庭植レモン

接ぎ木した穂木を守る! 紫陽花をひっこぬいてみた。

2月18日 

接ぎ木にチャレンジしてみました。

その際、改めて感じた事。

「土地が狭い!」

作業を続けていますと、体が穂木に当たり、

折れ曲がるのです。

気を付けてやっていても、

「あっ、又!」と、

ぶつけてしまいます。  泣く の画像

少し前の写真です。

レモンの木の左側にある紫陽花。

これが非常にまずい位置にあります。

接ぎ木した穂木は、

奇しくも左側にほどんどあります。

という事で、撤去することにしました。  

腰が痛い、腰が痛いと言いながら、

少しづつ掘り下げ、

やっとの事で持ち上げられました。

妻も母も、

「それはいらないよ!」と言うのですが、

もう芽が出始めており、

その芽を見ていると、

捨・て・ら・れ・な・い・・・

かなり切り詰め、いっきに短くしたので、

恐らくは、今年 花が咲く事はありません。

でも、でも、でも・・・

とにかく、穴を塞がなくては・・・

何かが動いている。

近くで見てみますと、

なかなかに太い、立派なミミズ君でした。

思わずニッコリ。  

うちの庭の土を、

きっちりと耕して頂きたいものです。

またまたEM肥料用ボカシを巻いて

土を戻してみました。

枕木が、バリバリと割れてしまいました。

とっても古いので、

よくもってくれたという感じですが。

p>

白蟻さんは枕木を食べきって、

既に1匹もいない状態。

 

レモンの木の周りがすっきりしました。

土の中に、空気もいっぱい入った

ことでしょう。

新しい根っこが伸びるスペースも

大分確保できたと思われます。

これを、2か月毎にやってみましょう!

後で、枕木を新調しておきます。 

一連の作業が終わった後、

やっぱり、可哀想と思いましたので、

紫陽花を、空きスペースにシフト!!

あまり大きくならないで下さい!!

鉢植えレモンのビニール袋も

取ってやりました。

なんとか、寒い冬を乗り切ってくれました。

先週やった接ぎ木の状態をチェックして、

少し驚いたこと・・・

保湿のために、ビニール袋を被せて紐で

縛りました。他の袋は、そのままの状態

(変化なし)なのですが、太い幹に接ぎ

木した袋には水滴が・・・

やはり、「細い枝」ではなく「太い幹」なの

で、「呼吸」の量も違い、保湿の状態もかな

り違うという事なのでしょうか?

きっちり保湿ができているという証拠

でしょう。

良い感じです。 漢字だよ。笑 の画像

少しだけ、確かに暖かくなりました。

極寒から、寒くなったという程度かも

しれませんが。

樹々や草花達が僅かに動き出している。

確かに、動き始めています。

先日頂いた、あじさいの苗も、

動き始めました。  

ほんの少しずつですが・・・

今年1年が、

始まろうとしています!  カエル の画像

ほんの少しでも、

面白いと思って頂ければ、

下のバナー(コロ)を

「ポチッ」と押して頂きますと、

これからも、頑張れます!

宜しくお願いします。 おじぎ の画像


にほんブログ村

  • この記事を書いた人

korolemon

■ニックネーム korolemon Lemonを育てています。 子育て奮闘記ならぬ、Lemon育て奮闘記です。 自宅の庭で、ちょとした隙間を見つけて、ちょっとした家庭栽培・・・ 自分で調べた「あれこれ」を実際に自分でやってみて、 どんな結果になるのかの検証です。 奮闘記です。

-庭植レモン

© 2022 korolemonのブログ レモンを育ててみたら! Powered by AFFINGER5