ピオーネ

ピオーネ 7月
一昨年、昨年と比べる

 

令和2年7月24日(祝金 スポーツの日)

 

先週の土曜日、庭の整理に励みました。

私と長男坊と次男坊 3人で、約2時間半。

 

1、ぶどう棚の所の木を半分にカット。
2、山茱萸・ザイフリボク等の高さを抑え、梳きました。
3、倉庫の中を全部拭き掃除し、物を入れ直し。

 

3人でするのなら1時間程度で終わるかと思いましたが、案外時間を要しました。

特に手こずったのが「ぶどう棚の所にあったコニファーのカット」です。

最初は、長男坊が1人、のこぎりで切ろうと奮闘。

 

5月23日の時の様子です。
コニファー3本が大きく育ち、棚に当たる状態に。

 

充分生きている生の木であったせいか、のこぎりで切れなかった様です。切れる所まで切った後、のみを出してきて、切り込みを入れ始めたのですが、のみが抜けなくなって「ヘルプ」発声! 次男坊がかけつけ、のみを折るわ、再度のこぎりをひいてみたり、足で蹴り始めたり・・・ ^^;

 

半分以上切れました。
すっきりしました。
風通しもよくなりました!

 

何はともあれ、お疲れ様でした。 結果オーライです!

 

切り口です。強引な作業がよく分かります。

 

のみは取り出せました(使用不能)が、今後、この様な場合に使える道具を探すべくホームセンターに走ってみました。

 

ナタを買ってみました。

 

重量、約500g。けっこうずっしりと感じます。後ろ側の厚みもあり、これならトンカチでトントンすれば削れるのでは???

 

等と手入れをしておりましたら、
ピオーネが少し色づいてきているのに気づきました。

 

 

以前の様に、腐った状態でなくてホッとしました。

以前は、この時期、どいう状態だったのでしょうか?

 

 

平成30年7月8日の様子

 

 

ブルームならぬ、うどん粉病が発生しております。^^;
そして裂果も酷かったです。

そして、翌月8月。
凄く酷いものから、なんとか食べられる1房まで。

 

画面クリックで拡大します。

 

唯一食べられたのは、右端の1房だけです。
全体的に黒く色づき、完熟した感じです。

次男坊から、「デラウェアより美味しいデラウェアやな!」とのお言葉を頂きました。小さな小さな1粒でしたが、来年に希望の光を見た気になりました。

 

令和1年7月21日

 

去年の今頃は、7月21日でこんな状態でした。

 

 

一昨年の様なうどん粉病の発生はなかったものの、果皮の表面が汚くなり始め、そして8月に入りますと、虫食い、裂果が見られる様になりました。

 

 

そして、翌月9月1日。収穫をします。

その時の様子がこちらです。

 

 

 

 

黒く色づき、完全に甘いなぁと感じられたのは1房だけでした。他のも美味しく食べられるものでしたが、やや酸味が感じられる内容。どのタイミングで採るのか?これが問題の様です。

 

そして、本日 7月24日です。

 

袋掛けしていない房も。
全く色づいていない房も。

 

虫食いの様な粒がついている房もありました。

 

 

今の所、数個しかなく、取り除きますと綺麗になった感じです。
過去の記事を読み直しますと、これからですね。
裂果や虫食いが激しくなる時期到来の様です。

新聞袋だけで、防除出来るのか?

やっぱり、虫かごを作ってみようか?

 

本日、午前中、

エチルアルコール80%(精製水割)を果粒に、
葉には、ベニカ水溶剤を散布してみました。

そして、午後から大雨。
全て、流された感じです。
明日、どうしよう。

様子見です。

 

 

~ あとがき ~

今、何となく思い出しました。

今朝、ゴミ出しでした。

 

裏のゴミとか集めて、ゴミ置き場に持っていってな!

korolemon

ゴミ出し、いつも僕ばかり。
僕ばかり蚊に刺されているネ。

私に全く影響ないよ。

 

影響がない? 影響がない? 影響がない?

 

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・

 

ほんの少しでも、

面白いと思って頂ければ、

下のバナー(コロ)を

「ぽちっ」と押して頂きますと、

これからも頑張れます!

宜しくお願い致します。

m(__)m

 

にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ
にほんブログ村

 

  • この記事を書いた人

korolemon

■ニックネーム korolemon Lemonを育てています。 子育て奮闘記ならぬ、Lemon育て奮闘記です。 自宅の庭で、ちょとした隙間を見つけて、ちょっとした家庭栽培・・・ 自分で調べた「あれこれ」を実際に自分でやってみて、 どんな結果になるのかの検証です。 奮闘記です。

-ピオーネ

© 2020 korolemonのブログ レモンを育ててみたら! Powered by AFFINGER5