2018.08.04 Saturday

レモンの苗木を貰ってくれる方いますか?

0

    JUGEMテーマ:家庭

     

     

     

    平成29年6月17日(土)

     

     

    レモンの挿し木をしてみました。

     

    その時の様子は、「こちら」から!

     

     

     

     

    あれから、1年以上経過しました。

     

     

     

     

    プランターで7本。(日陰で栽培)

    👉 1本ダメに。

     

     

    鉢で1本。    (日向で栽培)

    👉 大きく育ってきません。

     

     

    接ぎ木と違って、ほとんど成功して育ちました。

     

     

     

    今年の夏芽も出てきて・・・

     

    6鉢、大きくなってきています。

     

     

     

     

    内1鉢は、既に鉢を一回り大きな9号鉢に植え替えました。

     

    苗も大きく育ってきて、背丈 約65僉⊆幹 約43僂法

     

     

     

    他の5鉢は、未だ6〜7号鉢のまま。

     

     

     

     

    これだけ大きくなってきますと、

     

    他の鉢も、一回り大きな鉢に植え替えをしてあげたいものです。

     

     

    実に、上の鉢などは、右の小さな黒鉢の方が背丈が大きくなっています。

     

     

     

     

    さぁ、植え替えをしよう!!

     

    そう思ったら、一抹の不安が・・・

     

     

     

    当家の庭がレモン畑になってしまいます。

     

    庭が狭いので・・・

     

    もう、大きな鉢をそんなに沢山置けない。

     

     

     

    これからも引き続き、挿し木の成長の経過を見ていきたいので1つは残すとしても、「他は処分していかないとならないかなぁ」と思う程に大きくなってきました。

     

     

    処分。

     

     

     

    悲しい言葉です・・・ 泣く の画像

     

     

    1年間、その成長を見守り続けた苗木達。

     

     

     

     

    誰かに貰って頂けるなら、

    誰かに育てて頂けるなら、

     

    そんなにありがたい事はありません。 おじぎ の画像

     

     

     

    どうやって送ったら良いのかも知りませんが、

     

    うまくダンボール箱を作り直して、送れるものなのでしょうか?

     

    育てて頂けるなら送料もこちらで負担させて頂きます

     

     

     

     

    但し、挿し木をしてからの記事を読んで頂ければ分かるように、

     

    カラタチの様な台木がある訳ではありません。

     

    枝をそのまま挿し木をして育てた苗です。  目玉 の画像

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    もし、貰って頂ける方がいらっしゃいましたら、

     

    コメントからでも、

     

    Email(korolemon_0510@yahoo.co.jp)からでも、

     

    ご連絡頂けたら幸いです。 おじぎ の画像

     

     

     

     

    ちなみに、品種は「リスボンレモン」です!

     

     

     

     

     

     

     

    ほんの少しでも、

     

    面白いと思って頂ければ、

     

    下のバナー(コロ)を

     

    「ポチッ」と押して頂きますと、

     

    これからも、頑張れます!

     

     

    宜しくお願いします。 おじぎ の画像

     

     

     

     

     


    にほんブログ村

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    2018.06.24 Sunday

    レモンの実・実・実。 6月下旬の実の様子。 8月を待たずに摘果してみた!

    0

      JUGEMテーマ:家庭

       

       


      レモンの実・実・実。

       

       6月下旬の実の様子。

       

        8月を待たずに摘果してみた!


       

       

      鉢植えレモンに11の実を残していました。

       

       

      昨年は4つの実を収穫。

       

       

      なので、

       

      もう少し減らす方が良いのでしょうが、

       

       

      早期落果の可能性が低くなる

       

      8月以降に摘果しようと思っていました。

       

       

       

      一方で庭植レモンの今日の様子です。

       

       

       

       

      写真を撮る距離に違いがあるものの、

       

      間違いなく育っています。

       

       

       

      春に咲いた花では唯一付けたレモンの実。

       

       

      他に実がないからでしょうか?

       

      どんどん育っている、という感じです。

       

       

       

      庭植レモンの木に夏芽が出てきました。

       

      ニョキニョキ・・・

       

       


       

       

      樹自身の成長にも沢山の栄養を使っている

       

      様子なので、いつ実が落ちてもおかしくな

       

      い状況ですが、唯一この実だけは落ちずに

       

      育っています。

       

       

       

      鉢植えレモンのどの実よりも・・・

       

      確実に大きい・・・

       

       

       

      大きい方の実・・・

       

       

      鉢植えレモンの実も成長してくれています。

       

      大きさに違いはあるものの、

       

      少しづつ成長してくれています。

       

       

       

      しかしながら、

       

      庭植えレモンと比べると・・・

       

       

       

      凄く気になってきましたので、

       

      本日、

       

      8月を待たずに摘果してみました。

       

       

       

       

      3つ摘果。

       

       

       

      一番小さな実から・・・

       

      1枝に2つあるものから・・・

       

       

       

       

      3つ摘果しました。

       

      残る実は8つです。

       

       

      この8つの成長が良くなる事に

       

      期待してみましょう。

       

       

       

      と記載しながら、

       

      実は、夏芽から新たな花が咲き出しました。

       

       

       

       

       

      実を付け出したものも・・・

       

       

       

       

      恐らくは落ちてしまうのでしょう。

       

       

       

      奇跡的にでも、

       

      もう1つでも、

       

      残ってくれないでしょうか? お星さま の画像

       

       

       

       

      花柚子に接ぎ木した穂木に付いた

       

      レモンの実。

       

       

       

      1つは落ちてしまったものの、

       

      依然頑張ってくれています!

       

       

       

       

      依然全く大きく育ってきません。 

       

       

      恐らくは、難しいのでしょうが、

       

      もう少し大きくなって貰いたいものです。

       

       

       

      花柚子は、その横で順調に!

       

       

       

       

       

      今が一番心配な時。

       

      注意深く見守っていきます。 

       

       

       

       

       

       

      ほんの少しでも、

       

      面白いと思って頂ければ、

       

      下のバナー(コロ)を

       

      「ポチッ」と押して頂きますと、

       

      これからも、頑張れます!

       

       

      宜しくお願いします。 おじぎ の画像

       

       

       

       

       


      にほんブログ村

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

      2018.03.24 Saturday

      今年最初のレモンの蕾? 芽が出だした!!

      0

        JUGEMテーマ:家庭

         

         

         


        今年最初のレモンの蕾?

         

            芽が出だした!!


         

         

        平成30年3月24日(土)

         

        当地区 本日の

        最低気温 ー1℃

        最高気温 16℃ と出ています。

         

         

         

        「庭のレンガの上に芝生が生えてる。

         

        見栄えが悪くなってきたので綺麗にして!」

         

        指令が飛んできました。 マメマメン ビックリ !! の画像

         

         

         

         

        ピオーネのビニールシートの修理もしよう

         

        と思っていました。

         

        朝から庭仕事の予定にしていましたので、

         

        「了解しました!」と、良いお返事!

         

         

         

         

        こすれて手のひらの皮がむける程頑張って

         

        いますと、写真を撮る事を忘れていました。

         

         

        悲しい・・・ 泣く の画像

         

         

         

        ふと気づくと、

         

        当家のクリスマスローズにも花が??

         

         

         

         

         

        ちょっと、しおれている感じ?

         

        元気がない・・・  てst の画像

         

         

         

        だいたいレンガが綺麗になってきた所で、

         

        褒めて頂きたい、見て頂きたいと思い、

         

        妻に、「ちょっと見て〜! こんな感じ?」

         

        と尋ねると・・・

         

         

         

        お出掛けの準備を始めていました。

         

         

        人が頑張っている間に、次男坊と梅田デート

         

        の話しがまとまっていた様子です。

         

         

        次男坊も、大学生活直前にして、

         

        必要なものが沢山あるのでしょう。

         

        欲しいものの為には、やむなし。

         

        本当は、一人で買い物に

         

        行きたかったはず・・・ アンパンマン 載せました の画像

         

         

         

         

        というより、私の掃除の件は???

         

        「あっ、綺麗になったね。」

         

        の一言で済まされてしまいました。

         

        梅田デートで頭が一杯のご様子です。 目玉 の画像

         

         

         

        2人を駅まで送った後、

         

        ゆっくり庭仕事の続き。

         

         

         

        特に、草木に何の変化も見られないし・・・

         

        先週蒔いたハーブの種は、

         

        1週間程度で芽が出るはずなのに!

         

         

         

        んんっ?!

         

         

         

         

        ハーブの種を蒔いたプランター。

         

        一見、変化なし。

         

        ちょっと、深く埋めすぎたかな?

         

        と思っていると・・・

         

         

         

         

        お分かりになるでしょうか?

         

         

        カモミールにだけ、小さな芽が

         

        出だしているではありませんか!!

         

        春です! 

         

         

         

        ただ、いっぱい芽が出てる。

         

        ウジャウジャ・・・

         

        やっぱり多い???  目玉 の画像

         

         

         

        でも、これで「ハーブで益虫を呼び、

         

        害虫を寄せ付けない!」作戦は決行出来る

         

        見通しとなりました。

         

         

         

        うまくいくのか、いかないのか?

         

        検証はできます!

         

        良かった、良かった。 笑っ の画像

         

         

         

        等とほほ笑んでいると・・・

         

        んんっ?!

         

         

         

         

        先日頂いた、カラタチの苗にも芽が

         

        出だしているではありませんか!!

         

         

        ちゃんと近づいて、

         

        良く確認しなければなりません!

         

        動き出しています!

         

         

        最近、パソコンとスマホを見る機会が増えた

         

        せいか、目がどんどん悪くなり・・・

         

         

         

        そう、その横の苗も!!

         

         

         

         

         

        大丈夫、根付いてくれている様です。

         

         

        ただ、アジサイ コサージュだけが・・・

         

        何の動きも見られません。

         

        最初から、芽が2つも付いていたのに。

         

         

         

        今しばらく様子を見ていきましょう。

         

         

         

        等と思っていたら・・・

         

        んんっ?!

         

         

         

        庭植レモンの木にも芽が!

         

        沢山、小さな芽が出ています。

         

         

         

         

        鉢植えレモンにも芽が・・・

         

         

         

         

        そして、花柚子にも・・・

         

         

         

         

        とうとう、今年が始まりました。 お星さま の画像

         

        これで雑談の数を減らせます!

         

         

         

         

        と思っていますと・・・

         

        蕾?

         

        を発見しました。

         

         

         

         

         

        そう言えば、昨年も同じような記事を

         

        書いていました。

         

         

         

        花芽なのか、葉芽なのか?

         

        よく似ているというので

         

        分かりにくいのかもしれません。

         

         

         

        但し、蕾だとするならば、早すぎます。

         

        本来ならば、4月中旬以降・・・

         

         

         

        昨年は、きっちりと観察できなかった部分

         

        なので、注意深く見ていきましょう。

         

         

         

         

        春枝は大事にしなければなりません。

         

        春枝にこそ、果実が付くからです。

         

        むやみに芽かきは出来ません。

         

         

         

        但し、同じ場所から2・3本芽が出てきた

         

        ら、1本になるように芽かきしなければ

         

        なりません。

         

         

         

        栄養分をどこに使ってもらうように

         

        持っていくのか?

         

         

         

        栄養分を無駄なく使ってもらう為。

         

        昨年は、この部分もほったらかしでした。

         

         

         

        今年は、樹の気持ちを考えるように

         

        心がけて、細やかな対処に努めてみたい

         

        と思います。 

         

         

         

         

        ただ、細やかな観察は休みの日にしか

         

        出来ないのが心配。 夏だよ。子供だよ。汗だく の画像

         

         

         

         

         

        そろそろ、動き始めます。 カエル の画像

         

         

         

         

         

         

         

        ほんの少しでも、

         

        面白いと思って頂ければ、

         

        下のバナー(コロ)を

         

        「ポチッ」と押して頂きますと、

         

        これからも、頑張れます!

         

         

        宜しくお願いします。 おじぎ の画像

         

         

         

         

         


        にほんブログ村

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

        2018.02.25 Sunday

        レモンの栽培3月 根が動き始める前に確認しておいきたいこと

        0

          JUGEMテーマ:家庭

           

           

           


          レモンの栽培3月

           

          根が動き始める前に確認しておきたいこと


           

           

           

          寒さが和らいできました。

           

           

          少しずつ、暖かくなってきます。

           

           

          4月頃からは、レモンの木の根っこも

           

          動き始めることでしょう。

           

           

           

          樹液が流動し始め、根や枝葉が動き始める

           

          前に確認しておきたいこと。

           

           

           

          状態によっては、今年1年のレモンの栽培の

           

          成否を左右すると言っても過言ではない、

           

          「大事な時期」・「大事な作業」

           

          となります。

           

           

           

          既に行っている作業もあるかと思いますが、

           

          再度確認しておきましょう。

           

           

           

           

           

          👉 剪定

           

           

          当家のレモンは、

           

          昨年の10月に剪定を行いました。

           

           

           

          「夏枝や秋枝は、早い時期に取り除いた方

           

          が、春枝を充実させる」との考えに基づいて

           

          です。

           

           

           

          10月に剪定をせず枝を残し、風通しを悪く

           

          させる事により寒い時期(11月〜2月)の

           

          耐寒性を高めるのであれば、3月に剪定する

           

          のが良い時期と言えます。

           

           

           

          剪定をせず木が大きくなってしまってから、

           

          気づいたように剪定を始めても、太く長い枝

           

          ばかりが生えてきて、うまく果実がならない

           

          事もあるようです。

           

           

           

          将来的にずっと果実がなってくれる木を育て

           

          るために、きっちりと剪定を行っていきたい

           

          ものです。

           

           

           

          レモンの剪定方法については、

           

          以前まとめてみました。

           

          レモンの木の剪定方法」を

           

          ご参照ください。

           

           

           

          実際に剪定をやってみた記録は、

           

          レモンの剪定をしてみた!」を

           

          ご参照ください。

           

           

           

           

           

           

          👉 鉢植えの植え替え

           

           

           /紊笋蠅鬚靴討癲⊃紊しみこみにくい

          ◆“の底から根っこがはみ出してきている

           鉢から抜いて見てみると、根っこがぐる

            ぐる巻きになっている

           

          等の状態になっていませんか?

