<< ピオーネの成長 3月 ぶどうの樹の下に反射シートを敷き詰める? 果実の着色促進のために・・ | main | チェックをお願い致します! 接ぎ木後、台木の枝の芽欠き。  >>
2019.03.31 Sunday

生まれ始めた新芽や蕾のためのEMボカシ肥料。 EM菌は何年保存できるものなのでしょうか?

0

    JUGEMテーマ:家庭

     

     

     


    生まれ始めた新芽や蕾の

     ためのEMボカシ肥料。

     

    EM菌は何年保存できるものなのでしょうか?


     

     

    平成31年3月31日(日)

     

     

     

    最近、皆さんのブログで植物達の春の動きがアップされています。

     

    徐々にですが、はっきりと、植物達が動き始めました。

     

     

    新芽や蕾が出てきますと、

     

    人の心も踊り出すようです。

     

    当家の動き始めも記録しておくことにしましょう。

     

     

     

    アジサイ コサージュ

     

    葉が紫色になっていたので少し心配していましたが、

     

    新たに芽吹いてきた葉は綺麗な緑色でした。

     

     

     

     

    カラタチ

     

    落葉樹だったカラタチ。

     

    新たな新芽が出てきました。

     

     

     

     

     


    レモン

     

    庭植えにも鉢植えにも新芽や蕾達が・・・

     

     

     

     

     

    みかん

     

    苗木で頂いたみかんからも、新たな芽が・・・

     

     

     

     

    りんご

     

    3種類の接ぎ木がされたりんごの苗木。

     

    新たな芽が出てきたのでビニール袋をとりました。

     

     

     

     

     

    すもも

     

    すももは李王に3種類が接がれています。(全4種)

     

    こちらは1種類だけ未だ芽が出ていません。

     

     


     

     

    色々な草木が成長を見せ始めてくれています。

     

    何気に、凄いなと思うところはありませんか?

     

     

     

    りんごとすももは、接ぎ木された苗木を頂きました。

     

    つまり、私が接ぎ木したのではない、という事です。

     

     

     

    そして、そのほぼ全てから新芽が出始めています

     

    さすがプロです! 100発100中

     

    私は、未だアレンユーレカレモンしか成功実績がありません。

     

    本当に凄いなぁと思います。

     

     

    この接ぎ木と、私の接ぎ木。

     

    一体どこか違うのでしょうか?

     

     

     

    先日、レモンと花柚子、それとピオーネに接ぎ木をしました。

     

    その時の記事が、「こちら」です。

     

    その際にも少し触れました。 その違い・・・

     

    接合した部分の長さが違います。私の方が短いです。

     

    それと、「台木の横に沿わしている」様な接ぎ方です。

     

     

    先ほど見に行ってみますと、

     

    接ぎ木テープが薄くなってきた??

     

    と思う程、接合部分がはっきり見えてきてました。

     

     

     

     

     

    台木を薄く皮1枚を切り剥がして、きっちり挟まれています。

     

    穂木の方の切断も、薄く皮を剥がした側と、ちょうど30度の傾斜面側。

     

    次回は、台木・穂木共に切り込む長さをもっと注意したいと思います。

     

    そのためにも、やはりもう少し切れるナイフが必要か?

     

    或いは、もっと自分で研がないといけないのかもしれません。

     

     

     

     

     

    何はともあれ、新芽が出てきています。

     

    6月頃から、追肥をあげていかないと・・・

     

     

     

    最近、肥料について思う事がありました。

     

    他の皆さまのブログを拝見していて思う事です。

     

     

    もみ殻燻炭を投入したり・・・

     

    肥料をやったり・・・

     

    そして、その後、納豆菌等、菌を撒いています

     

     

     

     

    私も以前、EM菌を購入し、ボカシ肥料や希釈液を作りました。

     

    EM菌を購入した理由は、「こちら」です。

     

    EM菌ボカシ肥料を作ったみた時の記事は、「こちら」です。

     

     

     

     

     

    土の中の状態を良くする事

     

    これは、EM菌を撒いたから良くなったと目に見えて分かる事ではありません。

     

    なので、然程重きを置いてはいませんでしたが、

     

    やはり必要なのかなぁ、と思い始めました。

     

    折に触れ、せっかく作ったEMボカシ肥料を撒いていたから良かったのかも・・・

     

     

     

    という事で、無くなっていたEMボカシ肥料を再度作ってみました。

     

    作っても直ぐには使えません。

     

    1か月程、発酵のために寝かせなければなりません。

     

    なので、早めの対応!!

     

     

     

    EM菌(1号) 50.0ml

    糖蜜     50.0ml

    水       2.0ℓ

    お湯      0.15ℓ

    米ぬか      8

    油粕       3圈 )榮の分量です!

     

     






     

    ここで、EM菌もお水に投入しました!

     





     

     

    さて、これで1か月寝かせてみましょう。

     

    問題は、EM菌を購入したのが、平成29年7月。

     

    EM菌は1年以内に使用のこと・・・のはず。

     

     

    再度、EM菌は何年もつのか?

     

    その保存期間を調べてみました。

     

    EM菌には種類があって、その種類毎に期間が違うようです。

     

    でも、おおよそ 保存期間は、6か月〜1年と考えれば良いようです。

     

     

     

    6か月〜1年・・・

     

    という事は、もう使えなくなっているかもしれません。

     

    購入後、1年8か月も経過しています。

     

    しかも、ずっと倉庫でほったらかしです。

     

    何もしておりません・・・ ^^;

     

     

     

     

    しかしながら、えさ(糖蜜)をあげれば・・・

     

    生き返るはず・・・

     

     

     

    後は、神頼みです・・・ ^^;

     

     

     

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

     

     

    2019年4月28日(日)

     

     

    EM菌ボカシ肥料を作ってから約2か月が経過しました。

     

     

     

    前回は2017年7月9日に作りました。

     

    6日後の7月15日には酸味がかった匂いがしており、

     

    何がしら発酵し始めている様子が伺えました。

     

     

    20日後の7月29日には、その匂いはそのままに、

     

    ボカシ肥料の表面に白い部分ができており、

     

    その部分が固まっている状態でした。

     

     

    その時の様子が「こちら」です。

     

     

     

     

     

    そして、今回は・・・

     

    2019年3月31日に作ってから、

     

    1週間経っても変化がありません。

     

     

    1週間後、EM菌ボカシ肥料を見に行きました。

     

    ただ、米ぬかの匂いがかすかにしただけです。

     

    EM菌を入れ忘れたのかなぁ?と思った程で、

     

    同日作っておいたEM希釈液を少しぶっかけてみました。

     

     

    その後、

     

    EM菌ボカシ肥料も希釈液も観察を続けました。

     

    EM希釈液はペットボトルに入れて玄関に置きました。

     

    つまり、毎日観察を続けたという事です。

     

     

    EM希釈液に変化が見られたのが4月13日頃から。

     

    少しペットボトルが張ってきました。

     

    それまでは全く変化なくパコパコと握れたボトルが、

     

    パンパンだっ!と思える程張りだしたのです。

     

     

     

    4月28日、EM菌ボカシ肥料を施肥しました。

     

    その時の様子が「こちら」です。

     

    いい感じに発酵しているようです。

     

     

    EM菌の保存期限は実際何年なのでしょうか?

     

    ひょっとしたら、EM菌は死なないのかも?

     

     

     

    最後に、EM希釈液の様子を動画で残してみます。

     

    1人動画で写りが悪いのですが、

     

    キャップを開けた時の「プシュ」という生きている証と、

     

    最後の方で少しだけ、下から炭酸の様に湧き上がって

     

    きている様子が分かります。

     

     

     

     

     

     

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

     

     

     

     

     

     

     

    ほんの少しでも、

     

    面白いと思って頂ければ、

     

    下のバナー(コロ)を

     

    「ポチッ」と押して頂きますと、

     

    これからも、頑張れます!

     

     

    宜しくお願いします。 おじぎ の画像

     

     

     

     

     


    にほんブログ村

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    コメント
    レモンも蕾が確認出来る時期になりましたね。
    これだけ蕾が着けば摘果も十分にしないといけません。
    有難い悩みですね。

    スモモの接木苗を拝見しますとほどほぼ失敗の可能性が強いです。
    台木の展葉が早く、養分が接ぎ穂に回っていない状態です。
    台木も根を切られて急いでますね。
    通常は台木の芽を全て芽欠きしながら養分を接ぎ穂に回しますが、今回は台木も大事のようですから厳しい状態ですね。
    せめて接ぎ穂の枝だけでも台木の枝の芽欠きをしてみて下さい。

    接木の穂木の削る長さが短いと活着面積が少ないことになります。
    どうなるかと申しますと活着部から剥がれ易いです。
    • 日本一の果実
    • 2019.04.01 Monday 07:47
    日本一の果実さんへ

    えぇーーーーーーっ!!
    失敗の可能性が強いのですかーーーーっ!!!
    ショックです。 ^^;
    台木の根を少々切ってしまったのが悪かったのでしょうか?
    花や芽が出てきていたので、完全に成功したんだと思っておりました。

    先ほど帰宅したのですが、早速接ぎ木している枝に関しては、
    台木の芽欠きをしてみました。
    接ぎ木側の台木の枝は、つるっぱげ状態です。
    何とか復活して頂きたいものです。

    長さの違いには驚きました。
    ただ、自分のブログで2僂判颪い討い燭里任后(読み直すと。。。)
    やっている時は「これぐらいだろう」と思って切っているのですが、
    長さの違いに気づいて測ってみますと1僂舛腓辰箸靴ありません。
    もっと注意深くしなければなりませんでした。
    それなりに時間をかけ、ゆっくりと丁寧にしていたつもりなのですが、
    もっともっと経験を積まないとなりませんネ。
    なんとか、1つでも2つでも成功してくれれば良いのですが・・・ ^^;
    接ぎ木が、ちゃんとついて、新芽が育っている姿は、
    羨望であり尊敬ですね。
    私も少し接ぎ木はしましたが、一本でも着いたら、
    きっと小躍りして、奇声を発しそうです。
    EM菌ボカシ肥料は、ある意味夢の肥料ですよね。
    そうは思いながら、未だに挑戦できていません。
    カラタチって落葉樹なんですか( ̄□ ̄;)!!
    新芽を見るとわくわくしますね。
    接ぎ木は奥が深そう。カクテルツリーはスペースの節約にもつながるので、いつかやってみたいものです。
    右下に拡大写真がついているの、老眼にありがたいです(笑)
    肥料、そうやって作るんですね。無事できますように(。-人-。)
    • 海月
    • 2019.04.02 Tuesday 11:01
    yukikami27さんへ

    上記コメントの通り、今回の接ぎ木は失敗の可能性が高そうです。
    もっとも、私が接いだものではなかったのですが、台木の新芽をもっと摘めば。
    今からでも遅くなければ良いのですが。
    昨年の接ぎ木は、アレンユーレカレモンだけが成功しました。
    小躍りして、奇声を発しました!
    良い菌を撒くことは大事な事なのかなぁと思い始めました。
    入れた鉢と、入れなかった鉢を比べてみるのも一考だと思います。 ^^
    海月さんへ

    私も知らなかったのです。
    カラタチの葉が全て落ちて行って、ダメになったのかと思ったのですが、
    調べてみますと落葉樹で、当たり前の事でした。 ^^;
    レモンも花柚子も落ちないので驚きでした。


    コメントする








     
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    Calendar
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    30      
    << June 2019 >>
    ご覧頂きありがとうございます。
    @korolemon
    スポンサーリンク
    ランキングに参加しています。ポチっと宜しくお願いします!!
    にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ
    にほんブログ村
    スポンサーリンク
    日本ブログ村ランキング
    PVアクセスランキング にほんブログ村
    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Recent Comment
    • 神戸どうぶつ王国を訪れました。 その「おおらかさ」に感謝です。
      korolemon (06/16)
    • 神戸どうぶつ王国を訪れました。 その「おおらかさ」に感謝です。
      海月 (06/16)
    • ぶどう棚に雨除け屋根を設置。セキスイフルーツパーゴラにyazakiイレクターパイプで増設してみた。
      korolemon (06/15)
    • ぶどう棚に雨除け屋根を設置。セキスイフルーツパーゴラにyazakiイレクターパイプで増設してみた。
      日本一の果実 (06/15)
    • レモンの挿し木 48日後・・・
      korolemon (06/14)
    • レモンの挿し木 48日後・・・
      まこ (06/14)
    • ぶどう棚に雨除け屋根を設置。セキスイフルーツパーゴラにyazakiイレクターパイプで増設してみた。
      korolemon (06/12)
    • ぶどう棚に雨除け屋根を設置。セキスイフルーツパーゴラにyazakiイレクターパイプで増設してみた。
      のじさん (06/12)
    • ぶどう棚に雨除け屋根を設置。セキスイフルーツパーゴラにyazakiイレクターパイプで増設してみた。
      korolemon (06/11)
    • ぶどう棚に雨除け屋根を設置。セキスイフルーツパーゴラにyazakiイレクターパイプで増設してみた。
      海月 (06/11)
    Recommend
    バースデー プレート
    バースデー プレート (JUGEMレビュー »)

    大切な人へ。

    生涯残る、唯一の贈り物。
    Links
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM