。 おじぎ の画像

       

       

       

       

       


      にほんブログ村

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

      2019.03.23 Saturday

      2回目のカラタチの挿し木。 1月の挿し木と3月の挿し木を比較するために。。。

      0

        JUGEMテーマ:家庭

         

         


        2回目のカラタチの挿し木。

         

        1月の挿し木と3月の挿し木を比較するために。。。


         

         

        カラタチの挿し木をしました。

         

        剪定した枝を捨てるのが勿体無いので挿し木することに。

         

         

        カラタチは、ほとんど実生で育てるものだとか。

         

        しかしながら挿し木をチャレンジしてみようと思いました。

         

         

        1月に試みようとしましたら、「3月頃の方が良いのでは?」

         

        とのアドバイスを頂き、1月に2本挿し木をチャレンジし、

         

        後は、3月に実施することにしました。

         

        挿し木する時期が違う挿し穂の成長を見ていこうと思います。

         

         

         

         

        1月に挿し木をしてみた時の様子が「こちら」です。

         

        カラタチの挿し木を経験されたブロ友さんからのコメントもあります。

         

        カラタチは発根が遅く、1年経過しても未だ発根しない事もあるそうです。

         

        長丁場の検証となりますが、頑張って見ていきたいと思います。

         

         

         

        平成31年1月19日(土)に挿し木したカラタチの、

         

        今日の様子です。

         

         

         

        挿し木後、約1か月はビニール袋で覆っていました。

         

        直ぐにカビだらけになるので、今は取り除きました。

         

         

        枯れた様子もなく、何の変化も見受けられません。

         

        少し根の状態を見たいので、引っこ抜きたい所ですが、ここは我慢です。 

         

        本当に枯らしてしまいそうです。

         

        レモンの挿し木の時に枯らしてしまいました。^^;

         

        お水は1週間に1度、湿らす程度にやっている状況です。

         

         

         

        さて、本日 3月21日(木曜・春分の日)

         

        3月実施の挿し木を行いました。

         

         

         

        私の鉢植えカラタチの剪定について、こんなコメントを頂いておりました。

         

        korolemonさんの鉢植えのカラタチの剪定方法ですが、 まず真ん中の枝(主枝)を1本にします

        他の枝は基部から切り落とします

        次に主枝を半分の高さにします。 

        切り落した枝を分割して挿します。

        出来れば長さは20cmくらい。 挿す深さは5cmくらい。

         

        トゲは出きれば今のうちに全て切り落としておく。切った部分は春までに治癒します

        トゲを切ると小枝を切ると同じでそこから水分が抜けます。

        発根するまでは枝中養分を残したままが理想。

        私の場合は挿す時にトゲを落とします。

        その代わり挿してから一ケ月は挿した鉢ごとビニール袋で覆って湿度100%を維持し枝から水分が抜けないようにします。。

        カラタチの挿し木に限りませんが、どの台木も切り口にカルスが出きれば枝から水分が抜けることは無くなります。

        植物も切られた部分を治そうとします。人で言うところのカサブタと同じことですね。)

         

         

         

        このコメント通りに遂行すべく、

         

        挿し木用の枝を取る為に、

         

         

         \茲此⊆膸洌奮阿了泙鮴擇蠎茲蠅泙靴拭

         

         

         

        主枝と呼べそうな枝が2本あったのですが、

         

        真っ直ぐ上へ伸びている方の枝を残してみました。

         

         

        ◆ー膸泙鯣省に切除してみました。

         

         

        少し切り過ぎた感がありますが・・・

         

        これも検証の為です。

         

        「庭植えのカラタチもある!」との思いを胸に思い切りました。^^;

         

         

        *本日の庭植えカラタチの様子

         

        そして、切った枝達をお水の中に入れておきました。

         

         

         

         

         トゲについて

         

        1月の時に、少しはトゲを切っておきました。

         

        その際、癒合促進剤を塗りましたが、

         

        根が生えている状態であれば必要なかったのかもしれません。

         

         

         

        根から水分が回ってくるので、トゲを切るぐらいであれば問題(水分不足)はない。

         

        でも、切り取った枝のトゲを本日切るとすると、

         

        そこから水分が蒸発し水分不足になる(根から水分が回らない)ので、

         

        ビニール袋などで覆って、保湿に注意しなければならない・・・

         

         

         

         

        本日挿し木するのは、プランターを予定していましたので袋で覆うのは難しい。

         

        そう思いましたので、本日トゲを切るの止めました。

         

         

         

        1月に既に切っている部分もあれば、トゲがそのままの部分もあります。

         

        そのまま、挿し木をしてみました。

         

         

         

         

        半分づつ、アップしてみます。

         

         

         

         

        1本の長さを、20僂砲靴討澆泙靴拭

         

        埋める方の枝を、接ぎ木ナイフで斜めに切り取りました。

         

        断面積を増やし、給水量を増やす為。

         

        又、根が出る面積を増やす為。

         

         

        それから、発根促進剤を付けて、

         

        挿す深さを5冂度になるように挿してみました。

         

         

         

         

        もう半分は、1枝 20僂箸譴覆った枝達。

         

        もったいないので、4本挿してみました。

         

         

        合計 8本のカラタチの挿し穂達です。

         

        これから約1年、観察を続けていきたいと思います。

         

        レモンの挿し木の時の様に、上手くいくでしょうか?

         

         

        又、成長の様子をアップしていきたいと思います! ^^

         

         

         

         

         

         

         

        ほんの少しでも、

         

        面白いと思って頂ければ、

         

        下のバナー(コロ)を

         

        「ポチッ」と押して頂きますと、

         

        これからも、頑張れます!

         

         

        宜しくお願いします。 おじぎ の画像

         

         

         

         

         


        にほんブログ村

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

        2019.01.19 Saturday

        カラタチの挿し木をやってみた。 実生以外でも苗を増やせるのでしょうか?

        0

          JUGEMテーマ:家庭

           

           

           


          カラタチの挿し木をやってみた。

           

          実生以外でも苗を増やせるのでしょうか?


           

           

           

          本日は、平成31年1月19日(土)。

           

           

          柑橘系の台木としてカラタチを育て初めて1年が経とうとしています。

           

          当初接ぎ木されていたみかんの穂木は枯れてしまいました。

           

          その後、ぐんぐんカラタチの台木は成長。

           

           

          庭植えのカラタチは縦に、

           

          鉢植えのカラタチは横に、成長しています。

           

           

          横に横に伸びる枝は少し邪魔になってきて・・・

           

          切り捨てるには惜しいので挿し木にチャレンジしてみる事に。

           

           

           

           

          カラタチのタネは多胚性と言って一粒から2〜5本の芽(苗)が出る様で、

           

          カラタチの苗を作るのは挿し木ではなく、

           

          種を蒔いて育てるのが主流だとか。

           

           

           

          挿し木で大丈夫かな?等と記事をアップしておりますと、

           

          ブロ友さんからコメントを頂きました。

           

          「私もカラタチの挿し木をしていますが、挿してから1年は生きているのかどうかも分かりません。

          まずカラタチの挿し木は発根が遅いです。

          なので挿してから1年は放置。

          1年後に抜いてみると枝は緑であっても発根していないものも多々あります。

          ・・・・・

          発根していても肥料などの養分を与えていないので枝の太さは挿した時と同じ。

          発根していれば2mmの太さの枝に接木してようやく成長を開始。 

          私の場合、一番細い枝の接木がこのカラタチの接木になります。

          接いでから1年経って30cm。 特に1〜3年は成長が遅いです。 5年で2.5m。

          これくらいになりますと100個は生らせられますので一応完成体。 ・・・」

           

           

           

          「挿し木の時期が早過ぎますと失敗します。

          カラタチの挿し木の時期は3月くらいが良いと思います。

          挿し木はカルスの形成を早めて枝中養分の流出を防ぐ。

          接木は形成層の活着を早めて台木から接木した穂木に早く養分を送る。

          挿し穂も接木の穂木も疲れ切る前の如何に短時間で進めるか。 ここがポイントです。

          温度と光。 重要な要素になります。

          私も過去に1月早々(元旦)に各種の挿し木をしたことがあります。

          発根時期は1〜2ケ月早めても変わりませんし、逆に成功率が落ちます。

          korolemonさんも冬に1/3。春(3月)に残りの2/3を挿してみて下さい。

          実際にやって確認することも重要ですので。」

           

           

          外ではなく、家屋の中で、

           

          一定の水分もきっちりキープしてあげれば、

           

          1月でも挿し木OKかなぁ?と安易に考えていたのですが・・・

           

           

          教えて頂いた様に、

           

          1月と3月にカラタチの挿し木を行い、その違いを見てみる事にします。

           

           

           

           

          倉庫を覗くと、種まきの土が残っていました。

           

          赤玉土ではなく、種まきの土を使ってみました。

           

           

           

           

          鉢が用意出来ましたので、

           

          横に伸びた枝を切り、穂木を作ってみます。

           

           

           

           

          切り取った枝をよく見てみますと、

           

          何やら新芽も見える様です。

           

           

           

           

          なかなかに元気そうな枝なので少し安心です。

           

          ちなみに、事前にトゲを切り落としています。

           

          まめまめしく、癒合促進剤も塗り水分が抜けるのを少しでも防いでみました。

           

           

           

           

          この枝を半分に切ってみると、

           

          長さ、12〜13僂箸い辰燭箸海蹐砲覆蠅泙靴拭

           

           

           

          「出来れば長さは20cmくらい。 挿す深さは5cmくらい。」

           

          とのアドバイス通りにと思っていましたが、

           

          それよりは短い状態となってしまいました。  ^^;

           

           

           

          枝をハサミで切りました。

           

          以前レモンの挿し木をした時もハサミで切りました。

           

          この時に、「ハサミが切れにくかったのか切り口が傷んでいたので、

           

          新根が出にくかったのでしょう。」

           

          とのコメントを頂きましたので、今回は「接ぎ木ナイフ」で綺麗にカット!

           

          又、断面積を増やす為に斜めにカットしてみました。

           

           

           

           

          そして次に、発根促進剤の準備です。

           

          「ルートン」も以前使用したものが残っていました。

           

           

           

           

          その間、切った穂木は水につけておいてみました。

           

          時間にして、約20分程度。

           

           

           

           

           

          少し穴を掘り、穂木に土を被せてみました。

           

          穂木を差し込むように土に入れると、

           

          発根促進剤が取れるので、取れないように注意します。

           

           

          種まきの土はさらさらしています。

           

          ちょっと当たると、斜めに傾く程です。

           

          穂木の周りの土を、少しギュッと押し固めてみました。

           

           

           

           

          「挿してから一ケ月は挿した鉢ごとビニール袋で覆って湿度100%を維持し

           

          枝から水分が抜けないようにします。」

           

          とのアドバイスも頂いておりましたので、

           

          割りばしを4か所鉢に差し込み、ビニール袋をかけてみました。

           

           

           

           

          さて、これで完了とします。

           

           /緤を保ちながら、

           

          ◆_案發如

           

           1か月はビニール袋をかけて、育ててみます。

           

           

          3月になったら、同じ様にもう1鉢作ってみます。

           

          2つの鉢の成長記録を付けていってみます!!

           

           

          1年経過しても、「枯れてはいないが新根も未だ出てこない」

           

          という状態もありうるとの事にて、

           

          レモンの挿し木以上に気長に検証していかなければなりません。

           

          頑張りましょう!

           

           

           

          ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

           

           

           

          さて、本日は、平成31年2月23日(土)

           

          カラタチの挿し木を始めてから35日経過しました。

           

           

          毎日観察をして感じた事。

           

           〜瓦、枝自体には変化がありません。

           

          ◆.ビが直ぐに生えます。

           

            毎週終末にビニール袋・割り箸(串)を取り替え、

           

            挿し穂に生えたカビをティッシュでとったのですが、

           

            この際枝がぐらぐら動きます。

           

            「まずいなぁ。」と思うのですが、カビが生えっぱなしではとも思い・・・

           

            毎週カビを取り除きますが、毎週再度生えてきます。

           

           

            カビの状態は、こんな感じです。

           

           

           

           

           

           

           

          「湿度を保てている」事の確認が出来ている点は良いのですが、

           

          この状態を継続するのはどうかと思い始めました。

           

          又、「挿し木後1か月は湿度を保つ」という当初計画でしたので、

           

          ここは思い切ってビニール袋を取り除いてみました。

           

           

          又、このまま様子を見ていきたいと思います。 ^^

           

           

          ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

           

           

          平成31年3月21日

           

          春(3月)の剪定、挿し木をしてみました。

           

          1月よりは、成功する可能性が高まるはず・・・

           

           

          鉢植えのカラタチの枝を全て切り取り、

           

          残した1本の主枝も、半分に切り取り、

           

          切り取った枝達を挿し木してみました。

           

           

          その時の様子が、「こちら」です!

           

          この後の経過も綴っていきたいと思います。 ^^

           

           

          ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

           

           

           

           

           

           

          ほんの少しでも、

           

          面白いと思って頂ければ、

           

          下のバナー(コロ)を

           

          「ポチッ」と押して頂きますと、

           

          これからも、頑張れます!

           

           

          宜しくお願いします。 おじぎ の画像

           

           

           

           

           


          にほんブログ村

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

          2018.12.24 Monday

          カラタチのトゲを切ってみた! いつかするだろうカラタチの挿し木のために・・・

          0

            JUGEMテーマ:家庭

             

             


            カラタチのトゲを切ってみた!

             

            いつかするだろうカラタチの挿し木のために・・・


             

             

            カラタチの葉がほとんど落ちました。

             

            落葉樹だったようです。

             

            その記事をアップしたところ、

             

            ブロ友さんから「カラタチの挿し木」に関するコメを頂きました。

             

             

             

            トゲを切ると小枝を切るのと同じでそこから水分が抜けます。

             

            発根するまでは枝中養分を残したままが理想。

             

             

             

            その為、早めに切っておいて、トゲの傷をあらかじめ治しておいた方が良いとの事。

             

            同時にするなら、鉢ごとビニール袋等で覆い、

             

            水分が抜けないようにしないといけないとか。

             

             

             

            そんな知識は全くありませんでした。

             

            レモンの挿し木をした時は、蒸散を抑える為に葉を半分に切ってはみましたが、

             

            特にビニール袋で覆う等の事はしませんでした。

             

             

             

             

            挿し木後のカラタチの成長は遅いようなので、

             

            ゆっくりしてはいられません!

             

             

            教えて頂いたら、即、実行あるのみです!

             

             

             

            * トゲを切る前のカラタチ

             

             

            * トゲを切った後のカラタチ

             

             

            * 癒合促進剤を塗った後のカラタチ

             

             

             

             

            さて、癒合促進剤が乾いて、水分が抜けなくなるのを待ってみましょう。

             

            その後、横に広がってきた枝を切り取り、

             

            挿し木にチャレンジしてみます!

             

             

             

             

            カラタチの挿し木後の成長は遅いとの事ですので、

             

            長丁場の闘いです。

             

            春先まで待っていられません。

             

            (私は辛抱が足りない方です。^^;)

             

            早めに挿し木を行って・・・

             

            室内で育ててみたいと思います。

             

             

            さて、上手くいくでしょうか?

             

             

             

             

            アスパラガスも、昨年同様、少し手入れをしてみました。

             

            来年も、美味しいアスパラを食べられるように・・・

             

            昨年は、いろいろ調べてみました。

             

            その時の様子が、「こちら」です。

             

             

            ほぼほぼ昨年と同様の対応です。

             

            EM肥料だけが無くなってしまっていましたので入れてません。

             

            これで、結果が違ったら、EM肥料の効果が大分あったという事。

             

             

             

             

             

             

             

            来年も元気な芽を出してくれますよう・・・

             

             

             

             

            さて、それでは今から・・

             

            胡椒を「これでもかっ!」という程振りかけた鶏の足を焼く準備に入りたいと思います。

             

            妻と母からは、「自分の分だけにしておいてな!」と言われました。 ^^;

             

             

             

             

             

            ほんの少しでも、

             

            面白いと思って頂ければ、

             

            下のバナー(コロ)を

             

            「ポチッ」と押して頂きますと、

             

            これからも、頑張れます!

             

             

            宜しくお願いします。 おじぎ の画像

             

             

             

             

             


            にほんブログ村

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

            2018.12.22 Saturday

            カラタチの苗から葉がほとんど落ちてしまった。 12月のカラタチの様子。

            0

              JUGEMテーマ:家庭

               

               


              カラタチの苗から

               

               葉がほとんど落ちてしまった。

               

                12月のカラタチの様子。


               

               

              カラタチの葉の色が変化していました。

               

              緑から赤茶色へ。

               

              赤色が濃くなってきたかな?と思っていますと、

               

              黄色い感じに。

               

               

              これは調子が悪くなっているのだと思い、

               

              鉢を植え替えた程・・・

               

               

               

               

              「カラタチの紅葉ですね。」とのコメントを頂きました。

               

              苗の調子が悪くなってきたのではなく、

               

              「紅葉」していただけ・・・

               

               

               

              安心して、そのまま様子を見ていますと、

               

              どんどん葉が落ちていきます。

               

               

               

              鉢植えのカラタチも葉が落ちた。

               

               

              露地植えのカラタチも葉が落ちた。

               

               

              知識が無いというのは恐ろしいものです。

               

               

              カラタチの苗をレモンの台木に出来ればと思って育てていました。

               

              なので、特にカラタチについて調べた事がありませんでした。

               

               

              レモンの葉は落ちないので、

               

              カラタチの葉も落ちない、と思い込んでいました。

               

               

              カラタチは、冬に葉を落とす高さ2〜3mの低木であるとの事。

               

              落葉樹だったのですね・・・

               

              暖かい地域で育てる場合は、葉が落ちない事もあるようですが、

               

              基本的には、冬に葉を落とす落葉樹。

               

               

              葉が落ちて、当たり前だった訳です。

               

              鉢の植え替えまでしてしまいました・・・

               

               

               


               

               

              露地植えも、鉢植えも、枝は良い感じに見えます。

               

              柑橘類の中で最も寒さに強い(この為、台木に用いられる様ですが)ので、特に何の防寒対策もせず、このまま様子をみてみましょう。

               

               

               

              来年、暖かくなる頃、挿し木にて苗を増やせるか検証してみる予定です。

               

              増やせる事が確認できれば、そのカラタチを台木にしてレモンの接ぎ木を試してみましょう。

               

               

               

              カラタチは、種を蒔いて増やすのが主流の様です。

               

              カラタチの種は多胚性で、1つの種から複数の芽が出て来るのだとか。

               

              実の収穫に至っていない私には種を蒔く事ができません。

               

               

              数年後、カラタチの木からも実を収穫出来る日が来るのでしょうか?

               

               

              平成30年12月のカラタチの記録を残しておきます。

               

               

               

              皆さま、楽しい、クリスマスを!!

               

               

               

               

               

               

              ほんの少しでも、

               

              面白いと思って頂ければ、

               

              下のバナー(コロ)を

               

              「ポチッ」と押して頂きますと、

               

              これからも、頑張れます!

               

               

              宜しくお願いします。 おじぎ の画像

               

               

               

               

               


              にほんブログ村

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

              2018.12.01 Saturday

              カラタチの葉が赤茶色に変化した? 柑橘類の台木の危機。 原因は何??

              0

                JUGEMテーマ:家庭

                 

                 


                カラタチの葉が赤茶色に変化した?

                 

                   柑橘類の台木の危機。

                 

                        原因は何?


                 

                 

                柑橘類の台木にする為に、カラタチを育てています。

                 

                まだ、2本の苗。

                 

                1本は、露地植えで。

                 

                もう1本は、鉢植えで。

                 

                植え付け当初のブログ記事は「こちら」です。

                 

                 

                 

                そして、こちらは平成30年10月14日の状態です。

                 

                 

                 

                 

                横に広がりを見せているとはいえ、

                 

                比較的順調に育っていました。

                 

                 

                逆に、露地植えのカラタチは上へ上へと成長しています。

                 

                 

                それがどうした事なのでしょうか?

                 

                11月2日には、少し赤茶色に変化し始めました。

                 

                枯れてきたのでしょうか?

                 

                 

                この時点では、少し様子をみることに。

                 

                 

                 

                 

                そして、12月1日(土) 本日の様子。

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                全体的に赤みがかってきてしまいました。

                 

                何かやばそうです。

                 

                 

                私の悪い癖。

                 

                やばいと思うと十分調べる事もせず、

                 

                思いつく事をしてしまう事。

                 

                 

                 

                水が不足したのだろうか?

                 

                栄養が不足したのだろうか?

                 

                根が詰まってきたのだろうか?

                 

                 

                 

                一緒に育てている鉢植えレモンと同じように、

                 

                肥料をやり、水を与え、植え替えをしてきました。

                 

                でも、葉の色が変化してきたのはカラタチだけ。

                 

                 

                取り敢えず、

                 

                根の様子を見てみましょう!

                 

                 

                先ず、カラタチを鉢から引っこ抜いてみました。

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                思いっきり根が詰まってしまっている

                 

                という感じではありませんが、

                 

                少し土をほぐして、根をハサミで切ってみました。

                 

                 

                それから、植え替え。

                 

                底の方が少し広いものではありますが、同じ大きさの鉢にしてみました。

                 

                土は新しいものに入れ替えてみました。

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                「そう言えば・・・ 植え付け直後の苗は暫く施肥を控えて下さい。 鉢であっても路地であっても。 korolemonさんが書いておられますが肥料やけを起こし易いです。 植え付け後、新根が出て自分で養分を吸収出来るようになってから施肥するのが一般的です。」

                 

                 

                以前、植え替えをした時に頂いた大事なコメントです。

                 

                このコメントを思い出し、本日、施肥は控えてみました。

                 

                肥料を撒くのは3か月後を目途にしてみましょう。

                 

                 

                 

                さて、本日の植え替えで、

                 

                カラタチの葉は元気を取り戻してくれるのでしょうか?

                 

                 

                ちなみに、路地植えのカラタチはというと・・・

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                相変わらず、上へ上へと伸びていますが、

                 

                葉の色は緑色。

                 

                元気そうに見えます。

                 

                 

                 

                最後に・・・

                 

                今年作ってみた、干し柿。

                 

                全部とって、干すのを止めてみました。

                 

                 

                 

                 

                見た目は今一つなのですが、

                 

                渋みは完全に無くなっておりまして、

                 

                少し堅い感じはするものの、

                 

                値段が安ければ、買ってくれる方もいるのでは?

                 

                と思える程美味しゅうございます。

                 

                 

                何年かぶりの干し柿を堪能させて頂いた平成30年でした。

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                ほんの少しでも、

                 

                面白いと思って頂ければ、

                 

                下のバナー(コロ)を

                 

                「ポチッ」と押して頂きますと、

                 

                これからも、頑張れます!

                 

                 

                宜しくお願いします。 おじぎ の画像

                 

                 

                 

                 

                 


                にほんブログ村

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                2018.09.09 Sunday

                カラタチの成長。 レモンの苗の台木にするために・・・

                0

                  JUGEMテーマ:家庭

                   

                   


                  カラタチの成長。

                   

                  レモンの苗の台木にするために・・・


                   

                   

                  カラタチを育て始めています。

                   

                  レモンの台木として使う為です。

                   

                   

                  耐寒性・耐病性が強くなると言います。

                   

                  又、接木で育てると早く実がなる(結果樹齢に達するのが早くなる)ようです。

                   

                   

                  接ぎ木、その台木としてのカラタチに関する説明は、

                   

                  こちら」から!!

                   

                   

                   

                  そもそも、育て始めるきっかけとなったのはレモンの接ぎ木。

                   

                  カクテルツリーを作る試みからです。

                   

                   

                  平成30年2月。

                   

                  接ぎ木用の穂木を頂く事ができました。

                   

                   

                   

                   

                  レモンやみかんの穂木。

                   

                  それと伴に、紫陽花とカラタチの苗木も同封されていました。

                   

                   

                   

                  せっかく手に入れることができたのです。

                   

                  頑張って育てて、

                   

                  大きくして、

                   

                  挿し木にて増やして、

                   

                  レモンや柑橘系の台木として使用しましょう!! 笑っ の画像

                   

                   

                   

                  そう思ってから、実に、7か月が経過しました。

                   

                  あまり記事にされてこなかった「カラタチ」。

                   

                  その成長振りを記しておきましょう!