           

           

          鉢植えレモンでも「剪定」を行いますが、そ

           

          の大きさから、「剪定」よりは「植え替え」

           

          に注意したいものです。

           

           

          2〜3年に一度は鉢の植え替えの必要があり

           

          ます。植え替え時に、1回り(1〜2号)大

           

          きい鉢に植え替えると良いようです。鉢を大

           

          きくしない場合でも、根っこの底面と側面の

           

          根を切り詰めて同じ鉢に戻します。

           

           

           

          「根が呼吸する空気を入れてやる」

           

          「根が伸びていくスペースを作ってやる」

           

          ことに注意します。

           

           

           

          鉢植えレモンの植え替えの記事

           

          鉢植えレモンの植え替え

           

          をご参照ください。

           

           

           

          実際に植え替えをやってみた記録は、

           

          鉢植えレモンを植え替えた!

           

          をご参照ください。

           

           

           

           

           

          👉 元肥(春肥)の施肥

           

           

          2月頃 元肥(春肥)を施肥します。

           

          私も、2月に肥料をやりました。

           

          その時の記事が、「元肥を施肥してみた

           

          です。

           

          有機質肥料をまき、きっちりと土壌改良に

           

          努めます。

           

           

           

           

           

           

          👉 種まき

           

           

          当家では、今年、ハーブを数種栽培して

           

          みようと思っています。

           

           

          「益虫を呼び、害虫を寄せ付けない」という

           

          事が本当にできるのか否かの検証。

           

           

          今のところ、カモミール、ナスタチウム、

           

          タイム、ペパーミントあたりを栽培して

           

          みようかと計画中です。

           

           

           

          例えば、カモミール。

           

          多年草である「ローマンカモミール」と、

           

          一年草である「ジャーマンカモミール」に

           

          大別されるとか。

           

           

           

           

          「ローマンカモミール」は、

           

          4〜6月に苗植え、

           

          「ジャーマンカモミール」は、

           

          3〜4月に種を植えて育て始める・・・

           

          (苗の販売もあるようですが)

           

           

           

           

          何かの準備の為に、もう種をまいておかない

           

          といけない時期にきているようです。

           

           

          何かを準備されている方は、

           

          種まき等をお忘れなく。

           

           

          もう、夏野菜の種まきに入られている方も

           

          いらっしゃいます!!

           

           

           

           

           

           

          👉 薬剤散布

           

          当家では、基本的に薬剤は使用しないように

           

          していますので、当面使用する予定はありま

           

          せんが、「昨年、何がしらの病気が沢山で

           

          た!」場合などは、やはり殺菌剤等を散布し

           

          ておく方が予防に効果的であると思われま

           

          す。

           

           

           

          それぞれの病気・害虫によって、散布時期等

           

          は変わってきますが、この時期から始まるも

           

          のがある事に注意し、必要があれば、忘れず

           

          対処しておきたいと思います。

           

           

           

           

          又、合わせて、病原菌の越冬場所となる枯れ

           

          葉や落ち葉はきっちり取り除いておきます。

           

           

           

          多くの病気は雨にあてないことで発生が減る

           

          ようなので、雨にあたらないような対策も

           

          できれば取りたいものです。

           

           

           

          根や枝葉が動き出す前に確認しておきたい

           

          ことを書き出してみました。

           

           

          忘れず、きっちりと対処しておきたい

           

          ものです。

           

           

           

           

          当家では、「雨除けの屋根」作りが

           

          残っています。

           

           

          庭をレンガ敷にしたことを、少し後悔。

           

          足場が・・・

           

          とれない・・・

           

           

           

          最低、一昨年までのようにビニールシートで

           

          覆うところまではもっていきたい・・・

           

           

           

          頑張って、やっていきましょう。 イヌ*犬*戌*ワンワン*キャンキャン*DOG*ドッグ の画像

           

           

           

           

           

           

          ほんの少しでも、

           

          面白いと思って頂ければ、

           

          下のバナー(コロ)を

           

          「ポチッ」と押して頂きますと、

           

          これからも、頑張れます!

           

           

          宜しくお願いします。 おじぎ の画像

           

           

           

           

           


          にほんブログ村

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

          2017.10.09 Monday

          レモンの歴史  レモンはどこから来たのか?

          0

            JUGEMテーマ:家庭

             

             

             


            レモンの歴史 

             

                   レモンはどこから来たのか?


             

             

            妻と買い物に行った。

             

            おせんべいのようなお菓子を売っていた。

             

             

             

            お菓子コーナではなく、

             

            野菜コーナーに特設台を置き、

             

            そこで販売していたので、

             

            少し気になり手に取った。

             

             

             

            レモンのおせんべいのようだ。

             

            実際には買っていないので分からないが。

             

             

            で、その袋の裏を見ると、

             

            「いつ、瀬戸内にレモンが来たのか?」

             

            の説明があった。

             

             

             

            和歌山の方に、別の苗の注文をしたところ、

             

            間違ってレモンの苗が届き、

             

            それを育てたのが始まりとか・・・

             

             

             

             

            レモンは、いつ生まれ、

             

            いつ、日本にきたのだろう?

             

             

             

            当然のことながら、知る由も無かった。

             

             

             

             

            1、最初の柑橘の木

             

             

            アジアとオーストラリアが一つの大陸であっ

             

            た約2000万年前、「マンダリン」「ザボン」

             

            「シトロン」という柑橘の3つの野生種が生

             

            まれたようです。今ある柑橘類は、この3つ

             

            の種の交配によって出来たもの。

             

             

             

            レモンは、そのほとんどを「シトロン」から

             

            受け継いでいます。

             

             

            ☝ シトロン

             

             

             

            シトロンは、今でもあって、

             

            イタリア南部、コルシカ島、ギリシアで

             

            糖果用に栽培されています。

             

             

            果肉は淡黄色で酸味が強く、そのまま美味し

             

            く食べられるものではないようです。

             

             

             

            果実は砂糖煮に、果汁は飲料とし、クエン酸

             

            の原料としたり、果皮や葉から香油を取った

             

            りするようです。

             

             

             

             

            シトロンの種子は、紀元前4000年前のメソポ

             

            タミアの発掘現場から見つかっています。

             

             

            紀元前800年以前には、ヒンドゥー教の聖典

             

            にシトロンに関する記述があるようです。

             

             

             

            紀元前600年までには、インドからペルシア、

             

            バビロニアへと南下し、そこでユダヤ人に見

             

            いだされパレスチナへ伝えられます。

             

             

            紀元前300年頃、アレクサンダー大王の軍隊に

             

            よって地中海へもたらされました。

             

             

             

            この様にして、ヨーロッパに伝わり栽培され

             

            た最初の柑橘類となり、地中海海域の柑橘栽

             

            培をやがて大きく花開かせたようです。

             

             

             

            シトロンは「食べる」という事ではなく、

             

            お供え物としての需要が高かったようです。

             

            ユダヤ収穫祭、仮庵の祭りには、ルラブ(

             

            ギンバイカと柳の枝で束ねたシュロの枝)と

             

            シトロンが必要で、どちらもこの祭りには

             

            欠かせないシンボルとなっていた様です。

             

             

             

             

             

            4世紀にシトロンが中国へ伝わった後、仏教

             

            徒は仏手柑(ブッシュカン)を珍重しました。

             

             

            これは、シトロンの変種で、果実の先が

             

            何本もの指のように長く裂けていて、その指

             

            の部分を合わせた様子が合掌に似ている事か

             

            ら名付けられたようです。中国では、この仏

             

            手柑が家庭や寺院の祭壇の供物として大切に

             

            されています。

             

             

            シトロンは、マルブシュカンとも呼ばれて

             

            います。

             

             

            ☝ ブッシュカン

             

             

             

             

            2、最初のレモン

             

             

            レモンは、いつ、どこから伝わったのか?

             

             

            レモンの原産地はインドのヒマラヤ山麓の温

             

            暖な地域(インド北部)のようで、ブンタン

             

            とシトロン類との交雑から生まれたと推測

             

            れていますが、レモンが栽培され始めた当

             

            の事は、具体的には分からないようです。

             

             

             

            古代の天然交配種のレモンは、簡単に雑種を

             

            造ることも出来るし、突然変異種を生み出す

             

            ことも出来るので、過去の文献はレモンを指

             

            しているのか、シトロンを指しているのか分

             

            からない様です。

             

             

             

            1400年以上前、イスラム教徒のアラブ人達が

             

            インドやペルシャでレモンを好み、行く先々

             

            にレモンを持ち込み、スペインやシチリア、

             

            北アフリカへと渡っていったようです。

             

             

             

            レモンについて最初に記した文献として知ら

             

            れるのが、紀元904年のアラブの農業手引書

             

            で、この書ではレモンをシトロンと区別し、

             

            laimunの木は寒さに非常に弱いと説明して

             

            います。

             

             

             

            9世紀、イスラム軍がシチリアを征服する

             

            と、その島の肥沃な土地に魅せられたアラブ

             

            の農民達がやってきて、レモンを含む、東洋

             

            から多くの作物を持ち込んだようです。

             

             

             

            200年にわたるアラブ人のシチリア支配の後、

             

            続いてやってきたノルマン人もレモン栽培を

             

            継承しました。レモンはヨーロッパに持ち込

             

            まれることになります。

             

             

             

            15世紀には、イタリヤやスペインでも盛んに

             

            栽培されるようになっていくようです。

             

             

             

            レモンの栽培をより一層拡大していったの

             

            が、「壊血病を治癒した事」でしょう。

             

             

             

            1500年頃、ヴァスコ・ダ・ガマの航海で、

             

            いは、マゼランの航海等で船員達を

             

            襲った病気。

             

             

            「上下の歯肉が腫れ上がり、何も食べられ

             

            ずに餓死した」

             

             

            「手足の痛みや歯肉の腫れに苦しみ、

             

            次々と死んでいった」

             

             

             

            その後、300年間、長期の航海をする船のほと

             

            んどに壊血病はついて回りました。

             

             

            英国の提督リチャード・ホーキンスによれ

             

            ば、彼が海軍にいた16世紀後半の20年間に

             

            万人の船員が壊血病で死亡したと言いま

             

            す。結局、壊血病で死亡した船乗りは

             

            200万人を超えることになります。

             

             

             

            ビタミンCは、身体構造を取り囲み、その形態

             

            を保持する結合組織に含まれるタンパク質、

             

            コラーゲンの生成に不可欠です。長期の航海

             

            のように、3ヶ月以上も生の果物や野菜なしで

             

            過ごすとコラーゲンが十分に生成されず、歯

             

            肉の出欠や腫れ、手足のこわばり等様々な症

             

            状が出始め、最終的には死に至ります。

             

             

             

             

            1582年 壊血病にやられた船員達は、西アフ

             

            リカの海岸に上陸し、そこに生育していた

             

            レモンを食します。

             

             

            「レモンの果汁で口内を洗浄すると、

             

            口の症状が直るものもいた」

             

             

             

            こうした事例は、レモンが壊血病に効く

             

            いう説得力のある根拠と思われました。

             

             

             

            後、英国海軍は、19年間で約600万リットルの

             

            レモン汁を支給します。

             

             

            レモン汁は樽の中でオリーブ油の層の下に

             

            保存され、果汁のアスコルビン酸のほとんど

             

            が失われずに保てたとの事です。

             

             

            当然の事ながら、これで壊血病にかかる船員

             

            いなくなっていきます。

             

             

            こうしたレモンの船舶への積み込みは、

             

            レモンの消費を拡大させるきっかけとなり、

             

            レモン農場は各地に拡大していくことにな

             

            す。

             

             

             

             

            3、レモンが日本にやってきた

             

             

            「日本果実史年表」に、明治8年4月に「勧業

             

            寮、米国加州在住の総領事 高木三郎氏の手に

             

            より、アメリカからオレンジ、レモン、スト

             

            ロベリー、ホップ等の種苗を導入」と記載さ

             

            れているようです。

             

             

             

            又、別の書物では、

             

            「日本に伝わったのは開国後の明治です。

             

            数多くの舶来品の中にレモンも混じって

             

            いました。明治6年、ある外国人が静岡県の

             

            熱海に湯治に訪れた際、食膳に供されたレモ

             

            ンの種を庭に撒いた。」という逸話もある

             

            ようです。

             

             

             

            いづれの内容が正しいのか分かりませんが、

             

            明治初期に日本に来たのは間違いなさそう

             

            ですね。

             

             

             

            瀬戸田レモンの栽培史跡を見ますと、

             

            「昭和3年、カラタチ苗木300本を植え付

             

            けし、リスボンユーレカレモンの芽接ぎ

             

            を行う」で始まっており、

             

            昭和になってから栽培が始まった事が

             

            伺えます。

             

             

             

             

             

            ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

             

             

             

            ほんの少しでも、

             

            お役に立てた部分はあったでしょうか?

             

             


            私の「なるほど!」をどんどんアップ

             

            していきたいと思います!

             

             

             

             


            この文章最後の「コメントする

             

            (comments)」から、

             

            コメントなど頂けると嬉しい限りです!!

             

             

             

             


            にほんブログ村

             

             

             

            お願いできそうであれば、

             

            ポンっとボタンを押して頂けると

             

            嬉しい限りです!

             

            日々の励みになります!!

             

             

             

             

             

             

            にほんブログ村 健康ブログ 自己流健康法へ
            にほんブログ村

             

             

             

            PVアクセスランキング にほんブログ村

             

             

             

            2017.10.02 Monday

            育て方を記録する。 肥料の記録で始まった。

            0

              JUGEMテーマ:家庭

               

               

               


              栽培の記録  肥料の記録で始まった。


               

               

               

              葉っぱが、又、黄色くなった。

               

              それも、1枚ではない。

               

              3枚程・・・

               

               

               

              庭植えレモンの、下の方についている葉は、

               

              まだら模様に黄色くなってきた。

               

               

               

              何が、原因なのか?

               

               

               

               /紊不足している。

               

              ◆〆腐れをおこしている。

               

               過湿。

               

              ぁ‘当たりが悪い。

               

              ァ ̄浜椶不足している。  等々・・

               

               

              色々な原因が予想される。

               

               

               

              一方で、少し気になる事がありました。

               

               

               

               

              黄色くなった葉っぱ。9月30日の写真。

               

               

               

              で、こちらが、

               

              9月10日に黄色くなっていた葉っぱ。

               

               

               

              両方の葉っぱに共通している部分。

               

              何かが、ついている・・・

               

               

              他の、黄色くなっている葉にも。。。

               

               

              ついている・・・

               

               

               

               

              何か、全く知りませんでした。

               

              緑色の、小さな、虫。

               

               

               

              妻にも、子供達にも尋ねてみましたが、

               

              誰も、知らない。

               

               

               

              誰にも知られないぐらい・・・

               

              小さい・・・

               

               

               

              で、早速調べてみました。

               

              「レモン 虫 写真」で検索。

               

               

               

              よく似た写真を見つけて、確認すると、

               

              「ヨコバイ」??

               

               

               

              敵が近づくと、静止した後、横に這って移動

               

              する習性があることから、「ヨコバイ(横這

               

              い)」という名がつきました。

               

               

              植物から汁液を吸収し、灯りに飛来します。

               

               

               

               

              カメムシ目(もく)でセミやツノゼミやウンカ

               

              近い種。全国に生息し体長は3〜15ミリ。

               

              植物の茎や葉から汁を吸い、横にはうように

               

              歩くことが名の由来。

               

               

              ツマグロヨコバイはイネの害虫として知られ

               

              るが、ほとんどの種は無害という

               

               

               

              ヨコバイ類の加害は、維管束を流れる汁を吸

               

              って植物を弱らせるもの葉の細胞内容物を

               

              吸収するもののほかウイルス病やファイト

               

              プラズマのような微生物を媒介して作物に大

               

              きな悪影響を及ぼすものがある。

               

               

               

               

              総括すると、恐らくは「無害」ではあるが、

               

              葉っぱから汁を吸って生息しており、

               

              植物に悪影響を及ぼしている可能性もある。

               

              という事か・・・

               

               

               

               

              黄色くなっている葉にはついており、

               

              他の葉にはついていないので、

               

              すごく気になりましたが・・・

               

               

               

              今回の件は、

               

              上記5つの要因の内、

               

              最も、考えられる「営業不足」と判断。

               

               

               

              これは、現 状態から考えた、

               

              消去法によるものです。

               

               

               

              但し、「栄養不足」も、

               

              ??、と思うところがありますが・・・

               

               

               

              今まで、きっちり「記録」を残していなかったので、

               

              又、

               

              ??を払拭するためにも、

               

              施肥することにしました。

               

               

               

               

              今年度は、「記録」していなかった為、

               

               

               

              追肥 ; 化成肥料

               

                   年間 120gとして、

               

                   120g÷3=40g と計算

               

               

               

              後で、EM肥料も撒いてみようと思っていた。

               

              沢山余っているので・・・

               

               

              その分を少し減らし、レモンと柚子に、

               

              30gづつ、撒いてみました。

               

               

               

               

              この量を、葉の広がっいる範囲に、

               

              まんべんなく撒いてみると、

               

               

              こんな感じに・・・

               

               

               

               

              これで、少し様子を見てみよう。

               

               

              鉢植えレモンには、

               

              10gづつ、同様に撒いてみた。

               

               

               

              そして、これを「記録」した。

               

               

               


               

              ☝スマホでは画面タッチで少し拡大します。

               

               

               

              少し、分かりにくいかもしれませんが、

               

              「施肥 9月」の」欄に、

               

              今回の内容を記録しました。

               

               

               

              記入すべき内容が多い場合は、

               

              欄外下段を使用していこうと思います。

               

               

               

              どんな、一覧表ができることやら・・ 楽しい 

               

               

               

               

              ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

               

               

               

              ほんの少しでも、

               

              お役に立てた部分はあったでしょうか?

               

               


              私の「なるほど!」をどんどんアップ

               

              していきたいと思います!

               

               

               


              この文章最後の「コメントする

               

              (comments)」から、

               

              コメントなど頂けると嬉しい限りです!!

               

               

               

               

               


              にほんブログ村

               

               

               

              お願いできそうであれば、

               

              ポンっとボタンを押して頂けると

               

              嬉しい限りです!

               

              日々の励みになります!!

               

               

               

               

              PVアクセスランキング にほんブログ村

               

               

               

               

               

               

               

               

              2017.09.24 Sunday

              レモン栽培 育て方を記録する事の大切さを知った。 私の記録方法・・・

              0

                JUGEMテーマ:家庭

                 

                 

                平成29年9月24日(日)

                 

                 


                レモン栽培 私の記録方法


                 

                 

                 

                 

                 

                9月10日(日)

                 

                 

                庭植えレモンの、1枚の葉っぱ。

                 

                 

                 

                ご覧の通り、

                 

                かなり黄色くなってしまいました。

                 

                 

                「少し、黄色い」というのは、他にもある

                 

                し、過去にもありました。

                 

                 

                 

                ただ、ここまで黄色くなってしまったのは、

                 

                初めて・・・

                 

                 

                 

                今のところ、

                 

                ここまで黄色いのは、1枚だけなので、

                 

                そんなに心配しなくてもいいのかな? 

                 

                と思い、

                 

                そっと、黄色い葉っぱを取り除きました。

                 

                 

                 

                それよりも、この1枚の葉っぱの対処以上に

                 

                気になった事がありました。

                 

                 

                 〕佞黄色くなる。

                 

                 ⇒ 栄養分が足りないのか?

                 

                  でも、1枚だけが黄色くなった??

                 

                  栄養不足ならば、他の葉は??

                 

                 

                ◆^柄亜肥料をあげたのはいつだろうか?

                 

                  どれぐらいの量を施肥したのか?

                  

                  その時の、

                 

                  レモンの高さ、

                 

                  樹冠はどれ程だったのか?

                 

                 

                 1枚だけという事は、

                 

                  栄養不足ではなく、

                 

                  その葉に何かの害虫がついたのか?

                 

                 

                 

                等々、色々な疑問が頭の中をよぎりました。

                 

                 

                 

                 

                このブログを作り始めた目的の1つは、

                 

                そういう質問に答えられる記事を詰め込んで

                 

                いきたい、という事でした。

                 

                 

                 

                 

                私のように、レモンを初めて育ててみようと

                 

                思い立った方が、もし、このブログを見て、

                 

                参考にしてもらえる内容があれば・・・

                 

                 

                 

                このブログだけで、様々な対処方法が提供

                 

                できる程になれば・・・

                 

                 

                 

                 

                そして、それは取りも直さず、

                 

                 

                私自身が、「あれっ? どうだったっけ?」

                 

                と思った時、自身のブログを読んで、「そう

                 

                だった、そうだった。」と分かるよう、その

                 

                時々の事柄を記録し、残していく事。

                 

                 

                 

                これが、主要な目的の1つであったはず

                 

                なのです。

                 

                 

                 

                 

                今年の5月に、

                 

                そう思い立ってブログを書き始め、

                 

                現在、僅か、その記事数 「56」。

                 

                 

                 

                それなりに、

                 

                 

                「カテゴリ」にも注意しながら作ってきた

                 

                つもりでしたが・・・( ^ω^)・・・

                 

                 

                 

                その数、僅か 「56」で、

                 

                 

                すでに、全記事の管理が出来ていないように

                 

                なってしまいました。

                 

                 

                 

                「あの記事は、どこに書いたのだったか

                 

                なぁ?」

                 

                 

                 

                「あれっ? 確か、この記事の後半に記載

                 

                したはずなのに?」

                 

                 

                 

                という状態に陥ってしまっています。

                 

                 

                 

                これでは、来年がきても、

                 

                 

                具体的に、どの時期に、どんな量で、

                 

                どんな事をしないとならないのか?

                 

                 

                注意すべき点はどこなのか?

                 

                 

                 

                いくつもの記事を読み直さないと、

                 

                判断できなくなってしまう・・・

                 

                 

                 

                この記事を作った私でさえ、読み直さないと

                 

                分からないのであれば、

                 

                 

                始めて、このブログを読んで頂けた方は

                 

                分かるはずもない・・・ ^^;

                 

                 

                 

                 

                そう、

                 

                全体の流れをまとめていっている記事がない

                 

                のに気づいたのです。

                 

                 

                 

                今更ですが・・・   悲しい  

                 

                 

                 

                で、今更ですが・・・


                記録表なるものを作ってみました。

                 

                 

                 

                ☝スマホでは画面タッチで少し拡大します。

                 

                 

                 

                これをベースに、

                 

                実際に対処した日、量、状況等を1表に記録

                 

                していこうと思います。

                 

                 

                、写真等は添付資料として記録し、

                 

                残していこうと思います。

                 

                 

                 

                こうすることで、

                 

                前回は、いつ、どれぐらいの量の肥料

                 

                を施肥したのか等、

                 

                表を見るだけで確認できるようになります。

                 

                 

                 

                表をつくっている時、一番「難しい」と

                 

                思ったこと。

                 

                 

                それは、「害虫」や「病気」の記録。

                 

                 

                多く出る時期等はあるものの、

                 

                いつ、どれぐらいの被害状況でという記述を

                 

                どうすれば良いのか?

                 

                 

                 

                「収穫」の下段に、状況状況に応じ、記録を

                 

                残していってみようと思います。

                 

                 

                 

                但し、今から残していくので・・・

                 

                 

                どれだけ先に、見る価値のあるものが

                 

                できるのか・・・

                 

                 

                 

                1年間、ものが出来ていなくても、

                 

                都度都度、進捗状況を記載できればと

                 

                思います。

                 

                 

                 

                頑張っていきたいと思います!

                 

                 

                 

                 

                -------------------------------------------------

                 

                この後の記事、

                 

                「育て方を記録する。肥料の記録で始まった。」

                 

                は、コチラから!

                 

                --------------------------------------------------

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

                 

                 

                 

                ほんの少しでも、お役に立てた部分はあったでしょうか?


                私の「なるほど!」をどんどんアップしていきたいと思います!

                 

                 

                 


                この文章最後の「コメントする  (comments)」から、コメントなど頂けると嬉しい限りです!!

                 

                 

                 

                 

                 


                にほんブログ村

                 

                 

                 

                 

                お願いできそうであれば、

                 

                ポンっとボタンを押して頂けると嬉しい限りです!

                 

                日々の励みになります!!

                 

                 

                 

                にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ
                にほんブログ村

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                2017.08.28 Monday

                レモンの成長

                0

                  JUGEMテーマ:家庭

                   

                   

                  平成29年8月28日(月)



                  平成27年5月、レモンの苗を買ってきた。

                  背丈、80冂だっただろうか。

                  花も3つほどついていた。



                  私の最初のブログ、「Lemonを育ててみたら・・・」

                  で紹介させて頂いた。

                  そう、平成27年5月頃の背丈、80冂度


                  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



                  平成29年5月、このブログを始めた頃・・・

                  背丈、190冂に育ってきていた。


                  今から考えると、

                  そんなに沢山の花が咲いた訳でもなく、
                  (咲いた花は、すぐ落ちたし・・・)

                  実を実らせた訳ではなく、

                  幹や枝を育ててきたのだと思う。



                  ただ、青虫の駆除をもう少ししていたら、
                  もっと育っていたのかもしれない。
                  絶対にできない至難の技であるが・・・



                  今年などは、全ての実が落ちてしまってからである、
                  庭植えレモンに新芽が出だして、
                  大きくなってきたと感じ出したのは・・・

                   

                   


                          平成29年8月26日


                  家にあるメジャーは2mである。

                  既に、2m越えしているので、正確に測れていないが、
                  背丈、2m10僉20にはなってきていると思われる。



                  何故か、左側面だけ、枝が伸びてこない。

                  きっと、あじさいの背丈が伸びていて、
                  陽が当たらなかったから・・・

                   

                   







                  ご覧の通り、今は既にあじさいを切り込んで、
                  日が当たるようにしている。

                  (これだけ切り込むと、来年アジサイの花は咲かない・・・)


                  で、お気づきだろうか??

                  前側に伸びてきている枝を、
                  ワイヤーで左側面に引っ張ってきている。

                   






                  枝が、あまり全面に伸びだしてきたら困るというのと、

                  枝がないスペースをそのままにするのは・・・

                  との思いにより、

                  少し強引に引っ張ってきた。


                  強引すぎただろうか??   しょんぼり


                  ただただ、バランス良い樹に育ってくれたら、

                  と祈るばかりである。



                  ゆずの木の方も、順調に育っています。

                   

                   






                  少し、見えにくいかもしれないが・・・

                  やはり、新芽のところが食べられてしまい・・・

                  枝というか、「棒」になってしまう。



                  けれど、実は元気に育っています!!

                   

                   





                  この間、スーパーに行って驚きました。

                  ゆず 1個が、300円で売られていたのです。  びっくり

                  えぇーーーーーーーーって感じでした。



                  両方とも、どれぐらいにまで大きくしたら良いのか?

                  しまなみ海道のレモン谷で見た、
                  あの木のように、

                   

                   

                   





                  横に伸びてくれたら良いのだが、

                  横のスペースに限りがあるから、

                  どうしても、高さを要求せざるを得ない・・・


                  ある一定の高さを確保出来たら、

                  後は、高さを止めて、

                  横を伸ばしていってみよう・・・ 出来うる限り・・・
                   

                   

                   

                  この記事の次の記事、

                   

                  「レモンの成長 29.9」は、

                   

                     コチラ、から!!

                   

                   


                  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

                   



                  ほんの少しでも、お役に立てた部分はあったでしょうか?
                  私の「なるほど!」をどんどんアップしていきたいと思います!

                  この文章最後の「コメントを書く」から、コメントなど頂けると嬉しい限りです!!

                  <最後までご覧頂いた方へ!!>
                  下の「花・園芸ブログ」「果樹・野菜」「自己流健康法」ボタンを押して頂くと、すごく励みになります!
                  大変お手数ですが、
                  ご協力、宜しくお願い致します!!
                  お忙しい方は、ボタン1つだけでも!! ^^;



                  にほんブログ村"data-mce-href="
                  にほんブログ村"">花・園芸ブログ



                  にほんブログ村"data-mce-href="
                  にほんブログ村"">果樹・野菜



                  にほんブログ村"data-mce-href="
                  にほんブログ村"">自己流健康法   
                   

                  2017.07.05 Wednesday

                  レモン生産日本一 しまなみ海道に行ってみた!

                  0

                    JUGEMテーマ:家庭

                     

                     

                    平成29年7月2日(日)

                    妻としまなみ海道に行ってみた。

                    広島県側から、向島、因島、生口島、大三島、伯方島、大島と渡って、愛媛県今治に出た。
                     

                     


                     

                     


                    初めてのしまなみ海道旅行だった。

                    大変美しい島々だった。

                    村上海賊の拠点 因島水軍城も良かったし、瀬戸田サンセットビーチも良かった。

                    白滝山に登るのは少々大変だったが、700体程の羅漢像も見事であったし、景色も最高であった。

                    山頂の観音堂には、触れると恋が叶うとされる「恋し岩」が奉られているそうだが、今の私には関係なかった。


                    所謂、観光名所も良かったのだが、何の気なしに降りたった場所の風景にも感動しっぱなしだった。

                    下は岩子島 厳島神社である。
                    ここに行く道中で見たのだが、もりを持った少年が海で泳いでいた。
                    すごく綺麗な海だったからだろう。
                    何が取れるか取れないか関係なしに、私も海に潜りたくなった。

                     

                     

                     







                    当然のことながら、今回の旅行の目的の1つが「レモン」である。


                    「瀬戸田町がある生口島は、尾道から18km、三原から12km、愛媛県今治からは25km。
                    しまなみ海道のほぼ中央にある人口約8,700人の島です。
                    生口島は、島の約50%が急傾斜になっているため日当りが良く、瀬戸内海でも指折りの柑橘類の産地で、レモンの生産量は日本一です。」

                    「瀬戸田町では国産レモンの約4分の1(28%)が生産されていますが、国内で消費されるレモンで国産レモンはわずか5%以下。ほとんどが安価なアメリカ産レモンというのが現状です。価格競争ではかなわない瀬戸田町の農家が目指したレモンは香りの豊かさと、安心して食べられる低農薬レモン、瀬戸田エコレモンでした。
                    瀬戸田エコレモンは通常のレモン栽培より化学合成農薬と化学肥料の使用量を50%以下に押さえて、防腐剤やワックスを使っていない皮ごと食べられるレモンです。」



                    出来うるなら・・・

                     .譽皀鵑良通擇鯒磴Α(鉢植え用)
                    ◆^蕕栃の教えを乞う。
                     レモン専用の肥料があればベスト!
                      以前、ぶどう農家さんに教えを乞いに行った時、ぶどう専用の肥料
                      を頂いた事がある。「JAで買えるよ」と聞いたのだが、
                      JAで売っているのを見たことがない・・・


                    旅行前、事前にレモン農家さんのHPを探してみたのだが、
                    多くは探せなかった。

                    ショップがあったり、

                    レモン狩り等の体験が出来たり、

                    何にせよ、「遊びに来てください!」という感じのホームページに出くわさなかった。
                    (時期が違ったり、しまなみ海道以外の広島県ではあったが・・・)

                    唯一 生口島の平山郁夫美術館隣にある・・・という記事を見つけていたつもりだった。


                    まず、美術館に向かった。

                    どう見ても、近隣にレモン畑があるような感じの場所ではなかった。
                    (建物ばかり・・・)

                    う〜〜む・・・ 見間違えたか・・・しょんぼり

                    と、そこに観光案内所があったので、聞いてみる事にした。

                    「美術館の隣にJAがあるのだけど、今日は日曜で休み」
                    「他に、苗木等を売っていることろは無い」

                    との事・・・号泣

                    「2年程前からレモンを育て初めて・・・ 教わりたい事もあって・・・」
                    と言ってみると、「では農家さんに電話してみますか?」
                    と、その場から電話しようと番号を調べようとされた。

                    それはあまりにも恐縮なので丁重にお断りすると、
                    「レモン谷」の事を教えてくれた。(地図ももらった)

                    「この時間誰もいないかもしれないけど、居たら聞いてみるといい・・・」

                    ものすごく丁寧な方だった。

                    瀬戸田サンセットビーチで少しの間海を眺めた後、「レモン谷」に寄ってみた。



                    誰も居なかった・・・

                    「瀬戸内海でも指折りの柑橘類の産地で、レモンの生産量は日本一」と読んでいたので、ショップ等もそこそこあるものだと思い込んでいた。

                    自宅近隣の店では、棒苗はたまに見かけるが、株元に近い部分から枝が発生している大苗を売っているのをあまり見かけない・・・

                    ネットショップで探すしかないのか・・・

                    「レモンの苗木 いろいろな品種」参照




                    居ないまでも、レモンの木を見せて頂こう・・・

                     

                     

                     



                     

                     


                    一面、レモンの木であった!!
                    すばらしい!!

                     


                    1本でも大変なのに、こんなに沢山の木を世話するのは・・・
                    想像するだけで、恐ろしくなった。

                     

                     

                    さすが、プロだ!

                     

                     


                     

                     


                    実も、こんなに生っていた・・・

                     


                    でかい・・・
                    もうこんなに大きな実がなっている・・・


                    それもそのはずだ。
                    こんなに、幹が太いのだから・・・

                     

                     



                     

                     


                    こんなに大きくなるのに何年かかるのだろう?

                    というより、こんなに大きくなっては、家の庭に収まりきらない・・・


                    う〜〜ん・・・
                    と唸りながら、
                    あまり考えないようにして、
                    帰ることにした。


                    今年は、レモンのB級品を、
                    5堋買うことにするかなぁ・・・!?
                     

                     


                    *A級 5圈3,240円(送料別)販売時期 9月1日〜
                     B級 5圈2,268円(送料別)販売時期 9月1日〜 品薄



                    熊本県三角産中山さんのレモン1箱5kg入9月下旬頃から収穫予定ノーワックス
                     

                     


                    *訳あり 10圈3,480円(送料無料) 販売時期 1月18日〜
                     見た目はレモンのような「はるか みかん」



                    九州島原産 はるか 訳あり 送料無料 10kg 発送開始しました 日向夏から生まれた傑作


                    *B級 3圈3,500円(送料無料) 

                    送料無料 わけあり 広島県産 防腐剤・防かび剤不使用 ノーワックス 露地栽培レモンB 3kg 皮ごと食べられます 【在庫ある限り 着日指定不可】【北海道・沖縄地区は追加運賃540円】


                    *訳あり 5圈3,580円 (送料無料)販売時期 10月31日〜


                    レモン 5kg 業務用(わかやま県産) 【送料無料】 有田みかんの里、和歌山県産、、訳ありレモン、産地直送、ノーワックス、lemon。塩レモン、レモンケーキ、レモネード、レモン果汁として最適【smtb-k】【ky】【sswf1】

                     

                     



                    下の「花・園芸ブログ」「果樹・野菜」ボタンを押して頂くと励みになります!

                     

                     



                    にほんブログ村"data-mce-href="
                    にほんブログ村"">花・園芸ブログ
                     宜しくお願い致します!!


                    にほんブログ村"data-mce-href="
                    にほんブログ村"">果樹・野菜

                     

                    2017.06.10 Saturday

                    レモンの木を家庭で育てる魅力・・・

                    0

                      JUGEMテーマ:家庭

                       

                       


                      レモンの木を家庭で育てる魅力。


                       

                       

                       

                      そもそも、何故、私はレモンの苗木を買ってきたのか?

                       

                      平成27年、レモンの木を買ってきた時に、

                      既に、当家のお庭には、

                      柑橘系でいえば、柚子の木があった。

                       

                      趣味でいえば、

                      ピオーネの木を育てていた。

                       

                      その上に、

                      レモンの木を買ってきた理由は、

                      「私のプロフィール」でも少し触れさせて頂いている。

                       

                       


                      妻が病気をした。
                      少し長い入院を経て、今、通院をしている。
                      その通院も、今では1か月に1回程度。
                      だいぶ良くなってきている。

                       


                      退院が決まった頃、色々な事を考えたし、準備もした。
                      それまでは、病院が全て準備していてくれていたが、
                      退院後は自宅でしなければならない。


                      病気の原因は何だったのか?

                       


                      病気になる直前に行った旅行。
                      その際した体験ダイビング。「しんどい」と言って途中で船に上がった。
                      心臓がしんどいように話していた。
                      もう2度と妻とダイビングはしないようにしようと思った。
                      妻にダイビングは向いていないような気がした。


                      食事。
                      もともと生産地等、気にして購入していた方だと思う。
                      ただ、外国産なのか、国産なのか程度で、栄養バランスまで考えている訳ではなかった。
                      何が必要なのか?
                      どう摂取するのが一番理想的なのか?
                      考えて、食事を作ろうと思った。


                      運動。
                      夫婦揃って、特段何もしていなかった。
                      反省した。
                      たまにジムに2人で行くようになったが、頻度は増えてこない。
                      温水プールには以前から時々行っていたのだが、退院してからは、まだ行っていない。もう少し良くなってからにしようと思っている。


                      で、まずしたこと。

                       \捗舛鯒磴辰討澆拭
                        今まで飲んだことはなかった。
                        レモン果汁入りのものや、乳酸菌入りのもの等いろいろな種類のもの
                        があった。当然の事ながら、妻が「これを飲んでみたい」と思った
                        ものを試していった。

                      ◆ ̄浜椒丱薀鵐垢鮃佑┐拭
                        ただ、それらを全て食事で摂取するのは難しいのかなと思った。
                        膨大な量を食さないとならないような気がした。
                        で、「HERBA」という製品を試してみた。

                       シャープ製のスロージューサーを買った。

                       

                       




                      もともとミキサーは家にあった。
                      何が一番違うのか?
                      言うまでもなく、このスロージューサーは植物繊維を分離するのである。

                       


                      植物繊維は左側出口から出て、絞り出された果汁は右側出口からでる。
                      絞り出された果汁だけが飲めるのである。

                       


                      考えてもらいたい。
                      ニンジン10本食べる、としたら大変ではないだろうか?

                      少しのジュースを飲むのであれば、植物繊維も混ざっていた方が良いのだろうが。
                      もし、沢山のジュースを飲もうとしたら・・・

                       


                      ニンジン10本分の植物繊維は食べずに、絞り出された果汁だけ飲むとするなら。
                      しかも、高速ジューサーに比べ、抗酸化作用のある栄養分がたっぷり残って。
                      葉酸・ペクチン・ポリフェノール、そしてビタミンC。

                       




                      送料無料 シャープ SHARPスロージューサー ヘルシオ ジュースプレッソ オレンジ系 レッド系 グリーン系 HEALSIO juice presso

                       


                      購入後、沢山のジュースを作って、妻に飲ませた。

                      ニンジンのジュース。
                      リンゴのジュース。

                      セロリを混ぜたり、
                      桃を混ぜたり、
                      バナナを混ぜたり、
                      そして、レモンを混ぜてみた。

                       



                      β-カロチン、ビタミンB1、B2、鉄分、カルシウム。
                      血液を作るには、鉄分とビタミンC。
                      新しい血液を沢山つくろうと思った。


                      鉄分は牡蠣等・・・
                      銀色の食べ物には鉄分が入っているものとか・・・
                      後、ビタミンCを摂って圧力をかける??

                       


                      今のところ思うに、
                      レモン  6割
                      リンゴ  2割
                      ニンジン 2割 が結構良い味のように感じている。

                       


                      酸っぱいのが好きなのだが・・・・

                       


                      すごく美味しいんですよ!
                      すっぱいレモンミックスジュース。

                       


                      植物繊維が取り除かれているので、すごく飲みやすい。
                      本当に果汁100%って感じ。(100%ですが)

                       


                      今できたところのビタミンがいっぱい入った生ジュース!
                      すごくリッチな、贅沢な感じがする。



                      気分が・・・
                      「これですごく元気になる。」と思わせてくれる。

                       

                       


                      で、これを沢山作る為に、
                      .后璽僉爾杷磴辰討た。⇒ 高くつくので、
                      ▲優奪箸波買いしてみた。⇒ まだ高くつくし、季節もあるので、
                      自宅で作ってみようと思った。


                      柑橘類は成熟とともに糖度が上昇して酸が減少する。
                      市販の果物は最適期より前に収穫している場合があるが、家庭で育てれば一番おいしい時に収穫できる。



                      ゆずやレモンのように果皮ごと食する機会が多い柑橘類は薬剤の使用が気になる。
                      特に外国産の果物には・・・ 心配するところがある。


                      しかしながら、自分で無農薬で作れば、安心して皮ごと食べられる。
                      自分で手塩にかけて育てた安心して食べられるレモンを食卓に出せるのである。

                       

                       


                      又、めずらしい品種の果実はなかなかスーパーでは買えない。
                      「レモンの苗木 いろいろな種類」で紹介させて頂いた品種の果実も、自身でつくれば簡単に食すことができるのだ。


                      そして、

                      なにより、

                      沢山実を生らすことができれば、嬉しい限りの話しではあるが、

                       

                       


                      ただ、である。
                      (それまでに、なにがしらのコストはかかっているが・・・)

                       

                       


                      思う存分、気楽に、食すことができる。

                      一日も早く、そうなればと思い、

                      「家庭で育てる魅力」について語り、

                      その成果を残したいと思う、今日此の頃である。
                       

                       



                      にほんブログ村"data-mce-href="ブログランキング・にほんブログ村へ
                      にほんブログ村"">日本ブログ村


                      にほんブログ村"data-mce-href="にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ
                      にほんブログ村"">果樹・野菜    


                       

                      Calendar
                            1
                      2345678
                      9101112131415
                      16171819202122
                      23242526272829
                      30      
                      << September 2018 >>
                      ご覧頂きありがとうございます。
                      @korolemon
                      スポンサーリンク
                      ランキングに参加しています。宜しくお願いします!!
                      にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ
                      にほんブログ村
                      ブログ感覚でHPを簡単作成
                      日本ブログ村ランキング
                      PVアクセスランキング にほんブログ村
                      Selected Entries
                      Categories
                      Archives
                      Recent Comment
                      • 初めての接ぎ木  はっきりと出た答え 成功と失敗。
                        korolemon (09/25)
                      • 初めての接ぎ木  はっきりと出た答え 成功と失敗。
                        yukikami27 (09/24)
                      • ピオーネの害虫探し ブドウトラカミキリ or ブドウスカシバ? 幼虫を発見、動画を撮ったど!
                        korolemon (09/23)
                      • ピオーネの害虫探し ブドウトラカミキリ or ブドウスカシバ? 幼虫を発見、動画を撮ったど!
                        海月 (09/23)
                      • ピオーネの害虫探し ブドウトラカミキリ or ブドウスカシバ? 幼虫を発見、動画を撮ったど!
                        korolemon (09/20)
                      • ピオーネの害虫探し ブドウトラカミキリ or ブドウスカシバ? 幼虫を発見、動画を撮ったど!
                        gerogero (09/20)
                      • ピオーネの害虫探し ブドウトラカミキリ or ブドウスカシバ? 幼虫を発見、動画を撮ったど!
                        korolemon (09/20)
                      • ピオーネの害虫探し ブドウトラカミキリ or ブドウスカシバ? 幼虫を発見、動画を撮ったど!
                        日本一の果実 (09/19)
                      • ピオーネの害虫探し ブドウトラカミキリ or ブドウスカシバ? 幼虫を発見、動画を撮ったど!
                        korolemon (09/18)
                      • ピオーネの害虫探し ブドウトラカミキリ or ブドウスカシバ? 幼虫を発見、動画を撮ったど!
                        yukikami27 (09/18)
                      Recommend
                      バースデー プレート
                      バースデー プレート (JUGEMレビュー »)

                      大切な人へ。

                      生涯残る、唯一の贈り物。
                      Links
                      Profile
                      Search this site.
                      Others
                      Mobile
                      qrcode
                      Powered by
                      30days Album
                      無料ブログ作成サービス JUGEM