剪定

レモンの樹を強剪定すると、より大きな成長を見せてくれるのか? 地上40cm以上を全てカット!


レモンの樹を強剪定すると、

 より大きな成長を見せてくれるのか?

地上40㎝以上を全てカット!


平成31年3月2日(土)、

庭植えレモンに接ぎ木を予定していました。

① 3月の第1週目が一番の適期。

  *もう、小さな芽が出始めている様にも見えますが・・・ ^^;

② 冷蔵庫で保存している穂木は、出来るだけ新鮮な内に接ぎ木する。

③ 昨年失敗しているので、今年はベストの状態で実施したかった。

等を考えますと、何が何でも昨日接ぎ木を実施したかったのです。

なんという事でしょう!!

一生の不覚です!!

メデールテープ(接ぎ木テープ)が見当たりません。

全くの準備不足です。

この1月、カラタチの挿し木を実施した際、昨年使用した

メデールテープが残っていると見えたはず・・・

完全に残っていると思っていただけに、確認を怠ってしまいました。

昨日朝から、

近隣ホームセンター 5店舗に電話。

苗木・花屋さん   2店舗に電話。

ネットで「メデールテープが売られている」と記載されていた、

隣の市のホームセンター 1店舗に電話。

全て売っていませんでした。 気が遠くなり出しました。

メデールテープって、なかなか売っていないものなのですね。 ^^;

そう言えば、昨年もネットで購入した記憶が・・・

という事で、昨日、ネットをポチッとしてしまいました。

届くのは数日後。

接ぎ木は、来週することに変更せざるを得ません。

冷蔵庫に入れてある穂木を出してみました。

ガス抜きのために週1回は開けた方が良いとのこと。

穂木の色・艶は良い感じでした。

後、1週間、同じ状態でいて欲しいものです。

3月2日(土)はテープ探しで終わってしまいました。

3月3日(日)は剪定をする事にしました。

① 庭植えレモンの高さを抑えます。

② 鉢植えレモンを1/2~1/3に強剪定してみます。

先ず、① 庭植えレモンの剪定です。

剪定について以前まとめた記事が「こちら」です。

この記事等から、ポイントを抜いてみますと・・・

根本付近の枝を落としましょう

枝の分岐部で切る

切り残しを作らない

1度に切るのは50㎝以下

全体の1~3割の枝を切り落とすのを上限

葉は軽く触れ合う程度

レモンは内向性。内側の枝を残す

夏・秋枝、今年実が生った春枝は落とす

 👉 春枝の内、生痕がない枝を残すのがベスト

長い枝(25㎝以上)の先端を切り詰める。 等々

このあたりに注意しながら剪定をしてみたいと思います。

先ずは、2月24日の様子です。(先週日曜日)

まだ、不織布で根本の方を巻いています。

もう、だいぶ暖かくなりましたので不織布も取り除きました。

高さを抑える為、上側の枝を切り落としてみました。

又、少し梳くように切ってみました。

来週、接ぎ木を予定していますので、

その際切る部分も出て来る事を考慮し、剪定箇所は少なめに。

葉はまだ触れ合う程度なので、沢山切る事は控えてみました。

*剪定後の様子です。

*少し分かりずらいので、並べてみると・・

次に、② 鉢植えレモンの強剪定です。

強剪定 ; 一度に沢山の剪定をすると、木も負けじと強い芽を伸ばしだし、

       より大きな成長を見せる。 はず・・・ ^^;

今回、ちょうど同じぐらいの大きさのレモンの苗木があります。

それも2つづつ。

A : 土の上から 85㎝と、64㎝の苗木

思い切って、85㎝あった苗木を40㎝まで切ってみました。

枝の分岐部で切る事を意識し過ぎたのか、

少し、変な形になってしまいました。

B : 土の上から 58㎝と、60㎝の苗木

こちらも、思い切って高さ25㎝にカット。

切り過ぎた感じがする程に切ってみました。

片方の苗木を強剪定しました。

その後の成長を比べてみたいと思います。

強剪定した方の苗木が、より大きく育つのでしょうか?

さて、切った後の枝・・・

少し太めの枝もありましたので、

トップジンMペースト(癒合促進剤)を塗ってみました。

やってみて思った事。

「切り残しを作らない」を意識してみましたが、

上記写真の通り、案外残ってしまいました。

ハサミが悪かったのか、

ギリギリで切るとクシャクシャの切り口になります。

これ以上切ると、よけいに酷くなりそうでしたので、

この状態で様子を見る事にしてみました。

本日剪定した枝の量はといいますと・・・

さて、どの様な成長を見せてくれるのか、

観察を続けたいと思います。 ^^

庭植えレモンの剪定をしていて・・・

レモンが1個生っていました。

全く気が付きませんでした。

この他にも、既に蕾が・・・・

よくよく見ますと、鉢植えレモンにも蕾が・・・

今日発見した蕾は切り取りましたが、

もう成長が始まっているのだとするならば、

接ぎ木の適期は既に過ぎているという事でしょうか?

一抹の不安を感じながら、

来週を待ちたいと思います。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

平成31年4月7日(日)

3月3日に強剪定を行ってから1か月少々経過しました。

日々、チェックしていましたが、

強剪定しなかった苗からは新芽・蕾が続々芽生え

強剪定した苗は、ほとんど新芽が出ない・・・

そんな感じでした。

強剪定した苗からも新芽が少しづつ出てきたかなぁ?

と思っていたら・・・

剪定した枝の側面から新芽が出始めました。

これだけ色がしましまになっている枝から、

それも、完全に何もない側面から新芽が出始めました。

これは、強剪定していない苗には見られない現象です。

この新芽がどれ程の成長を見せてくれるのか?

又、観察を続けたいと思います!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ほんの少しでも、

面白いと思って頂ければ、

下のバナー(コロ)を

「ポチッ」と押して頂きますと、

これからも、頑張れます!

宜しくお願いします。 おじぎ の画像


にほんブログ村

  • この記事を書いた人

korolemon

■ニックネーム korolemon Lemonを育てています。 子育て奮闘記ならぬ、Lemon育て奮闘記です。 自宅の庭で、ちょとした隙間を見つけて、ちょっとした家庭栽培・・・ 自分で調べた「あれこれ」を実際に自分でやってみて、 どんな結果になるのかの検証です。 奮闘記です。

-剪定
-

© 2021 korolemonのブログ レモンを育ててみたら! Powered by AFFINGER5