ピオーネ 毎月の記録

ピオーネの成長 2019年4月 枝を全て切り取り、反射シートを敷いてみた。


ピオーネの成長

2019年4月

枝を全て切り取り、反射シートを敷いてみた。


平成31年4月21日(日)

先ずは、今の様子です。

この写真からは分かりずらいですが、

少しずつ、芽が出てきました。

ようやく動きが見られました。

悩んでしまったのが、枝を切り取るかどうか。

昨年、テッポウムシにやられました。

ほとんどの枝を食べられていたので、

「だから、果実が生っても十分熟した実にならないのだ。」

と結論付け、ほとんどの枝を剪定しました。

その時の記事が、「こちら」です。

結果、1本だけ枝を残しました。

全て切除するのは、あまりにも勇気がいったから。

でも、今年も、無事芽が出始めました。

① 芽が出だしたので、新たな主枝を育てられる事を確信。

② 唯一残した枝もテッポウムシにやられているが、その枝からも芽が出だした。

③ ②の枝を放置すると、昨年同様熟した果実を作れない枝を残す事になる。

④ 養分を新たな主枝の成長の為に全て使う。

ことからも、唯一残した枝を切除することを決心しました。

「頂上辺り」と私が勝手に呼んでいる場所にテッポウムシの被害痕があります。

ここから先にある枝を全て切除する事にしました。

一番期待していたのは「浪平さん」です。

幹からも新たな枝が生えてくる可能性はあるのかもしれませんが、

唯一テッポウムシにやられなかった1本の毛の様な枝です。

この枝から新芽が出だしたら、その芽を主枝として育てていこう、

そう思っておりました。

まだまだ小さな芽ですが、

それでも、元気に沢山出てきてくれています。

それに比べ、接ぎ木した穂木達は芳しくありません。

接ぎ穂から新たな芽が出て来るどころか、

黄玉などは、枝の先っぽが枯れてきたようです。

なんとか復活して頂きたいものです・・・  ^^;

一方で、頂上辺りにも変化が見られ始めました。

新たな芽が出始めました。

浪平さんだけではありません。

なんとか、将来の主枝候補を選べるでしょう、

と確信を持ち始めると、気になるのがこちらです。

少し見にくいのですが、

頂上辺りから少し先に被害痕があります。

そして、その直ぐ先から新芽が出始めました。

「新芽が出ているのだから・・・」

と昨年までは、その枝に付いた実も大事に育てました。

しかしながら、ここは思い切って被害のある枝とは決別してみましょう。

被害痕の場所はかなり大きく、人差し指もすっと入ります。

それでも、その先に新芽を付けるとは・・・

ピオーネ君、恐るべしといった感じでしょうか。

一部が繋がっていると、こそから養分を送れるようです。

その先にある枝を切ってみると、綺麗な切り口でした。

食べられているような痕はありませんでした。

この状態の枝でも、完熟の果実を育てられるのでしょうか?

今回は、先ずは決別。

新たな成長を期待してみます。

ただ、切る時に心配したことは・・・

未だ、葉が出てきていない状態の時(水分が蒸発する事ができない)に枝を切ってしまうと、

その切り口から、樹液が止まらなくなるのではないか?

という点です。

これで、樹を枯らせたという話しも聞いた事があります。

しかしながら、ここは一番、勝負です!

接ぎ木等を行い、外科医になってきた気分そのままで。

どうなるかやってみることにしました。

思い切って、枝を切り取りました。

更に、枝を細かく切り、途中の状態を確認しました。

(特に食べられている痕はありませんでした)

とこんな事をしている場合ではありませんでした。

ふと、切り口を見ると、そこからポタポタと樹液がこぼれだしていました。

事前に用意しておいた癒合促進剤 トップジンMペーストを付けて、

メデールテープでぐるぐる巻きにしてみました。

これだけ巻けば出血も止まるだろう、と思える程に。

今、再度様子を見に行ってきましたが、

大丈夫そうです。ポタポタは止まっています。

これで暫く様子を見たいと思います。

そして、本日最後に行った事が、

反射シートを敷いてみた事です。

この反射シート、なかなか届きませんでした。

予定より遅れて、

その遅れるとの案内メールの到着予定日よりも、更に遅れて・・・・

届かないのかな? と思った程でした。

さすが、送料込みの690円です。

想像していたよりも、ずっと薄いです。

切り取り、くぎで打ち付けようと思っていたのですが、

そのまま釘打ちすると破れます。

なので、セロハンテープを4枚程貼った上から釘打ちしてみました。

キャンピングシート?というのでしょうか、

少し厚めの銀色のレジャーシートみたいのが沢山あったので、

これに張ってから釘打ちしようかとも思いましたが、

必要以上に厚みが出そうなので、そのまま敷いてみました。

さて、効果はあるのでしょうか?

期待して、後の成長を見守ってみたいと思います。

今年は、主枝育てで終わってしまうかもしれませんが。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

後日談 1

反射シートをそのまま地面に敷いていましたが、

雨は溜まるわ、土は上に乗って汚れるわ・・・

そもそも、いつ破れてもおかしくない状態です。

ですので、5月2日 キャンピングシートに貼り合わせてみました。

だいぶ厚みが出ましたので、以前よりしっかりしました。

これで、様子を見ていきたいと思います!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ほんの少しでも、

面白いと思って頂ければ、

下のバナー(コロ)を

「ポチッ」と押して頂きますと、

これからも、頑張れます!

宜しくお願いします。 おじぎ の画像


にほんブログ村

  • この記事を書いた人

korolemon

■ニックネーム korolemon Lemonを育てています。 子育て奮闘記ならぬ、Lemon育て奮闘記です。 自宅の庭で、ちょとした隙間を見つけて、ちょっとした家庭栽培・・・ 自分で調べた「あれこれ」を実際に自分でやってみて、 どんな結果になるのかの検証です。 奮闘記です。

-ピオーネ 毎月の記録

© 2021 korolemonのブログ レモンを育ててみたら! Powered by AFFINGER5