<< レモンの成長 2019.10  レモンの収穫。 何個、どれぐらい収穫できたかの記録を残す。 | main | レモンを使ったお料理。 レモンカードを作ってみた! >>
2019.10.26 Saturday

ピオーネと花柚子とレモンの土作り。 「スーパー堆肥」を撒いてみた! では、堆肥とは?

0

    JUGEMテーマ:家庭

     

     


     

    ピオーネと花柚子とレモンの土作り。

     

    「スーパー堆肥」を撒いてみた!

     

    では、堆肥とは?

     


     

     

    2019年10月26日(土)

     

     

     

    10月にはピオーネの果実の収穫が終わります。

     

    樹は、来年に向けて体に栄養を貯蓄し始めるようです。

     

    この時期に土作りをしておくと良いようです。

     

    通気性や水はけ、保水・保肥力などを向上させるため。

     

     

     

    という事で、昨年は11月24日に堆肥を撒きました。

     

    少し、遅い様な気もしましたので、

     

    今年は、約1ヵ月早い、本日、堆肥を撒いてみました。

     

     

     

    昨年は、長男坊が堆肥を買いに行ってくれました。

     

    その時の記事が、「こちら」です。

     

    完熟堆肥」と書かれています。

     

     

     

     

    今年も「完熟堆肥」と記載されているものを

     

    探したのですが見つけられませんでした。

     

     

     

    代わりに購入したのが「スーパー堆肥」です。

     

    違いは全く分かりません。

     

     

     

    昨年のものは、

     

     ’呂諒機

    ◆”弔砲笋気靴ぁ

     虫こない。

    ぁ―わん。

     

    と記載があったので、そうなのでしょう。

     

    「完熟」しているもののメリットの様です。

     

     

    それに対して、「スーパー」とは・・・

     

     

     

     

    袋を見る限り、

     

     /佑抜超にやさしい。

    ◆.肇螢灰妊襯浙檗入り。

     

     

    ぐらいしか記載がありません。 ^^;

     

     

     

     

     

     

     

    「堆肥、堆肥」と言いますが、

     

    そもそも堆肥とは何なのでしょうか?

     

    よくよく考えると、堆肥と肥料の違いがよく分かりません。

     

     

     

     

     

    以前、有機質肥料と化成(無機質)肥料の違いを勉強しました。

     

    その時の記事が、「こちら」です。

     

     

     

    それから、化成肥料でも、速効性と緩効性のものがあります。

     

    そのお勉強をした時の記事が、「こちら」です。

     

     

     

     

     

     

     

    では、「堆肥」とは?

     

     

    有機堆肥の原材料は、牛や鶏等の糞や米ぬか等有機物の様です。有機肥料の原材料とこの点では同じです。また、堆肥には落ち葉等の植物性有機物のものと、家畜の糞等の動物性有機物のものがあります。これらは、堆肥の原材料という事です。この原材料を、微生物等により分解・発酵させた(原材料に含まれている分解しやすい易分解性有機物を好気性微生物によって分解させた)ものを有機堆肥と言う様です。有機堆肥には、肥料分以外のものも沢山含まれている状態ですが、肥料分を抽出したものを有機肥料と言う様です。堆肥には、ミミズや微生物が活発に行動して植物が成長するのに適した環境の土を作り、また、病害虫の発生も抑えてくれる効果がある様です。つまり、堆肥は肥料分を有機肥料ほど多く含んでいないので、肥料としての効果より土壌改良効果が高いという事の様です。

     

     

     

     

     

    では、「完熟」とは?

     

     

    完熟堆肥とは、有機物がよく分解・発酵した堆肥のことの様です。易分解性有機物が好気性微生物によって分解され、分解されにくい有機物と無機物と残りの水分の混合物とになった状態。 分解の過程でフェノール類等の有害物質や悪臭がなくなり、また、堆肥化の過程では80度程度まで温度が上昇するので、この熱で病原菌や雑草の種子が死滅するそうです。

     

     

    未熟有機物とは、易分解性有機物が未分解の状態のもので、土ごと発酵には向いていますが、土の中で微生物が急激に増殖しチッソ分を奪って、作物のチッソ不足の原因になったり、根傷みすることがある様です。また、糞中の雑草の種子が死滅しておらず、種子を広げてしまう可能性がある様です。

     

     

    中熟堆肥とは、易分解性有機物がまだ少し残っている状態のもので、未分解の微生物の餌もまだ多く、勢力を拡大できる状態なので、中熟堆肥を撒いてから作付けまでに少し期間をあける等の注意が必要の様です。 但し、完熟一歩手前の中熟堆肥こそが「力のある堆肥」だというご意見もある様です。完熟堆肥は発酵が終わっているので微生物の量が少ないですが、完熟になりきる手前で発酵を切り上げた中熟堆肥は微生物の量が多いとの事。納豆菌、放線菌、酵母菌などの有用菌が最も多くなるのもこの時期で、堆肥には土壌病害虫抑止力があるそうです。

     

     

    *「完熟堆肥」という言葉には厳密な定義は存在しないので、どの段階をもって完熟と呼ぶかは人によって見解が異なるため注意が必要との事です。

     

     

     

     

    こうお勉強させて頂き、ふと感じた事。

     

    では、「完熟堆肥」を使用して、

     

    EM希釈液か、EMぼかし肥料を同時に撒けば??

     

    そうしたら、「中熟堆肥」の効果と同じ??

     

    *昨年は、無意識でEMぼかし肥料を同時に撒いています。

    *EM菌に関する記事は「こちら」から。

     

     

     

    本日は、EM希釈液を撒きませんでした。

     

    今後は、やはり適時撒く様にしていきましょう。

     

     

     

     

     

    で、本日のスーパー堆肥を撒いた状態です。

     

     


    👉 ピオーネ

     

     

     

     

    👉 花柚子

     

     

     

     

    👉 レモン

     

     

     

     

    さて、これで少しは良い状態に出来たでしょうか?

     

     

     

    来年こそは、

     

    スーパーで売っているぐらいのピオーネの収穫と、

     

    今年以上のレモンを収穫するために。。。

     

     

     

     

    今年、花柚子の調子が良くありません。

     

    小粒の上、少々黒っぽい実が沢山あります。

     

    愛情の欠如だと感じております。

     

    来年は、同格に上げてあげないと怒られてしまいます。^^;

     

     

     

     

     

     

    ほんの少しでも、

     

    面白いと思って頂ければ、

     

    下のバナー(コロ)を

     

    「ポチッ」と押して頂きますと、

     

    これからも、頑張れます!

     

     

    宜しくお願いします。 

     

     

     

     

     


    にほんブログ村

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    コメント
    堆肥と肥料にそういう違いがあったとは。
    なんとなく使い分けていましたが、基本を抑えるのは大事ですね。
    値段が馬>牛>鶏と違うので不思議だったのですが、
    鶏糞は未熟なものも多く、乾燥・飛散して喘息の原因になったりするとか。
    うちの畑では、生ゴミにうさぎのふんを混ぜた堆肥を通路に埋めています(笑)
    • 海月
    • 2019.10.27 Sunday 15:54
    海月さんへ

    >値段が馬>牛>鶏と違うので不思議だったのですが、
    >鶏糞は未熟なものも多く、乾燥・飛散して喘息の原因になったりするとか。
    私は、上記の事すら知りませんでした。^^;
    「なんとなく」って多いですよね! そう、何となく・・・
    でも、その何となくっていうのは、何となく合っている様な・・・
    なので、折に触れ、何となくを明確にしたいとも感じます。

    >生ゴミにうさぎのふんを混ぜた堆肥を通路に埋めています(笑)
    今回、少しお勉強をして、思う所なのですが・・・
    その通路に埋めているもの・・・ 堆肥なのでしょうか?
    未熟有機物に分類されなければ良いのですが・・・ ^^;

    そう言えば、当家の大御所、おばぁさん・・・
    生ごみを撒きまわります。少々土を掘り返すと、色々なものが出てきます。
    コンポストに入れて・・・ 期間をおいて・・・ とかは全くなしです。
    そのまま・・・  そのまま埋めています・・・
    妻から「ゴミ箱ではないのだから」と言われていますが、
    本人は完全に肥料だと思っております。

    この記事を一度読んでみて頂いたら、とも思いますが、恐らくは全く意味を成しません。 ^^;
    果樹は前年の夏頃から翌年の準備を始めます。
    花芽の形成です。
    落葉果樹は秋に花芽を充実させ、冬に一度冬眠。
    冬の低音要求があって、春の目覚めがあります。
    ぶどうも冬眠前に一度施肥をして体力回復に努めたいですね。
    • 日本一の果実
    • 2019.10.27 Sunday 21:23
    日本一の果実さんへ

    ピオーネの枝に、芽を確認できます。
    昨年は、ご存知の状態で、枝がない=芽もない。 どこから芽が出て来るのか?
    という状態だっただけに、ただ枝があり、芽が確認できる事を喜んでいます。
    少しづつ葉が落ちてきました。まだまだ沢山残っていますが、11月中には無くなるのでしょう。剪定など、来年に向けた準備をきっちり行いたいものです。
    私が冬眠している場合ではありません。 ^^;
    コメントする








     
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    Calendar
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    << February 2020 >>
    ご覧頂きありがとうございます。
    @korolemon
    スポンサーリンク
    ランキングに参加しています。ポチっと宜しくお願いします!!
    にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ
    にほんブログ村
    スポンサーリンク
    日本ブログ村ランキング
    PVアクセスランキング にほんブログ村
    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Recent Comment
    Recommend
    バースデー プレート
    バースデー プレート (JUGEMレビュー »)

    大切な人へ。

    生涯残る、唯一の贈り物。
    Links
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM