<< 落ち始めた樹液 | main | アスパラガスがポコポコポコ >>
2018.03.20 Tuesday

今年初めてのカイガラムシ。 こすり落とすと死んでしまうか試してみた!

0

    JUGEMテーマ:家庭

     

     


    今年初めてのカイガラムシ

     

    こすり落とすと死んでしまうか試してみた!


     

     

     

    日々、見れる限り観察を続けています。

     

    今の時期、ほとんど変化はみられませんが。 漢字だよ。笑 の画像

     

     

     

    3月11日(日)

     

    カイガラムシを発見しました。

     

    1本にだけ。

     

     

     

    しかも、それは、

     

    大事な鉢植えレモンでした。 目玉 の画像

     

     

     

    鉢植えレモンが玄関先に置いてあり、

     

    一番、風・雨などがあたらない場所に

     

    置いてあるのに何故でしょうか?

     

     

     

    カイガラムシとは?

     

    過去に記載した記事を振り返ってみます。

     

     

     

    害虫・病気を知り、対策を講じる!

     

     

     

    レモンの育て方記事内の

     

    カイガラムシとは?

     

     

     

     

    「春の暖かくなる

     

    5月〜7月に増殖が盛んになる。」

     

     

     

    だいぶ暖かくなってきたという証でしょう。

     

     

     

    1匹づつ、計3匹。

     

    沢山のカイガラムシが集まっていたら

     

    気持ち悪いですが、

     

    1匹だと、少し可愛いかも?

     

    でも、ないか・・・ 

     

     

     

     

     

     

    ・歯ブラシでこすり取る。

     

    成虫になるにつれ、余分な栄養や排泄物が蓄積して、体を覆う殻になります。殻が作られると薬剤が効きにくくなるようで、こすって落とす駆除が効果的のようです。歯ブラシなどでこすり落とします。固着した植物から引き剥がされたカイガラムシは、植物の組織内に口吻を残してしまうので摂食ができず、死んでしまいます。

     

     

     

    以前書いた記事です。

     

     

     

    本当に、引き剥がしただけで、

     

    カイガラムシはお亡くなりになるのか?

     

    検証してみることにしてみました。

     

     

     

     

    ハサミの先で、ちょっと横に押すと

     

    簡単に落ちました。

     

    コップの中に入れてみました。

     

     

     

     

     

     

    動きません。

     

    全く、動きません。 

     

     

     

     

    生きているのか?

     

    死んでいるのか?

     

     

     

    痛がっているのか?

     

    楽勝〜〜と思っているのか?

     

     

     

    これは困った、

     

    どうしようと思っているのか?

     

    余裕で、逃げられるよ、と思っているのか?

     

     

     

     

     

    しばらく、

     

    このままほっておいてみましょう。

     

     

     

     

     

     

    昨日の写真。

     

    8日後・・・

     

     

    ひっくり返っていた1匹。

     

    起き上がっていました。 マメマメン ビックリ !! の画像

     

     

     

     

    場所も微妙に変わっている。

     

    生きているのでしょうか?

     

     

     

    少し突いてみました。

     

    全く動きません。 目玉 の画像

     

    生きているか死んでいるか?

     

    分かりません。

     

     

     

     

    枝の上で生きている時でさえ、

     

    その生死は分からない程動かないのに、

     

    今、判別しようがないのは当たり前。 夏だよ。子供だよ。汗だく の画像

     

     

     

     

     

    悩んだあげく、

     

    もう少し、

     

    このまま様子を見ることにしました。

     

    変化があれば、後術します。  おじぎ の画像

     

     

     

     

     

     

     

     

    ほんの少しでも、

     

    面白いと思って頂ければ、

     

    下のバナー(コロ)を

     

    「ポチッ」と押して頂きますと、

     

    これからも、頑張れます!

     

     

    宜しくお願いします。 おじぎ の画像

     

     

     

     

     


    にほんブログ村

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    コメント
    害虫の研究をするのも面白いと思います。
    害虫が棲まない剪定と早期発見でしょうか。
    害虫より怖いのが病気です。
    あと鳥獣害もあります。
    果樹栽培の難し所です。
    それぞれある程度のレベルに達しませんと良い実が収穫出来ません。
    • 日本一の果実
    • 2018.03.20 Tuesday 06:27
    カイガラムシの観察...続報が気になります(ΦωΦ)
    ホームセンターで売られているカシの木に、びっしりついているのを見たことがあります。
    お店の人も見て見ぬ振りなのか。気づいていないのか。
    暖かくなると病害虫が活発になり、頭がいたいです(;´д`)
    • 海月
    • 2018.03.20 Tuesday 13:55
    日本一の果実さんへ

    >害虫が棲まない剪定と早期発見でしょうか。
    以前、ご教授頂きました。
    レモンは内向性。内側の細枝も邪魔にならない程度に残す。
    剪定ひとつとっても難しいものだなぁと思います。
    残すところは残し、切るところは切る。

    今日、ある方の話しにありました。
    「成功した実績・経験こそ、そのレベルを気付かせてくれます。」
    先ずは、成功の経験を積んでいかなければ・・・ ^^;



    • korolemon
    • 2018.03.20 Tuesday 20:07
    海月さんへ

    続報、気になって頂ければ幸いです。
    恐悦至極でございます。 ^^:;
    上手に育てる事は本当に難しいですよね。
    って、上手に育てたことはありませんが・・・ ^^;

    今年は、出来うる限り、観察に注力しようと思っています。
    実際に見ること、に注力しようと。
    勉強から、実践。
    どこまで気付けて、どこまで対処出来るのか?

    見て見ぬふりをしないよう心掛けてみます!! ^^;
    • korolemon
    • 2018.03.20 Tuesday 20:15
    コメントする








     
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    Calendar
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
    << May 2018 >>
    ご覧頂きありがとうございます。
    @korolemon
    スポンサーリンク
    ランキングに参加しています。宜しくお願いします!!

    にほんブログ村
    ブログ感覚でHPを簡単作成
    日本ブログ村ランキング
    PVアクセスランキング にほんブログ村
    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Recent Comment
    Recommend
    バースデー プレート
    バースデー プレート (JUGEMレビュー »)

    大切な人へ。

    生涯残る、唯一の贈り物。
    Links
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM