レモン

翌年5月まで樹上完熟させたレモンを食べてみた。酸味が抜けて、甘くなったのでしょうか?

 

令和2年5月5日

 

昨年、庭植えレモンに105個のレモンが生りました。

そのうちの1個を収穫しませんでした。

 

 

腐る直前の果物が一番甘くて美味しい

 

 

樹上完熟させると、酸味が抜けていき、甘味が増すのだとか。

「レモンも、5月頃まで樹上完熟させると甘くなってきます。」なるコメントを拝読し・・・

 

もっとも、レモンは酸味と香りが売りのはずなのですが・・・

 

これも検証です。

1個だけ残してみました。

 

 

 

 

5月5日、そろそろ良い頃合いかと思い、最後の1個を収穫してみました。

すると、何と、穴が開いています。

虫に食べられているようです。

 

 

 

 

恐る恐る、切って中を見てみました。

と言っても、実際に切ったのは妻です。

「中から虫が出てきたらどうしよう。」と言いながら楽しそうです。

 

 

無事、中から虫が出てくることはありませんでした。

少し奥までかじられていますが、切り取れば大丈夫の様です。

ここは検証のためです。

切り取った後、半分に切って果汁を搾り取ってみました。

 

 

んーーーー・・・

 

レモンです。

 

間違いなく、レモンです。

 

 

 

妻も、恐る恐る飲みました。

「あっ、でも、甘い。みかんのような甘さじゃないけど、”すっぱい”って感じがなくなっていて、優しい酸っぱさになっているというか・・・」

 

そう言われれば、酸味がだいぶマイルドになっています。

この方が美味しいと言う方もいらっしゃるのではないでしょうか?

ただ、生らせている期間が長いので、防虫対策はしっかりとしないとならないかもしれません。

 

今年も数個残してみましょうか?

あまり沢山残すと、翌年実付きに影響を与えることもあるようですので、

残しても数個ということになります。

 

 

という事で、

レモンを翌年5月まで樹上完熟させると、

「酸味が和らいで、優しい酸っぱさになる。」

という事でした。 <m(__)m>

 

 

 

 

ほんの少しでも、

 

面白いと思って頂ければ、

 

下のバナー(コロ)を

 

「ポチッ」と押して頂きますと、

 

これからも、頑張れます!

 

 

宜しくお願いします。 

 

 

 

 

 


にほんブログ村

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  • この記事を書いた人

korolemon

■ニックネーム korolemon Lemonを育てています。 子育て奮闘記ならぬ、Lemon育て奮闘記です。 自宅の庭で、ちょとした隙間を見つけて、ちょっとした家庭栽培・・・ 自分で調べた「あれこれ」を実際に自分でやってみて、 どんな結果になるのかの検証です。 奮闘記です。

-レモン

Copyright© korolemonのブログ レモンを育ててみたら! , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.