雑談

Roland TD-50SC-S TAMA S-Cobra 電子ドラムセットが来た! いつまで置く気??


Roland TD-50SC-S TAMA S-Cobra

      電子ドラムセットが来た!

         いつまで置く気??


長男坊がドラムセットを買い替えました。

前のドラムセットを捨てるのは勿体無いので、

貰ってくれる人が現れたらと思い、ブログにアップしました。

その記事でメールを頂きました。

「わたし、今日ドラムセットの購入を断念したんです! ウソみたいなので・・・ 

 音楽を聴くとドラムの音ばかり耳に入ってくるんです。」

*これぐらいの文章でしたら載せても良かったでしょうか?

私も、本当に驚きました。

ピアノやギターなら、何頭の反応があっても不思議ではない感じもしますが、

まさかドラムでメールを頂けるとは・・・ ^^

嬉しい限りでした。

ご関心のある方が1人でもおられる可能性があるなら・・・

今日のブログネタになるなら・・・ ^^;

その様子をちょっとだけアップする事にしました。

島村楽器さんとローランドさんのコラボレーションモデルだそうです。

「電子ドラムは、同一のスタンドにタム・シンバルを連結していることが一般的ですが、タム・シンバルの面積・間隔が狭くなることで叩きにくさを感じてしまうことも。 『TD-50SC-S』は”省スペース化”と”叩きやすさ”を両立した絶妙なバランスで開発し、全体をコンパクトにしながらもスムーズな演奏性と設置時の安定性を実現しました。」

*島村楽器さんのご紹介から引用。

又、全パッド(太鼓)にはメッシュ・ヘッドが愛用されているとの事。

つまり、電源を入れずに(或いは、ヘッドホンをして)パッドを叩くと、

打撃音がとても小さく、家での練習に都合が良いようです。

よく使われるスネアとライドシンバルの大きさは維持しつつ、

他を小さく設計する事によって省スペース化を図ったそうです。

そして、フラッグシップ音源TD-50です。

オーディオ・データを本体に取り込んで演奏したり、

録音スタジオ級の音作りが行えるなど、

こだわりのドラミングが自宅で楽しめるそうです。

スネアの胴の深さやチューニング・ミュート等を

自分好みに自由に切り替えられる機能もあるようです。

【豊富なオリジナルコンテンツ】

「”聴く”部分にもこだわったオリジナルコンテンツの一つである「バンドドラム音色コレクション」は、ドラマーならば一度は憧れる名曲のドラムサウンドを名曲ともに鳴らせる機能。 山下達郎の『Sparkle』や、映画「君の名は。」で大ブレイクした「RADWIMPS」の『前前前世』、「X(現:X JAPAN)」の『紅』などのドラムサウンドを忠実に再現した合成音や、さらにはJUDY AND MARYのドラマーとして名を馳せた「五十嵐公太」さん公認のドラム音色3楽曲分をスペシャル音色として搭載。ローランド社既存のTD-50シリーズ・モデリング機能を駆使することで、奏法のニュアンスまで細かく再現しました。」

*島村楽器さんのご紹介から引用。

練習に使えるソングやループパターンも収録しているとの事なので、

一人練習も出来そうです。

さて、それでは最後に本人に叩いてもらいましょう。

どんな音が出るのでしょうか?

但し、私が失敗し、縦や横にして撮ったので、

かなり見にくい画像となっております。

1分25秒辛抱できる方は見てみて下さい。 ^^;

ご本人曰く、来年にはご結婚するのだそうです。

最初は、恐らく安いアパート暮らしになる事なのでしょう。

お金を貯めて・・・

いつかは、夢のマイホーム・・・

で、いつまでこのドラムはここに置いておくつもりなのでしょう??

今日は、1日、ブドウ棚に屋根を付ける作業をしておりました。

3メートルのパイプを繋げる時は大変でした。

ちょうどそのタイミングで次男坊が帰宅したので助かりました。

元のパーゴラが傾いているので、その上に継ぎ足した

パイプもずれが出るのは当然の事です。

やっている途中で、少し計画を変更する事にしました。

明日は、終日出勤なので・・・

来週、続きをしてみましょう。

この続きは、別途アップしてみたいと思います!! ^^

ほんの少しでも、

面白いと思って頂ければ、

下のバナー(コロ)を

「ポチッ」と押して頂きますと、

これからも、頑張れます!

宜しくお願いします。 おじぎ の画像


にほんブログ村

  • この記事を書いた人

korolemon

■ニックネーム korolemon Lemonを育てています。 子育て奮闘記ならぬ、Lemon育て奮闘記です。 自宅の庭で、ちょとした隙間を見つけて、ちょっとした家庭栽培・・・ 自分で調べた「あれこれ」を実際に自分でやってみて、 どんな結果になるのかの検証です。 奮闘記です。

-雑談

© 2021 korolemonのブログ レモンを育ててみたら! Powered by AFFINGER5