庭植レモン

庭植えレモンの木を大きく育てるために土を掘り返してみた!


庭植えレモンの木を大きく育てるために

     土を掘り返してみた!


鉢植えレモンの場合、何年に1回鉢の植え替

えをしたら良いのでしょうか?

鉢の大きさにもよりますが、いつかは鉢が

根っこで一杯になります。

それ以上、根っこが育つ事ができるスペース

が無くなる。

鉢植えレモンの植え替え」については、

以前、少し触れて、やってみました。

レモンの木を大きく育てるために、

必要な対処です。

平成27年 レモンの苗を購入して、

庭に地植えしました。

以後、水をあげたり、肥料をあげたりはしま

したが、「土を掘り返したこと」はありませ

んでした。

庭植えですと、鉢植えでいうところの「植え

替え」は必要ない・・・

土はいっぱいあります・・・

本当に、いっぱいあるのでしょうか?

考えた事もありませんでした。

だから、平成27年以降、一度も「土を掘り

返したこと」はありません。

2月12日 元肥(春肥)を施肥しました。

庭植えレモンの周囲に元肥を均一に撒き、

地表表面を軽くすき込んだだけでした。

ご指導を頂きました。

「施肥の他に土そのものの状態があります。

鉢では『根詰まり』を起こし易いです。

根が窒息する状態。

路地でもそれは当てはまります。

固くて空気が入っていない状態は地上部とのバランスが崩れます。

今回の路地レモンの施肥をされたさらに外周部の土を柔らかくして下さい。

(スコップなどで土をほぐす。幹近くはやらない。)

根が成長を始める春以降で結構です。

新根の成長=木の成長。」

との事。

18年前の事を思い出しました。

自宅購入時に思った事。

何とか良い感じのお庭作りをしたい。

子供用の砂場を作ったり、

花壇作りなど。

土を掘り返して、大きな石や(ブロックまで

出てきました)粘土質の土を出来るだけ取り

除いて・・・

で、出来た花壇に花を植えるのは、

妻や母の役。 

確かに、ふかふかの、根っこが自由に伸びま

われるような代物ではありませんでした。

それから18年。

ふかふかの土のままであるはずが

ありません。

根っこも、「根詰まり」を起こしかけている

かもしれません。

庭植えの樹々の根っこに対しても、「根詰ま

り」の注意を持たないといけないと

学びました。

樹々は生きている。

人のように、呼吸もすれば、食事もするし、

成長もします。

寒ければ風邪もひくし、足りなければ

栄養失調にもなります。

靴も小さくなれば、合う大きさのものに

替えてあげなければなりません。

樹々が元気で、気持ちよく育つ事を、

もっと感じられるようになれれば・・・

本日、先ずは庭植えレモンの木の右サイドを

掘り返してみました。

幹近くはやらないように注意して外周を。

掘り返す前の状態

掘り返した後の状態

これが、結構大変な作業でした。

根っこが絡んでくるし、

大きな石も出てきます。

腰に結構きます! 泣く の画像

18年前は・・・

若かった・・・ 夏だよ。子供だよ。汗だく の画像

そして、こんなものまで、

セミの幼虫さん。

冬眠中なのか、全く動きません。

体が無傷で良かったです。

そっと、戻しておきました。 ^^;

で、思い出したのが

「EM肥料用ボカシ」を作った事

このまま掘り返した土を戻す前に、EM肥料用

ボカシを撒いたら、もっと土壌が良くならな

いか?

恐る恐る、

肥料を入れていたゴミ箱の蓋を開けると、

未だ大丈夫でした。

カビで一杯という状態ではありません

でした。

香りも、未だ酸味のある香りのまま。

という事で少々撒いてみました。

肥料のやり過ぎ? を少し気にしながら。

ほぐした土を戻して完了! 

晩秋まで2か月ごとに肥料をあげて、新根の

成長に合わせて根が成長するところに空気を

送り続ける(新根の先を常に耕す)とかなり

の成長を見せてくれるようです。

やはり、土が盛り上がります。

かなり、増えた感じがします。

なにかいい感じ。

少しは気持ち良くなってくれたでしょうか?

レモンの木が、

笑ってくれていたら良いのですが。 

時間をかけて少しづつやっていきましょう。

腰にきますので・・・ バイバイ の画像

ほんの少しでも、

面白いと思って頂ければ、

下のバナー(コロ)を

「ポチッ」と押して頂きますと、

これからも、頑張れます!

宜しくお願いします。 おじぎ の画像


にほんブログ村

  • この記事を書いた人

korolemon

■ニックネーム korolemon Lemonを育てています。 子育て奮闘記ならぬ、Lemon育て奮闘記です。 自宅の庭で、ちょとした隙間を見つけて、ちょっとした家庭栽培・・・ 自分で調べた「あれこれ」を実際に自分でやってみて、 どんな結果になるのかの検証です。 奮闘記です。

-庭植レモン

© 2022 korolemonのブログ レモンを育ててみたら! Powered by AFFINGER5