レモン

レモンの樹から芽が出てきた。 動き始めた My Lemon


レモンの樹から芽が出てきた。

動き始めた My Lemon


令和2年3月7日(土)

今朝は、寒いなぁと感じました。

それでも、今、車に行って out side 温度を見てきたら、

6℃ありました。

明日からは暖かくなるのかなぁ?と思いきや、

16日には、また最低気温 1℃の予想の様です。

そんな気温ですが、

先ず、すももが今年最初の動きを見せ始めてくれていました。

2月22日 その時のすももの状態をアップしました。

その時の記事が「こちら」です。

あれから2週間経過しました。

2週間で、どれだけの成長を見せてくれたのでしょうか?

すばらしい!

たった2週間ではっきりと分かる成長を見せてくれています。

3種のすもも、全て順調に成長してくれています。

そこで、ふと気付いた成長。

受粉樹用としてお送り頂いた苗木です。

・太陽

・ニュー太陽

・恋花火

の3種類が接ぎ木されていました。

ビニール袋越しなので分かりにくいですが、

3種とも、きっちりと芽が出だしております。

おみごとです!

さて、すももはこんなに動き出しているのに、

レモンの方は・・・

みなさんのレモンはいかがでしょうか?

確認する限り、

「花柚子」と「大鉢強剪定ありの鉢植えレモン」は全く動きがありません。

ちなみに、昨年の写真を見てみますと、3月21日新芽を撮っています。

まだ少し早いのかなぁ?

と思いながら他を確認してみますと、

庭植えレモンの枝から赤い新芽が。。。

全ての枝ではありません。

最初、「全く動きがない」と思った程です。

一部の枝から、新芽がほんの少し見え始めた感じです。

それから、鉢植えレモン。

こちらも、よくよく見てみると、

少しだけ新芽が出ている箇所がありました。

小鉢強剪定ありの鉢植えレモンです。

こちらは、探さなくても見つかる程沢山新芽がっ!

数としては、一番多く、満遍なく付いています。

一方、日向で育てた挿し木レモンも。

新芽の数は小鉢剪定あり苗に負けるものの、

一番上の新芽の大きさは最も大きいです。

不思議に、

小さい鉢で、沢山の新芽が確認できました。

小さい鉢の方が、早く大きくなろうと感じているのでしょうか?

少しづつ、動き始めています。

皆様のレモンもきっと元気な新芽が出ますよう。^^

~ あとがき ~

妻が、久しぶりにひな人形を飾りました。

当家の子供2人はいずれも男の子です。

なので、ずっと飾られることがありませんでした。

私も、お目にかかるのは初めてです。

約20年前、お引越しの時に雛壇は捨てたとの事。

お人形さんしか残っておりません。

妻が、「私が女雛だ!」というので、

「男雛は誰か?」と尋ねますと、

「コロっ!」だそうです。

「なら、私は?」と尋ねますと・・・

・・・

でも、少し安堵しました。

少なくとも、人間でした。

仕丁(じちょう)というようです。

宮中や貴族の家に仕えていた雑用係の様なものとの事。

雛壇の中で一番庶民に近い存在で、泣き・笑い・怒りという三つの表情で作られている事が多いので、「三人上戸(さんにんじょうご)」とも呼ばれるそうです。私は、笑っており、沓台(くつだい)を持っている様です。

時と場合によっては、

私は、この「沓」と言われていたかもしれません。 ^^;

笑顔の人間で良かった~~~!

ほんの少しでも、

面白いと思って頂ければ、

下のバナー(コロ)を

「ポチッ」と押して頂きますと、

これからも、頑張れます!

宜しくお願いします。 


にほんブログ村

  • この記事を書いた人

korolemon

■ニックネーム korolemon Lemonを育てています。 子育て奮闘記ならぬ、Lemon育て奮闘記です。 自宅の庭で、ちょとした隙間を見つけて、ちょっとした家庭栽培・・・ 自分で調べた「あれこれ」を実際に自分でやってみて、 どんな結果になるのかの検証です。 奮闘記です。

-レモン

© 2021 korolemonのブログ レモンを育ててみたら! Powered by AFFINGER5