土・肥料

EM菌は、いつまで生きるのか?


EM菌は、いつまで生きるのか?


平成29年10月8日(日)

昨日、久しぶりに、EM肥料を撒いてみまし

た。同時に、過去のブログ記事を少し読み

返しました。

何故、その時に、そう思わなかったのか?

EM希釈液は、49日間で死滅したと思います。

EM菌は糖蜜を食べて生きています。

生きている証として、炭酸ガスを出しながら

発酵します。

EM希釈液を作ってから、

毎日、ペットボトルは張っていました。

キャップを回すと、プシュと音も出ていまし

たが、49日経過後、ペットボトルは張らなく

なりました。

EM希釈液の寿命

そう、思いました。

恐らくは、食料として一緒に入れていた糖蜜

の栄養分が無くなったから・・・

そうならば、EM菌は、餌がないと生きられ

ないということになる。

EM菌(1号)と糖蜜を買ってから、

全てを使い切った訳ではありません。

半分以上残っています。

倉庫にずっと置いていました。

7月8日(土)

EM菌が届いてから、

92日経過した事になります。

その間、EM菌は何も口にしていないことに

なります。

ビンの中のEM菌は死滅しているのか?

これを確認するには、

EM希釈液を作ってみるしかない。

という事で、EM希釈液を作ってみました。

作り方は、以前作った

「EM希釈液を作ってみた!」の通り。

今日、出来たばかりの希釈液。

さて、明日、

ペットボトルは張っているのかな?

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ほんの少しでも、

お役に立てた部分はあったでしょうか?

私の「なるほど!」をどんどんアップ

していきたいと思います!

この文章最後の「コメントする

(comments)」から、

コメントなど頂けると嬉しい限りです!!


にほんブログ村

お願いできそうであれば、

ポンっとボタンを押して頂けると

嬉しい限りです!

日々の励みになります!!

にほんブログ村 健康ブログ 自己流健康法へ
にほんブログ村

  • この記事を書いた人

korolemon

■ニックネーム korolemon Lemonを育てています。 子育て奮闘記ならぬ、Lemon育て奮闘記です。 自宅の庭で、ちょとした隙間を見つけて、ちょっとした家庭栽培・・・ 自分で調べた「あれこれ」を実際に自分でやってみて、 どんな結果になるのかの検証です。 奮闘記です。

-土・肥料
-

© 2022 korolemonのブログ レモンを育ててみたら! Powered by AFFINGER5