土・肥料

EM希釈液の生存期間が300日を超えた。


EM希釈液の生存期間が300日を超えた。


令和2年2月1日(土)

EM菌1号・糖蜜セットを購入しました。

平成29年7月9日(日)自宅に届きました。

約2年7か月前。

以前、農薬を使わずにレモンの栽培をする、という本を読んだのがきっかけです。

⇒ EM菌・醗酵微生物(乳酸菌、酵母、光合成細菌など)を撒き、土壌を良くする{物を酸化(腐食)させてしまう微生物群である悪玉菌以上の善玉菌(物を抗酸化させる)が存在する状態}ことにより、本来の土の力を蘇らせ、病害虫に強い有機農業を可能にする。

という事らしいのです。

EM菌について記載した記事は「こちら」です。

皆様のブログを拝見させて頂いても、

もみ殻燻炭を投入したり・・・

肥料をやったり・・・

そして、その後、納豆菌等、菌を撒いています。

菌が、如何に土壌を良く改良してくれているのか? 

未だ、実感する所はないのですが、何がしら効果はあるのでしょう。

これも「菌あり」と「菌なし」での検証を行ってみない限り、実感は出来ないのかもしれませんが、それはまだまだ今後の課題と致しまして、今は、「そのEM菌がどれぐらいの期間、生き続けられるものなのか?」を検証しております。

<1度目のチャレンジ>  平成29年7月9日

購入当初作ったEM希釈液は、76日間生き続けているのを確認しました。

その10日後には、餌(糖蜜)を与えていたにも拘わらず活動を止めました。

その後、何日経過しても、ペットボトルはパンパンになりませんでした。

ペットボトルにただの水を入れている様な感じです。

<2度目のチャレンジ>  平成31年3月31日(日)

皆様のブログを拝見しておりますと色々な菌を使用しているので、再度EM希釈液を作ってみました。

やはり、土に菌は必要なのかなぁ、と感じたからです。

EM菌1号を購入してから、実に1年8か月経過後です。

「EM菌の保存期間は6か月~1年」という記事も読んだ事がある私は、「もうダメかもしれないけれど。」と感じていました。4月13日まではペットボトルに変化はありませんでした。「やはりダメかぁ。」と諦めかけていた頃、ペットボトルが膨れてきました。パンパンだと思える程に張り出しました。

EM希釈液は、暫くすると元気をなくしていきます。ペットボトルの張り具合を見ながら、元気がなくなってきたなぁと感じだしたら餌(糖蜜と米のとぎ汁を混ぜたもの)を足していきました。2~3か月に1回という感覚でしょうか? その際、EM菌1号は足しておりません。ペットボトル半分ぐらいを庭や鉢に撒いて、餌だけを足しました。

気温も関係するかもしれません。

寒くなると元気がなくなる感じがします。

なので、今はリビングに置いています。

そう、今も元気に活動を続けてくれています。

平成31年3月31日から計算すると、実に、307日経過。

元気に生き続けております。

平成29年7月の購入時からだと約2年7か月となりましょうか。

EM菌は、増やし続けられると結論付けたくなってきました。

EM菌1号は、未だそのまま残っております。

約2年7か月経過した今でも、餌を与えると活動を始めるのかも検証してみたいものです。

取り急ぎ本日は、「300日超経過」の記録を残しておく事にしました。

;

~ あとがき ~

本日、妻はお仕事でした。

という事で、晩御飯は私のお仕事となりました。

久しぶりに「肉うどん」にしてみました。

案外、子供達に人気の1品です。

ただ、問題は。。。

全ての料理に当てはまる事なのですが、

私・子供達と、妻・おばぁさんの味覚が違うという事。

うどんのダシの濃さの問題です。

私は東京で勤めていた頃に「さぬきうどん」を売っていた大将と出会いました。大将は「プライドを捨てた」と言っていました。さぬきのダシで勝負すると、東京では売れないのだそうです。そう、味が薄いのです。「この味が本当に美味しい」と思って作っても、売れなければ店を畳むことになるだけです。なので、プライドを捨て「濃いダシにした」との事です。

もっとも、私のこだわりは大将程のものではありませんが、2種類のダシを作るのは面倒くさいので「薄味のダシ」にしてみました。案の定、妻・おばぁさんからは「丁度いい」と、長男坊からは「少し薄い?」と言われました。

しかしながら、ダシをほぼ最後まで飲む事を前提にするのであれば、やはり「薄め」の方が良いのかなとも思います。

難しいものですね。 ^^;

ほんの少しでも、

面白いと思って頂ければ、

下のバナー(コロ)を

「ポチッ」と押して頂きますと、

これからも、頑張れます!

宜しくお願いします。 


にほんブログ村

  • この記事を書いた人

korolemon

■ニックネーム korolemon Lemonを育てています。 子育て奮闘記ならぬ、Lemon育て奮闘記です。 自宅の庭で、ちょとした隙間を見つけて、ちょっとした家庭栽培・・・ 自分で調べた「あれこれ」を実際に自分でやってみて、 どんな結果になるのかの検証です。 奮闘記です。

-土・肥料
-

© 2020 korolemonのブログ レモンを育ててみたら! Powered by AFFINGER5