レモン 毎月の記録

レモンの成長 29.12


レモンの成長 29.12


レモンの収穫。

12月頃かと思っていました。

樹上で「黄色くなる」迄、待っておく方が良

いのかと。

しかしながら、こんなコメントを頂いた事が

あります。

「スーパーの果物と自家栽培の違いは完熟果

が味わえるかどうかですね。

さて、レモンの香りです。

レモンの香りは皮にあります。

実の方にはありません。

korolemonさんのレモンを拝見しますと香りの

良い収穫時期は今から一ケ月くらい前でしょ

うか。

10月中旬頃?

レモンをくし切りにカットして果汁を絞る

うにクチュっと皮を潰します。

光にかざしながらやりますと細かい粒子が飛

び散るのが分かると思います。

これが香り成分のリモネンです。

グリーンレモンの香りは感動するくらい爽や

かな香りがします。

ほとんどの方はこれを知りません。

自家栽培の方だけが味わえる香りだと

思います。」

レモンの状態を見て、収穫してみる。

そして、その時期時期での味を味わって、

自身に合う収穫時期を決めていこうと

思います。

グリーンレモンのリモネンは、来年として、

イエローレモンのリモネンの観察をして

みました。

来年の比較対象としてみます。

下記の動画も、ご覧下さい。

今年の収穫。

鉢植えレモンに、3つのレモン。

大事に、大事に残しておいた・・・

レモンを収穫しました。

残り3つ、すべて収穫してみました。

表面も、比較的美しく、大きく育った

のではと思います。

① 6.0㎝ × 5.0㎝    90g

② 6.3㎝ × 5.7㎝  130g

③ 6.6㎝ × 5.6㎝  130g

という結果でした。

1つは、既に収穫し、

他のレモンと食べ比べしてみました。

ご参考までに・・・

「鉢植えレモンを食べ比べてみた!」

そして、こちらが「リモネン」を撮影

してみたもの・・・

さて、12月のもう1つの作業。

防寒対策。

気温が氷点下を下回る前には対策を行いたい

ものです。

レモン自身も冬越しの準備として、徐々に枝

葉中の水分含有量を減らすことで、寒さに備

えるようです。

レモンは寒さに弱く、マイナス3℃を下回る

と枝葉が枯れ始め、枯死する事もあるよう

す。

特に寒さに弱い3年生未満の幼木は、十分な

防寒対策をします。

地上部の枝葉を寒冷紗や不織布などで覆いま

す。地面はわら等でマルチングをします。

当家の庭植えレモンは、背丈2メートル近く

になってきており、不織布で全てを覆うのは

困難です。ですので、半分を覆ってみまし

た。気休め程度かもしれませんが、

少しは・・・と思います。

もっと、寒さが厳しくなったら、上側ももう

少しカバーしてみようかと・・・

前後しますが、不織布を巻く前の庭植えレモン。

柚子も元気に育っております。

マグネシウム(苦土石灰)が効いたのか、

葉が黄色くなってきたのが止まった

感じがします。

挿し木レモンも、元気に育っています。

そして、鉢植えレモンも・・・

実を収穫する前のお姿ですが。

*病害虫の予防として、病害虫が越冬する

 落葉等は取り除きました。

*庭植えレモンには、水やりをして

 おりません。

*鉢植えレモンには、5日に1回のペースで

 水やりをするようにしています。

 土の表面が乾くのを確認し、根腐れに注意

 します。徐々に水やりの間隔をあけていく

 と良いようです。

下のバナーを

「ポチッ」と押して頂きますと、

助かります!!

顔だよ。困る


にほんブログ村

  • この記事を書いた人

korolemon

■ニックネーム korolemon Lemonを育てています。 子育て奮闘記ならぬ、Lemon育て奮闘記です。 自宅の庭で、ちょとした隙間を見つけて、ちょっとした家庭栽培・・・ 自分で調べた「あれこれ」を実際に自分でやってみて、 どんな結果になるのかの検証です。 奮闘記です。

-レモン 毎月の記録
-

Copyright© korolemonのブログ レモンを育ててみたら! , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.