2018.05.19 Saturday

レモンの木へ5月の追肥をあげてみた!

0

    JUGEMテーマ:家庭

     

     


    レモンの木へ

     

    5月の追肥をあげてみた!


     

     

     

    肩痛が治りません。

     

    ピオーネの世話が進みません。

     

    見上げる動作が一番痛いのです。

     

     

     

    今朝、別の整形外科に行ってみました。

     

    「凝り」ではなく、「神経痛」との所見。

     

    「首の骨が歪んでいます。」

     

    神経を圧迫しているとの事。

     

     

     

    痛み止め等の薬を頂きました。

     

     

     

    それで治るかどうかはこれからですが、

     

    原因を正確に把握することは大事です。

     

     

     

    果樹を育てるのにも通じると思いました。

     

    いくらこれで治ると思っていても、

     

    症状から判断した原因を見誤っては、

     

    治るものも治りません! 夏だよ。子供だよ。汗だく の画像

     

     

     

    皆さんもお感じになってはないでしょうか?

     

    「それが難しいんだ!!」 

     

     

     

     

    レモンの葉の色が気になりだしました。

     

    少し気にし過ぎでしょうか?

     

    もっとおおらかでいなければとも思います。

     

     

     

     

     

    全て、今日の写真です。

     

    昨年も、葉が黄色くなって悩んだ時期が

     

    ありました。

     

    (その時の記事は、「こちら」です。)

     

     

     

    それと、もう1つショックが。

     

     

    庭植えレモンに実が、

     

    6つ生っていたと思うのです。

     

    5/6の時の状態が、「こちら」です。

     

     

     

    肩が痛いので

     

    じっくりと確認はしていませんが、

     

    パッと見たら、

     

    4つしか見当たりません。 

     

     

     

    落ちてしまったのでしょうか?

     

     

     

    5月19日現在で、あと4つ。

     

    昨年よりも悪い状態。

     

    これも落ちてしまったら・・・

     

     

    又、嫌な雰囲気になってきました。

     

     

     

     

    6月に追肥をあげようと

     

    思っておりましたが、

     

    少し早め早めの対処に変更です。

     

     

     

     

     

    挿し木鉢レモンは

     

    植え替えをしたところなので、

     

    今回はスルーです。

     

     

     

     

    鉢植えレモンには

     

    化成肥料(8-8-8)を20gあげてみました。

     

    施肥の目安は、「こちら」を参考にしま

     

    した。

     

     

     

    それから、

     

    庭植えレモンと花柚子には、100g。

     

     

     

     

    上記の「葉が黄色くなったので苦土石灰を

     

    撒いてみた。」通り、苦土石灰も少々

     

    (前回より少なめ)撒いてみました

     

     

     

    これで、様子を見てみましょう。

     

     

     

     

    レモンと比べ、調子が良いのは花柚子です。

     

    放っておいても、沢山の実が生るのでは?

     

    と思う程順調です。

     

     

     

    そして、その花柚子に接ぎ木したアレン

     

    ユーレカレモンの穂木から・・・

     

     

     

     

    咲いた花2つともに雌蕊が付いています。

     

     

     

    接ぎ木は翌年から収穫が出来るのが特徴、

     

    と思っていましたが、

     

    今年の2月に接ぎ木した穂木から、

     

    実の収穫が出来たら・・・

     

     

     

    嬉しい・・・ 

     

     

     

     

     

    それから、

     

    5月3日に購入した

     

    メロンの苗木「ころたん」。

     

     

     

    気が付いたら・・・

     

    花が・・・

     

     

     

     

    寒い日が続いたせいか、

     

    なかなか苗が成長しません。

     

     

    簡単ではないのかなぁと思っていましたが、

     

    気が付くと

     

    花が咲いているではありませんか?!

     

    それも、2つも!!

     

     

    もっとも、これも1つに絞らないと

     

    ならないのでしょうが。

     

     

     

     

    明日は、少しは薬が効いて、

     

    ピオーネの作業が出来れば

     

    と願いながら・・・

     

     

     

     

     

     

    ほんの少しでも、

     

    面白いと思って頂ければ、

     

    下のバナー(コロ)を

     

    「ポチッ」と押して頂きますと、

     

    これからも、頑張れます!

     

     

    宜しくお願いします。 おじぎ の画像

     

     

     

     

     


    にほんブログ村

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    2018.02.12 Monday

    レモンの木への肥料 元肥(春肥)を施肥してみた。

    0

      JUGEMテーマ:家庭

       

       

       


      レモンの木への肥料

       

      元肥(春肥)を施肥してみた。


       

       

       

      レモンの育て方 2」でも触れました。

       

      レモンの施肥量の目安。

       

      これをベースに、

       

      元肥の量を決めてみました。

       

       

       

      レモンの育て方 栽培方法

      ☝スマホでは画面タッチで少し拡大します。

       

       

       

      実際に撒く量を決める前に、

       

      2月に有機質肥料を撒く事の再確認!

       

       

       

      2月頃(元肥)に有機質肥料を、

      他の月(追肥)に化成(無機質)肥料を

      撒く!

       

       

      有機質肥料 ; 油かす、鶏糞、魚粕、

              堆肥、牛糞など。

       

       ‥攵蹐硫良効果がある。

       (土が柔らかくなる、保水性が高まる)

      ◆ヾ妨性。

       微生物が多くなる。

      ぁ“醂狙分が少ない。

      ァ‘値の匂いがあり、虫がわく可能性が

        ある。

       

       

      無機質肥料 ; 化成肥料、尿素など。

       

       。蛎膠浜楞如蔽眩如Ε螢鷸澄Εリウム)

        を効率よく施肥。

      ◆ヾ妨性・速効性があり、選択できる。

       有機質肥料より安価ですむ傾向がある。

      ぁ〔亀ー舛个りでは、土壌環境が悪く

        なる。(土が痩せる)

      ァ“醂舛笋韻魄き起こす事がある。

        (やり過ぎ)

      Α‘いはなく、虫がわく心配もない。

       

       


      有機質肥料の多くは、肥料成分が少なく緩効

       

      性。レモンは肥料食いで、又、お礼肥のよう

       

      に速効性を求められる場合、有機質肥料だけ

       

      でレモンを栽培するには経験と努力が必要と

       

      なりそうです。なので、有機質肥料と無機質

       

      肥料両者の長所を生かして育てる為に、「元

       

      肥に有機質、追肥に無機質を撒く」記述が多

       

      いようです、との事でした。

       

       

       

       

      👉 撒き方

       

      庭植え

       

      レモンの枝葉が茂る範囲(樹冠)の地表に均

       

      一に撒きます。表面に撒くだけでもいいです

       

      が、軽くすき込むと吸収がよくなります。

       

       

      鉢植え

       

      鉢土の表面に均一に撒きます。すき込む必要

       

      はありません。

       

       

       

      👉 肥料やけに注意!

       

       

      肥料は、やればやるほど良いというものでは

       

      ありません。肥料をやり過ぎると、土の中の

       

      肥料分の濃度が高くなり、浸透圧の影響で根

       

      の水分が奪われ、「いくら水をやってもしお

       

      れる」という事にもなりかねません。特に化

       

      成肥料等の成分割合が高い肥料を用いる場合

       

      は注意が必要です。

       

       

      有機質肥料は、上記の通り、肥料分としての

       

      みならず、土をふかふかにして、水はけを良

       

      くする事を期待します。又、有機質肥料は

       

      「肥料やけはしない」事を念頭に施肥して

       

      みます。

       

       

       

      元肥(春肥)は、まだ寒くて木々が動き始め

       

      る前に撒き、活動し始める頃までに少しずつ

       

      分解させます。

       

       

       

       

      今回、用意してみたのが、こちら。

       

       

       

       

      チッソ・リンサン・カリが、

       

      5-5-0のものでした。

       

      5-3-2のものを探したのですが

       

      見つからず。

       

       

       

      カリ(根肥)がない為、枯葉や落葉が少し

       

      心配。

       

      水溶性で流亡しやすいので、

       

      今後、少しずつ追肥してみましょう。

       

       

       

      施肥量は、

       

       

       

       

      このぐらいでと計算、施肥してみました。

       

       

       

      先ずは、柚子

       

       

       

       

       

      分量を量り、表面に撒き、

       

      その後、軽くすき込みました。

       

       

       

       

       

       

       

       

      次に、庭植えレモン

       

       

       

       

       

       

       

      庭植えレモンは、不織布を巻いていました

       

      ので、少しスカートをめくりあげての作業。

       

       

       

       

      四つん這いになっての作業でした。 --;

       

       

       

      そして、

       

      他の鉢達は、表面に均一に撒くだけ。

       

       

       

       

      施肥完了です。

       

       

      実際に量ってみて思った事。

       

       

      年間施肥量の半分を撒くというイメージがあ

       

      ったせいか、思っていた程の量ではなく、少

       

      ないのかな?と思う程。

       

       

       

      後は、冒頭にも記載した通り、硫酸加里か草

       

      木灰を購入し、少しずつ追肥してみて様子を

       

      見たいと思います。

       

       

       

      この後の様子は、「毎月の記録」でアップ

       

      していきたいと思います。

       

       

       

       

       

      ほんの少しでも、

       

      面白いと思って頂ければ、

       

      下のバナー(コロ)を

       

      「ポチッ」と押して頂きますと、

       

      これからも、頑張れます!

       

       

      宜しくお願いします。 おじぎ の画像

       

       

       

       

       


      にほんブログ村

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

      2018.01.02 Tuesday

      EM希釈液、再度活動始めず。

      0

        JUGEMテーマ:家庭

         

         


        EM希釈液、再度活動始めず。


         

         

        EM希釈液を増やせていけるのなら、

         

        もう、再度購入することなく、

         

        永久に、酵母菌などを使えるのに。

         

         

        検証を続けていましたが、

         

        活動を再開しません。

         

        EM希釈液、76日後・・・」参照。

         

         

         

         

        再度、餌(糖蜜)を与えたボトルも、

         

        与えていないボトルも、

         

        いずれも、張ってきません。

         

        発酵していないようです。

         

         

         

        もうしばらく続けてみようと思いますが、

         

        EM菌は、1度活動を止めると、

         

        再度、餌を投入しても、

         

        活動を再開しないと結論づけても良いかと思いました。

         

         

         

         

        もともと購入した、EM1号の寿命は1年という記事がありました。

         

        活動を再開しないとするならば、

         

        今年の7月までに使いきらないとならないという事になります。

         

         

         

        今のところ、「EM菌を使用したから、良かった」

         

        という明確な結果が出ていないだけに、

         

        なんとか効果が確認できる「違い」を出していきたいと思います。

         

         

         

        ・・・・・・・・・・・・

         

         

         

        本日は、お参りに、ランチに、お墓参りにと、

         

        何かと走り回る1日でした。

         

         

         

        受験と就活の成就を祈願し、ご祈祷もお願いしてきました。

         

        40分程の時間。

         

         

         

        私は、外でkoroを抱いて待っていたせいか、

         

        寒かった・・・

         

        途中で、抱きながら、うたた寝・・・

         

         

         

        帰りしなに、ワンショット。

         

        すごく綺麗なお庭。

         

        一面、「苔」で覆われています。

         

         

        「苔」には以前より関心があり、

         

        庭に少し植えてもみましたが、

         

        上手く広がりませんでした。

         

         

         

         

         

         

        レモンと、柚子と、ピオーネが、

         

        上手く育てられるようになったら、

         

        苔にもチャレンジしみたい・・・

         

         

         

        と思う程の美しいお庭でした。 ^^

         

         

         

         

         

        下のバナーを

         

        「ポチッ」と押して頂きますと、

         

        助かります!!

         

         

        顔だよ。困る

         

         

         


        にほんブログ村

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

        2017.12.23 Saturday

        EM希釈液、76日後・・・

        0

          JUGEMテーマ:家庭

           

           


          EM希釈液、76日後・・・


           

           

          12月は、「師走」という事もあり、

           

          お坊さんではありませんが、

           

          なにかとバタついてしまいました。

           

           

          自分自身に、都合の良いバタつきもあり、

           

          何かと、忘れてしまう事も沢山ありました。

           

           

           

           

          EM希釈液を作り、「EM菌がいつまで活動を

           

          けるのか?」を調べている事も忘れていま

           

          した。

           

          というより、放置されていました。

           

           

          参考  「EM希釈液、49日後・・・

           

           

           

           

          ,離椒肇襦 ̄造鰺燭┐EM菌は活動し、

           

          △離椒肇襦 ̄造鰺燭┐討い覆EM菌は

           

                休眠する。

           

          で、

           

          △離椒肇襦ゝ挂欧靴EM菌に再度餌をやる。

           

              ⇒ 活動を再開するかの検証。

           

           

           

          を行う予定だったのですが、

           

           

          もう、76日も経過しているので、,皚△

           

          休眠しているだろうと思い、倉庫に行ってみ

           

          ますと、,皚△盂萋阿靴討い襪翰融辧

           

           

           

          蓋を開けると、僅かながら、「プシュ」と音

           

          がしました。

           

           

           

          活発にという訳ではありませんが、活動は

           

          続けられているご様子。

           

           

           

          しかしながら、

           

          このまま放置してみても・・・

           

          と思いましたので、

           

           

          ,離椒肇襪砲世院

           

          餌を追加で入れてみる事にしました。

           

           

           

           

          もっと活発に活動しだすのでしょうか?

           

           

           

           

          取り敢えず、300mlの米のとぎ汁に

           

          糖蜜 10mlを投入。

           

          これを、,離椒肇襪貌れておきました。

           

           

           

          「プシュ」という音が、

           

          もっと力強い音になれば、

           

          活発に活動しだしたと思えるのですが・・・

           

           

           

          △離椒肇襪亡悗靴討蓮完全に活動が停止す

           

          るのを確認するまで、餌を与えるのは止めて

           

          おきます。

           

           

           

           

          ペットボトルをよく振って、倉庫へ保管。

           

          1週間後に、忘れず確認をしましょう。

           

           

           

           

          ・・・・・・・・・・・・・・・・・・

           

           

           

           

          本日は、朝から2日酔い。

           

          起きるのも遅くなり、午前中、バテバテ。

           

           

           

          私がソファーに寝ころびますと、

           

          必ずといって良い程、

           

          koroがお腹の上に乗ってきます。

           

           

           

          koroのお気に入りの場所です。

           

           

           

          「自分が一番になった気分」

           

          にでもなれるのでしょうか?

           

           

          気持ちよさそうにしています。

           

           

           

          そんな koroを下から眺めていますと、

           

          下から、眺めていますと・・・

           

          何やら、愛着が湧いてきます。

           

           

           

           

          口元が・・・

           

          可愛い。

           

           

           

           

           

           

           

           

           

          下のバナーを

           

          「ポチッ」と押して頂きますと、

           

          助かります!!

           

           

          顔だよ。困る

           

           

           


          にほんブログ村

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

          2017.11.30 Thursday

          EM希釈液、49日後・・・

          0

            JUGEMテーマ:家庭

             

             


            EM希釈液、49日後・・・


             

             

            平成29年10月8日 

             

            EM希釈液を再度作りました。

             

             

            購入したEM菌(1号)に餌(糖蜜)を全く与

             

            えず、90日以上経過しているが、「生きてい

             

            るのか」「休眠しているのか」を検証する

             

            為。

             

            「EM菌の寿命を検証する!」はこちら!

             

             

             

            以前EM希釈液を作った時、49日後、発酵が

             

            止まりました。

             

            その時は、EM菌が死んでしまったと思いまし

             

            たが・・・

             

             

            なので、今回も、49日を1つの目安にして

             

            いました。

             

             

            今日、11月30日が49日目、とカレンダーに

             

            付けており、状態を観察しようと思っていた

             

            のですが、再度計算すると、53日経過??

             

             

             

            どうも、49日は過ぎているようです。 

             

             

             

            気を取り直して・・・

             

            ペットボトルを見に行きますと・・・

             

             

             

             

            まだ、元気に活動しているようです。

             

            ペットボトルが張っています。

             

             

             

            シナリオ通りであれば、

             

            ,痢岷臓廚鰺燭┐討い覆ぅ椒肇襪漏萋阿

              止めていて、

             

            △痢岷臓廚鰺燭┐織椒肇襪漏萋阿鯊海韻討

              て、

             

            ,離椒肇襪法∈禿戞岷臓陛蜜)」を与え

             

              ると、活動を再開する。

             

            という事のはずでありました。

             

             

             

            しかしながら、

             

            両方、元気に活動していますので、

             

            まだ、検証ができません。 マメマメン ビックリ !! の画像

             

             

             

            もっとも、毎日ペットボトルを見に行ってい

             

            なかったので、何日前かに活動は止まってい

             

            たのだが、ペットボトルの空気はいっぱいの

             

            ままだったのかもしれません。

             

             

             

            ちょっと、甘かったです・・・

             

            本日、今一度、ペットボトルの空気をプシュ

             

            ッっと抜いて、観察を続けます。

             

             

             

             

             

            さて、先日TVを見ていますと、

             

            イチゴジャムに醤油を混ぜて食すと、「イク

             

            ラ」になるとの話しがありました。

             

             

             

            本日、帰宅してみますと、晩ご飯は、「お刺

             

            身」。 マグロとつばす・・・

             

             

             

            これは、チャンス!

             

            試してみなければ・・・ ^^

             

             

             

             

            ちょっと探してみますと、ありました!

             

            イチゴジャム!

             

             

             

             

            これぐらいを、お皿に取り・・・

             

             

             

             

            醤油を混ぜてみました。

             

            見た目もイクラ? うに??

             

             

             

            食べてみますと、醤油の味が強くて、ジャム

             

            の味があまり感じられません。

             

             

             

            つまり、味は醤油で、触感は「ブチュ

             

            ブチュ」。

             

             

            まぁ、イクラと言われれば・・・

             

            まぁ、イクラという事でも・・・

             

             

            という事で、刺身も入れてみました。

             

             

             

            刺身にイクラを付けて食すと大変美味しいと

             

            思います。

             

             

             

             

            実際に食べてみますと、ジャムです。  

             

            舌もなれたのでしょうか?

             

            醤油に着けた刺身に「ジャム」を

             

            付けて・・・

             

             

             

             

            ジャムです。  

             

             

            甘いです!!  バイバイ の画像     

             

             

             

             

            生ワサビをお皿に取り、

             

             

             

             

            醤油を付けて食べてみると・・・

             

             

            うーーーーーん!!

             

            これこれ!!

             

             

            これが、刺身!!  アンパンマン 載せました の画像 

             

             


            やっぱり、私には、

             

            刺身醤油が美味しかったです!! ^^;

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

            ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

             

             

             

            ほんの少しでも、

             

            お役に立てた部分はあったでしょうか?

             

             


            私の「なるほど!」をどんどんアップ

             

            していきたいと思います!

             

             

             

             


            この文章最後の「コメントする

             

            (comments)」から、

             

            コメントなど頂けると嬉しい限りです!!

             

             

             


            にほんブログ村

             

             

             

             

            お願いできそうであれば、

             

            ポンっとボタンを押して頂けると

             

            嬉しい限りです!

             

            日々の励みになります!!

             

             

             

             

            にほんブログ村 健康ブログ 自己流健康法へ
            にほんブログ村

             

             

             

            PVアクセスランキング にほんブログ村

             

             

             

             

             

            2017.11.12 Sunday

            11月のお礼肥

            0

              JUGEMテーマ:家庭

               

               

               


              11月のお礼肥


               

               

               

              平成29年11月12日(日)

               

               

              11月のお礼肥を施肥しました。

               

               

              自宅にあった化成肥料を施肥しました。

               

              前回の記事「速効性・緩効性 化成肥料」で

               

              記載させて頂きました通り、「速効性」とも

               

              「緩効性」とも袋に記載のない化成肥料を

               

              使用してみました。

               

               

               

              今回使用した化成肥料はコチラ! 

               

              ずっと、倉庫に残っている肥料です。

               

               

              ちょこちょこ使うのですが、なかなか減りま

               

              せん。改めて、表・裏の記載を確認しました

               

              が、「速効性」「緩効性」の記載はありませ

               

              んでした。

               

               

               

               

              裏面の保証票記載がコチラ!

               

               

               

               

              水溶性りん酸 6.0(/8.0)

               

              水溶性加里  8.0

               

               

              との記載がありますので、やはり大半が速効

               

              性の化成肥料とお見受けします。

               

               

              と確信を得た後は、

               

              どれぐらいの量を施肥するのか?

               

               

               

               

              1つの目安としている施肥量一覧表です。

               

               

               

              樹冠や鉢のサイズを勘案して、今回はこの量

               

              を施肥する事にしてみました。

               

               

               

               

              施肥量が決まったら、はかりで量を量り

               

              ます。

               

               

               

               

              樹冠の下にまんべんなく撒いてみます。

               

              鉢植えの場合は、撒くだけですが、

               

              庭植えの場合は、表面に撒いた後、

               

              軽くすき込みました。

               

               

               

              表面にまいた時と軽くすき込んだ時の写真が

               

              コチラ。

               

               

               

               

              レモンだけではなく、

               

              柚子もすき込んでみました。

               

               

               

               

              鉢に植え替えた挿し木した枝には、

               

              表面に化成肥料を撒いただけです。

               

               

               

               

              これで、次は2月に元肥として有機質肥料を

               

              施肥するまで、施肥終了です。

               

               

               

              これ以上、葉っぱが黄色くならない事を祈る

               

              ばかりです。

               

               

               

              この、黄色く色づいてきたレモンの実も元気

               

              に育って欲しいものです。

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

              ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

               

               

               

              ほんの少しでも、

               

              お役に立てた部分はあったでしょうか?

               

               


              私の「なるほど!」をどんどんアップ

               

              していきたいと思います!

               

               

               

               


              この文章最後の「コメントする

               

              (comments)」から、

               

              コメントなど頂けると嬉しい限りです!!

               

               

               


              にほんブログ村

               

               

               

               

              お願いできそうであれば、

               

              ポンっとボタンを押して頂けると

               

              嬉しい限りです!

               

              日々の励みになります!!

               

               

               

               

              にほんブログ村 健康ブログ 自己流健康法へ
              にほんブログ村

               

               

               

              PVアクセスランキング にほんブログ村

               

               

               

               

               

               

              2017.11.11 Saturday

              EM菌の寿命を検証する!

              0

                JUGEMテーマ:家庭

                 

                 


                EM菌の寿命を検証する!


                 

                 

                平成29年10月8日(日)

                 

                EM希釈液を作りました。

                 

                 

                 

                EM菌の原液に、餌(糖蜜)を全くあげていな

                 

                かったので、EM菌は死んでしまったと思いま

                 

                した。

                 

                 

                しかしながら、EM菌は「死ぬ」のではなく、

                 

                「休眠」するとの事。

                 

                なので、再度EM希釈液を作ってみますと、

                 

                元気に活動を始めました。

                 

                 

                 

                その時の記事。

                 

                「EM菌は、いつまで生きるのか?」

                 

                「EM菌は生きていた!」

                 

                 

                 

                 

                 

                今日、11月11日で31日経過したことになり

                 

                ます。

                 

                以前、EM希釈液を作った際、EM菌は、49日

                 

                で活動を止めました。

                 

                 

                 

                 

                では、活動を停止する前に餌(糖蜜)を再度

                 

                与えると、49日以上活動を続けるのか? 

                 

                 

                又、活動を停止した後の希釈液に餌(糖蜜)

                 

                を与えると、再度活動を始めるのか? 

                 

                 

                を検証してみたいと思います。

                 

                 

                 

                < 検証 >

                 

                 。械影経過した時点で、再度、糖蜜を

                 

                  与えてみる。

                 

                ◆_燭睛燭┐此△修里泙淙置してみる。

                 

                 △活動を止めた後、糖蜜を与えて

                 

                  みる。

                 

                の3パターンで検証してみましょう。

                 

                 

                 

                 

                倉庫から保存中のEM希釈液を出してきまし

                 

                た。

                 

                ペットボトルはパンパンに張っていました。

                 

                しっかりと発酵し続けているようです。

                 

                 

                 

                 

                これを、2つのペットボトルに分けてみ

                 

                ました。

                 

                 

                 

                 

                次に、糖蜜を用意しました。

                 

                米のとぎ汁がありませんでしたので、

                 

                お水に糖蜜を混ぜました。

                 

                糖蜜は10ml程度を少々のお水で・・・

                 

                 

                 

                 

                この糖蜜を、片方のペットボトルに注ぎ

                 

                ます。

                 

                注いだペットボトルの希釈液は、分ける

                 

                前程の量となりました。

                 

                 

                 

                この希釈液が活動し続ける事が出来るのな

                 

                ら、使っては、餌(栄養)を足し、使って

                 

                は、餌(栄養)を足しとすれば、永遠に使

                 

                えるという事になります。

                 

                 

                どこまで続けられるのか、検証してみま

                 

                しょう!

                 

                 


                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

                 

                 

                 

                ほんの少しでも、

                 

                お役に立てた部分はあったでしょうか?

                 

                 


                私の「なるほど!」をどんどんアップ

                 

                していきたいと思います!

                 

                 

                 

                 


                この文章最後の「コメントする

                 

                (comments)」から、

                 

                コメントなど頂けると嬉しい限りです!!

                 

                 

                 


                にほんブログ村

                 

                 

                 

                 

                お願いできそうであれば、

                 

                ポンっとボタンを押して頂けると

                 

                嬉しい限りです!

                 

                日々の励みになります!!

                 

                 

                 

                 

                にほんブログ村 健康ブログ 自己流健康法へ
                にほんブログ村

                 

                 

                 

                PVアクセスランキング にほんブログ村

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                2017.11.08 Wednesday

                速効性・緩効性 化成肥料  化成肥料の使い方

                0

                  JUGEMテーマ:家庭

                   

                   

                   


                  速効性・緩効性 化成肥料 

                       化成肥料の使い方


                   

                   

                  11月の追肥。

                   

                  速効性化成肥料を施肥しようと思いました。

                   

                  お礼肥です。

                   

                   

                  化成肥料は、自宅に沢山あります。

                   

                  倉庫の化成肥料を見てみました。

                   

                   

                   

                   

                  「緩やかに効く」

                   

                  「1年間の効きめ」

                   

                  等、緩効性の表示はありますが、

                   

                  速効性の表示はありませんでした。

                   

                   

                  緩効性か速効性か分からない肥料もありまし

                   

                  た。いずれの記載も無いものです。

                   

                   

                   

                  これでは、分からない。

                   

                   

                   

                  なので、ホームセンターに行ってみました。

                   

                  大きなお店ではなかったせいでしょうか?

                   

                   

                  緩効性の表示は確認できるのですが、

                   

                  速効性の表示を見つけられない。

                   

                   

                   

                   

                  インターネットで探すと、

                   

                  「速効性」の表示がある化成肥料を見つけられます。

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                  [商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

                  高度化成肥料 14-14-14 1kg【楽天24】
                  価格:568円(税込、送料別) (2017/11/9時点)

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                  基本的には、化成肥料は直ぐに吸収される速

                   

                  効性肥料なのですが、有機肥料のようにゆっ

                   

                  くりと肥料効果がある緩効性化成肥料も別途

                   

                  作っているという事。

                   

                   

                   

                   

                  化成肥料の保証成分の記載で、「リン酸全量

                   

                  10.0 く溶性リン酸6.0」と書かれている意

                   

                  味は、即効性がある水溶性のリン酸が成分量

                   

                  10.0のうち4.0含まれ、水に溶けない緩効性

                   

                  のく溶性リン酸が6.0含まれることを現してい

                   

                  るようです。又、緩効性化成肥料には、肥料

                   

                  コーティングして肥料成分の溶ける速さを

                   

                  調整する方法があるようです。

                   

                   

                   

                  つまり、「緩効性」の記載がないものは、

                   

                  「速効性」の化成肥料だということなので

                   

                  しょうか?

                   

                   

                   

                  今回、学んだのですが、化成肥料の中で肥料

                   

                  の三要素の合計が30%以上の高濃度のものを

                   

                  高度化成(上記の様な 14−14−14

                   

                  等)といい、それ以外を低度化成という

                   

                  うです。高度化成は与えすぎると、濃度障

                   

                  害を起こすので家庭菜園・園芸には向かな

                   

                  ようですので、低度化成が多く出回って

                   

                  いるようです。

                   

                   

                   

                  チッソ 10−リンサン 10−カリ 10 

                   

                  までの化成肥料を使用した方が、濃度障害の

                   

                  心配がないという事。

                   

                   

                   

                   

                  今度の、休日に、「速効性」との記載はなく

                   

                  とも、「緩効性」の記載のない化成肥料を撒

                   

                  いてみようと思います。

                   

                   

                   

                  今回、勉強した事でした。

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

                   

                   

                   

                  ほんの少しでも、

                   

                  お役に立てた部分はあったでしょうか?

                   

                   


                  私の「なるほど!」をどんどんアップ

                   

                  していきたいと思います!

                   

                   

                   

                   


                  この文章最後の「コメントする

                   

                  (comments)」から、

                   

                  コメントなど頂けると嬉しい限りです!!

                   

                   

                   


                  にほんブログ村

                   

                   

                   

                   

                  お願いできそうであれば、

                   

                  ポンっとボタンを押して頂けると

                   

                  嬉しい限りです!

                   

                  日々の励みになります!!

                   

                   

                   

                   

                  にほんブログ村 健康ブログ 自己流健康法へ
                  にほんブログ村

                   

                   

                   

                  PVアクセスランキング にほんブログ村

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                  2017.10.14 Saturday

                  EM菌は生きていた!

                  0

                    JUGEMテーマ:家庭

                     

                     


                     EM菌は生きていた!


                     

                     

                    平成29年10月8日(日)

                     

                     

                     

                    EM希釈液を再度作ってみました

                     

                     

                     

                    理由は、EM菌を購入してから92日経過してお

                     

                    り、その間、EM菌に何も(餌になるようなも

                     

                    の)やっていないので、死滅していると思っ

                     

                    からです。

                     

                     

                     

                    もう一度希釈液を作ってみて、発酵すること

                     

                    がなければ、EM菌は死んでしまっていると

                     

                    いう事。

                     

                     

                    試してみよう・・・

                     

                     

                     

                     

                    せっかく、お庭の土壌を良くしようと思った

                     

                    のに。

                     

                     

                     

                    悪玉菌ばかりの土壌に、善玉菌(乳酸菌・

                     

                    酵母・光合成細菌等)を投入し、悪玉菌以上

                     

                    に善玉菌がいる良い土壌にしようと思ったの

                     

                    に・・・

                     

                     

                     

                    少しやりかけただけで、EM菌の残りを

                     

                    無駄にしてしまった。  

                     

                    かもしれない・・・

                     

                     

                     

                     

                    10月9日(月)ペットボトルに変化はない。

                     

                    10月10日(火)ペットボトルに変化はない。

                     

                     

                     

                     

                    EM菌は糖蜜を食べて生きています。

                     

                    生きている証として、炭酸ガスを出しながら

                     

                    発酵します。

                     

                     

                     

                     

                    ペットボトルが張ってこないという事は、

                     

                    発酵していない・・・

                     

                    という事は、

                     

                    EM菌は、生きていない・・・

                     

                     

                     

                    諦めて、倉庫にそっとしまいました。

                     

                    次の土曜日にでも、庭に撒こう・・・

                     

                     

                     

                    今朝、庭に撒こうと思い、

                     

                    倉庫に向かうと・・・

                     

                     

                     

                    ペットボトルが、

                     

                    張っているではありませんか!!

                     

                     

                     

                    ペットボトルのふたを開けると、

                     

                    プシュッ、と音がした。

                     

                     

                     

                     

                    生きている!!

                     

                     

                     

                    驚いた私は、改めて「EMの寿命」を調べて

                     

                    みました。

                     

                     

                     

                    EM菌の原液は休眠していて、

                     

                    EM希釈液(活性液)は活性している。

                     

                     

                     

                    「希釈液は、1か月以内に使いきりましょ

                     

                    う。」との記載がありました。

                     

                     

                    これに対し、

                     

                    EM菌の原液は、1年はもつようで・・

                     

                     

                     

                     

                    ただ、一方で、こんな文章もありました。

                     

                     

                    「ガスが出ている内は、分裂中で{活性}の

                     

                    状態です。ガスが出なくなったら、食べて増

                     

                    える餌がないので、再び菌は休眠に向かいま

                     

                    す。」

                     

                     

                     

                    という事は、発酵しなくなったからといっ

                     

                    て、死んでしまった訳ではないという事。

                     

                     

                     

                    「餌」を与えれば、再び分裂を始める・・・

                     

                     

                     

                    であるのなら、原液の寿命も「1年」ではな

                     

                    く、ずっともつのでしょうか??

                     

                     

                     

                    前回は、49日少し前に、餌である糖蜜を

                     

                    してみようかと思いましたが、

                     

                     

                    それと同時に、

                     

                     

                    発酵が終わってしまった後の希釈液に糖蜜を

                     

                    足してみるという事も試してみようと思いま

                     

                    した。

                     

                     

                    取り敢えず、今日、出来たEM希釈液は、

                     

                    お庭に半分程撒いて、

                     

                    後の半分は、 40日後頃に糖蜜を足す。

                     

                          ◆“酵が終わるのを待って、

                     

                          その後に糖蜜を足す。

                     

                     

                    ことを試してみたいと思います!!

                     

                     

                    ただ、 Ν△EMが活性化するのであれば、

                     

                    EM菌は、ずっと増え続けていくのであり、

                     

                    一生、無くならないのではないでしょうか?

                     

                     

                    試してみます!!

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

                     

                     

                     

                    ほんの少しでも、

                     

                    お役に立てた部分はあったでしょうか?

                     

                     


                    私の「なるほど!」をどんどんアップ

                     

                    していきたいと思います!

                     

                     

                     

                     


                    この文章最後の「コメントする

                     

                    (comments)」から、

                     

                    コメントなど頂けると嬉しい限りです!!

                     

                     

                     

                     

                     


                    にほんブログ村

                     

                     

                     

                     

                     

                    お願いできそうであれば、

                     

                    ポンっとボタンを押して頂けると

                     

                    嬉しい限りです!

                     

                    日々の励みになります!!

                     

                     

                     

                    2017.10.08 Sunday

                    EM菌は、いつまで生きるのか?

                    0

                      JUGEMテーマ:家庭

                       

                       

                       


                      EM菌は、いつまで生きるのか?


                       

                       

                       

                      平成29年10月8日(日)

                       

                      昨日、久しぶりに、EM肥料を撒いてみまし

                       

                      た。同時に、過去のブログ記事を少し読み

                       

                      返しました。

                       

                       

                       

                      何故、その時に、そう思わなかったのか?

                       

                       

                       

                      EM希釈液は、49日間で死滅したと思います。

                       

                      EM菌は糖蜜を食べて生きています。

                       

                      生きている証として、炭酸ガスを出しながら

                       

                      発酵します。

                       

                       

                       

                      EM希釈液を作ってから、

                       

                      毎日、ペットボトルは張っていました。

                       

                       

                      キャップを回すと、プシュと音も出ていまし

                       

                      たが、49日経過後、ペットボトルは張らなく

                       

                      なりました。

                       

                       

                       

                      EM希釈液の寿命

                       

                      そう、思いました。

                       

                       

                       

                       

                      恐らくは、食料として一緒に入れていた糖蜜

                       

                      の栄養分が無くなったから・・・

                       

                       

                       

                      そうならば、EM菌は、餌がないと生きられ

                       

                      ないということになる。

                       

                       

                       

                      EM菌(1号)と糖蜜を買ってから、

                       

                      全てを使い切った訳ではありません。

                       

                       

                      半分以上残っています。

                       

                      倉庫にずっと置いていました。

                       

                       

                       

                       

                      7月8日(土)

                       

                      EM菌が届いてから、

                       

                      92日経過した事になります。

                       

                       

                      その間、EM菌は何も口にしていないことに

                       

                      なります。

                       

                       

                       

                      ビンの中のEM菌は死滅しているのか?

                       

                       

                       

                      これを確認するには、

                       

                      EM希釈液を作ってみるしかない。

                       

                       

                       

                      という事で、EM希釈液を作ってみました。

                       

                       

                      作り方は、以前作った

                       

                      「EM希釈液を作ってみた!」の通り。

                       

                       

                       

                       

                       

                      今日、出来たばかりの希釈液。

                       

                      さて、明日、

                       

                      ペットボトルは張っているのかな?

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                      ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

                       

                       

                       

                      ほんの少しでも、

                       

                      お役に立てた部分はあったでしょうか?

                       

                       


                      私の「なるほど!」をどんどんアップ

                       

                      していきたいと思います!

                       

                       

                       

                       


                      この文章最後の「コメントする

                       

                      (comments)」から、

                       

                      コメントなど頂けると嬉しい限りです!!

                       

                       

                       

                       


                      にほんブログ村

                       

                       

                       

                      お願いできそうであれば、

                       

                      ポンっとボタンを押して頂けると

                       

                      嬉しい限りです!

                       

                      日々の励みになります!!

                       

                       

                       

                       

                      にほんブログ村 健康ブログ 自己流健康法へ
                      にほんブログ村

                       

                       

                      2017.09.10 Sunday

                      EM希釈液の寿命

                      0

                        JUGEMテーマ:家庭

                         

                         

                        平成29年7月22日 EM希釈液を作ってみた

                         

                         

                        その頃、レモン・柚子の葉っぱに黒点病が散見されたからだ。

                         

                         

                         

                         

                        雨が続いたのが原因かもしれない。

                         

                        レモンの木の半分位下側にかかる位の位置で、水を撒いていたからかもしれない。

                         

                        土中にすむ黒点病の細菌が、雨や水かけで跳ね返り、下のほうの葉に引っ付いて感染する。

                         

                        (葉に当たらないように水を撒くことを知らなかった・・・)

                         

                         

                        その少し前に作ったEM肥料用ボカシを撒いて、土壌を良くしよう(土の中の、悪い菌以上に乳酸菌・酵母菌等の善玉菌が存在する状態)と思っていたが、思いのほか完成までに時間がかかる様であったので、希釈液を作った。

                         

                         

                         

                        その後、一定期間をおいて、希釈液を撒いてみた。

                        8月13日には、EM肥料用ボカシも撒いたが・・・

                         

                         

                         

                        効いているのか、いないのか??

                         

                         

                         

                        取り敢えず、今、「黒点病がひどくなってきて・・・」という事はない。

                         

                         

                        その後、一定量の希釈液はペトボトルに残しておいた

                         

                         

                        どういう状態になるのか見たかったからだ

                         

                         

                         

                         

                        時折、ペットボトルの状況を確認した。

                         

                        ペットボトルがパンパンに張ってくるので、キャップを少し緩め、ガス抜きをしていた。

                         

                         

                         

                        ガス抜きをする時、

                         

                        「うん、生きている」と実感した。

                         

                         

                        その際、思うのは・・・

                         

                        いつまで生き続けるのだろう? という事。

                         

                         

                         

                         

                              9月9日(土)

                         

                         

                         

                        ペットボトルをギュッと握ってみた。

                         

                        張っていない・・・

                         

                        発酵していない・・・

                         

                         

                         

                        恐る恐る、蓋を開けて、匂いを嗅いでみた。

                         

                        特に異臭がしている訳ではない。

                         

                        糖蜜の甘い香りがした。

                         

                         

                         

                        ただ、恐らくは、乳酸菌、酵母菌、光合成細菌は死滅しているのだろう。

                         

                         

                        ペットボトルが、全く張っていない・・・

                         

                         

                         

                         

                        7月22日からなので、49日程度・・・

                         

                        で、死んでしまうのかもしれない。

                         

                        糖蜜の匂いは残っているのだが、

                         

                        食料としての「糖蜜」が無くなるのか?

                         

                         

                         

                        玄関に入ったところで、

                        常温で、

                        ペットボトルに入ったままの状態で、

                        保存していた。

                         

                         

                         

                        まだ、9月。

                        気温が低くなってきたから、

                        という訳ではあるまい。

                         

                         

                         

                        次は、40日程度で糖蜜を加えてみてみようか??

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                        話しは、少し変わるが、

                         

                        当家のハイビスカスである。

                        購入したのではなく、頂いたもの。

                         

                         

                        それ迄、あまり意識した対象でなかったのだが、

                        いざ育ててみると・・・

                         

                         

                        次々に花が咲くのである!!

                         

                         

                        花が咲き終わったかなぁ?

                        花弁がしおれてくる。

                         

                         

                        そのしおれた花弁を手で取り除くと、

                         

                        もう既に、

                         

                        その下から、

                         

                        大きな蕾が出てくる。

                         

                         

                         


                         

                         

                         

                        花も大きく、はっきりしているし、

                         

                        次から、次から咲く!!

                         

                         

                         

                        「すごく面白い花だなぁ。」と思ったので、ご紹介させて頂きました!

                         

                         

                         

                        ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

                         



                        ほんの少しでも、お役に立てた部分はあったでしょうか?


                        私の「なるほど!」をどんどんアップしていきたいと思います!

                         

                         


                        この文章最後の「コメントする」から、コメントなど頂けると嬉しい限りです!!

                         


                        <最後までご覧頂いた方へ!!>


                        下の「花・園芸ブログ」「果樹・野菜」「自己流健康法」ボタンを押して頂くと、すごく励みになります!


                        大変お手数ですが、
                        ご協力、宜しくお願い致します!!
                        お忙しい方は、ボタン1つだけでも!! ^^;



                        にほんブログ村"data-mce-href="
                        にほんブログ村"">花・園芸ブログ



                        にほんブログ村"data-mce-href="
                        にほんブログ村"">果樹・野菜



                        にほんブログ村"data-mce-href="
                        にほんブログ村"">自己流健康法   

                         

                         

                         

                        2017.08.13 Sunday

                        土壌改良 悪玉菌から守る。 EM肥料を撒いてみた!

                        0

                          JUGEMテーマ:家庭

                           

                           

                          平成29年8月13日(日)


                          一昨日、裏庭を掃除したので、

                          今日は、表をした。



                          草、草、草・・・

                          皆さんは、どうやって草むしりをしているのでしょうか?


                          防草シートを敷いて、
                          砂利を撒いたり、


                          石を敷き詰めたり、


                          ウッドデッキを置いてみたり、


                          次に雑草が生えてこなくなる方法が色々書かれている。





                          オニ斬り 赤 [F1タイプ](代引不可)



                          【ガーデンハンド(草取り道具) 爪:炭素鋼 日本製 [園芸 ガーデニング用品 庭いじり]】



                          耕うん除草機 タマの手 TT-001 株間除草機【smtb-ms】[瀧商店]


                          耕うん除草機 タマの手用 替刃




                          電動雑草抜き機「除草バイブレーター」【草刈り 草ぬき 除草 雑草 TW-800】




                          それも良いのだが、

                          何かを植える為の場所だったら・・・
                          そんな事はできない。


                          その何かを植える場所こそ、
                          雑草の溜まり場となる。



                          当然の事ながら、
                          あまりきつい薬も撒けない




                          又、バッタ達の食事場を除去したら、
                          虫達が少なくなってくる・・・
                          のも、少し困る。


                          もっとも、草をむしり取ると、
                          沢山出てくるのは、
                          蟻と丸虫・・・

                          バッタやコオロギ等と書いてみたいものだ。



                          私は、スコップで掘り返す方法が多い。

                          むしり取るより、
                          一気に広い範囲を取り除ける。


                          取り敢えず、表面をサクサク掘り返し、
                          まとめて根っこから抜いていく。

                          そして、一定の範囲は、

                          虫の餌場として残す!



                          ただこの作業は、非常に

                           

                          腰にくる・・・


                          腰が
                          痛くなる度、休憩を挟む。


                          休憩を挟みながら、
                          自分なりには満足できる範疇で、
                          草刈に勤しんだ・・・


                          ぐっと、美しく見えるようになったのを見ると、
                          すごく嬉しくなるものである。
                          腰をさすりながらも・・・



                          で、
                          今日のメインはEM肥料を撒く事!

                          肥料やりすぎ??
                          を少し気にしながら・・・


                          でも、一方で、
                          EM菌は直ぐには根付かないから、
                          コマメに撒かないと・・・
                          との記載があるので、
                          撒くことにしてみた。

                          先日、EM希釈液を撒いてみた
                          効果は少しぐらいは残っているのだろうか?



                          恐る恐るEM肥料を発酵させているゴミ箱を開けてみた。


                          開ける前から、匂ってくる。


                          ブワァーっと、カビが生えていたら・・・
                          凄い臭いにおいで充満していたら・・・


                          様々な想像をしながら、
                          恐る恐るEM肥料を発酵させているゴミ箱を開けてみた。

                           

                           






                          8月6日に開けてみた時より、
                          白っぽくなっている範囲が広がっている。

                          が、やはり、肥料の上にカビが生えている、
                          という訳ではないようだ。


                          匂いも、前回と全く変わらない。


                          腐っているような悪臭という訳ではないが、


                          酸味がかっている、
                          ツンとした匂いだ



                          お世辞にも、良い香りとは言えない


                          これを撒いて良いものか少し不安だが、
                          失敗は成功の基。

                          何でも、経験を積んでいかなければ・・・

                           

                           

                           


                           

                           


                          先ず、レモンの木の周りを掘ってみて、
                          写真の様に撒いてみた。

                          風呂で使う小さめの桶で2杯分ぐらいは撒いた。


                          土を掘った時、
                          以前撒いた油かすが出てきた。

                          少々、塊になっている。

                          気にせず、一緒に埋めてみた^^;。



                          EM希釈液に、
                          EM肥料。

                          少しは、善玉菌が増えるのだろうか?



                          ただ、勝手な思い込みかもしれないが、
                          あの後も、かなり雨は降ったが、

                          黒点病が広がっている気配は無い。

                          EM菌が効いてきていると思いたいものだ。



                          勢いあまって、
                          ゆずの木にも撒いてみた。

                           

                           

                           






                          実は、ブドウの下にも・・・


                          撒く・撒く!!



                          一定の間をおいて、
                          又、EM肥料を撒いてみようと思っている。


                          EM菌を根付かせる為。
                          根腐れしないか、
                          不安との闘いだ。


                          化成肥料でなければ、
                          肥料やけしないと信じて・・・


                          実は、ブドウも上手くいっていない。
                          5年目?になるかと思うが、
                          上手く熟すところまでいかない。
                          半分ぐらいしか「紫色」にならない。


                          妻と母親は、
                          「スーパーで売っているブドウは甘すぎる。
                          これぐらいの方が、
                          少し酸味があって美味しい」というが、

                           

                           

                          私からいうと、


                          それは酸味ではなく、


                          熟れていない味だ。

                           


                          「今年こそは!」と思っていたが、
                          今年は一番ひどい・・・

                           


                          大きさも・・・


                          傷み具合も・・・

                           

                           







                          以前、ブドウ農家さんへ行って、
                          話を聞かせて頂いたことがある。

                          しかしながら、
                          そのブドウ農家さんでは、
                          5年までは実を付けず、
                          木を育てることに専念する為、
                          5年以内の木で、
                          どうしたら、
                          どんな実を生らすことが出来るのか分からない、
                          との返事であった。


                          家では、
                          1年目から実を付けたので、
                          育ててしまった為・・・
                          木が育っていないような気がする


                          又、
                          来年は、
                          何とか、

                          雨に当たらないようにしたい

                          DIYは得意とするところではないのだが・・・しょんぼり


                          それが、一番大事なような気がしてきた。しょんぼり

                          今頃、遅いのかもしれないが・・・びっくり


                          「無農薬栽培とは、本当に難しい」
                          と改めて思わせられる。       大笑い




                          下の「花・園芸ブログ」「果樹・野菜」ボタンを押して頂くと励みになります!
                          宜しくお願い致します!!





                          にほんブログ村"data-mce-href="
                          にほんブログ村"">花・園芸ブログ




                          にほんブログ村"data-mce-href="
                          にほんブログ村"">果樹・野菜    
                           

                          2017.08.06 Sunday

                          EM肥料のその後・・・

                          0

                            JUGEMテーマ:家庭

                             

                             

                            平成29年7月6日(日)


                            今日は、朝 7時半頃から庭に出ていた。


                            クーラーが1台動かなくなった。

                            もう、20年近く使っていたので、
                            特に直そうなどと考えず、
                            昨日、新しいものを買いに行った。



                            来週、木曜日に設置に来てくれることになった。

                            戻ってきて、室外機の周辺を見ると・・・
                            雑草がところ狭しと・・・



                            妻、曰く

                            蚊のお家になっているので、
                            全て撤去のこと!

                            室外機の取替時、大変な事になる!



                            見えているところだけ、
                            むしり取る事は簡単だ。

                            根っこから掘り返し、
                            再度、生えてこないようにするのは手こずる。



                            30分程、頑張って、
                            8時過ぎ、いったん休憩で部屋に戻った。


                            暑くなる前の朝から始め・・・
                            と思ったが、
                            もう既に暑い・・・


                            汗だらけになったシャツを替え、
                            水分補給をしていた。


                            当然の事ながら、水素水


                            3杯程飲んでいたら・・・
                            TVからの音声が気になった。



                            広島平和記念式典。

                            8時15分。

                            広島原爆が投下された時。

                            1分間の黙とう


                            時間を計ったかのようなタイミングで、
                            部屋に戻ってきていた。



                            何故か「火垂るの墓」の映画を

                            思い出しながら、

                            黙とうしていた。



                            室外機周辺の雑草を除去した後、

                            EM肥料用ボカシを確認に行った。



                            その前に、EM希釈液。

                             

                             

                             





                            ペットボトルは、パンパンに張っていた。

                            ので、少しキャップを開けて、

                            ガス抜きをしておいた。



                            で、気になるのが、

                             

                             






                            少し、カビてきているのだろうか?

                            発酵なのか?
                            ガビてきているのか?


                            あまり長く置いておくのは良くないのかもしれないが、

                            7月22日(土)に作ってから、

                            約2週間。


                            どれぐらいの期間で、
                            どのような状態となるのか?

                            少し恐ろしいが、
                            試してみようと思う。



                            約2週間後の希釈液でもこれなのに・・・

                            7月9日(日)
                            約1か月後のEMボカシ肥料はどうなっているのか?

                             

                             



                                    平成29年7月15日 6日目
                             

                             


                            特にカビ等は発生していない。

                            酸味がかった匂いがしている。

                            なにがしら、発酵状態には入っているようだ。
                             

                             

                             



                                   平成29年7月29日 20日目

                             



                            カビなのか?

                            少し白っぽくなっている部分がある。


                            但し、所謂カビのように、

                            米ぬかの上に何かが生えてきているのではなく、

                            米ぬか自体が白くなっているようだ。


                            やはり、酸味のきいた匂いがする。

                            鉢植えレモンに少し入れたが、

                            粉っぽいというより、
                            塊となっている感じであった。

                             

                             

                             



                                    平成29年8月6日 28日目

                             

                             

                             


                            20日目と同じような感じだ。

                            やはり酸味かかった匂い・・・


                            なにかしら発酵している。


                            タイミングを見て、

                            庭植えレモンとゆずの木の下に撒いてみよう。


                            土の中の菌のバランスを図る方法を見つけてみたい・・・しょんぼり


                            で、少しは残しておいて、

                            何日後には、
                            どのような状態になるのか試してみたい。


                            油粕など・・・

                            袋を一度開けて、
                            使い切らなかったら、・・・

                            しばらく、その袋の状態で放置してくと・・・

                            うじむしが湧いて、
                            凄く臭い匂いがしてくる。

                            といった経験はないでしょうか?


                            土・肥料の保存方法についても研究してみたい。




                            下の「花・園芸ブログ」「果樹・野菜」ボタンを押して頂くと励みになります!
                            宜しくお願い致します!!




                            にほんブログ村"data-mce-href="
                            にほんブログ村"">花・園芸ブログ



                            にほんブログ村"data-mce-href="
                            にほんブログ村"">果樹・野菜    
                             

                            2017.07.22 Saturday

                            EM希釈液を作ってみた!

                            0

                              JUGEMテーマ:家庭

                               

                               

                              平成29年7月22日(土)


                              7月9日(日) EM肥料用ボカシを作ってみた

                              その時は、1週間程度発酵させたら肥料として使えると思っていた。


                              なので、

                              全部の実が落ちた後、(全滅
                              新たな蕾が出来た時、
                              その時、黒点病が散見されて、
                              その時、黄色くなっている葉が出来だして、


                              悪玉菌に対して善玉菌を対抗させる為に、
                              もう少し肥料を与える為に、


                              化成肥料では肥料やけする可能性があるので、
                              有機肥料を与えてみようと思い、


                              EM肥料用ボカシを撒いてみようと思っていた。


                              しかし・・・

                              今一度、いろいろ調べると・・・

                              読み間違えていたようで・・・

                              1か月は発酵させるもののようで・・・

                              しばらく使えない。しょんぼり


                              せっかく新たな実がついたのに・・・
                              1つ、落としてしまったけど号泣 

                              しかも、黒点病が残っている。


                              取り急ぎ、黒点病対策をする為、

                              ME希釈液を作ってみた!

                              例に倣って、写真で見てみる。


                              1、米のとぎ汁 1ℓを用意した。

                               

                               





                              2、糖蜜 20mlを用意した。

                               

                               

                               






                              3、お湯を少々、このカップに入れて糖蜜を溶かした。
                                で、米のとぎ汁に入れてみた。

                               

                               

                               






                              4、EM菌 20mlを用意した。

                               

                               

                               






                              5、米のとぎ汁にEM菌を入れた。

                               

                               






                              6、ペットボトルに入れてみた。

                               

                               

                               

                               

                               





                              ペットボトルに入れるのが難しかった。
                              というか、だいぶ溢してしまった・・・

                              大丈夫と思って、1人でやったが、
                              2人で今後はしようと思う。


                              で、このEM希釈液

                              レモンの木の

                              や、

                              や、

                              葉っぱ

                              それに、地面に撒いてみよう

                               

                               



                              はてさて、黒点病対策になったと感じられるだろうか?


                              EM菌は初めて撒いてもすぐには根付かないので、
                              根付くまで何度か撒き続けないとならない。

                              という文章を読んだ。


                              それなら、EM肥料用ボカシを撒く前に、
                              EM希釈液を撒くのは効果がある。
                              と、思われる!!

                              と信じて、明日、EM希釈液を撒いてみよう。



                              ただ、が多いのである!

                              は嫌いだ。

                              誰か、有効にを駆除できる方法を教えてはくれまいか?

                              完全武装して外に出ても、2〜3カ所は噛まれる。びっくり



                              このEM菌効果も、将来記述してみたい。



                              下の「花・園芸ブログ」「果樹・野菜」ボタンを押して頂くと励みになります!
                              宜しくお願い致します!!




                              にほんブログ村"data-mce-href="
                              にほんブログ村"">花・園芸ブログ




                              にほんブログ村"data-mce-href="
                              にほんブログ村"">果樹・野菜    
                               

                              2017.07.09 Sunday

                              EM肥料用ボカシを作ってみた!

                              0

                                 

                                JUGEMテーマ:家庭

                                 

                                 

                                平成29年7月9日(日)


                                昨晩、EM菌(1号)・糖蜜セットが届いた。

                                 


                                「明日、肥料を作ることができる」と思った。
                                昨晩届かなければ、1週間後となるからだ。
                                さすがに、月〜金曜日 仕事から帰ってきてしようとは思わない。

                                 

                                 


                                 

                                 



                                EM1号「500ml」+糖蜜「500ml」「セット販売」「EM菌」



                                7月9日 AM 5:50 再度 米ぬかをゲットする為、自宅を出た。

                                一昨日と同じぐらいの量を入手できた。

                                精米機横の扉を開けた瞬間、目の前に「米ぬか」の山が出来てたので、「よぉ〜〜し!!」と嬉しくなった。朝早くから出かけた甲斐があった。



                                案外と取りに来る人は多いのだ。
                                お漬物でも作るのだろうか?
                                無くなっていたら悲しいので、早くに出た。

                                 


                                朝早くから出かけたからだろうか?

                                 


                                妻から変な目で見られた。
                                「頭おかしいんじゃないの?」と言わんばかりの表情に見えた。


                                少し恥ずかしい気もしたが、
                                「土のため、土のため・・・」と頑張った。

                                もう1つ言うなら、「君のため」なんだけれど・・・涙ぽろり
                                完全に私の趣味と思われている・・・


                                そんな事にめげず、材料をそろえてみた。

                                 

                                 





                                EM菌(1号) 80.0ml
                                糖蜜     80.0ml
                                水       3.7ℓ
                                お湯      0.3ℓ
                                米ぬか     15
                                油粕        5
                                たらい       1個
                                ゴミ袋      1枚
                                ゴミ箱      1個
                                 

                                 


                                ネットでの情報を基に、今あるものの中で揃えてみた。
                                牛糞等もあったのだが、「新鮮なものが良い」との記述があったので入れるのを止めた。
                                変な菌等が湧いていたら困ると思った。
                                出来たEMボカシを入れる時に、一緒に入れてみるか??

                                 


                                米ぬかを量るのに困った。
                                体重計を使用し、米ぬかを持った時と持たなかった時の差で出したのだが・・・

                                 


                                量る度に違う・・・
                                時折、少々ではなく、だいぶ違う。⇒ ここは、「えい! やー!」だ。


                                1、熱湯 0.3ℓを用意した。

                                 

                                 





                                2、糖蜜 80.0mlを用意した。

                                 

                                 

                                 





                                3、糖蜜を熱湯で溶かした。

                                 

                                 




                                4、溶かした糖蜜を水 3.70ℓに入れた。

                                 

                                 




                                5、EM菌(1号)を80.0ml用意した。

                                 

                                 





                                6、EM菌を水に混ぜた。

                                 

                                 





                                7、米ぬかをたらいに入れた。
                                  実際は、少々多くてかき混ぜられなかったので、この半分づつ処理した。

                                 

                                 




                                8、油粕を混ぜた。

                                 

                                 





                                よく、かき混ぜた。

                                 

                                 

                                 

                                 


                                9、EM菌・糖蜜を溶かした液(希釈液)を流し込んだ。

                                「 ギュっと握ると団子になり、軽く指で触れると崩れる程度が目安です。」
                                と記述があったので、イメージしながら希釈液を入れたが、難しい。

                                 


                                あまり固くならないのだ。
                                これ以上希釈液を入れると、次の米ぬかに入れる分量が足りなくなる。
                                総量を量って始めているのだから・・・

                                 


                                妻に声をかけ、
                                「 ギュっと握ると団子になり、軽く指で触れると崩れる程度が目安です、ぐらいかなぁ、これ?」と尋ねてみた。

                                 


                                妻は、かるく触って、固めると、
                                「うん、こんなもんちゃう?」と返事した。
                                 



                                軽い・・・
                                 

                                 


                                どっちでも良いのだろう・・・

                                 


                                1週間後、発酵状態を見た時、腐敗臭がしていたら・・・

                                きっと、妻は言うのだろう。

                                「残念だったネ!」と。

                                それも、笑顔で・・・


                                10、厚手のゴミ袋に入れて、ゴミ箱に入れた。

                                 

                                 




                                11、何度かゴミ箱を下に落として固めて、その上に新聞紙を置いた。
                                上側に出た水を吸い出す為だとか。

                                 

                                 


                                 

                                 


                                12、ゴミ袋を密封した。時折状態を確認できるように、食パンの袋についているような「針金?」で固く止めた。

                                 

                                 

                                 





                                13、あとは、蓋をして、庭の倉庫で保管。

                                 

                                 





                                と、なかなかの作業でした。

                                やってみた感想は・・・

                                「出来たEMボカシを購入した方が良い」です。


                                売っているものを見た(袋に入っている状態)時、
                                「中で菌が生きている」という風に感じられなかった。

                                 


                                本当に、生きている菌が入っているの?って感じ。

                                 


                                なので、自分で作ってみようと。

                                発酵の状態を自身の目で確認できるのだから、
                                当然、「生きている」ことがはっきり分かる。

                                何日か後にもっと分かるのだろうが、
                                いい状態で発酵してくれるとは思えない。
                                ぐらい、不安な気がしてならない。

                                水分の量とか・・・
                                EM菌・糖蜜の量とか・・・

                                まぁ、今後の楽しみが1つ増えたという事で良しとしよう。

                                失敗を成功に変える迄、頑張ってみよう。
                                EM菌と糖蜜が続く限り・・・

                                 

                                 

                                 

                                 

                                 


                                昨日、レモンの木で、カマキリが散歩していた。
                                だいぶ大きくなってきている。

                                うちの、いろいろな害虫を食べてくれますように!!
                                今年も卵を産んで、来年も来てくれますように!!

                                 

                                 


                                下の「花・園芸ブログ」「果樹・野菜」ボタンを押して頂くと励みになります!
                                宜しくお願い致します!!



                                にほんブログ村"data-mce-href="
                                にほんブログ村"">花・園芸ブログ



                                にほんブログ村"data-mce-href="
                                にほんブログ村"">果樹・野菜

                                   

                                2017.07.08 Saturday

                                EM菌(1号)・糖蜜 買ってみた!

                                0

                                  JUGEMテーマ:家庭

                                   

                                   

                                  平成29年7月8日(土)


                                  農薬を使わずに、レモンの栽培をする・・・という記事を読んだ。

                                  “醂舛鯊山与えると、病気や虫にやられる確率が高くなる。

                                  △任蓮肥料を少なくし、剪定を抑えた栽培をすると、

                                   ⇒ レモンの木がすぐ寿命を迎える。(弱くなる)

                                  なので、善玉菌で満たされる環境をつくる。

                                   

                                   


                                   ⇒ EM菌・醗酵微生物(乳酸菌、酵母、光合成細菌など)を撒き、土壌を良くする{物を酸化(腐食)させてしまう微生物群である悪玉菌以上の善玉菌(物を抗酸化させる)が存在する状態}ことにより、本来の土の力を蘇らせ、病害虫に強い有機農業を可能にする。

                                  まとめると、こういう事のようだ。

                                   



                                  EM菌とは何なのか?

                                  EMは「Effective Microorganism(有用微生物群)」の頭文字をとったもので、数十種類の有用な微生物を培養し、安定的に活動できるようにしたものである(※ただしこれは、一般的な微生物学における学術用語ではなく、EM提唱者であり中心的研究者でもある比嘉教授による造語(商標)であることに注意されたい)。 とあった。

                                   


                                  このEM菌に関する所説は沢山あった。


                                  肯定的なもの、否定的なもの。

                                   


                                  ただ、一時生ごみに「EM菌」を利用して堆肥にして循環型社会を作る運動が盛んにあったが、今、あまり見かけない事から察するに、少し効果に疑問的な方が多くなってきているという事か・・・


                                  一方で、自宅の庭の土壌は改良したかった。

                                  生口島のレモン谷で見たレモン畑に感動したからだ。


                                  太い幹のレモンの木。
                                  大きく実った果実。


                                  どれも羨ましい限りの光景だったのだが、

                                  もう1つ目を引いたのは「土」である。

                                   

                                   




                                  少し分かりにくい写真かもしれないが・・・

                                  ふかふかそうな、感じの良い土であった。



                                  家の庭の土は・・・

                                  一般的な分譲住宅の・・・

                                  でも、1回はある程度土を掘り起こし、
                                  ザルにかけ、
                                  「花の土」なるものを少し混ぜ・・・

                                  ぐらいはしたが、その程度である。

                                  先日、少し掘り返してみようと試みたが、直ぐに根にあたり掘り返せなかった。

                                  もう少し外の土を掘り返してでも、もっとふかふかの土にした方が良いのではないか?
                                  どう見ても、農業用の土壌ではない。わからん


                                  では、どうすればベストなのか?

                                  いろいろと検討した結果、
                                  EM肥料用ボカシを作って、撒いてみることにした。
                                  (購入するのではなく、自作してみることにした)


                                  失敗するのは恐れないことにする。
                                  失敗のその先に、輝かしい未来がある事を信じよう。


                                  失敗しても・・・

                                  もう、うちのレモンの木には1つしか実は残っていない。

                                  全滅寸前だ!

                                  もう既に、うちのファミリーはレモンの話しすらしない・・・


                                  EM菌・糖蜜セットを注文した。(未到着)
                                  ∧討未を調達してきた。

                                   




                                  自宅近くの精米機に行ってきた。
                                  「ヌカはご自由にお持ち帰り下さい」と書かれていたので、ご自由にお持ち帰りさせて頂いた。

                                   


                                  L粕を買ってきた。

                                   

                                   

                                   





                                  骨粉入り油粕 5kg

                                   


                                  あと、家に「牛糞」や「野菜の培養土」があるので、適当に混ぜて・・・


                                  これがダメなのかもしれない・・・

                                  ポイント、ポイントで「適当に」なのである。


                                  まぁ、EM菌が届き次第「適当に」作ってみよう。
                                  失敗は成功のもと、と言い聞かせながら( ^ω^)・・・



                                  下の「花・園芸ブログ」「果樹・野菜」ボタンを押して頂くと励みになります!
                                  宜しくお願い致します!!
                                   

                                   

                                   


                                  にほんブログ村"data-mce-href="
                                  にほんブログ村"">野菜・園芸ブログ



                                  にほんブログ村"data-mce-href="
                                  にほんブログ村"">果樹・野菜    
                                   

                                  2017.07.01 Saturday

                                  レモンを育てる。 土壌のphを測定してみた!

                                  0

                                    JUGEMテーマ:家庭

                                     

                                     

                                    平成29年7月1日(土)

                                    レモンを育てている周囲の土の状態が気になってきたので、「酸度測定液」を買ってきた。

                                     

                                     





                                    今、土の状態を確認して、もっと良い状態にしてあげるからね!

                                    そう思い、レモンの木を覗くと・・・


                                    悲しい・・・

                                    実が2つになっていた。


                                    とうとう、あと2つ。

                                     

                                     

                                     


                                    しかも、一番大きく育っていた実が落ちている・・・

                                    「全滅」の声が聞こえてきた・・・



                                    やはり、うちのレモンの木は実を保てる程、育っていなかったのだ。
                                    もっともっと樹を育てる事に注力すべきだった。

                                     


                                    花が咲いても、花を取り、
                                    実が生っても、実を取ってやる。

                                    今は、ただただ、樹を育てる事を一番に考えるべきだった。


                                    悲しんでばかりいても実は戻ってこない。

                                    いつかの、
                                    立派な、
                                    我が家のレモンの為に・・・

                                     


                                    pH測定をしてみた。


                                     .譽皀鵑量擇硫爾療擇鮑亮茲掘土1、水2の割合でペットボトルに入れた。
                                      よくかき混ぜ、きれいな上澄み液が出来るのを待った。


                                     





                                    ◆‐綫,澑佞良分を同封されていた試験管に採取した。
                                      2.5ccとった。

                                     

                                     





                                      アースチェック液を3滴加えて、試験管のふたをしてよく振った。

                                     

                                     



                                     

                                     



                                    【住友化学園芸】【酸度測定液】アースチェック 5ml


                                    結果はご覧の通り、pH5.5〜6.0の間。

                                    以前にも記載した通り、

                                    「柑橘の根は弱酸性、pHでいえば5.5〜6.0程度の土を好む」とある。
                                    「pH5.5〜6.0から離れる程、木の育成が悪くなる」とある。
                                    「pH5.5〜6.0から前後に1.0以上外れていた場合には調整したほうが良い」とある。

                                     

                                     


                                    酸度はOK!  大笑い 

                                     

                                     


                                    1つ、安心材料ができた。


                                    レモンだけではなく、
                                    柚子と、
                                    蒲萄の木の下も確認しておこう・・・


                                    測定してみると、ほぼ同じ状態であった。

                                    ほぼ、同じ環境なので当たり前といえば当たり前なのだが、
                                    少し安心した。


                                    次は、土の中の菌の状態を良くしてみようと思う。

                                     


                                    今、土の中の悪玉菌と善玉菌の状態がどうなっているのか?
                                    どう測定したら良いのかも分からない・・・

                                    ただ、化成肥料だと「肥料やけ」を起こす心配があるが、
                                    有機肥料だと心配ない、との事・・・

                                     

                                     


                                    有機微生物群(EM)と、EMを安定培養する為に必要な糖蜜を購入し、有機肥料とともに撒いてみよう・・・「土と肥料」

                                     

                                     


                                    あと、2つのレモンの実・・・

                                    なんとか落ちないで育ってくれないかな??


                                    下の「花・園芸ブログ」「果樹・野菜」ボタンを押して頂くと励みになります!
                                     

                                     

                                     


                                    にほんブログ村"data-mce-href="
                                    にほんブログ村"">花・園芸ブログ



                                    にほんブログ村"data-mce-href="
                                    にほんブログ村"">果樹・野菜


                                     

                                     

                                    2017.06.24 Saturday

                                    レモンの実が落ちだした!! 問題は土? 肥料?

                                    0

                                      JUGEMテーマ:家庭

                                       

                                       

                                      平成29年6月24日(土)

                                       

                                       


                                      とうとう心配していた事が起きてしまった。

                                      大変、悲しい出来事である。

                                       

                                       

                                      100以上のレモンの花が咲いたので、
                                      100以上のレモンの実がなるのだと思った。

                                      「やっと咲いた花!」参照

                                       


                                      今年で、このブログも完成されるものだと・・・
                                      あとは無農薬のレモンを収穫し・・・
                                      すっぱいレモンミックスジュースのレシピを紹介して・・・


                                      思い出せば思い出すほど・・・
                                      想像すれば想像するほど・・・
                                      悲しくなってきた。

                                       


                                      「レモンの実はいずこ?」で書かせて頂いた通り、
                                      結局、5月28日時点では、7つの実が付いていた。


                                      花は沢山さいたが、雌しべがある花が少なかったから・・・
                                      残った7つの実については、徐々に大きくなっていくのだろう・・・


                                      少し気になるのは、ほぼ同じ場所に2つの実が付いている。
                                      これは落ちてしまうかもしれない・・・

                                      そう、思っていた。

                                       

                                       


                                       

                                       


                                      6月18日(日)実が落ちているのを確認した。

                                       


                                      しかしながら、これは上記の通り、
                                      折り込み済みの「ほぼ同じ場所についている2つの実」の内の1つであった。
                                      まだ、「2つとも落ちなくて良かった・・・」ぐらいに思っていた。
                                      あと、6つ、実が残っているから・・・


                                      6月24日(土)午前
                                      「少しは実が大きくなっているかな?」と思い確認した。
                                      (日々、帰宅時にレモンを見ているが、個数迄見ていなかった。)

                                       



                                      4つしかない号泣
                                       

                                       


                                      その後、2つも実が落ちていたことになる・・・

                                      地面を確認した。
                                      落ちている実を1個発見した。

                                       

                                       


                                      ダメだ。
                                      このまま、全ての実が落ちていくかもしれない・・・
                                       

                                       


                                      ・生理落下してしまったのだろうか?
                                      「露地栽培を選んだとしても、栄養状況が悪かったり、開花後に急激に気温が上がると生理落下(実が自然に落ちる現象)してしまうことがある。」らしい。

                                       


                                      ・まだ、育て始めてから2年だからだろうか?
                                      「桃栗3年・・・」でご説明したように、実がなるには時間が必要なのか?
                                       やはり、直ぐに実の収穫を期待するなら鉢植え栽培の方が良いという事か?

                                       

                                       


                                       花が沢山咲いた時、切り取るべきだったのだろうか?
                                       今は、樹を育てる事にほとんどの栄養を使ってもらうようにしなければ??

                                       苗木を購入して育てる場合でも、収穫できるようになるまでには3年は必要との記事もある。

                                       


                                      ・剪定をしなかったからだろうか?
                                       知識が無い為、昨年「剪定」などしていない。
                                       秋芽の枝は切り取らないといけないのか?
                                       

                                       


                                      またまた、いろいろ悩んでしまった。


                                      ネットや本で、少しは勉強するようにはなってきているのだが、いかんせん見る本やサイト記事で内容が違う事もある。樹の大きさや植え方等々で量がかわる事もあるせいか、「具体的にどれぐらの量が必要なのか?」等、もう少し詳細な記述が欲しいと思う事もある。




                                      「肥料やけ」に注意すること!
                                      肥料は、やればやるほど良いというものでは無い。やり過ぎると土の中の肥料分の濃度が高くなり、浸透圧の影響で根の水分が奪われ、「いくら水をやってもしおれる」という事にもなりかねない。特に化成肥料等の成分割合が高い肥料を用いる場合は注意が必要、との事。

                                       


                                      5月28日 3ヶ月ぶりに肥料を撒いた時、化成肥料を撒いた。


                                      「露地栽培を選んだとしても、栄養状況が悪かったり、開花後に急激に気温が上がると生理落下(実が自然に落ちる現象)してしまうことがある。」らしい。
                                      を思い出し、肥料の適量を調べた。



                                      施肥時期  種類              庭植え        
                                                                   樹冠直径  
                                                             1m未満 2m     4m
                                        
                                        2月        油かす      240g    960g     4000g  
                                        6月      化成肥料       70g     280g     1000g   
                                      11月        化成肥料       50g     200g      800g   



                                      施肥時期  種類               鉢植え
                                                               鉢の大きさ(号数)
                                                               8号     10号    15号
                                        
                                        2月       油かす      260g       90g        180g
                                        6月     化成肥料      18g       27g          54g
                                      11月       化成肥料      12g       18g          36g


                                       *2月油かす ;   N-P-K=3-5-2 等
                                       *化成肥料 ; N-P-K=8-8-8 等

                                       を参考にしてみた。

                                       



                                       


                                      280gとは、かくも多量の肥料となる。

                                      私はこれよりも少なめにしたものの、ほぼこの程度の化成肥料を施肥した。

                                       


                                      「樹冠」という文字を、木の高さと勘違いして。
                                      つまり、280g施肥した。

                                      樹冠とは、枝葉が茂る範囲のようなので(横幅?)、1mに満たない。
                                      ということは、70g程度で良かったのだ・・・
                                      「肥料やけ」しているのだろうか?

                                       


                                      ただ、実は落ちたが、「しおれている」という状態ではない気がする。

                                      という事は、沢山実が残るにはまだまだ時間がかかるという事なのか?

                                       


                                      こういう事がおこると、土が適正なのか確認したくなる。
                                      「柑橘の根は弱酸性、pHでいえば5.5〜6.0程度の土を好む」とある。
                                      「pH5.5〜6.0から離れる程、木の育成が悪くなる」とある。
                                      「pH5.5〜6.0から前後に1.0以上外れていた場合には調整したほうが良い」とある。

                                       


                                      市販の測定キットや酸度計を使用するらしい。



                                      【特価】セール★住友化学園芸 アースチェック液 5ml×45回分【10P03Sep16】

                                       


                                      愛農 土壌酸度計 SS-5 測定範囲 pH:3〜10 電池不要 土中に差すだけで酸度が数値でわかる! 園芸・農業・畑・家庭菜園に

                                       

                                       


                                      土壌pHを高くする(中性に近づける)場合は、石灰を使用する。
                                      消石灰や苦土石灰が市販されているようですが、マグネシウムを含み作用が穏やかな苦土石灰がお勧めとの事。
                                      一般に1屬療擇裡Hを1.0上げるのに必要な苦土石灰は300g程度らしい。


                                      粉末苦土石灰 マグライム1kg

                                       


                                      反対に、土壌pHを低くする(酸性に近づける)場合は硫黄華を利用する。
                                      1屬療擇裡Hを1.0下げる目安は200g程度らしい。

                                       


                                      いろいろなことを試してみないといけないが、土と肥料について検証してみようと思う。




                                       下の「花・園芸ブログ」「果樹・野菜」ボタンを押して頂くと励みになります!
                                       宜しくお願い致します!!



                                      にほんブログ村"data-mce-href="
                                      にほんブログ村"">花、園芸ブログ


                                      にほんブログ村"data-mce-href="
                                      にほんブログ村"">果樹、野菜ブログ

                                         
                                       

                                      Calendar
                                      1234567
                                      891011121314
                                      15161718192021
                                      22232425262728
                                      293031    
                                      << July 2018 >>
                                      ご覧頂きありがとうございます。
                                      @korolemon
                                      スポンサーリンク
                                      ランキングに参加しています。宜しくお願いします!!
                                      にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ
                                      にほんブログ村
                                      ブログ感覚でHPを簡単作成
                                      日本ブログ村ランキング
                                      PVアクセスランキング にほんブログ村
                                      Selected Entries
                                      Categories
                                      Archives
                                      Recent Comment
                                      • レモンの成長 30.7 接ぎ木したみかんの穂木から待望の新芽が出現!!
                                        korolemon (07/19)
                                      • レモンの成長 30.7 接ぎ木したみかんの穂木から待望の新芽が出現!!
                                        日本一の果実 (07/18)
                                      • レモンの成長 30.7 接ぎ木したみかんの穂木から待望の新芽が出現!!
                                        korolemon (07/16)
                                      • レモンの成長 30.7 接ぎ木したみかんの穂木から待望の新芽が出現!!
                                        korolemon (07/16)
                                      • レモンの成長 30.7 接ぎ木したみかんの穂木から待望の新芽が出現!!
                                        海月 (07/15)
                                      • レモンの成長 30.7 接ぎ木したみかんの穂木から待望の新芽が出現!!
                                        gerogero (07/15)
                                      • ピオーネの成長 H30年7月 裂果との闘い  病気と害虫をどうやって防ぐのか?
                                        korolemon (07/10)
                                      • ピオーネの成長 H30年7月 裂果との闘い  病気と害虫をどうやって防ぐのか?
                                        海月 (07/09)
                                      • ピオーネの成長 H30年7月 裂果との闘い  病気と害虫をどうやって防ぐのか?
                                        korolemon (07/09)
                                      • ピオーネの成長 H30年7月 裂果との闘い  病気と害虫をどうやって防ぐのか?
                                        gerogero (07/09)
                                      Recommend
                                      バースデー プレート
                                      バースデー プレート (JUGEMレビュー »)

                                      大切な人へ。

                                      生涯残る、唯一の贈り物。
                                      Links
                                      Profile
                                      Search this site.
                                      Others
                                      Mobile
                                      qrcode
                                      Powered by
                                      30days Album
                                      無料ブログ作成サービス JUGEM