                   

                   

                   

                  苗は2つです。

                   

                  1つは、カラタチのみ。

                   

                   

                   

                   

                  そして、もう1つはカラタチにみかんが接ぎ木されている苗です。

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                  しかしながら、4月22日には「みかん」が枯れてきました。

                   

                  黒ずんできたのです。

                   

                   

                   

                   

                  これはまずいと思い、

                   

                  鉢植えから路地植えに変更しました。

                   

                  しっかりとした根をはってくれればと願い。

                   

                   

                   

                   

                   

                  コロに倒されない様、棒で囲んでみました。

                   

                  これが、今も路地植えとなっているカラタチの1つ。

                   

                   

                  この後、5月には完全に枯れていくことになります。

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                  そして、もう1つは、今も鉢植えのまま。

                   

                  これは、5月12日の時の状態です。

                   

                  1本の棒であった苗木に枝が生えてきています。

                   

                   

                   

                   

                   

                  1年で、どれ程大きく育つものなのでしょう?

                   

                  レモンや花柚子と同じ様に育ててきました。

                   

                   

                  来年、或いは、再来年には挿し木に入れるのでしょうか? 目玉 の画像

                   

                   

                   

                   

                   

                  今年の夏の終わりが見えてきた、

                   

                  本日の様子がこちらです!!

                   

                   

                  鉢植えカラタチ君です。

                   

                  何故か横に横に広がっていきます。

                   

                  切ってみようかとも思いましたが、

                   

                  取り敢えず、自然体での成長をみてみようと。

                   

                   

                  測ってみました。

                   

                  樹幹と呼んで良いのでしょうか?

                   

                  横幅 60僉  々發機44僉

                   

                   

                   

                  出来れば、全部の枝が万遍なく育って欲しいものです。

                   

                   

                   

                   

                  それから、路地植えカラタチ君です。

                   

                  こちらも、2本の枝だけが急成長しています。

                   

                   

                  但し、こちらは横にではなく、縦に。

                   

                  何故に万遍なく成長しないのでしょうか?

                   

                   

                   

                   

                  こちらが、

                   

                  幅 20僉 々發機60僉△箸い辰燭箸海蹐任后

                   

                   

                  レモンのように、

                   

                  秋芽も出て来るのでしょうか?

                   

                  であれば、もう少し育つはず。

                   

                   

                   

                  今も、少しは芽が出てきています!

                   

                   

                   

                   

                  頑張って下さい!!

                   

                   

                   

                  ゆるキャラ凸 デコメ

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                  ほんの少しでも、

                   

                  面白いと思って頂ければ、

                   

                  下のバナー(コロ)を

                   

                  「ポチッ」と押して頂きますと、

                   

                  これからも、頑張れます!

                   

                   

                  宜しくお願いします。 おじぎ の画像

                   

                   

                   

                   

                   


                  にほんブログ村

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                  Calendar
                  1234567
                  891011121314
                  15161718192021
                  22232425262728
                  293031    
                  << December 2019 >>
                  ご覧頂きありがとうございます。
                  @korolemon
                  スポンサーリンク
                  ランキングに参加しています。ポチっと宜しくお願いします!!
                  にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ
                  にほんブログ村
                  スポンサーリンク
                  日本ブログ村ランキング
                  PVアクセスランキング にほんブログ村
                  Selected Entries
                  Categories
                  Archives
                  Recent Comment
                  Recommend
                  バースデー プレート
                  バースデー プレート (JUGEMレビュー »)

                  大切な人へ。

                  生涯残る、唯一の贈り物。
                  Links
                  Profile
                  Search this site.
                  Others
                  Mobile
                  qrcode
                  Powered by
                  30days Album
                  無料ブログ作成サービス JUGEM