<< カラタチの生命力。 挿し木のその後と、台木の成長。 | main | 四谷怪談。 >>
2019.09.08 Sunday

ゆいゆいさん、「レモンぶらぶら」どうですか? 熊蜂の巣の被害はあったのか?

0

    JUGEMテーマ:家庭

     

     


     

    ゆいゆいさん、

     

    「レモンぶらぶら」

     

    どうですか?

     

     

     

    熊蜂の巣の被害はあったのか?

     


     

     

     

    レモンを箱買いしていました。

     

    ビタミンCを摂るため。

     

     

     

    最初はスーパーでレモンを買っていたのですが、レモンは案外いい値段ですので沢山購入できません。時期にもよりますが、国内産であれば1個 200円弱の時もありました。なので、いつしか箱買いをする様になりました。箱買いすると、1個 81円程度で購入できます。

     

     

    「レモンを沢山買って、どうするのか?」 レモンの大量消費は難しいと思われている方も多いかもしれません。が、当家では、飲みます! りんごと混ぜてジュースにして飲みますので、結構な量が必要となるのです。 ^^

     

     

     

     

    その後、箱買いでも結構な値段となるので・・・

     

    平成27年5月、レモンの苗木を買ってきました。

     

    「買う」のではなく、

     

    「作る」ことにしました。

     

     

     

     

    レモンを箱買いしていた時は、1箱 5圓髻4,060円で購入しました。その箱には、50個のレモンが入っていました。その時の記事が「こちら」です。つまり、50個のレモンを「作る」事が、当家のレモン栽培の最終目的だったと言っても過言ではありません。

     

     

    昨年、レモン栽培を始めて丸3年経過、4年目にしてやっと1個のレモンを収穫出来ました。未だ、時期尚早という感もありました。「収穫までには、もう数年かかるかもしれない。」 そんな感覚すらありました。なので、大変喜びました。1個収穫出来たのなら、大きな道筋は間違えていないはず。後は、年々、数を増やしていくだけ。数との勝負!

     

     

     

     

     

    平成30年1月、ゆいゆいさんから「私も実がついた木を買ったのですが、翌年は花すら咲かず、翌々年は花は咲いても全部落ち、去年ようやく小さな実を2つ収穫できました。 今年こそはレモンぶらぶらになるはずだ!と春を楽しみにしています。」とのコメントを頂きました。「レモンを育て、収穫を目指して頑張っていらっしゃる方が他にもいるんだ!」大いにはしゃぎ、喜んだものです。そして、その年に1個の収穫となります。

     

     

     

    あれから更に1年経過しました。

     

    ゆいゆいさん、そちらの方はいかがですか?

     

     

     

     

    今年は、レモンの樹の生死に係るかと思った事が2つ起こりました。1つは、カミキリムシに表皮を齧られた事で、もう1つは、熊蜂に巣を作られた事。熊蜂の巣などは幹の根元辺りに作られ、その大きさからも、思わず涙を流しそうになり、というより、頭が真っ白になり・・・ 今も、「完治しました!」とは言えない状況ではあります。

     

     

     

    熊蜂の巣を見つけたのは、2019年7月26日。(奇しくも、私の誕生日です。) それから1ヵ月と2週間が経過しました。水分を吸い上げ出来ない程の穴だったとしたら、既に葉が黄色くなってきていたり、実も大きく成長していない等の症状が見られても不思議ではありません。しかしながら、今の所、全体的に元気に頑張ってくれている様子です。

     

     

     

    「korolemonさんも発見が早かったようですから生きる可能性は十分あります。テープを巻かれたのは正解。密閉すれば乾燥防止が出来ますので。お盆頃から動き始めますし、10月くらいまではカルスを形成します。真ん中は水を通す場所。夏が特に厳しいです。カルスを形成しながら水を運べるかですね。幹の太さと開けられた穴の径。大丈夫のように思います。早ければ年内。来年の春過ぎには完治しそうのようにも見えます。レモンの生命力に期待しましょう。」ブロ友の日本一の果実さんから、安心させて頂けるコメントを頂きました。この言葉を信じるしかありませんでした。藁をも掴む思いとは正にこの事です。

     

    しかしながら、この後「私もいざと言う時のバックアップは常に考えております。色々ありますね。」とコメントが続くのです・・・ おーーーいっ!!

     

     

     

     

    長々と前置きを書きましたが、

     

    今日現在のレモンの様子です。

     

     

     

     

     

     

     

     

    葉を1枚1枚見れば、

     

    所々、虫にやられていますが、

     

    全体的には元気に頑張ってくれています。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    昨年採れたレモンで

     

    一番大きかったのが庭植えレモン

     

    縦 9.0僉◆” 8.4僉◆―鼎機200g

     

     

     

     

    写真では上記の通りですが、

     

    現在、目で測ると

     

    縦 6.9僉◆” 5.6

     

    といった所です。

     

     

     

    この8月17日に、「庭植えレモンも、写真では、3.8僉4.2僂箸いΔ佞Δ妨えますが、自分の目でみますと、4.0僉5.2僂妨えます。」という記事を書いておりますので、着実に成長を続けているとは言えるのではないでしょうか?

     

     

     

     

    昨年の収穫が10月28日

     

    未だ、1ヵ月と20日あります。

     

    どこまで近づけるのでしょうか?

     

     

     

     

    ちなみに、箱買いしたレモンは、

     

    小さいものは、6 × 5僉 80g/個

     

    大きいものは、8 × 6僉 145g/個

     

    でした。

     

     

     

    大きさに分けて販売されているとは思いますが、

     

    少しほくそ笑んでいる私がいます。^^;

     

    これもひとえに、

     

    貴重なコメントを下さった皆々様の

     

    おかげだと心より感謝しております。^^

     

     

     

     

     

    鉢植えレモンも・・・

     

     

     

     

     

     

     

    平成29年7月に購入した苗木です。

     

    土の表面からの高さ、60僉

     

    最初から果実が4つ生っていました。

     

     

     

    今年(令和元年)は、摘果をあまりせず、

     

    当初、17個も残してしまったせいか、

     

    全体的に小振りですが、

     

    まぁ、元気に育ってくれています。

     

     

    現在は13個程まで摘果しています。

     

    昨年は、8個の収穫でした。

     

     

     

     

     

    そして、

     

    挿し木鉢植えレモンも・・・

     

     

     

     

     

     

    夏枝に生らせた果実だからか、

     

    小振りの上に、

     

    表面がざらざらしています。

     

     

    もっとも、

     

    落果せず収穫出来る事に

     

    意味があると考えています。

     

     

     

    平成29年6月に挿し木で増やした苗。

     

    丸2年、3年目にして収穫に至るか?

     

     

     

     

     

     

    きっちり数える事が出来ませんが、

     

    40〜50個の収穫に至るのではないでしょうか?

     

    当初の目的達成に近づいてきました。

     

     

     

    ただ、なんとなく・・・

     

    思うのですが・・・

     

    1年間の諸経費、

     

    4,060円以上かかっている様な・・・

     

     

    この辺りは、

     

    あまり気にしないでおこうと考えております。

     

     

     

     

    収穫は、

     

    後、1ヵ月半程先。

     

    まだまだ予断を許されません。

     

     

     

    でも・・・

     

     

     

    レモンぶらぶら・・・

     

     

     

     

     

    実現しました?!

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    ほんの少しでも、

     

    面白いと思って頂ければ、

     

    下のバナー(コロ)を

     

    「ポチッ」と押して頂きますと、

     

    これからも、頑張れます!

     

     

    宜しくお願いします。 おじぎ の画像

     

     

     

     

     


    にほんブログ村

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    コメント
    おはようございます。
    雨風が酷く、レモン が心配で眠れません。
    落ちていませんように、、
    落ちていませんように、、

    レモン ぶらぶらじゃなくて
    レモン ぐるんぐるんしちゃってるような風です。

    あー、切ない。
    • アナベル
    • 2019.09.09 Monday 04:53
    アナベルさんへ

    関東方面なのでしょうか? 既に停電となっているエリアがあるとか、風速50m前後になるとか、相当激しい状況である様ですね。レモンも心配ですが、人も心配な程の台風の様ですので、アナベルさんも十分ご注意下さいね。

    作物を育てる最大の敵は台風なのかもしれません。そう言えば、石垣島に行った時、「自宅のお庭で果樹等作っている人は、県外から来た人だ。」という話氏を聞いた事があります。毎年くると手立てが無いのかもしれませんネ。
    雨風おさまってきたので、レモン チェックに行ってきました。

    ご心配をおかけして申し訳ございません。大丈夫でしたー!泣。木にスリスリしたいくらい。

    でも、、、風向きと地形の関係で近所の街路樹から落ちた大量の葉っぱがうちの前に大集結していました。うー、、、他のうちの前はすっきりきれいなのに、うちの前にだけ、、いつもこうだー!
    キーッ。レモン がおちなかっただけあってよしとして、掃除に行ってくるか。息子はのんきなもので公立の学校は全市休校になっちゃったから、まだ寝てるよ。トホホ
    • アナベル
    • 2019.09.09 Monday 07:01
    目指すはレモンぶらぶらですね。
    昨日、家の紅ちゃんを見ましたら、紅ちゃんぶらぶらでした。
    枝が撓って実が地面に着地しているものもありました。

    実が生り始めますと気が緩むことがあります。
    実が生って安心するんだと思います。
    害虫や病気の発見が遅れたり。

    毎年生らすためには、やることを確実にやることです。
    気を引き締めて臨みましょう。
    • 日本一の果実
    • 2019.09.09 Monday 21:04
    アナベルさんへ

    レモン、大丈夫で良かったですねーーーっ!!
    大丈夫だったとお聞きできれば、この様に表現しても良いでしょうか?
    >レモン ぶらぶらじゃなくて
    >レモン ぐるんぐるんしちゃってるような風です。
    思わず笑ってしまいました。上手く表現するなぁと思いました。出来れば、ぐるんぐるんしている所を見てみたい様な・・・ すいません、書き過ぎました。m(__)m

    私なら・・・ ひょっとすると・・・・ そっと・・・
    大集結している大量の葉っぱを、そっとお隣さんの所まで箒で掃いているかも・・・
    いやいや、そんな事はいたしませんよ。。。 ^^; お隣さんとは仲が良いので。
    息子さん、思わぬ休日ですね。 何かいい夢を見ているかも。 ^^
    日本一の果実さんへ

    実は、何度も何度も眺めております。 そのぶらぶらした様を。
    寝る前にも、その夜景を・・・ 悦に入っております。
    紅ちゃんぶらぶらの方がもっと良いですが。 ^^
    当家のレモンも着地しそうになっておりました。針金でフェンスと枝を結び、枝を持ち上げております。^^ まだまだ、当家のレモンは線が細いので・・・

    「気が緩む」本当にそうです。
    気が緩む程の成功を収めてはいないのに、少し上手くいくと安心しきってしまいます。熊蜂の巣の時などは本当にそう思いました。こまめにこまめに観察を続けなければ・・・ 仕事もそうですね。気が緩んだ時程、軽率なミスに繋がります。緊張感は持ち続けなければなりません。 ^^;

    毎年生らせますよ! ^^
    緊張感をもって、今年よりも良いものを作る事を目指します。
    毎年毎年、昨年以上のものを求めていけたとしたら、10年後にはどんな果実を収穫できているのでしょうか? 案外、ほとんど同じだったりして・・・ ^^;
    リンゴや洋梨を何度か箱買いしたことがありますが、レモンはありませんでした。
    そんなにビタミンCを摂取したら、風邪とは無縁になりそうですね。
    今年は鈴なりといってもいいのでは。
    私も好きな果物は植えたくなるたちで、一番本数が多いのがイチジクです。
    実だけ買う方が安いし、毎年足りなくて箱で買ってしまうんです^^;
    完全自給自足をめざしてがんばりましょう。
    • 海月
    • 2019.09.10 Tuesday 11:46
    そうか動画で撮っておけばよかったのか。笑

    紅ちゃんに、イチジク。両方とも好きです。いいなぁ。

    私まさに昨年度のレモンの収穫数に気が緩み、割と近くにあろうことかマルベリーを植えてしまったので、庭が訳わかんなくなっています。マルベリーのジャムは沢山作れたし、何より犬達が桑の葉をよく食べるので重宝はしているのですが、レモンはチョット迷惑そうな顔してます。←そんな気がする。

    うち、左隣はほぼ空き家状態で右隣の一人暮らしのおばあちゃんは高齢の為施設に入ってしまいました。なので落ち葉かきも雪かきも必然的に3倍なのです。ポイントならば嬉しい3倍の響きですが、葉っぱと雪ですからねぇ。残念、、

    お金にはならなくてもいいから、いいことしたら寿命が延びるとか、健康度数が上がるとか、ご褒美があると嬉しいなぁ。

    • アナベル
    • 2019.09.10 Tuesday 20:38
    海月さんへ

    レモンの大量消費って難しいですものね。
    レモンのブログを始めてから、レモンを使った料理の本も時折読む様になりました。
    ほとんどのレシピに言える事・・・ レモンの使用量・・・ 超少量・・・
    あまり沢山使うと、酸っぱさが全面に出てしまって難しいのでしょうか?
    その意味でいうと、特段の理由や使用方法がない限り、レモンを箱買いする人は少ないのでしょう・・・ ^^; その点、そのままの果実で食べられるものは問題ないですからね!

    >今年は鈴なりといってもいいのでは。
    ありがとうございます。 ありがとうございます。 ありがとうございます!

    中学2年生の頃、親が初めてマイホームを建てました。それまでは社宅でした。
    初めて、お庭を所有し、最初に植えたのが「いちじく」です。
    母にとって、田舎のどこにでもでもあった果物で、陽当たりが良ければ放っておいても実が生るイメージで愛着があった様です。なので私も大好きです。

    完全自給自足・・・ レモンではハードルが低そうですね。 ^^;
    アナベルさんへ

    おっ、昨年は相当な数が採れたのですね! という事は、樹は十分育っているという事なのでしょうか。そうなると、後は案外簡単に相当数生るものなのでしょうか?
    私には未知の世界ですが、何となくそうなのかな?と感じております。 ^^;

    マルベリー、すいません、その存在を知りませんでした。
    今、少しググッてみますと、相当大きな樹になるようですね。「剪定をしない人は植えない方が良い」という様な記事まで載っていました。 ^^;
    でも、実は沢山生るようなので、羨ましいです。 確かに、隣に大きな樹がくるとするならば、レモンはちょっと嫌がっているかもしれませんが・・・ ^^;

    私は・・・
    いい事したら・・・  おもいっきり、褒めてもらいたい・・・ ^^
    わぁぁぁぁぁ!
    ぶらぶらじゃないですかー!
    すごーい!すごーい!
    すごいですね。
    これはもう。今年はもう。
    やっぱり日頃の深い探究心とたゆまぬ努力、鋭い観察、そしてレモンへの愛と情熱のたまものですね。

    こちらはまったく、まったく。
    今年は不完全花ばかりが咲いて、落ちて、咲いて、落ちて。
    新芽はたくさん出てきて葉の色もいいので、今はそういう時期なのだろう、と静観、諦め?していたのですが…。

    ちょっと息子の長期入院に付き添いしていて、昨日久々に一時帰宅したら、アオムシたくさん!
    秋にもアゲハのベビーラッシュがあることを忘れていました。

    あれ、以前教えていただいた特効薬はフンズケールだっけ?ホリナゲールだっけ?と思ってブログを読み、レモンぶらぶらの果報を知った次第です。長くなりましたが、本当に、おめでとうござぃす!!必ずや、あとに続きます!!
    • ゆいゆい
    • 2019.09.16 Monday 23:12
    ゆいゆいさんへ

    すごいでしょう!! ぶらぶらと言っても良いでしょうか?!
    取り敢えず、レモンを育て始めた頃の目的は達成出来たのではないかと思っております。
    まだ心配な事は、熊蜂の巣の影響・・・
    今の所、大丈夫なのかな?と思っておりますが、来年の様子まで見てみないと・・

    >やっぱり日頃の深い探究心とたゆまぬ努力、鋭い観察、そしてレモンへの愛と情熱>のたまものですね。
    もの凄く沢山褒めて頂いて、ありがとうございます。 ^^;
    プライベートでも、職場でも、褒めて頂く事は全くありません。全て当たり前。
    ブログで出会うブロ友さんぐらいです。 ^^; 

    不完全花が多い様ですか。「小さな実を2つ収穫できました。」とのコメントがありましたので、その樹の成長具合から考慮しても、不完全花は減少していくのかと思っておりました。来年も不完全花が多い様であれば、原因を突き止めないとならないかもしれませんね。

    息子様、長期入院とは・・・ 心配ですね。
    私がレモンを育て始めた理由は、妻の病気でした。8か月少々入院しました。
    あれから5年以上は経過してくれましたが・・・ ^^;
    仕事から帰ってから、毎日病院に行きました。
    なので、そう思います。どうぞ看病する方の方も無理はし過ぎないで下さい。
    皆様がお元気になられる事を心よりお祈り致します。

    特効薬は、
    テデトッテホリナゲール、テデトッテフンズケールです!
    オリジナル発案者は、最近、テデトッテビオトープニナゲイレールを使われております。^^

    必ず、後に続いて下さいね。
    私も、来年、「今年はダメでした」とならないように頑張ります!
    これは紛れもなくぶらぶらに間違いないと思います。笑
    いや、本当に緻密な計画、探究心は尊敬です。
    フィードバックからの次なる課題設定…からの検証、観察、評価…本には載ってないこと、いっぱい!とにかくおもしろくておもしろくて、読みふけりました。しかも、農家さんじゃない!笑
    このぶらぶらは価値あるぶらぶらだと思います。

    あー。来春こそは!!

    息子のこと、ありがとうございます。
    奥様のご病気がレモンのきっかけとは、やはりただのぶらぶらではないですね。
    我が家の長男坊は、出産時のトラブルで治らない病気と一緒に生きています。
    長男がおなかにいるとき、レモンの実がついた大きな木をいただいたのですが、その実を食べて種を植えたんです。
    息子の出産がバタバタで、レモンの種を植えたことなんかすっかり忘れていたのですが、しばらく経って植木鉢の土を捨てたら中で小さな芽が発芽していて。
    なんだか勝手に保育器で頑張ってる息子と重なって涙止まりませんでした。
    その小さな芽が、今、1メートルくらいになりました。いろいろありますが、なんとか枯れずにワサワサ葉が茂っています。
    息子も、3歳。いろいろありますが、彼なりにゆっくり、死なずに生きています。
    不完全花は親の木で、たぶん売るためにたくさん実をつけすぎたのでは?と踏んでいます。
    実生の方はまだ花が咲きません。そろそろ来春あたり、咲いたりしないかなぁ?とゆるーく期待しつつ、フンヅケールやホリナゲール、ショウガクセイニサシアゲールで大事に育てたいと思います。
    必ず後に続きますからね〜!
    ながながすみませんでした。嬉しかったので!
    • ゆいゆい
    • 2019.09.17 Tuesday 22:00
    ゆいゆいさんへ

    またまた褒めて頂きありがとうございます。
    豚もおだてりゃ木に登ります! ^^;

    私は、妻が血液の病気でした。
    かなり酷い状態だったのですが、「私はこう見えて悪運強いから」と言った妻の言葉通り、完全復活しました。「病は気から」本当にそう感じました。退院してから思った事。「私に何が出来るのだろうか?」そんな時、血液を作るには「鉄分」と「ビタミンC」と「圧力」が必要というTV番組を見ました。右手と左手を合わせて、両手を押し付けあうと「圧力」が生まれると・・・ 「圧力」の話しの部分は半信半疑でしたが、取り敢えず「鉄分」と「ビタミンC」の部分は私にも何とかできるのではないかと・・・ 最初はレモンを買っていたのですが、作ってしまえと思う様になりました。

    少しですが、副作用が今でも出ます。恐らくは、一生いろいろな事が起きるのでしょう。日々を、楽しく、過ごしていくことが一番のお薬なのかな?と思っています。

    「ショウガクセイニサシアゲール」、私も一度試みてみましょうか?
    「いやーーーーっ!」と言って逃げられるかもしれません。 ^^;
    コメントする








     
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    Calendar
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    << November 2019 >>
    ご覧頂きありがとうございます。
    @korolemon
    スポンサーリンク
    ランキングに参加しています。ポチっと宜しくお願いします!!
    にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ
    にほんブログ村
    スポンサーリンク
    日本ブログ村ランキング
    PVアクセスランキング にほんブログ村
    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Recent Comment
    • リモンチェッロの完成と、レモンカードの餃子の皮包み
      korolemon (11/19)
    • リモンチェッロの完成と、レモンカードの餃子の皮包み
      コウ (11/18)
    • リモンチェッロの完成と、レモンカードの餃子の皮包み
      korolemon (11/18)
    • リモンチェッロの完成と、レモンカードの餃子の皮包み
      korolemon (11/18)
    • リモンチェッロの完成と、レモンカードの餃子の皮包み
      海月 (11/18)
    • リモンチェッロの完成と、レモンカードの餃子の皮包み
      アナベル (11/18)
    • レモンの色が緑色から黄色に変わっていく様子。11月初旬は変化の季節。
      korolemon (11/12)
    • レモンの色が緑色から黄色に変わっていく様子。11月初旬は変化の季節。
      korolemon (11/12)
    • レモンの色が緑色から黄色に変わっていく様子。11月初旬は変化の季節。
      海月 (11/12)
    • レモンの色が緑色から黄色に変わっていく様子。11月初旬は変化の季節。
      コウ (11/11)
    Recommend
    バースデー プレート
    バースデー プレート (JUGEMレビュー »)

    大切な人へ。

    生涯残る、唯一の贈り物。
    Links
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM