<< 神戸どうぶつ王国を訪れました。 その「おおらかさ」に感謝です。 | main | レモンの成長 2019.6 今年の生理的落果の様子と、鉢植え対比路地植えの威力! >>
2019.06.16 Sunday

ピオーネの成長 2019年6月  台風対策、そして、摘粒

0

    JUGEMテーマ:家庭

     

     

     


    ピオーネの成長

     

    2019年6月

     

    台風対策、そして、摘粒


     

     

     

    本日は、2019年6月16日(日)

     

    本日の最低気温 17℃

     

       最高気温 25℃ の予想です。

     

     

     

    さて、先週 9日(日)に雨除け屋根を設置しました。

     

    その時の記事は、「こちら」です。

     

     

    タイミングは良かったのではないでしょうか。

     

    その後、雨が多く・・・

     

    昨晩等は、かなりの強風を伴いました。

     

     

     

    妻からも長男坊からも、「少しまずいんじゃない?」と言われました。

     

     _虻の波板がバタバタと音がする。

     

    ◆ビニールシートがパラシュート状態になっている。

     

     

     

    ビニールシートだけだった時の様に、破れたり、飛んで行ったりはしなかったものの、

     

    確かに少し補強が必要の様です。

     

    このままでは、台風には勝てないかもしれません。

     

    早速、鉄くい(ロープ留め)を買ってきて補強をしました。

     

     

     

     

    輪の部分の直径 約5.5僉長さ 約50冂のものです。

     

    輪の部分から下側は全部打ち込んで、

     

    パーゴラと針金で固定してみました。

     

     

     

     

    ビニールシートは穴を開けてみました。

     

    風の通り道を作る事によって、パラシュート発生時、

     

    少しでも、風の力を弱められはしないでしょうか?

     

    ビニールシートが早く傷んでしまいそうですが・・・ ^^;

     

     

     

     

    次に、波板を確認してみますと、指で押し上げただけで、

     

    軽く 2〜3僂肋紊ります・・・

     

     

    結局、波板は、計12か所を木に巻き付けてみました。

     

    これで、上にバタバタと動かないのではないでしょうか?

     

    木を短く切らなくて良かったかな?とも思いますが・・

     

    後で、何か防水塗料を塗ってみる事にしましょう。

     

     

     

    さて、梅雨から、そして、台風の季節到来となります。

     

    台風に耐えうる補強が出来たのでしょうか?

     

    状況を見ながら、又、補強していきたいと思います。

     

     

     

     

    さて、今月の状態を記録しておきます。

     

     

     

    👉 5月26日 ジベレリン処理

     

     

    昨年は、5月20日にジベレリン処理をしてみました。

     

    その時の記事は、「こちら」です。

     

    ジベレリン処理は2回行いました。

     

     

    しかしながら、今年は1回処理にしてみました。

     

    育て方が悪いのか花が咲く時期にずれがあり、2回目の処理の日が分からなくなる。

     

    又、「1回処理は2回処理と変わらないぐらいの品質である。」

     

    という記事を読んだ為です。

     

     

     

     

     

    分量は、水2ℓに対し、ジベレリン 50ml、フルメット 20mlとの事にて、

     

    水 500mlにジベレリン 1/4本と、フルメット 半分/瓶を入れてみました。

     

    これを、スプレーに入れて吹き付けてみました。

     

    *今年は、どぶ付けではなく、スプレーで試してみました。

     

     

     

    そして、少し房をカット!

     

     

     

     

    素人の私が、慣れない事をしたからでしょうか?

     

    或いは、もっと、根本的な問題があるのでしょうか?

     

    実が大きくなりません。

     

     

    ある1房などは、

     

    「果粒肥大促進されているのでしょうか?」

     

    といった感じです。 ^^;

     

     

     

    6月5日には、この程度に育っていました。

     

    まだまだ実が小さく、摘粒しなくても良いと思っておりましたら、

     

    ブロ友さん達が皆さん摘粒しておられるのを見て・・・

     

     

     

    本日、少し摘粒してみました。

     

     

    毎年、考え込むのです。

     

    ここで落とし過ぎると、この後傷んだ実を取り除くと実が残りません。

     

     

    そんな事を考えているから、実が大きく育たないのでしょうか?

     

    ブロ友さん達のブドウは、もう食べられるのか?

     

    と思う程の大きさになっているというのに・・・

     

     

     

     

    「プロは一房に30〜35粒としますが、私は20粒程度にします。」

     

    というコメントを頂いた事があります。

     

    1粒が大きい方が、それは美味しいにきまっていますものね!

     

     

    それを聞いていても・・・

     

    20粒に出来ない私が憎い・・・ ^^;

     

     

    妻は、「ちゃんと実生ってるやん」とだけ言いますが・・・

     

    関心度、ゼロです。 ^^;

     

     

     

     

     

     

     

    これらの写真は摘粒した後のものですが、

     

    摘粒前は、もっと汚いのです・・・

     

     

     

     

     

    黒い点々が沢山付いています。

     

     

    黒とう病??? 既に病気にかかっているご様子です。 ^^;

     

    「ブドウ黒とう病は発病すると抑えにくいです。発病前ならば、ベフラン等の殺菌剤が有用ですが、発病後では効果が得られません。発病後の殺菌剤としてはアミスターやジマンダイセン等が有効ですが、収穫前1か月以上必要です。黒とう病、晩腐病などは特に先行防除が必須となります。果実の収穫後から、来期 再発現しないように適切な処置が必要です。

     

    という記事を読みました。 ^^;

     

     

     

    何故でしょう???

     

    雨除けまで作ったのに・・・

     

     

     

    👉 全体の様子

     

     

     

     

     

     

     

    6月8日にベニカ水溶剤 2000倍を散布しました。

     

    葉に白い幼虫が沢山ついていて、葉を食べているからです。

     

    ブドウスカシクロバの幼虫なのでしょうか?

     

     

    最も、一番気にしたのが「カミキリムシ」です。

     

    今年、ゴマダラカミキリムシの成虫を既に5匹も捕殺しています。

     

     

    その甲斐があってか、白い幼虫は見なくなりました。

     

    時折、防除をしなくてはならないのでしょうか?

     

    どんな時に、どんな防除が必要なのか?

     

    これも、まだまだお勉強していかなければなりません。

     

     

     

    一方で、今年も真珠腺はいっぱい付いています。

     

     

     

    果実よ!

     

    元気に育って下さーーーーーいっ!!

     

     

    最後になりますが・・・

     

    枯れてしまったご様子のブラックビート。

     

    ダメもとで、路地植えにしてみました。

     

     

     

     

     

    時既に遅し、であるかもしれませんが、

     

    奇跡を願ってみましょう!

    *本当はもっと早くしたかったのですが・・・ ゴメン!

     

     

     

    頑張って、育てていってみたいと思います! ^^;

     

     

     

     

     

     

    ほんの少しでも、

     

    面白いと思って頂ければ、

     

    下のバナー(コロ)を

     

    「ポチッ」と押して頂きますと、

     

    これからも、頑張れます!

     

     

    宜しくお願いします。 おじぎ の画像

     

     

     

     

     


    にほんブログ村

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    コメント
    あのつぶつぶは真珠腺というのですねφ(.. )
    このまま順調に育ちますように。
    トークイベントのご予約ありがとうございます。
    元町駅からゆっくり歩くと20分くらいかな。
    暑いのでバスを利用されたほうがいいかもです^^;
    お気をつけておこしくださいねー。
    • 海月
    • 2019.06.17 Monday 15:31
    私の記事は、殆どがマスカットのもので、ピオーネのジョア法が足りなかったので、
    確認しに畑に行ってきました。
    ピオーネは、korolemonさんの画像とほとんど変わりませんでした。
    マスカットは、矢張り早生のようですよ。
    黒い斑点は私の方にはありませんでしたので、何か病気かも知れませんね。
    聞いた話ですが、広がることはないらしいので、そのまま完熟までさせて、
    様子を見たらどうでしょうか?

    海月さんへ

    トークイベント、人数枠がありそうですが、宜しかったでしょうか?
    もし、入りきれない状況になったら、全くお気遣いなく言って下さいネ。
    お伝えした通り、電車1本なので行き易い場所です。
    日時は替える事が可能ですので・・・
    yukikami27さんへ

    そうか病なのかなぁ?と思っているのですが・・・
    広がる事はなさそうですか。 少し、安心しました。
    他の房には黒い点はないので、移る事を心配していました。
    移ってしまう心配がない様でしたら、このまま様子を見てみたいと思います。^^

    今年は再生の年と思っておりましたので、たとえ6房とはいえ生って良かったと思っています。来年に向けて、1房でも「食べられるピオーネ」が出来て欲しいものです!
    今年、ジベ処理が遅れました。
    開花期に出来ずに肥大目的の1回だけ。
    品種によってはこの時期で普通のぶどうの実に肥大しているものもあります。
    ジベ処理は2回が基本と思いますが。
    種無し用と肥大用の2回。
    開花期の1回だけですと小さな実になると思いますが。

    病気に関しましては何事もなくサラっと行きたいですね。
    果樹全般に言えますが、若葉が出揃った頃に一度防除をします。
    結構大切なことです。
    ここで病気の発症を一度抑え込みます。
    今年は5月3日に病気の防除。
    そのすぐ後にぶどうの葉っぱが害虫に食べられ、今は穴だらけ。(笑)
    害虫防除は6月上旬。出遅れました。

    病気は予防ですね。
    これで何事もなくサラっと。
    病気で怖いのは収穫前の一週間。
    大抵の果樹はここでやられます。



    • 日本一の果実
    • 2019.06.20 Thursday 04:46
    日本一の果実さんへ

    >ジベ処理は2回が基本と思いますが。
    私も、そう思っておりました。今年のジベ処理前、再度色々情報収集しておりますと、1回処理を知りました。2回処理よりずっと濃度も高いです。1度試してみようと思い、今回1回処理でやってみました。500mlを用意するにもフルメットを半分使用するので、少々お高くつく感じがしました。

    >開花期の1回だけですと小さな実になると思いますが。
    今年は、6房しか出来ていないのですが、内1房は小さな果実のままでした。
    今は、その1房も少し大きくなってきました。とはいえ、6房ともまだまだ小さく、今後どうなるのか分からないのですが、例年通りの成長に見えるといいますか・・・
    「肥大」というイメージが出来ていないのが本音といったところです。そこまで育ったピオーネが1度もないので。又、遅咲きで1度もジベ処理していない房もそこそこの大きさに育ったことがありますので、ジベの効果でどれ程大きくなっているのか分かりずらい感覚です。

    病気について
    雨除けさえすれば、無農薬で育てられると思っていました。 ^^;
    出来得る限り無農薬でいきたいと思うのですが、屋根ありでも、折に触れ農薬が必要になるのでしょうか?葉に穴があき始め、慌てて薬を散布したら白い虫は見えなくなりましたし、穴あきも止まりました。果実に当てないようにするのが難しいです。
    真珠腺 って何ですか?
    同じようなのをうちで最近どこかでみたのだけど…
    どこで見たのかが思い出せない(汗)
    何かの卵かなと思ったのでした。
    無農薬って難しいですよね。
    全滅しなければいいかなと私は思っています(汗)
    gerogeroさんへ

    難しい質問をされ、ドキッとしています。 ^^;
    真珠腺って養分が溢れ出てきているのかな?と思っていました。
    つまり、真珠腺が沢山出ている木は、活発に樹液が回り、溢れ出て来る・・・
    元気な樹の証の様に感じていました。
    しかしながら、色々と調べてみますと・・・
    「何なのか、よく分かっていない」というのが答えであるような・・・ ^^;
    なので・・・ よく分かりません。 ^^;
    何か悪い虫の卵ではなかったのは良かった事です。

    無農薬、無農薬と言いながら、ある程度の薬は皆さん使っているのでは?
    と思ってしまう程です。 ^^;
    ただ、今思っている事は、ちゃんとした果実を先ず作ることです。
    多少の薬は使用していこうと思っています。
    出来たら・・・ 少しづつ無農薬に近づけていこう、みたいな・・・ ^^
    コメントする








     
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    Calendar
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    << February 2020 >>
    ご覧頂きありがとうございます。
    @korolemon
    スポンサーリンク
    ランキングに参加しています。ポチっと宜しくお願いします!!
    にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ
    にほんブログ村
    スポンサーリンク
    日本ブログ村ランキング
    PVアクセスランキング にほんブログ村
    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Recent Comment
    Recommend
    バースデー プレート
    バースデー プレート (JUGEMレビュー »)

    大切な人へ。

    生涯残る、唯一の贈り物。
    Links
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM