<< 2回目のカラタチの挿し木。 1月の挿し木と3月の挿し木を比較するために。。。 | main | ピオーネの成長 3月 ぶどうの樹の下に反射シートを敷き詰める? 果実の着色促進のために・・ >>
2019.03.24 Sunday

レモンの成長 31.3  20リットル鉢の鉢植えレモンを植え替えてみた! 1年8か月で根の成長は?

0

    JUGEMテーマ:家庭

     

     


    レモンの成長 31.3

     

    20ℓ鉢の鉢植えレモンを植え替えてみた!

     

    1年8か月で根の成長は?


     

     

    平成29年、実付きの鉢植えレモンを購入しました。

     

    庭植えレモンの実が落ちて、収穫0となる見込みとなった為。

     

    どうしても、その年にレモンを収穫をしたかったから。

     

     

    それと、「庭植え」と「鉢植え」の両方の経験を持ちたかったから。

     

     

     

    平成29年7月29日

     

    購入したレモンの鉢を植え替えました。

     

    あれから、約1年8か月経過しました。

     

     

    途中、6、7号鉢は植え替えましたが、20ℓ鉢はずっとあのまま。

     

    2〜3年に1回で植え替えをと思っておりましたので。

     

    もう1年は大丈夫な気もしますが、

     

    満を持して今回植え替えをしてみました。

     

    (鉢植えレモンの植え替えに関する記事は「こちら」)

     

     

     

    根っこの様子はどうでしょうか?

     

    詰まり過ぎていては成長出来ません。

     

    土は臭くないでしょうか? 根腐れは?

     

    色々な心配が尽きません。

     

     

     

    以前に私が頂いた「果樹の成長」に関するコメントです。

     

     

    「あと成長に関して 施肥の他に土そのものの状態があります。 鉢では『根詰まり』を起こし易いです。 根が窒息する状態。 路地でもそれは当てはまります。 固くて空気が入っていない状態は地上部とのバランスが崩れます。 今回の路地レモンの施肥をされたさらに外周部の土を柔らかくして下さい。 (スコップなどで土をほぐす。幹近くはやらない。) 根が成長を始める春以降で結構です。 新根の成長=木の成長。 例えば今年実の生る木の挿し木した太さ5mm,・長さ10cmの枝を晩秋までに1.5mまで成長させます。(台木の挿し木は敢えて接ぎ易い太さで抑えますが。) 晩秋まで肥料をやり続ける(2ケ月ごと)ことと新根の成長に合わせて根が成長する所の土に空気を送り続ける(新根の先を常に耕す)。 この2つです。 根の成長は春は勿論成長します。あとあまり知られてませんが秋にも大きく成長します。(夏は成長しません。) 根の成長は気温と関係しますので。 人が暑い時は木も暑い。」

     

     

    「果樹の成長は根に比例します。 根が成長出来る環境作りが第一ですね。 2か月毎の肥料と酸素。 これが8割でしょうか。 あとの2割が地上部。 余分な枝を作らないことと幹を安定させること。 幹が安定しませんと果樹もストレスを感じます。 安心して成長させることでしょうか。」

     

     

    根は、しっかり成長出来るスペースを確保してあげたいものです。

     

    頑張って植え替えをした様子を書き綴ってみます・・・

     

     

     

     

    20ℓ鉢は、やはり重いです。

     

    少し、下に降ろすだけでもヒーヒー言います。

     

    これを将来40ℓにすることを想像すると怖い・・・

     

     

    先日、みかんの穂木を接ぎ木したところです。

     

    気を付けなければなりません。

     

    「あっ!」と腕などをぶつけようものならアウトです。

     

     

     

     

    ゆっくり、揺れない様に気を付けながら、

     

    鉢から木を抜こうとするのですが全く抜けません。

     

     

     

    妻を呼びました! 「Help! Help!」

     

    「もう何よーーーーっ。」と言いながら出てきた妻は・・・

     

    じっと見つめています

     

    「Help! Help!」

     

    「えっ、何? 私に何が出来るん??????」

     

    じっと見つめています

     

    ・・・・・・・・・・

     

     

     

    諦めかけた私はスコップで鉢の縁をさしていきました。

     

    さすがの妻も、これは手伝ってくれました。

     

     

     

     

    なんとか、木を抜く事が出来ました。

     

    スコップでさしてみると、鉢の側面にもこびり付いているのか、

     

    ザクッ、ザクッと根が切れる感じがします。

     

     

     

     

    鉢底に石を置き、少々の土を敷いて、

     

    その上に腐葉土を挟んでみました。

     

    植え替えの際には、肥料を施肥しないという事なので。

     

     

     

     

    その上にまた土をかぶせて、木を乗せます。

     

    土は上から押して固めました。

     

    土がしっかり入っていないと乾燥しやすくなるとか。

     

     

     

    今の根を、どれぐらい切るのか悩みました。

     

    新しく生えてくる根が伸びていく場所を確保しなければなりません。

     

    逆に、切り過ぎるのも恐ろしい・・・

     

     

     

     

    抜いたとこから、1/3は土を取り、

     

    そこから見えている根は横・下とも全てカットしました。

     

    しかしながら、想像していた程ではありませんでした。

     

    まだまだ余裕がある感じでした。

     

    ちなみ取り除いた根の量は・・・

     

     

     

    こんなものです。

     

    これが、丸3年経過した鉢だったとしたら、

     

    もっと根だらけになっていた事でしょう。

     

     

    本日の出来上がり。

     

     

    これで、又2〜3年見ていきたいと思います。

     

    木が大きくなれば・・・ 40ℓ鉢までにはしてみたいのですが。

     

     

    という事で、

     

    3月のレモン達の様子を記録しておきます。

     

     

     

    先ずは、新しく出だした新芽です。

     

     

    何故か、庭植えでもなく、鉢植えでもなく、

     

    挿し木鉢植えレモン達に沢山見られます。

     

    強剪定した苗木より、していない苗木の方に。

     

     

    これから、それぞれの成長のスピードが変わるのでしょうか?

     

     

     

    挿し木鉢植えレモン達

     

     

    庭植えレモンの木

     

     

    花柚子

     

     

    まだほとんど動きがありませんが、

     

    ほんの少しづつ、動き始めました。楽しみです。

     

     

     

     

     

    本日お庭の作業をしていて、驚いた事。

     

    ピオーネから樹液が落ちていました。

     

    昨年も3月に樹液が落ち始めていました。

     

     

     

    ぶどうの樹液は美容液と聞きました。

     

    なのでこの春、採取を試みようとしておりました。

     

    ただ、今日落ちていた場所が、先日接ぎ木した場所からです。

     

     

     

     

    他にも2か所接ぎ木したのですが、

     

    樹液がもれ始めていたのは、この場所だけです。

     

    (もっとも、ポトポト落ちる程ではありませんが)

     

     

    しかしながら、場所が場所だけに気になりましたので、

     

    バンソーコーを貼ってみました。

     

     

     

    これで、少しはましになるでしょうか?

     

    と思っていたのですが、

     

    鉢の植え替え作業が終わってから見てみると、

     

     

     

     

    まだ、ほんの少しだけ漏れていました。

     

    昨年よりもずっとましなので大丈夫だとは思いますが。^^;

     

    様子を注意深く見守っていきましょう。

     

    樹液採取は、また今度です。 ^^;

     

     

     

     

     

     

    ほんの少しでも、

     

    面白いと思って頂ければ、

     

    下のバナー(コロ)を

     

    「ポチッ」と押して頂きますと、

     

    これからも、頑張れます!

     

     

    宜しくお願いします。 おじぎ の画像

     

     

     

     

     


    にほんブログ村

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    コメント
    40リットルの大鉢…動かすのは大変ですね。
    奥様がどうにか手伝ってくださってよかった(笑)
    ピオーネの樹液って、なんだか甘そうです(*´ω`*)
    姫路はあなごもですが牡蠣もおいしいようです。
    牡蠣はそろそろシーズン終わりかな。
    • 海月
    • 2019.03.25 Monday 15:55
    海月さんへ

    20リットルの鉢を動かすのにヒーヒー言っています。
    昨日、大阪シティウォーク8卻發い討たのですが、コルセットを巻いていきました。
    その状態なのに・・・ 40リットルは無理ですよねぇ〜。
    長男坊は結婚したら家を出ていくというし、次男坊は宇宙人だし・・・
    老夫婦に40リットルは・・・ と思い始めています。 ^^;
    樹液、そうですね。収集しなかったまでも、なめてみたら良かったですね。
    今、見に行ったら、完全に出ていなくなっていました。 良かったのですが。

    牡蛎は先日食べてきましたよ。美味しいですね。
    というより、社会人になった時、刺身が全く食べられなかったのですが・・・
    生ものはダメ。すしもタマゴ。カツオのたたきを食べたら吐いていました。
    社会人になってから鍛えられ、今では好物です!! ^^
    接ぎ木したところから、樹液が漏れているという経験は、わたしにもありませんが、
    台木の方に、強い生命力が有って、穂木の必要量を上回っていると考えると、
    頼もしい傾向と考えて良いような気がしますが…
    どうでしょうか。
    タイムリー!!
    鉢植えレモンの植え替えのタイミングが分からず、新しい鉢と、新しい土、軍手、スコップを毎日眺めていました。
    質問してみようかなぁとこちらのブログを開いたらこの記事で!!
    嬉しくなりました。
    植え替えしたい鉢のレモン、赤ちゃん新芽が見え始めてまさにこれからというところなのですが、このタイミングで植え替えて大丈夫なのでしょうか?もう少し新芽が成長するまで待った方がいいのでしょうか?!昨夏、思い切って強剪定した鉢なので、新芽がたくさん出てきていて…枯れないか心配なのです。教えてください!!
    • ゆいゆい
    • 2019.03.28 Thursday 19:45
    yukikami27さんへ

    昨年も樹液が落ちてきました。 3月のお話し。
    1月に剪定を行い、そこから出ていたので、かなり心配したものです。

    「ぶどうはこの時期、必ず泣きが入ります。『水揚げ』現象。ぶどうが動き始めた証拠です。根から水を吸い上げて、掃出し口の葉が無い為に切り口からポタポタ。水揚げが始まりますと、今度芽が動き始めます。」

    とのコメントを頂き、安堵しましたが・・・ ^^;
    ただ、この時期、かなり切ってしまいますと、ポタポタが止まらず枯らしてしまったとの記事を読んだ事もありますので注意が必要ですね。
    次は、芽が出て来るでしょうか??? ^^
    ゆいゆいさんへ

    ご無沙汰しております。 ^^
    「新芽が沢山出てきていて・・・」とは、なかなかに良い感じですね!
    私に「教えて」と言われても、少々困るのですが・・・ ^^;

    鉢の植え替え適期として、3月や9月があげられる様です。
    当家の鉢植えレモンを購入し、植え替えたのが7月の終わり頃です。(適期外)
    この事からも、「今の時期に植え替えをしたから新芽が枯れた」という事にはならないと思っております。

    それよりは植え替えた時に土をしっかりと入れる事に注意する様な気がします。
    土がしっかり入っていないと乾燥しやすくなる様です。土がしっかりつまっていれば、土の表面は乾いていても、中には一定の水分が残っているとの事です。レモンは基本的には乾燥に強く、水不足で枯れる事は少なそうですが、土はつめておきたいと考えております。
    ちなみに、私などは新芽どころか、接ぎ木したところの木を植え替えしました。^^

    あと、気を付けるとすれば、施肥についてです。
    「植え付け直後の苗は暫く施肥を控えて下さい。鉢であっても路地であっても。
    korolemonさんが書いておられますが肥料やけを起こし易いです。植え付け後、新根が出て自分で養分を吸収出来るようになってから施肥するのが一般的です。」
    とのコメントを頂いた事があります。
    その時は2月だったのですが、「最初の施肥は5月中旬から6月上旬頃でしょうか。」とコメントが続きました。それぐらいの期間は肥料をあげない方が良いようです。

    「1年に1回は植え替えをしたいものです。」と書かれた指南書もあるようですが、
    今回は1年8か月経過での植え替えでした。「まだまだいける」感じでした。
    早め早めに行うのは良い事だと思いますが。 ^^

    とこんな感じのお返事で良かったでしょうか?
    当家のレモンも小さな芽や蕾が出てきました。庭植えにも全部出てきました。
    頑張りましょうね! 今年は2個以上の収穫を目指します!! ^^
    コメントする








     
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    Calendar
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
    << August 2019 >>
    ご覧頂きありがとうございます。
    @korolemon
    スポンサーリンク
    ランキングに参加しています。ポチっと宜しくお願いします!!
    にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ
    にほんブログ村
    スポンサーリンク
    日本ブログ村ランキング
    PVアクセスランキング にほんブログ村
    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Recent Comment
    • ピオーネの成長 2019年8月 裂果と虫食いが始まった!
      yukikami27 (08/22)
    • ピオーネの成長 2019年8月 裂果と虫食いが始まった!
      korolemon (08/19)
    • レモンの成長 2019.8 追肥と土の掘り返しをしてみた。
      korolemon (08/19)
    • ピオーネの成長 2019年8月 裂果と虫食いが始まった!
      海月 (08/19)
    • レモンの成長 2019.8 追肥と土の掘り返しをしてみた。
      アナベル (08/19)
    • 庭植えレモンの根元の土の穴が大きくなっていく・・・
      korolemon (08/15)
    • 庭植えレモンの根元の土の穴が大きくなっていく・・・
      日本一の果実 (08/15)
    • 庭植えレモンの根元の土の穴が大きくなっていく・・・
      korolemon (08/14)
    • 取り木が上手くいかない・・・ 白っぽいカルスがコブ状に出来るとは?
      korolemon (08/14)
    • 庭植えレモンの根元の土の穴が大きくなっていく・・・
      海月 (08/14)
    Recommend
    バースデー プレート
    バースデー プレート (JUGEMレビュー »)

    大切な人へ。

    生涯残る、唯一の贈り物。
    Links
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM