<< ピオーネの成長 2019年10月 落ち始めた葉 | main | レモンの成長 2019.10  レモンの収穫。 何個、どれぐらい収穫できたかの記録を残す。 >>
2019.10.20 Sunday

令和1年 レモンの収穫。 レモンを食べる!!

0

    JUGEMテーマ:家庭

     

     


     

    令和1年 レモンの収穫。

     

    レモンを食べる!!

     


     

     

    令和1年10月20日(日)

     

    本日までに、計 23個のレモンを収穫しました。

     

    庭植えレモンからばかりです。

     

     

     

    グリーンレモンでの収穫をイメージ(収穫し保存する)

     

    していたのですが、使い切ってしまいました。

     

    (明日、会社に持参する10個を含んでいますが)

     

     

     

    このままのペースで収穫すると・・・

     

    あっと言う間に無くなりそうです。

     

     

     

    箱買いしていた時(40個入っていた)は、

     

    「これで当分レモンが自宅にある」と

     

    感じていたものですが、贈答も含め、

     

    使おうと思えば、あっと言う間ですね。

     

    まるで、お金の様です。

     

    使おうと思えば、あっと言う間・・・ ^^;

     

     

     

     

     

     

    私が、アップルレモンジャムを作っておりますと、

     

    長男坊が、「ジュースは?」と聞くので、

     

    「ジュース用のリンゴがない。買ってきて!」

     

    「了解。数は?」

     

    「飲みたいだけ。」

     

    「了解!」

     

    と会話しておりますと、リンゴを5個買ってきました。

     

     

     

     

    「レモンはどうすればいい?」と聞くので、

     

    「りんごを5個買ってきたのなら、5個採ってきたら?」

     

    と返事すると、5個レモンを収穫してきました。

     

     

    「庭からレモンを採ってくるって、何か変な感じやな。」

     

    と、収穫の喜びを僅かに感じとっている様でした。

     

     

     

    これです、これっ!

     

    これを求めての、家庭菜園でもありますっ!! ^^

     

     

     

    レモンミックスジュース作りは、長男坊に任せました。

     

    あーだこーだと言いながらも、完成しました。

     

    と言っても、切って機械に入れるだけですが・・・

     

     

     

     

     

     

    一方、私は、初めてのアップルレモンジャム作りに挑戦です。

     

     

     

     

     

    以前、レモンジャムを作った事があります。

     

    結果は、ほぼ全てを廃棄処分に・・・

     

     

    レモンの果実だけを取り出さず、薄皮つきで

     

    煮た為、ジャムが食べられません。

     

    完全に皮つきでした。

     

    その時の様子が「こちら」です。

     

     

     

    この時の教訓を胸に秘め、

     

    今度は美味しいジャムを作ると意気込んだのですが。

     

    レモンはただとは言え、もっと勉強しなければなりません。

     

    勢いで料理をすると、材料費を無駄使いするだけです。

     

     

     

     

    上の写真にもある「煮だし名人」。

     

    お茶とか、ダシ材料を入れる袋なのですが・・・

     

     

     

    「ペクチン」という成分があり、この「ペクチン」が、

     

    ジャムのねっとり感を作り出すのだとか。

     

    又、この「ペクチン」にはデトックス効果(解毒・浄化作用)

     

    があるという事なので、捨てたくはないと思いました。

     

     

    ただ、この「ペクチン」はリンゴの皮の下とか、芯の周り

     

    に多く含まれるそうで、そのまま食べられるジャムを作ろう

     

    とリンゴを切ると、ペクチンを多く含んでいる所を

     

    捨てている事になります。

     

     

    なので、この芯や皮の部分を「煮だし名人」に入れて、

     

    一緒に煮る事により「ペクチン」をとれればと・・・

     

     

     

     

     

    この発想が間違いだったのでしょうか?

     

    或いは、レモンの果汁の取り方が悪かったのか。

     

     

     

    今回、レモン汁はスロージューサーでとりました。

     

    前回の教訓を活かす為です。

     

    レモン2個分を搾り取ったのですが、少々少ない感じがしました。

     

    なので、急きょ、もう2個、計4個のレモン汁を。

     

     

    この際、皮だけ剥ぎ、白綿はのこしたまま絞りました。

     

     

    これを使ったせいかもしれませんが・・・

     

     

     

    苦い!!

     

     

     

     

     

     

     

    見た目は、まぁまぁなのですが、

     

    「苦い」のです。

     

     

    これは、またまた失敗作だなぁと・・・

     

     

    ただ、転んでもただでは起きません。

     

    この「苦さ」は、ケーキにしたら・・・

     

    程よい苦さなのかも・・・

     

     

     

     

     

     

     

    薄力粉に、結構な量のアップルレモンジャムを

     

    ぶちこんでみました。

     

    またまた、えいやーです!

     

     

    その他材料

    バター、てんさい糖、たまご、牛乳、ドライイースト。

     

     

     

     

     

    粉糖がなかったので、

     

    てんさい糖にレモン汁をかけて、

     

    これをケーキにかけて食べてみました。

     

     

     

    苦い!!!!!

     

     

     

    かなり苦さは残っております。

     

     

     

     

    「冷めたら美味しいんじゃない?」(長男坊談)

     

    「これはこれで美味しいよ。」(妻談)

     

    「ふーーーん。」(次男坊談)

     

    「美味しいよ!」(あばぁさん談)

     

     

    と、それぞれ一言づつの評価でした。

     

     

     

    まぁ、

     

    「これは、店では売っていない原材料の苦さが良さのケーキなのでは?」という評価も頂き、これはこれで良いのではないかと思う事にしました。「苦い、苦い。」と言われながらも、あっという間の完食となった事も良かったと思います。 ^^;

     

     

     

     

    さて、レモンはまだ半分少々残っております。

     

    さらなる高見を目指しましょう。

     

     

     

     

    〜 あとがき 〜

     

     

     

     

     

    日本一の果実さんへ

     

    ちょとしたペンチを購入し、レモンの皮を押しつぶしてみました。

     

    結果は、惨敗でした。

     

    小さすぎました。精油どころか、何の液体も出てきません。

     

    もっと大きなのを用意しないとダメでした。 ^^;

     

     

     

     

     

     

     

    ほんの少しでも、

     

    面白いと思って頂ければ、

     

    下のバナー(コロ)を

     

    「ポチッ」と押して頂きますと、

     

    これからも、頑張れます!

     

     

    宜しくお願いします。 

     

     

     

     

     


    にほんブログ村

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    コメント
    夏みかんなどでマーマレードを作るとき、皮を刻んでからゆでこぼし、しつこいくらいあくぬきをします。
    レモンも同様でしょうから、いきなり煮るとたぶん苦いです。
    皮のあくぬきがいらないのはキンカンくらいかな。
    食べられるものができたなら上出来では^^;
    私もたまに廃棄処分になるものを作ります。
    欲張って大鍋で作ったときなど、とほうにくれます。
    • 海月
    • 2019.10.21 Monday 14:44
    海月さんへ

    今回は、レモンの皮を切り刻んだものを、少しだけ入れました。
    お皿にお水を入れて、電子レンジで10分チンしました。これでは足りなかったのかもしれません。レモンジュースは外皮を剥いただけで(白い綿部分は残ったまま)スロージューサーに入れました。これもまずかったのかもしれません。半分に切って、レモンを絞る用のお皿みたいなので汁をとれば良かったのかも・・・
    今度は、しつこいぐらいあくぬきをしてみます。 ^^;

    何とか食べられましたが、上出来と呼んで良いのでしょうか? ^^;
    私も沢山作ります。後で、もう少しあった方が良かったと思うのが嫌で・・・
    今回、バターを300gも使ったのです。バターも結構なお値段がするので、失敗したら嫌だなぁ・・・ やはり作るのではなく、買ってくれば良かったなぁ・・・と思わないで済むようにしたかったのですが・・・

    でも、でも・・・
    息子達から・・・ 「また作って!」と言ってくらたのです。
    後から・・・ 
    私が思う程、苦くはなかったのでしょうか? ^^;
    リモネン採取やってますね。
    相当のレモンが必要かもしれません。

    最近、ジャム作りをしていませんが昔は年間で10種類ほどのジャムを作っていました。
    今も冷凍庫は手作りジャムでパンパン。
    いい加減、捨てなさいって言われています。(笑)
    結構ジャム通かも。(笑)
    柑橘系ですと、完熟スダチや完熟カボスのジャムです。
    『苦い』って言うのは良く分かります。
    グリーンレモンの皮を入れますと、間違い無く苦くなります。
    レモンを使うのであればレモンの果汁くらいでしょうか。
    アップルレモンのジャムであれば、リンゴの品種にもこだわる価値があります。
    リンゴの酸味、香り、コク。
    リンゴの品種としてはグラニースミスあたりが良さそうですが。
    今年、家で採れたリンゴとレモンを使って私も作ってみましょう。
    最高のアップルレモンジャムを。(笑)
    • 日本一の果実
    • 2019.10.23 Wednesday 06:37
    日本一の果実さんへ

    相当なレモンが必要ですね。ある記事では、3,000個のレモンを用意する・・・だとか。
    少しの香りが付けば、OK!という気分になってきています。 ^^;

    そう言われればそうですよね。
    日本一の果実さんの所は、これでもかという程の果物を作っている訳です。
    全部食べきれないとすれば、ジャム等日持ちするものにしようと考えるでしょう。
    ジャム作りについても、その辺のプロ以上なのかもしれませんね。
    ちなみに、レモンの皮は切り取ったのです。それまで入れると「苦い」と理解しておりましたので。白綿まで取り除くべきだったのかもしれません。今後は、スロージューサーを使うのではなく、レモン用の絞り皿を使うかもしれません。日本一の果実さんの仰る様に、レモンの果汁だけを純粋にとったものを使う様にします。

    日本一の果実さんが言うと、本当に最高のアップルレモンジャムになるのだろうなと思います。その辺のジャム屋さんもビックリなのではないでしょうか? ^^
    市販の柑橘系ジャムは甘いばかりで柑橘自身の良さを感じられないと感じていました。なのでグリーンレモン の苦さが適度に入るものなら、それもらしさがあって良いのではないでしょうか?

    せっかくの無農薬自家製レモン ですので、皮の香りを生かしたものがよいかもしれません。何年か前にどこかの奥様?手作りのレモンカード(レモン風味のカスタードクリーム)を買ったことがあるのですが、それが本当に美味しかったです。作り方はネットで検索すると沢山出てきます。

    レモンカードは手作りするとしてお手軽に冷凍パイシートを買ってきて、中に入れて焼けば、美味しいパンが出来るのではないかな?レモンとクリームチーズのパン等もパンやさんで見かけますから、きっとクリームチーズを入れても美味しいはず。そんな話をしていたら、あー、お腹すいてきた。
    今日も仕事で疲れて動く気にならないので早めにお風呂に入るとします。レモンの皮をちょっと浮かべてみようかな。

    庭仕事はまた明日、、、
    • アナベル
    • 2019.10.26 Saturday 17:53
    アナベルさんへ

    大変お忙しそうな中、コメントありがとうございます!
    アナベルさんも、市販の柑橘系ジャムは「甘い」とお感じになっていた派でしたか!
    今回の件は、私が一番驚いている? 感じがしています。
    何故なら、ジャムを作った時も、ケーキを作った時も、最初は「苦い、苦い」というコメントばかりだったからです。最初はケーキを作る予定などなかったのです。ジャムが苦いので、「ケーキにしたらまだ食べられるかも?」という発想のもと急きょケーキ作りが始まった程。

    ケーキ屋さんのケーキには、あれ程苦みを残したケーキは売っていない様な気がします。はっきり言って、プロのお菓子とは思えません。ただ、不思議に、「少々レモンの香りがする甘いケーキ」よりも、「あぁレモンをかじっていると感じる程のケーキ」の方が好きという人は多いのかもしれません。もっとも、コストは後者の方がかかっているのは間違いないですが。^^;

    レモンカード、レモンクリームチーズ、美味しそうですね。
    以前、レシピを考えていた時期がありました。出来たレモンの使用方法を考えていたのです。冬の時期のブログネタにもなりますし・・・ ^^; 結果は、
     .譽皀鵑ほとんど生らなかった。
    ◆〆遒辰織譽皀鵐献礇爐癲▲譽皀鷄も失敗し、廃棄処分となった。
    事から、久しく遠ざかっておりましたが、その時に、レモンを使った料理って、案外ないなぁと思いました。レモンをほんの少し使う料理が多いのです。
    レモンカード、レモンクリームチーズは、考え付きませんでしたし、そのレシピにもたどり着けませんでした。ナイスなアイデアだと思います。今度、是非ともチャレンジしてみようと思います。いくら美味しくても、アップルレモンケーキばかり食べると、流石に皆飽きてしまいます。^^;
    コメントする








     
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    Calendar
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    << November 2019 >>
    ご覧頂きありがとうございます。
    @korolemon
    スポンサーリンク
    ランキングに参加しています。ポチっと宜しくお願いします!!
    にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ
    にほんブログ村
    スポンサーリンク
    日本ブログ村ランキング
    PVアクセスランキング にほんブログ村
    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Recent Comment
    • リモンチェッロの完成と、レモンカードの餃子の皮包み
      korolemon (11/19)
    • リモンチェッロの完成と、レモンカードの餃子の皮包み
      コウ (11/18)
    • リモンチェッロの完成と、レモンカードの餃子の皮包み
      korolemon (11/18)
    • リモンチェッロの完成と、レモンカードの餃子の皮包み
      korolemon (11/18)
    • リモンチェッロの完成と、レモンカードの餃子の皮包み
      海月 (11/18)
    • リモンチェッロの完成と、レモンカードの餃子の皮包み
      アナベル (11/18)
    • レモンの色が緑色から黄色に変わっていく様子。11月初旬は変化の季節。
      korolemon (11/12)
    • レモンの色が緑色から黄色に変わっていく様子。11月初旬は変化の季節。
      korolemon (11/12)
    • レモンの色が緑色から黄色に変わっていく様子。11月初旬は変化の季節。
      海月 (11/12)
    • レモンの色が緑色から黄色に変わっていく様子。11月初旬は変化の季節。
      コウ (11/11)
    Recommend
    バースデー プレート
    バースデー プレート (JUGEMレビュー »)

    大切な人へ。

    生涯残る、唯一の贈り物。
    Links
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM