<< 花柚子を絞って100%ジュースを作ってみた。 | main | だいぶ待てる様になりました! >>
2020.01.19 Sunday

ピオーネの成長 2020年1月 冬の寒い時期にしておきたいこと

0

    JUGEMテーマ:家庭

     

     


     

    ピオーネの成長 2020年1月

     

    冬の寒い時期にしておきたいこと

     


     

     

    令和2年1月19日(日)

     

     

    本日のこちらの、

     

    最高気温  10℃

    最低気温   3℃ の予想です。

     

     

     

    「ようやく寒くなってきたかなぁ?」

     

    と思い始めていましたが、まだまだ暖かい冬です。

     

    ジャンパーなしで普通に庭作業が出来ます。

     

     

     

    さて、先日、レモンに関して「冬の寒い時期にしておきたいこと」の記事を書きましたので、今回はピオーネについても同様に記事を書きたいと思います。記事を書くというよりは、要点を記録しておいて作業を忘れない様にしておこうというものです。

     

     

    👉 水やり

     

    不要。かわいそうなぐらい水やりをしなくでもOKの様です。

     

     

     

    👉 整枝・剪定

     

    ぶどうを育て始めて特に感じますが、本当に1年で成長します。

     

    思い切った剪定をしないと枝で一杯になると思われます。(病気や害虫多発の原因に!)

     

    ・短梢剪定

    ・中梢剪定

    ・長梢剪定

    ・超長梢剪定 等残す枝の長さによって色々な方法がある様です。

     

     

     

    当家はといいますと、

     

    平成30年1月8日 剪定をしてみました。その時の記事は「こちら」。

     

    平成30年9月24日 テッポウムシ被害にあい全ての枝を切除。

     

             その時の記事は「こちら」。

     

     

     

    なので、あまり剪定の経験もありません。

     

    これから色々と試していこうかと。。。

     

     

    *短梢剪定;ピオーネ等樹勢が強い品種を短梢剪定すると

          もっと樹勢が強くなり、花ぶるいや小粒タネ

          なし果を誘発するようです。

     

     

    *長梢剪定;難しいと聞きます。

          「ぶどうは長い新梢を残した場合に養分が枝の

          先の方に流れやすく手前側が芽飛びし易くな

          ります。 芽キズによって危機感を与えておく

          と良いかもしれません。」とのコメントを頂

          いたこともあります。

     

     

    で、今回は、

     

    令和2年1月5日 短梢剪定をしてみました。

     

            その時の記事が「こちら」です。

     

     

     

     

    主枝1本だけを残して、あとは全て切除しました。

     

     

    3月には動き始めますので、

     

    2月までには剪定を完了させておきたいものです。

     

     

     

    👉 粗皮剥ぎ

     

    「大事に育て過ぎ」とのコメントを頂いた事もあります。

     

    確かに。。。

     

    しかしながら、今年もしてみましょう。

     

    やはり、病害虫の防除の効果は期待できるかと・・・

     

    昨年した時の様子が「こちら」です。

     

    2月に実施してみましょう。

     

     

     

    👉 施肥

     

    基本的には、収穫が終わった後に「お礼肥」を1回撒くだけでOKとの事。

     

    あとは成長が芳しくない時に化成肥料を撒けば良いのだとか。

     

     

    今年は、令和1年9月22日にお礼肥を撒きました。

     

    ぶどう農家さんから頂いた専用肥料を7握り程施肥。

     

     

    その後、12月15日に化成肥料を1握り撒いています。

     

    成長が芳しくないというのではなく、

     

    レモンの施肥のついでという感じです。 ^^;

     

     

    葉を11月いっぱいまで残しましたので、

     

    多少追肥をした方が良いのではないか?とも感じてしまいました。

     

     

     

    👉 樹液をとる

     

    樹液が流動し始めると、樹液がポタポタ落ち始めます。

     

    その時の様子が「こちら」です。

     

    ぶどうの樹液は高級化粧品なのだとか。

     

     

    今年こそは、ほんの少しでも樹液を採取してみたいものです。

     

     

     

    👉 波板屋根設置

     

    3月〜4月。

     

    先日増設しました屋根の台の上に波板屋根を設置しましょう。

     

    できるだけ雨は当てない様に育てる事にしました。

     

     

     

    👉 反射シートを戻す

     

    3月〜4月。

     

    冬の間は反射シートを外しております。

     

    土の掘り返し等作業がしやすいからです。

     

    「反射シート」は「果実を色付かせる」為のものですので、

     

    果実が肥大化してくる頃までにはしたいものです。

     

     

     

    次は、2月の粗皮剥ぎでしょうか。

     

     

     

     

    今月も、今の様子を残しておきたいと思います。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    ほんの少しでも、

     

    面白いと思って頂ければ、

     

    下のバナー(コロ)を

     

    「ポチッ」と押して頂きますと、

     

    これからも、頑張れます!

     

     

    宜しくお願いします。 

     

     

     

     

     


    にほんブログ村

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    コメント
    葡萄の弦の始末は、この寒い冬に、やることが多いですね。
    今は、つちをほりおこして、落ち葉などをすきこむじきですが、
    花樹の手入れもありますね。
    korolemonさんの、この記事をよみかえして、精力的に仕事をしようと、
    木ばかり焦ります。
    皮をはぐことで防虫効果が…うちのも大きくなったらやってみようかな。
    力強い新芽が見えますね。
    私の実家は鹿児島の山の中で、市街地よりは少し寒いです。
    高校の時に雪でバスが動かなくて、クラスで二人だけ学校に行けなかった日がありました^^;
    そんな気候なので、みかんはともかくレモンは寒波に太刀打ちできなかったみたいです。
    • 海月
    • 2020.01.20 Monday 09:49
    yukikami27さんへ

    剪定、切り過ぎたと感じる部分があるのです。
    昨年まで、テッポウムシにやられていた関係もあり、どういう剪定にするのか考えながらしたのは今回が初めての様な気でいます(否が応でも全て切らないといけませんでしたので)。「短梢剪定の方が無難なのかな?」と思ったのですが、むしろ樹勢を強める事にもなりそうで。。。 これも経験と思い、今年の成長をよく観察していきたいと思っております。 ^^;

    海月さんへ

    粗皮剥ぎの事ですね。私はした方が良いと思ったので、例年剥いでみているのですが、一度「過保護過ぎる」とのコメントを頂いた事があります。確かに、プロの農家さんで何百本も植えている方は、全て丁寧に粗皮剥ぎをしていないかもしれませんし、だからと言って病害虫にやられているという事もないのかもしれません。ただ、基本無農薬で育てているだけに、少しでも。。。と思ってしまいます。^^;

    鹿児島は暖かいイメージがありますが、バスが動かなくなる程の雪が積もる事もあるのですね。レモンは西側はOKと聞きますが、場所によるのかもしれません。今の所暖かいので安心しています。 ^^
    今年の水揚げは早いかもしれませんね。
    水揚げは春の訪れを感じさせてくれる1コマです。
    高級化粧水であれば私も汚い顔にペチャペチャしておきます。
    皺の1本でも減ってくれれば。

    水揚げするルートが正規に養分を流すルートで、良い実が生りますね。

    私も粗皮剥ぎをしないといけません。
    ぶどうも管理の基本から外れますと収穫が難しくなりますね。
    • 日本一の果実
    • 2020.01.20 Monday 20:50
    日本一の果実さんへ

    3月初めには剪定した箇所をビニール袋で覆っておこうかと思っています。
    ポタポタと落ちてくる樹液を残さずキャッチしたいものです。
    どれぐらの量を確保できるのか? 案外、ほんの少ししか採れなかったり。
    付けてみて、「もちもち感が判る」というコメントもあれば、「違いが判らない」というコメントもあったり。。。 自分で確認したいものです。 ^^;

    粗皮剥ぎ。 当家は1本だけなので、まだ大丈夫と思えますが、何本もあると相当大変なのだろうなと思います。コツはつかめた様な気でおりますので、頑張ってみたいと思っております。
    ただ、気になるのは、3月1日の試験。この年になってまだ試験を受けさされるとは・・・ ^^; 本を読みますと、子守歌を読んでいる様な気分になります。何事にも、先ず関心を持たなくてはなりません。
    おはようございます。
    ご無沙汰しています。
    一昨年度から長梢剪定を積極的に取り入れるようにしています。
    去年の夏に山梨に桃狩りに行ったついでに、昼食場所のぶどう園の若木の画像を撮ってきました。場所も広いこともあって長梢剪定が基本でした。
    我が家も昨年度は大豊作となりましたが、5房を残して全部ハクビシンに食べられてしまいました。
    以下が、プロのブドウ農家によって、若木で長梢剪定されたぶどうの樹の画像です。
    http://nojisan1.livedoor.blog/archives/18533657.html
    のじさんへ

    長梢剪定によって大豊作となったのは良かったですね。沢山ならない事も織り込み済みで短梢剪定にしてみました。今年あまり生らなかったら長梢剪定に切り替えてみようと思いますが、難しいと聞きますので、その際は「コツ」を伝授下さい。^^;

    ハクビシン対策等大変な作業をされているのも拝読させて頂きました。生った時に初めて経験できるご苦労なのかと。。当家も今年こそはもっと果房を生らしたいと思いますし、鳥獣対策に悩みたいものです。簡単ではありますが、棚の周りをすだれみたいな状態にして鳥が入ってきにくくしてみたいなと構想しております。先ずは沢山生ってもらわないと始まらないのですが。。。
    コメントする








     
    Calendar
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    << February 2020 >>
    ご覧頂きありがとうございます。
    @korolemon
    スポンサーリンク
    ランキングに参加しています。ポチっと宜しくお願いします!!
    にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ
    にほんブログ村
    スポンサーリンク
    日本ブログ村ランキング
    PVアクセスランキング にほんブログ村
    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Recent Comment
    Recommend
    バースデー プレート
    バースデー プレート (JUGEMレビュー »)

    大切な人へ。

    生涯残る、唯一の贈り物。
    Links
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM