<< 今年のスケジュールを再度確認! | main | レモンの成長 31.1  この冬初めて庭に薄っすら雪が・・・ >>
2019.01.19 Saturday

カラタチの挿し木をやってみた。 実生以外でも苗を増やせるのでしょうか?

0

    JUGEMテーマ:家庭

     

     

     


    カラタチの挿し木をやってみた。

     

    実生以外でも苗を増やせるのでしょうか?


     

     

     

    本日は、平成31年1月19日(土)。

     

     

    柑橘系の台木としてカラタチを育て初めて1年が経とうとしています。

     

    当初接ぎ木されていたみかんの穂木は枯れてしまいました。

     

    その後、ぐんぐんカラタチの台木は成長。

     

     

    庭植えのカラタチは縦に、

     

    鉢植えのカラタチは横に、成長しています。

     

     

    横に横に伸びる枝は少し邪魔になってきて・・・

     

    切り捨てるには惜しいので挿し木にチャレンジしてみる事に。

     

     

     

     

    カラタチのタネは多胚性と言って一粒から2〜5本の芽(苗)が出る様で、

     

    カラタチの苗を作るのは挿し木ではなく、

     

    種を蒔いて育てるのが主流だとか。

     

     

     

    挿し木で大丈夫かな?等と記事をアップしておりますと、

     

    ブロ友さんからコメントを頂きました。

     

    「私もカラタチの挿し木をしていますが、挿してから1年は生きているのかどうかも分かりません。

    まずカラタチの挿し木は発根が遅いです。

    なので挿してから1年は放置。

    1年後に抜いてみると枝は緑であっても発根していないものも多々あります。

    ・・・・・

    発根していても肥料などの養分を与えていないので枝の太さは挿した時と同じ。

    発根していれば2mmの太さの枝に接木してようやく成長を開始。 

    私の場合、一番細い枝の接木がこのカラタチの接木になります。

    接いでから1年経って30cm。 特に1〜3年は成長が遅いです。 5年で2.5m。

    これくらいになりますと100個は生らせられますので一応完成体。 ・・・」

     

     

     

    「挿し木の時期が早過ぎますと失敗します。

    カラタチの挿し木の時期は3月くらいが良いと思います。

    挿し木はカルスの形成を早めて枝中養分の流出を防ぐ。

    接木は形成層の活着を早めて台木から接木した穂木に早く養分を送る。

    挿し穂も接木の穂木も疲れ切る前の如何に短時間で進めるか。 ここがポイントです。

    温度と光。 重要な要素になります。

    私も過去に1月早々(元旦)に各種の挿し木をしたことがあります。

    発根時期は1〜2ケ月早めても変わりませんし、逆に成功率が落ちます。

    korolemonさんも冬に1/3。春(3月)に残りの2/3を挿してみて下さい。

    実際にやって確認することも重要ですので。」

     

     

    外ではなく、家屋の中で、

     

    一定の水分もきっちりキープしてあげれば、

     

    1月でも挿し木OKかなぁ?と安易に考えていたのですが・・・

     

     

    教えて頂いた様に、

     

    1月と3月にカラタチの挿し木を行い、その違いを見てみる事にします。

     

     

     

     

    倉庫を覗くと、種まきの土が残っていました。

     

    赤玉土ではなく、種まきの土を使ってみました。

     

     

     

     

    鉢が用意出来ましたので、

     

    横に伸びた枝を切り、穂木を作ってみます。

     

     

     

     

    切り取った枝をよく見てみますと、

     

    何やら新芽も見える様です。

     

     

     

     

    なかなかに元気そうな枝なので少し安心です。

     

    ちなみに、事前にトゲを切り落としています。

     

    まめまめしく、癒合促進剤も塗り水分が抜けるのを少しでも防いでみました。

     

     

     

     

    この枝を半分に切ってみると、

     

    長さ、12〜13僂箸い辰燭箸海蹐砲覆蠅泙靴拭

     

     

     

    「出来れば長さは20cmくらい。 挿す深さは5cmくらい。」

     

    とのアドバイス通りにと思っていましたが、

     

    それよりは短い状態となってしまいました。  ^^;

     

     

     

    枝をハサミで切りました。

     

    以前レモンの挿し木をした時もハサミで切りました。

     

    この時に、「ハサミが切れにくかったのか切り口が傷んでいたので、

     

    新根が出にくかったのでしょう。」

     

    とのコメントを頂きましたので、今回は「接ぎ木ナイフ」で綺麗にカット!

     

    又、断面積を増やす為に斜めにカットしてみました。

     

     

     

     

    そして次に、発根促進剤の準備です。

     

    「ルートン」も以前使用したものが残っていました。

     

     

     

     

    その間、切った穂木は水につけておいてみました。

     

    時間にして、約20分程度。

     

     

     

     

     

    少し穴を掘り、穂木に土を被せてみました。

     

    穂木を差し込むように土に入れると、

     

    発根促進剤が取れるので、取れないように注意します。

     

     

    種まきの土はさらさらしています。

     

    ちょっと当たると、斜めに傾く程です。

     

    穂木の周りの土を、少しギュッと押し固めてみました。

     

     

     

     

    「挿してから一ケ月は挿した鉢ごとビニール袋で覆って湿度100%を維持し

     

    枝から水分が抜けないようにします。」

     

    とのアドバイスも頂いておりましたので、

     

    割りばしを4か所鉢に差し込み、ビニール袋をかけてみました。

     

     

     

     

    さて、これで完了とします。

     

     /緤を保ちながら、

     

    ◆_案發如

     

     1か月はビニール袋をかけて、育ててみます。

     

     

    3月になったら、同じ様にもう1鉢作ってみます。

     

    2つの鉢の成長記録を付けていってみます!!

     

     

    1年経過しても、「枯れてはいないが新根も未だ出てこない」

     

    という状態もありうるとの事にて、

     

    レモンの挿し木以上に気長に検証していかなければなりません。

     

    頑張りましょう!

     

     

     

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

     

     

     

    さて、本日は、平成31年2月23日(土)

     

    カラタチの挿し木を始めてから35日経過しました。

     

     

    毎日観察をして感じた事。

     

     〜瓦、枝自体には変化がありません。

     

    ◆.ビが直ぐに生えます。

     

      毎週終末にビニール袋・割り箸(串)を取り替え、

     

      挿し穂に生えたカビをティッシュでとったのですが、

     

      この際枝がぐらぐら動きます。

     

      「まずいなぁ。」と思うのですが、カビが生えっぱなしではとも思い・・・

     

      毎週カビを取り除きますが、毎週再度生えてきます。

     

     

      カビの状態は、こんな感じです。

     

     

     

     

     

     

     

    「湿度を保てている」事の確認が出来ている点は良いのですが、

     

    この状態を継続するのはどうかと思い始めました。

     

    又、「挿し木後1か月は湿度を保つ」という当初計画でしたので、

     

    ここは思い切ってビニール袋を取り除いてみました。

     

     

    又、このまま様子を見ていきたいと思います。 ^^

     

     

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

     

     

    平成31年3月21日

     

    春(3月)の剪定、挿し木をしてみました。

     

    1月よりは、成功する可能性が高まるはず・・・

     

     

    鉢植えのカラタチの枝を全て切り取り、

     

    残した1本の主枝も、半分に切り取り、

     

    切り取った枝達を挿し木してみました。

     

     

    その時の様子が、「こちら」です!

     

    この後の経過も綴っていきたいと思います。 ^^

     

     

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

     

     

     

     

     

     

    ほんの少しでも、

     

    面白いと思って頂ければ、

     

    下のバナー(コロ)を

     

    「ポチッ」と押して頂きますと、

     

    これからも、頑張れます!

     

     

    宜しくお願いします。 おじぎ の画像

     

     

     

     

     


    にほんブログ村

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    コメント
    カラタチの挿し木はそんなにゆっくり成長するんですね。
    うちのもレモンの台芽を切って赤玉土に2本挿したものが、1本生き残っています。
    まだ根っこは出ていないかも。
    底面吸水鉢に植えているので、水切れに強いです。
    とげを切り落として癒合促進剤を塗ったり、まめにされているので、成長が良さそうですね。
    • 海月
    • 2019.01.20 Sunday 13:49
    海月さんへ

    確か海月さんのカラタチの話しで、カラタチの台木からの芽でも増やせるなぁと
    思ったのだと思います。偶然、穂木を頂いたので、今、それを育てていますが。
    今年1年カラタチを育てて思う事。枝は長く育ったのですが、太くなりません。
    「特に1〜3年は成長が遅い」と書かれていましたので、太く育っていくのも、
    3年後という事でしょうか。 今後、見ていきたいと思います。
    「根が生えだしたら、2个梁世気任眄椶木をした」と書かれてるのに驚いてます。
    凄いテクニックだなぁと。
    先ずは、根が生えてくることを祈りたいと思います。 ^^;
    カラタチの挿し木は長い道のりですが暖かく見守って行きましょう。

    鉢植えのカラタチ苗を成長させる為には強剪定が宜しいかと。
    今度、3月の挿し木は今のカラタチ苗の根元から5cm程度ままで切り戻しましょう。
    • 日本一の果実
    • 2019.01.21 Monday 21:03
    日本一の果実さんへ

    長い道のりの様ですが、頑張って行こうと思います!
    鉢植えの苗の強剪定の件、了解しました。
    根本から5僂任垢諭 その様にしてみます。
    強剪定の方が成長する、という事でしたので、
    庭植えのカラタチ苗も強剪定してみようかと思っていたのですが、
    鉢植えの方だけで良いようでしょうか? ^^
    挿し木は、今まで成功したことはありませんが、今年は接ぎ木に挑戦したいと、
    おもいます。
    korolemonさんの今回の記事は、非常に懇切丁寧に説明されていますので、
    良き教本にしたいと思います。
    ありがたいことです。
    一本から立ち退きが、結構大きくなっているので、ミカンとレモンと、
    ポンカンを接ぎ木してみたいと、思っているのですよ。
    でも、そう簡単ではなさそうで、成功する確率は、相当低いのではないでしょうか。
    yukikami27さんへ

    昨年、初めて接ぎ木にチャレンジしました。
    最初は「全部成功したんだ」と思った程順調だったのですが、結局アレンユーレカレモン以外は
    枯れてしまいました。
    次にする時は、接ぐ枝の選び方、接いだ後の周囲の整理(養分を穂木に回す)
    等に特に注意していきたいと思っています。
    3月の1周目頃に実施予定です。 やりましたら、アップを予定しています。
    成功を期待して、一緒に頑張りましょう!! ^^
    カラタチやヤマトタチバナの挿し木は かなり難しいと感じています...。(レモンやオレンジの初根率は高いですが...)

    台木などの使用目的に、それらを増やす場合は “取り木” が手っ取り早いと思います。(茎径が細くても可)
    “取り木” を仕掛けて約一ヶ月弱で、形成層(カルス)がコブ状になり、その部分から初根が始まります。このやり方でしたら、親木を強剪定で弱らせずに楽しめます。
    また、
    挿木を楽しみたいのでしたら、途中まで “取り木” で様子見して、白っぽいカルスが出来るのを確認してから(穂木を)切り離して挿し木に変更すると ほぼ100%成功すると思います。

    柑橘類の小苗は成長が早く、有機肥料をやればやるほど大きくなるので、初春〜晩秋の間、成長過程を楽しむことができますね...。
    • 橘愛好派
    • 2019.04.30 Tuesday 01:31
    橘愛好派さんへ

    ご丁寧なコメント、誠にありがとうございます。
    素人の私がレモンやぶどうを育て始め、当初は色々な書物を読んだのですが、
    案外と沢山ある訳ではなく、結果、有益な情報源となっているのがコメントです。
    詳しく、経験を積まれた方が時折コメントをくれ、それを実行していく内に、
    私なりの考えも出来てきている様に感じています。
    お時間が許すようでしたら今後とも宜しくお願い致します。

    ”取り木”という方法を始めて知りました。今、ググってみました。
    挿し木や接ぎ木で上手くいかなくても、取り木なら上手くいく事が多いと書いてありました。私の様に、数は必要ない場合、挿し木より取り木の方が適しているみたいですね。
    はぎ取り法、切り込み法、針金巻き法と色々あるようです。
    やり方を読んでみますと、針金巻き法が一番分かり易かったのですが、これが一番やり易いのでしょうか?
    又、私は路地植えでもカラタチを育て始めていますが、まだまだ小さく、枝も細いのですが、この状態でも1枝を針金で巻いてしまっても大丈夫でしょうか?

    取り木は、上記の通り、今知った所ですので、分からない事ばかりですが、
    根気よくやっていってみたいと思います!! ^^
    こんにちは...

    アゲハチョウのエサ用に1〜2本欲しかったので、今朝方、ネット通販を検索していたら、偶然辿り着きました。
    昔は、どこの お家でも垣根に使われていたカラタチですが、今ではスッカリ見なくなりました。(残念です。)

    ブログ中の、枯れた穂木は残念でしたが、”台木勝ち” したカラタチは非常に逞しいですね...。(接木苗の場合、やがて訪れる台木と接ぎ穂の相性による勝敗がある為に寿命は短いです。やはり、一本物は長寿です。)

    こちらでも、(長年..)カラタチの台木に傷を付けて生長ホルモン剤を塗布して(カラタチを..)発芽させようと目論んでますが中々上手くいきません。

    そんな さ中、
    ネット検索で、どうこうしてる内に(昨年の初夏..)、『非時香菓(御神木のヤマトタチバナ)』に出逢い、スッカリ魅了されてハマって仕舞いました。
    更に、カラタチの代用として台木にできないものか?・・・と今現在、試行錯誤の真っ最中です。

    実生(カラタチや橘は親と同じものが生える?ので、種は貴重です。)は楽しいですし、クローンで増やす取り木・挿し木も結構楽しいですね...。(盆栽用の太いものは “取り木” で取ります。)

    柑橘の種類によっては、水揚げが良い(葉が大きく充実したレモンや樹勢が強いオレンジ等)ものは挿し木が遣り易いですが、逆に、水揚げが宜しくない(柚子、橘、枳殻、金柑類等)と思われるものは挿し木に不向きなのかも知れませんね...。

    柑橘類の取り木では、一年枝や当年枝(穂木が伸びて固まったもの..)のように細い枝でも簡単に取れます。

    細い枝でしたら、お目当ての部分に、適切な方法で傷を付け、切口を湿らせたガーゼ等でグルリと簡易に巻き付けて、その上から乾燥を防ぐようにサランラップ等を巻いて完了ですが、中のガーゼ等が乾燥しないように時々チェックを要します。適期でしたら2〜3週で白いカルスが現れます。(様子を見て、切り取って挿し木に変更します・・・その後、直ぐに根が出てきます。)

    太い枝を取るなら、少し時間と手間が要りますが、形成層を除去した切口にポリポット(ポリポットで取り木を検索)を巻いて、その中には軽くて保水性の良い鹿沼土が適していると思います。(根の出が良いです。)
    但し、 初根後に切り取った芯の部分は確実に取り除かないと、上部(地上の..)の芯の部分も同じように(形成層が死滅して..)剥き出し状になります。
    なので、地中の根の部分でも傷害誘導性のカルス形成は非常に大事ですね...。
    • 橘愛好派
    • 2019.04.30 Tuesday 12:41
    橘愛好派さんへ

    詳細にわたるコメントありがとうございました!
    今も、ずっと他の「取り木」に関する情報を集めていました。
    ここまでご説明頂きますと、直ぐにでも実行しなければ申し訳ないので、
    天気がよければ、明日にでもチャレンジしてみようと思います。
    いつもそうなのですが、理解したつもりになって実行するのですが、「ここが違う!」とダメ出しを頂きます。 ^^; そんなこんなの繰り返しですが、兎にも角にも行動しなければ何も始まりません! 勢いだけでいってみたいと思います!
    取り敢えず、2/3程切り口を入れて、癒合促進剤を付けて、濡れたガーゼで巻いてからサランラップで巻いてみます!

    非時香菓(御神木のヤマトタチバナ)、少しググッてみました。
    不老不死の木とされているのでしょうか? 寒さや病気に強い台木になりそうですね。花が、花柚子の花に似ているような・・・
    成功をお祈りしています。 ^^

    コメントする








     
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    Calendar
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031    
    << December 2019 >>
    ご覧頂きありがとうございます。
    @korolemon
    スポンサーリンク
    ランキングに参加しています。ポチっと宜しくお願いします!!
    にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ
    にほんブログ村
    スポンサーリンク
    日本ブログ村ランキング
    PVアクセスランキング にほんブログ村
    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Recent Comment
    Recommend
    バースデー プレート
    バースデー プレート (JUGEMレビュー »)

    大切な人へ。

    生涯残る、唯一の贈り物。
    Links
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM