2019.05.22 Wednesday

YAMAHA電子ドラムセットDTX500(音は鳴りません)を貰ってくれる方いらっしゃいますか?

0

    JUGEMテーマ:家庭

     

     

     

     

    長男坊が社会人になり、

     

    お給料を貰える様になったので、

     

    新しいドラムセットを自分で買うと言い出しました。

     

     

    これまで7年間使用してきていた

     

    YAMAHA電子ドラムセットDTX500は

     

    捨てる事にしている様です。

     

     

    新しいドラムセットが来るのが5月30日予定

     

    ですので、その前後までに貰ってくれる人が

     

    いるのなら貰って頂きたいと思いアップしました。

     

     

    もう、だいぶ古いので、音は全く鳴りません。

     

    配線とかは残していますが、

     

    直そうとするのであれば新品が買えると思われます。

     

     

    但し、物の状態は良いので、

     

    パッド替わりにはなると思います。

     

     

    長男坊もずっとこれで自宅練習し、

     

    音はスタジオ練習時に確認していました。

     

    練習する分には、

     

    音は鳴らなくても分かると言っておりましたが・・・

     

     

     

     

     

     

    ご関心がある方は、

     

    コメントか、

     

    メール(korolemon_0510@yahoo.co.jp)を頂けると幸いです。

     

     

    ちなみに、当家は大阪です。

     

     

     

    捨てるには、勿体無いかと思い・・・  ^^;

     

     

     

    korolemon

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    2019.05.17 Friday

    井上尚弥選手とエマヌエル・ロドリゲス選手の試合。

    0

      JUGEMテーマ:家庭

       

       

       

      井上尚弥選手とエマヌエル・ロドリゲス選手の試合。

       

      とうとうです。

       

       

      当初は3月を予定。

       

      紆余曲折を経て、やっと5月。

       

       

      生中継で見ようと思えば・・・

       

      今、どうしようもなくなり調べていました。

       

       

       

      WOWOWで、

       

      19日(日) 午前4時半から生中継。

       

      指が勝手に動き出しました。

       

      ネットで登録後、約15分で視聴可能・・・

       

       

       

      登録完了!!

       

      15分と待たず、つながりました。

       

      19日の朝が待ち遠しいです。

       

       

      皆さんも良かったら・・・

       

      後日の無料動画でも・・・

       

      見てあげて下さい。

       

       

      きっときっと、素晴らしい試合のはずです!

       

       

       

      KOROLEMON

       

       

       

       

      ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

       

       

      4分19秒!!

       

      (2R 1分19秒)

       

       

      井上尚弥選手の完全勝利でした!!

       

      やはり、桁違いに強い!! モンスターです。

       

      久しぶりに興奮しました。

       

       

       

      では、今から自治会の清掃に行って・・・

       

      終わったら、、、

       

      次男坊の試合を見に行ってきます!

      *初めて見に行きます!

       

       

       

      井上選手の真似をしてみるのだそうです。

       

      右ボディから返しの左フック。

       

       

      上手くはいかないのは分かっているが、

       

      「同じ事をやってみよう!」

       

      と言って、今行きました。

       

       

      さぁ、またまたビデオ係の出番です。 ^^

       

       

      Korolemon

       

       

       

       

       

       

      2019.05.11 Saturday

      ピオーネの成長 2019年5月 芽欠き、誘引をやってみた。

      1

      JUGEMテーマ:家庭

       

       


      ピオーネの成長

       

      2019年5月

       

      芽欠き、誘引をやってみた!


       

       

       

      先月、最後1つ残っていた枝もとうとう切り落としました。

       

      テッポウムシにやられた枝は全て切り取り、

       

      1からの出直しを図る事にしました。

       

       

      つまり、ほぼほぼツルッパゲ状態になりました。

       

      先月、小さな芽が出始めたのを確認でき、

       

      ピオーネ復活の手ごたえを少し感じ始めました。

       

       

       

      先月、4月21日の状態は、「こちら」で見れます。

       

      さて、本日5月11日で、どう成長しているのでしょうか?

       

       

       

      本日、当地区は、

       

      最高気温 29℃

      最低気温 13℃  の予想です。

       

       

      今朝は少し寒い感じでしたので長袖長ズボンでした。

       

      ウィンドブレーカーを着たぐらいです。

       

      午前中、ピオーネの副芽・巻きひげをとっている時から、

       

      半袖半ズボンに替えました。  暑すぎます!! ^^;

       

       

       

      では、本日のピオーネの状態です。

       

       

       

       

       

      ほんの僅か残っている上部から新芽が出始めました。

       

      何と、幹の途中からも新しい芽が出始めました。

       

      すごい生命力を感じます。

       

       

      ただ、ほぼ環境が同じであるご近所のピオーネは、

       

      比較にならない程の成長を見せています。

       

      「葉の大きさが違う」どころの話しではなく、

       

      既に棚に沿って枝が伸びていっている程です。^^;

       

       

      負けてはいられません。

       

      より一層の成長を期待してお世話をする事にしましょう。

       

       

       

       副梢・巻きひげの切除

       

        不要なので切り取り、養分を主枝に回します。

       

        昨年の様子が「こちら」から見れます!

       

       

       芽欠き

        

        1節に2芽以上生えてきた場合、切り取って1芽にする事を芽欠きというそうです。

       

        養分を集中させるために行います。

       

       

        ぶどうの芽は上へ上へと成長しますので、

       

        出来れば枝の横から生えてきた新芽を残し

       

        元気に育っている方の新芽を残す

       

        事に注意して摘み取ると良いようです。

       

        

        又、

       

        主枝として伸ばす枝と、

       

        果房を育てる枝に分別した方が良いようです。

       

       

        ・伸ばす枝は果房も取り除き、枝の成長に集中します。

       

        ・果房を育てる枝は、葉が6〜10枚程度になったら摘芯を行い、

         枝の成長を止めて、養分を果房に集中します。

          

       

       誘引(捻枝)

       

        ぶどうの枝は、上へ上へ伸びていきます。

       

        なので、棚に沿って枝が伸びていくように、

       

        又、その際果房が下側にくるように誘引します。

       

       

        ただ、ぶどうの新梢は引っ張ると基部から折れてしまいやすいので、

       

        ・新梢が50冂に成長する迄待つ。

       

        ・捻枝等を行い、基部に負担をかけないようにする。

       

        等、注意して行わないといけません。

       

       

        以前、捻枝をしてみた時の記事が「こちら」です。

       

       

       

      本日、以上3点をやってみました。

       

      と言っても、新梢自体がほとんどない為、

       

      何もしないで、全部残した方が良いのでは?

       

      と思った程でしたが・・・

       

       

      以下、その際の様子を記録してみます。

       

       

      1、捻枝

       

      以前捻枝した時の様子は上記の通りです。

       

      先週も捻枝はしたのですが、

       

      紐等で括り付けて誘引していなかった枝がありました。

       

      その枝が・・・ また、元気に・・・

       

       

       

      先週捻枝した後は、グネっと曲がって、枝は下を向いていたのですが、

       

      今週見てみると、捻枝した場所は茶色くなっていますが、

       

      また上を向いて成長を始めていました。 元気です!

       

       

      しかしながら、この枝は下に向いていって欲しいので・・・

       

       

       

       

      2、誘引(捻枝)

       

       

      やはり、新梢は上へ上へと伸びています。

       

      棚に沿って伸びてもらわないとなりません。

       

       

       

       

       

       

      まだ一部上へ向いたままの新梢もありますが、

       

      取り敢えず棚に沿う方向に向かせてみました。

       

       

       

      3、接ぎ穂の今・・・

       

       

       

       

       

       

      だいぶ厳しい状況の様です。

       

      今にも開きそうな芽はあるのですが、

       

      全く開きません・・・ ^^;

       

      接ぎ穂は全敗の予感がしてきました。

       

       

       

      そして、

       

      悲しいかな、今春頂いたぶどうの苗木も・・・

       

       

       

       

      4月9日頃から芽が開き始めました。

       

      よし、これで大丈夫!

       

      と思ったものです。

       

       

       

      しかしながら、この後の成長が全く止まってしまいました。

       

      「ここまでは苗木が持っていた養分で育ちました。

       

      けれど、これ以上の成長は無理です。

       

      何故なら、土から養分を吸い上げられていないから・・・」

       

      と言わんばかりにピタッと成長が止まりました。

       

       

       

      その横で、シャインマスカットは全く動かずを貫き通しています。

       

       

       

       

      接ぎ穂も・・・

       

      帯備苗として育てようとしている苗木も・・・

       

      ダメだとするならば、

       

      やはり、もともとのピオーネ君に頑張って頂かないとなりません。

       

       

       

      頑張れーーーーーっ!

       

      ただ、何となく、

       

      今年も花芽を見る事が出来・・・

       

      それを見ておりますと・・・

       

       

       

      これだけ他に枝葉が無いのだから、

       

      君だけに養分が回るのだから・・・

       

       

      ちゃんと食べられる果実が出来るのでは???

       

       

       

      楽しみに、今後を見守っていきたいと思います!!

       

       

       

       

       

       

       

      ほんの少しでも、

       

      面白いと思って頂ければ、

       

      下のバナー(コロ)を

       

      「ポチッ」と押して頂きますと、

       

      これからも、頑張れます!

       

       

      宜しくお願いします。 おじぎ の画像

       

       

       

       

       


      にほんブログ村

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

      2019.05.05 Sunday

      レモンと花柚子への接ぎ木後57日経過です。 接ぎ木2度目の経験で成功を勝ち取れるのか?

      0

        JUGEMテーマ:家庭

         

         

         

         

         

         

         

         

         

        昨年、平成30年2月、接ぎ木に挑戦しました。

         

        人生初めての経験でした。

         

         

        露地植えのレモンと花柚子の樹に接ぎ木。

         

        みかんやレモンの接ぎ穂、計10本を接ぎ木。

         

         

         

        結果は、

         

        レモンの樹に2本のアレンユーレカレモンの穂木がつきました。

         

        花柚子の樹に1本のアレンユーレカレモンの穂木がつきました。

         

        *他の7本の接ぎ穂は失敗に終わりました。

         

         

        成功したのは、アレンユーレカレモンだけでした。

         

        アレンユーレカレモンは強いのかなぁと思った程です。

         

        昨年接ぎ木した時の様子が、「こちら」です。

         

         

         

         

        そして、今年の3月9日、2度目の接ぎ木にチャレンジしました。

         

        本日 令和元年5月5日、57日経過したところです。

         

         

         

        <今年接ぎ木した全内容です>

         

        * 鉢植えレモン ; みかん 接ぎ木2本

         

        * 挿し木鉢植えレモン ; 大きい鉢に1本、小さい鉢に1本(各みかん接ぎ木) 

         

        * 庭植えレモン ; みかん 接ぎ木 9種10本。

         

        * 花柚子    ; みかん 接ぎ木 8種10本。

         

        * ピオーネ   ; ぶどう 接ぎ木 3種4本。

         

         

         

         

        昨年は、接ぎ木後 71日経過した 4月30日に途中の様子を残しています。

         

        その時の様子が、「こちら」です。

         

         

        アレンユーレカレモンは、この時点で、3本の内2本で、

         

        新芽が出るどころではなく、蕾までつけました。

         

         

        アレンの1本と、その他の穂木は新芽をつけません。

         

        トゲが大きくなって、メデールテープを破ったものがある程度。

         

        枯れ始めた穂木も出てきていました。

         

         

         

         

        次に、接ぎ木後 3か月と22日経過した6月9日の様子を残しています。

         

        その時の様子が、「こちら」です。

         

         

        全体的に接ぎ木は成功している、と思っていましたが、

         

        この頃から、悪い方向への変化が見られ始めます。

         

         

         

        アレンユーレカレモンだけが元気です。

         

        最終的には落ちるのですが、小さな果実もつけました。

         

        71日経過時に新芽も出ていなかった穂木からも新芽が出て、

         

        蕾まで出てきました。

         

         

        その他の穂木は・・・

         

        色が悪くなっていったり、

         

        グラグラし始めたり、

         

        そう、枯れていきました。 ^^;

         

         

         

         


        次に、7月14日の様子を残しています。

         

        花柚子に接ぎ木したみかんの穂木から新芽が出だしました。

         

        それから、庭植えレモンに接ぎ木した穂木からも新芽が・・・

         

        実に、接ぎ木を実施してから、約5か月経過後の話しです。

         

        その時の様子が、「こちら」です。

         

         

        5か月も経過して枯れていないのだから、

         

        もう形成層はついていると判断していました。

         

        つまり、もう枯れる事はない、と思っていました。

         

         

         

         

        初めての接ぎ木についての最終記事。

         

        9月23日に、「はっきりと出た答え」というタイトルで

         

        記載しました。その記事が、「こちら」です。

         

         

        7月に見られた「みかんの新芽」も枯れました。

         

        先述した通り、アレンユーレカレモン以外は全てアウトとなりました。

         

         

         

         

        ・数か月経過しても、穂木は枯れなかった。

         

        ・新芽も出た。

         

         

        事から形成層は少しはついたと判断しました。

         

        後は、その後、穂木に栄養が十分回らなかった?

         

        事が失敗の原因と判断しました。

         

         

         

        「接木した後、暖かくなりますと接いだ枝より手前から台木側の新芽が出てきます。 木は接いだ枝より台木の新芽に養分を送ります。 これを放置すると接いだ枝は養分不足で枯れます。 台木側の元気の良い新芽はその都度欠いて下さい。 接いだ部分よりすぐ下から元気の良い新芽が出て来ますので。」

         

         

         

        今年は、「台木側の新芽を欠く」事に注意しました。

         

         

        それと同時に気になった事。

         

        それは、昨年迄とは比較にならないぐらい

         

        台木側に沢山蕾がついたという事。

         

         

        「この蕾に栄養を取られるのでは?」

         

        との心配が日に日に強くなっていきました。

         

         

         

        5月3日、私は摘蕾に踏みきります。

         

        その時の様子が、「こちら」です。

         

         

        気にし過ぎなのかもしれませんが・・・

         

        2~3日で、穂木の新芽が成長します。

         

        ほんの少しですが、

         

        でも、目に見える程の成長です。

         

         

         

        接ぎ木の今の様子を記録しようと、

         

        5月2日に写真を撮りました。

         

        そして、5月3日 摘蕾実施。

         

        そして、本日 5月5日を迎えています。

         

         

         

        この3日間で成長を見せてくれた一部の穂木の

         

        Befoer After を写真にしてみました。

         

        (変化がない穂木は5/2現在のものだけです)

         

         

         

         

        反復します。

         

        昨年の、71日経過後、3か月22日経過後、5か月経過後、

         

        は上記の通りです。

         

         

        そして、本日は今年の接ぎ木から57日経過後です。

        *昨年と接ぎ木を実施した日は1か月程違いますが。

         

        昨年と比較しても、まだまだ予断が許されない状態と

         

        判断しますが、その違いは見せてくれているのではないでしょうか?

         

        *今年の接ぎ木をした時の記事が、「こちら」です。

         

         

         

         

        本日の最後に、

         

        今の接ぎ穂の状態を記録してみます! ^^

         

         

        < 庭植えレモン >

         

         

         


         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

        庭植えレモンは、今のところ、

         

        3勝1敗6不明といったところです。

         

         

         

         

        < 花柚子 >

         

         

         

         

         

         

         

         

         

        *みかん穂木 2本分です。

         

         

         

        花柚子は、今のところ、

         

        6勝1敗3不明といったところです。

         

         

         

         

        接ぎ木後、「少し芽が出始めた」と思っていましたが、

         

        その後の成長は芳しくない状態が続いていました。

         

         

        しかし、ここ3日程度で、

         

        又、少し成長が始まった感が出てきた様に感じます。

         

         

         

         

         ‖飜畋Δ硫蠏腓

         

        ◆‥蕾

         

         

        を状態を見ながら継続してみたいと思います。

         

        あと、液肥を2日と4日に撒いてみました。 ^^;

         

         

        今後の状態を、都度アップしていきたいと思います!

         

         

         

         

         

        ほんの少しでも、

         

        面白いと思って頂ければ、

         

        下のバナー(コロ)を

         

        「ポチッ」と押して頂きますと、

         

        これからも、頑張れます!

         

         

        宜しくお願いします。 おじぎ の画像

         

         

         

         

         


        にほんブログ村

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

        2019.05.03 Friday

        レモンは摘蕾摘花はせずに摘果すると思っていましたが、思い切って摘蕾してみた!

        0

          JUGEMテーマ:家庭

           

           


          レモンは摘蕾摘花はせずに摘果する、

           

           と思っていましたが、

           

            思い切って摘蕾してみた!


           

           

          令和元年5月3日(金)

           

           

          今育てている庭植えレモンと鉢植えレモンの

           

          摘蕾をしてみました。

           

           

           

          昨年までは「摘蕾摘花はしない」と思っていました。

           

          理由は「生理的落果」を考慮してです。

           

          *「生理的落果」とは 👉 「こちら」!

           

           

          つまり、事前に摘蕾摘花をして数を減らしたにも拘わらず、

           

          その後、生理的落果により果実がさらに落ちてしまい、

           

          結果、果実がほとんど残らなくなってしまった、

           

          という心配があるからです。

           

           

          それを心配するぐらいなら、

           

          摘蕾摘花はぜずに果実を付けさせて、

           

          生理的落果の結果(6月のジューンドロップ後)を見て、

           

          未だ数が多い様でしたら摘果する、

           

          とした方が良いと考えていました。

           

           

           

          今年も、つい先日まで、そうしようと考えていました。

           

          しかしながら、少し考えが変わりました。

           

           

           ♂欧凌瑤昨年までと比較にならない程多い。

           

          ◆\椶木した穂木から出た新芽が成長しない。

           

           何気に摘蕾したみかんの苗木の新芽が成長し始めた。

           

           

          からです。

           

           

           

          先ずは、蕾の数についてですが・・・

           

           

           

           

          庭植えレモンも鉢植えレモンも、蕾がかたまって出来るのです。

           

           

          全体的に、〇〇個あり、多すぎる。

           

          というより、その1か所にそんなに蕾があっても、

           

          全て果実となり、収穫するまで成長するのは無理でしょう、

           

          と言える程、かたまってできました。

           

           

          樹の上への成長は止めるべく、上側の芽先は切り取っている

           

          から、成長より実(種)を残すのに力を注ぎ始めたのか?

           

          と思っておりました。

           

           

          この時点でも、未だ摘蕾する事にしていませんでした。

           

           

           

           

           

          次に、接ぎ木した穂木の新芽が育たない事についてです。

           

           

          今年の3月に接ぎ木をしてみました。

           

          レモンと花柚子の樹に、みかんの穂木を接ぎ木してみました。

           

          そして、4月14日には、その穂木の内の数本から、

           

          新たな芽が出始めている事を確認しました。

           

          その時の記事が、「こちら」です。

           

           

           

          その後、日々楽しみに新芽の成長を観察しましたが、

           

          ほとんど成長しません。

           

           

          ほんの少しづつは成長している感じです。

           

          新たに新芽が出た穂木もあります。

           

           

          しかしながら、「明らかに成長が遅い」です。

           

          レモンや花柚子の新芽の方が成長しています。

           

          いや、それより蕾の数が異常に多いです!

           

           

           

          またまた、いや〜〜〜な感じがしてきました。

           

          このまま枯れていくのではないか???

           

           

           

          この時点でも、未だ摘蕾する事にしていませんでした。

           

           

           

           

           

          次に、摘蕾したみかんの新芽が成長し始めた事についてです。

           

           

          接ぎ穂を頂いた時に、みかんの苗木を頂きました。

           

          普通に鉢に植え替え、見つめていました。

           

           

          すると、新芽が出始め・・・

           

          それから、蕾が沢山付きました。

           

           

          頂いて直ぐでしたし、まだまだ小さい苗木です。

           

          苗を成長させる事を最優先としていましたし、

           

          最も、蕾を大事にしても収穫に至らないと理解しています。

           

          蕾は、切り取ろうと考えていました。

           

           

          4月28日 何気に蕾を取り除いてみました。

           

           

           

           

          いつまでたっても、中途半端な私です。

           

          またまた、1個だけ蕾を残してしまいました。 ^^;

           

           

          何かの観察になればとの思いで・・・

           

          1つだけです。 許して下さい・・・

           

           

           

          ただ、ここからは少し想像していなかった事が起こりました。

           

          樹自体の成長が始まったのです。

           

          表現が難しいのですが、

           

          ゆっくりとした成長から、

           

          目に見える速度での成長となった感じです。

           

           

           

           

          写真では、少し分かり難いのですが、

           

          わずか4日で、はっきりと見える程に芽が成長しました。

           

           

          苗木を頂いて、植え替えをしてからも成長しました。

           

          しかしながら、これ程のスピード感はありませんでした!

           

          蕾が付いて、喜んで、見とれていた私が悪いのです。

           

          蕾に栄養を大分持っていかれていたのでしょう・・・

           

           

           

          ここまで来て、ようやく私の重い腰が上がりました。

           

          「やはり、蕾を摘蕾しないといけない

           

           栄養をもっと接ぎ穂に回るようにしなければ・・・」

           

           

           

           

          接ぎ木をしてからも、

           

          台木側の枝の芽欠きはしてきたつもりです。

          *だいぶ目を擦っていましたが・・・

           

           

          でも、それだけではいけない!

           

          もっと栄養を回るようにしなければ・・・

          *思い立つのが、だいぶ遅い感じもしますが・・・

           

           

           

           

          思い立ったら吉日。

           

          本日、朝から決行してみました。

           

          実に。2時間半の作業となりました。

          *またまた、腰が痛くなりました・・・

           

           

           

           

          本日の庭植えレモン君です。

           

          ちょっと遠めで、蕾の付き具合が分かりません。

           

           

           

           

          こう比較してみますと、まだまだ蕾が残っています。

           

          気の弱い私の性格が十分出ている様な気がします。

           

           

          しかしながら、塊となっている様な蕾は取り除いてみました。

           

           

           

           

          鉢植えレモン君も・・・

           

           

           

           

           

           

          分かりにくいかもしれませんが、切ったあとです。

           

           

           

           

           

           

          蕾の成長、実付き具合、新芽の成長具合・・・

           

          それらをよく観察しながら、

           

          今後の更なる摘蕾を検討していきたいと思います。

           

           

           

           

          ちなみに、同じく接ぎ木した花柚子は摘蕾しませんでした

           

          レモン程、蕾がかたまって付いた感じはなかったから。

          *もともと花柚子は少しかたまって実がつきますが・・・

           

           

          代わりに、上側の枝を少し切っておきました。

           

          樹の成長を少し押さえて頂きたいものです。

           

           

          今日の花柚子君。


           

           

           

           

          本日の最後に思うこと・・・

           

           

          今回の摘蕾は「接ぎ穂の成長が遅い」事からの判断でした。

           

          しかしながら、接ぎ木をしていなかったとしても、

           

          毎年「摘蕾」はした方が良いのでは?と思いました。

           

           

           

          昨年までは、蕾の数が今年程にはなかったから、

           

          先述した様に、「生理的落果後の判断」で良かったかもしれません。

           

           

          でも、蕾の数次第では、やはり事前に相応の数まで減らすべきです。

           

          「今年、何個の果実を生らす予定としているのか?」

           

          も考えながら、来年以降も摘蕾を試みたいと思います。

           

           

           

           

           

           

           

           

          ほんの少しでも、

           

          面白いと思って頂ければ、

           

          下のバナー(コロ)を

           

          「ポチッ」と押して頂きますと、

           

          これからも、頑張れます!

           

           

          宜しくお願いします。 おじぎ の画像

           

           

           

           

           


          にほんブログ村

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

          2019.05.01 Wednesday

          カラタチに取り木をしてみた! 挿し木より上手くいくでしょうか?

          0

            JUGEMテーマ:家庭

             

             


            カラタチに取り木をしてみた!

             

             挿し木より上手くいくでしょうか?


             

             

            2019年1月と3月にカラタチの挿し木を行いました。

             

            剪定した枝が勿体無かったから。

             

            そして、将来検証する為の台木を育てる為。

             

             

             

            1月に挿し木をした所、時期は3月の方が良いのでは?

             

            とのコメントを頂いたので、3月もやってみました。

             

             

            その時の記事が「こちら」です。

             

             

             

             

            そして、今の挿し木達の状態がこちらです。

             

             

            *1月に挿し木したカラタチ。

             

            枯れてはいませんが、

             

            左側の挿し穂は少し色が茶色くなってきた感じです。

             

             

             

            *3月に挿し木したカラタチ。

             

             

             


            一部枯れてきた挿し穂が出だしました。

             

            が、それ以外は、未だ緑色をしています。

             

             

             

            そもそも台木のカラタチが遅いです。 私もカラタチの挿し木をしていますが、挿してから1年は生きているのかどうかも分かりません。 まずカラタチの挿し木は発根が遅いです。 なので挿してから1年は放置。 1年後に抜いてみると枝は緑であっても発根していないものも多々あります。 根も出さず枝が緑のまま枯れていないのも凄い。 発根していても肥料などの養分を与えていないので枝の太さは挿した時と同じ。 発根していれば2mmの太さの枝に接木してようやく成長を開始。」

             

             

            というコメントを頂きましたので、気長に待つことにしておりました。

             

            途中で完全に枯れてしまったら諦めざるを得ませんが、

             

            それ迄は、1年待つつもりで見守っていこう、

             

            そう決めておりました。

             

             

             

            今も、1年間待つつもりでいます。

             

            が、一方で、

             

             

            「カラタチやヤマトタチバナの挿し木は かなり難しいと感じています...。(レモンやオレンジの初根率は高いですが...) 台木などの使用目的に、それらを増やす場合は “取り木” が手っ取り早いと思います。(茎径が細くても可) “取り木” を仕掛けて約一ヶ月弱で、形成層(カルス)がコブ状になり、その部分から初根が始まります。このやり方でしたら、親木を強剪定で弱らせずに楽しめます。 また、 挿木を楽しみたいのでしたら、途中まで “取り木” で様子見して、白っぽいカルスが出来るのを確認してから(穂木を)切り離して挿し木に変更すると ほぼ100%成功すると思います。 柑橘類の小苗は成長が早く、有機肥料をやればやるほど大きくなるので、初春〜晩秋の間、成長過程を楽しむことができますね...。」

             

             

            とのコメントを頂きました。

             

             

             

            「取り木」

             

            素人の私は、「取り木」という存在すら知りませんでした。^^;

             

            先ずは、お勉強です。

             

            「取り敢えずやってみる!」の私ですが、

             

            最近少々、お勉強癖がついてきました。 ^^

             

             

             

            高取り法、圧条法(枝伏せ法)、盛り土法等・・・

             

             

            高とり法(空中取り木)には、

             

            枝や幹を勘定剥離するやり方や、

             

            切り込みを入れるやり方や、

             

            針金等で縛るやり方等、色々方法があるようです。

             

             

             

            挿し木と比べて、

             

            ・根が出てから切るので、それまで元の樹の栄養分を摂取する事が出来る。

             *枯れる事が少ない。

            ・初めから形の良い枝を選ぶ事が出来る。

            ・挿し木で発根しにくい植物でも成功率が上がる。

             

            等のメリットがある一方で、

             

            ・挿し木で簡単に発根する種類では使われにくい。

            ・時間がかかるものが多い。

            ・一度に数を沢山増やせない。

             

            等のディメリットもあるようです。

             

             

             

            今、私は「沢山の台木」を必要とはしていませんし、

             

            そもそもカラタチは実生で育てるのが主流で、

             

            挿し木は1年程の長期戦となる事が分かっておりますので、

             

            取り木を試してみたくなりました。

             

             

             

            ただ、コメントを頂いた時に心配になった事。

             

            私がカラタチの苗を頂いたのは最近で、

             

            露地植えのものも、鉢植えのものも小さいという事です。

             

             

            つまり、か細い枝しかないのに、

             

            取り木が本当に出来るのだろうか?という心配。

             

             

             

            「柑橘の種類によっては、水揚げが良い(葉が大きく充実したレモンや樹勢が強いオレンジ等)ものは挿し木が遣り易いですが、逆に、水揚げが宜しくない(柚子、橘、枳殻、金柑類等)と思われるものは挿し木に不向きなのかも知れませんね...。 柑橘類の取り木では、一年枝や当年枝(穂木が伸びて固まったもの..)のように細い枝でも簡単に取れます。 細い枝でしたら、お目当ての部分に、適切な方法で傷を付け、切口を湿らせたガーゼ等でグルリと簡易に巻き付けて、その上から乾燥を防ぐようにサランラップ等を巻いて完了ですが、中のガーゼ等が乾燥しないように時々チェックを要します。適期でしたら2〜3週で白いカルスが現れます。(様子を見て、切り取って挿し木に変更します・・・その後、直ぐに根が出てきます。)」

             

             

            「太い枝を取るなら、少し時間と手間が要りますが、形成層を除去した切口にポリポット(ポリポットで取り木を検索)を巻いて、その中には軽くて保水性の良い鹿沼土が適していると思います。(根の出が良いです。) 但し、 初根後に切り取った芯の部分は確実に取り除かないと、上部(地上の..)の芯の部分も同じように(形成層が死滅して..)剥き出し状になります。 なので、地中の根の部分でも傷害誘導性のカルス形成は非常に大事ですね...。」

             

             

            このコメントを頂いて「やる気」が俄然出てきました。

             

            か細い枝でも出来るかもしれない!

             

             

             

            では、取り木の適期はいつなのでしょうか

             

             

            基本的には、いつでも出来るようです。

             

            ただ、根が生えてきて切り取り、植え替えた後、

             

            その枝が成長する時期であった方が良い事から、

             

            2月〜6月頃が良いようです。

             

             

            独立させた時が冬であれば、

             

            その後、なかなか成長しにくいですよね。

             

            それはそうだ、と納得しました。

             

             

            であれば、急がなくてはなりません。

             

            早速チャレンジしてみましょう!

             

            と思ったら、本日は雨模様。

             

             

            雨の合間をぬって、1か所だけチャレンジしてみました。

             

             

             

            先ずは、道具を揃えてみました。

             

             

            ・ナイフ

            ・発根促進剤

            ・濡らしたガーゼ

            ・サランラップ

            ・紐

            *綿棒(発根促進剤を切り口に塗る為)

             

             

             

            露地植えのカラタチに切り込みを入れてみました。

             

            まだまだ小さいので、

             

            出来るだけ下側で、太い枝を選んでみました。

             

             

            2/3程を斜めに切ってみました。

             

            切り過ぎては養分が回らないようになってはいけません。

             

            2/3は切り過ぎ? と思いながらも所説通りにしてみました。

             

             

             

            次に、発根促進剤を綿棒を使って塗ってみました。

             

             

            ちょっと切り過ぎ感もあったせいでしょうか?

             

            けっこういっぱい付いた感じがします。

             

            少し、いや〜〜〜な感じもしましたが・・・ ^^;

             

             

             

            それから、水で濡らしたガーゼで巻いてみました。

             

             

             

            次に、サランラップで巻きました。

             

             

             

            その上下を乾燥しないように紐で縛る!

             

             

             

             

            1人作業なので難しいかな? と思いましたが、

             

            水で濡らしていたからでしょうか?

             

            案外簡単に出来ました。

             

             

            後は、マメに様子を確認して、

             

            水分補給に余念が無いように気を付けたいと思います。

             

            こういう所で、いつも失敗する私ですから・・・

             

             

            ちなみに、接ぎ木した所は、

             

            まめに台木側の芽欠きをしていますよ!! ^^

             

             

            レモンもしてみようかな?

             

            と思いましたが、レモンは挿し木の方が上手くいく

             

            ようなので、これで様子を見てみる事に・・・

             

             

             

             

            本日の出来栄えは、こんな感じになりました。

             

             

             

            さて、これで水をさしつつ、

             

            2〜3週間後には1度様子を確認してみたいと思います!

             

             

             

             

             

            ほんの少しでも、

             

            面白いと思って頂ければ、

             

            下のバナー(コロ)を

             

            「ポチッ」と押して頂きますと、

             

            これからも、頑張れます!

             

             

            宜しくお願いします。 おじぎ の画像

             

             

             

             

             


            にほんブログ村

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

            2019.04.29 Monday

            レモンの剪定と新芽と蕾。 よく似た苗木を切り比べてみた結果・・・

            0

              JUGEMテーマ:家庭

               

               


              レモンの剪定と新芽と蕾。

               

              よく似た苗木を切り比べてみた結果・・・


               

               

              2019年3月3日(日) レモンの剪定をしました。

               

               

               

              鉢植えレモンを強剪定してみました。

               

              強剪定した方が苗木は大きく成長するのか?

               

              それを検証する為です。

               

               

               

              今回検証に付き合って頂いた苗木は、

               

              平成29年6月に「挿し木」で増やした苗木達です。

               

              つまり、全部、3年目になる苗木ばかりです。

               

              「挿し木」をした時の様子は「こちら」から。

               

               

               

              それから、昨年の平成30年4、5月に植え替えを

               

              した鉢ばかりです。

               

              つまり、今回、土の入れ替えが必要とまではなっていない

               

              状態の鉢を使っての検証です。

               

              植え替えをした時の様子は「こちら」から。

               

               

               

               

              6、7号鉢の鉢植えレモンです。


              右側(B)の鉢を切ってみました。

               

               

               

               

               

              それから、もう1ペア。

               

              一回り大きい、9号鉢で育てている鉢も。

               

               

               

               

              強剪定をおこなった時の記事が「こちら」です。

               

              ここで確認しておきたい事が、新芽と蕾の量です。

               

              この時点では、

               

              新芽の量、及び、蕾の量ともほぼ変わりはありません。

               

               

               

              鉢 A ; 小さい鉢  強剪定せず

               

              鉢 B ; 小さい鉢  強剪定実施

               

              鉢 C ; 大きい鉢  強剪定せず

               

              鉢 D ; 大きい鉢  強剪定実施

               

               

              という状態での今現在の様子を見てみます。

               

               

               

              先ず、鉢A です。

               

               

               

               

              上に伸びる葉はつき、一定の成長は見せたものの、

               

              新たな葉は生えてきておりません

               

              蕾はあるものの、数は少ないです。

               

               

              一回り大きい鉢に植え替えて、

               

              1本長く成長している枝を半分辺りで切り取りたいものです。

               

               

               

               

              次に、鉢B です。

               

               

               

              強剪定後、ほとんど動きがありませんでした。

               

              新芽も蕾も生えてきませんでした。

               

              最近、よくよく見ると新芽が出てきました。

               

               

              葉の付け根辺りから出て来る新芽もあれば、

               

              枝の真ん中からニュっと出てきているのもあります。

               

               

              この鉢に関しては、

               

              今後、この新芽がどの様に育つのか、

               

              これを観察していくしかありません。

               

               

               

               

              次に、鉢C です。

               

               

               

               

              ご覧の通り、新芽は止まってしまいました。

               

              生えても黒くなり、枯れていきます。

               

              逆に、これでもかという程、蕾が生りました。

               

               

              庭植えレモンでは、最初に蕾が付き始めた時は、

               

              ほとんどが不完全化(柱頭無し)でしたが、

               

              この苗木は、今の所、いきなり完全化ばかりです。

              *未だ、開花した花の数はわずかですが。

               

               

               

              「もう私は、これ以上の成長は望まず、子孫を残すことに専念しましう。」

               

              とでも言わんばかりです。

               

               

              この鉢も、上側 1/3程度を剪定して、

               

              一回り大きい鉢に植え替えしたいものです。

               

              が、このまま様子を見ていく事にしてみます。

               

               

              この鉢には、最終1個の実を残し、

               

              収穫まで至ることができるのか試してみたいと思っています。

               

               

               

               

              次に、鉢D です。

               


               

               

              こちらは、唯一、新芽が今も沢山出てきています。

               

              「これから沢山枝葉を伸ばすぞっ!」

               

              と思う気持ちが伝わってくるかのようです。

               

               

              ほんの少し(7つ程)ですが蕾も付いていて、

               

              出来れば、この鉢も1つ果実を残してみたいです。

               

              結構いい感じに横に広がっていますので、

               

              露地植えにして、今後の成長を見てみたい程です。

               

               

               

               

               

              さて、本日の総括です。

               

               

              「強剪定をした方が苗木は大きく成長するのか?」

               

               

               

              今の成長を見て、「強剪定をした方が」とまでは言えません。

               

              もう暫く、今後の成長を見ていかなければ判断できません。

               

               

               

              しかしながら、「剪定をしなければ、成長が止まる事もある」

               

              事は間違いなさそうです。

               

               

               

              最近、折に触れて読み返すコメントがあります。

               

               

              以前に私が頂いた「果樹の成長」に関するコメントです。

               

              「あと成長に関して 施肥の他に土そのものの状態があります。 鉢では『根詰まり』を起こし易いです。 根が窒息する状態。 路地でもそれは当てはまります。 固くて空気が入っていない状態は地上部とのバランスが崩れます。 今回の路地レモンの施肥をされたさらに外周部の土を柔らかくして下さい。 (スコップなどで土をほぐす。幹近くはやらない。) 根が成長を始める春以降で結構です。 新根の成長=木の成長。 例えば今年実の生る木の挿し木した太さ5mm,・長さ10cmの枝を晩秋までに1.5mまで成長させます。(台木の挿し木は敢えて接ぎ易い太さで抑えますが。) 晩秋まで肥料をやり続ける(2ケ月ごと)ことと新根の成長に合わせて根が成長する所の土に空気を送り続ける(新根の先を常に耕す)。 この2つです。 根の成長は春は勿論成長します。あとあまり知られてませんが秋にも大きく成長します。(夏は成長しません。) 根の成長は気温と関係しますので。 人が暑い時は木も暑い。」

               

               

              「果樹の成長は根に比例します。 根が成長出来る環境作りが第一ですね。 2か月毎の肥料と酸素。 これが8割でしょうか。 あとの2割が地上部。 余分な枝を作らないことと幹を安定させること。 幹が安定しませんと果樹もストレスを感じます。 安心して成長させることでしょうか。」

               

               

               

               

              今回の検証は、

               

              新根の成長=木の成長と、

               

              幹の安定、

               

              これが樹を成長させるポイントである事を

               

              裏付けた結果となったのではないでしょうか?

               

               

               

              今暫く、この状態で観察を続けます。

               

              土の状態と剪定の関係を見ていきたいと思います。

               

               

               

               

               

              ほんの少しでも、

               

              面白いと思って頂ければ、

               

              下のバナー(コロ)を

               

              「ポチッ」と押して頂きますと、

               

              これからも、頑張れます!

               

               

              宜しくお願いします。 おじぎ の画像

               

               

               

               

               


              にほんブログ村

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

              2019.04.28 Sunday

              レモンの葉がどんどん落ちていく。 葉の色は然程黄色くなっていない様なのに・・・

              0

                JUGEMテーマ:家庭

                 

                 


                レモンの葉がどんどん落ちていく。

                 

                葉の色は然程黄色くなっていない様なのに・・・


                 

                 

                 

                2019年4月28日(日)

                 

                 

                1週間程前からでしょうか?

                 

                庭植えレモンの葉が落ち出しました。

                 

                一過性のものかと思い、放っておいたのですが、

                 

                今朝も・・・

                 

                 

                 

                 

                落ちている葉を集めてみました。

                 

                表面の色は、こんな感じです。

                 

                 

                 

                 

                確かに、黄色いと言えば黄色い葉が落ちています。

                 

                しかし、中には「落ちる程ではないのでは?」と思える程、

                 

                緑色に見える葉もあります。

                 

                 

                葉の入れ替えなのかな? とも思いましたが、

                 

                ここ1週間程で、急に沢山落ちるのも気になります。

                 

                 

                 

                そう言えば・・・

                 

                この3月9日、庭植えレモンに接ぎ木をしました

                 

                計 9種類10本です。

                 

                約2か月が経過しようとしています。

                 

                数本の接ぎ穂からは、可愛い新芽が出始めました。

                 

                4月14日には新芽が出だしたのを確認しています。

                 

                が、それ以降、新芽は枯れてもいませんが、急成長を見せてもくれません。

                 

                 

                 

                今年の春枝も伸び始めております。

                 

                栄養不足なのでしょうか?

                 

                 

                 

                 

                レモンの葉っぱが落ちる原因を再度確認します

                 

                思いつくままに書き記してみますと、

                 

                  ̄浜槁埖

                 

                ◆“醂舛里笋蟆瓩(肥料やけ)

                 

                 水不足

                 

                ぁ〆腐れ(水のやり過ぎ)

                 

                ァヾ┐て枯れる

                 

                Α”続加酥鏗押   ,噺世辰申蠅任靴腓Δ?

                 

                 

                 

                い痢嵜紂廚亡悗靴討蓮現在、自然任せです。

                 

                夏の暑さが厳しい時期以外は、基本的には水やりは不要です。

                 

                レモンは、そんなに乾燥に弱くありませんので、

                 

                今の時期は「水」関係の問題ではないような気がします。

                 

                 

                イ癲∈の時期は関係がないでしょう。

                 

                そもそも、当家は住宅地の庭で育てておりますので、

                 

                寒さには対策の必要自体がないかもしれません。

                 

                 

                 

                Α”続加遒砲弔い討蓮△修両評が認められません。

                 

                紋羽病やカミキリムシの被害痕は見られません。

                 

                 

                ただ気になる事を発見しました。

                 

                地際付近の幹の根元に樹液が溜まっているのです。

                 

                正面から、反対側にあり気付きませんでした。

                 

                 

                 

                 

                幹の表皮を何かにかじられている感じがします。

                 

                今日のところは、ベニカXファインスプレーを幹に吹き付けておいてみました。

                 

                 

                今後の状態を見て、根本辺りをメデールテープで

                 

                巻き付けてみようかなぁとも思いました。

                 

                 

                 

                 

                 

                この傷が、葉が落ちた原因ではないとすると・・・

                 

                やはり、栄養が問題なのでしょうか?

                 

                 

                 

                今年に入ってからの施肥量を再確認してみました。

                 

                今年からは、きっちりと記録を残しています。

                 

                 

                 

                 

                平成31年2月9日 

                 

                骨粉入り油粕(5-5-0)  約770g

                カリ             20g

                 

                 

                平成31年4月21日

                 

                骨粉入り油粕(5-5-0)  適量

                苦土石灰         約120g

                液肥           適量

                 

                 

                2月の元肥施肥以降、化成肥料の施肥はしておりません。

                 

                そもそも路地植えなので、大量に化成肥料をやらない限り、

                 

                「肥料やけ」の心配は不要だと思いますが、

                 

                今年の「肥料やけ」の心配は、特にない状態です。

                 

                 

                 

                つまり、消去法で考えるとすると、

                 

                「栄養不足」という事になります。

                 

                 

                ・新芽がどんどん出てきている。

                ・接ぎ穂も沢山しており、その新芽も出始めている。

                ・数える気にならない程の蕾もついており、少しですが開花も始まっている。

                 

                 

                等の状況も勘案し、

                 

                化成肥料の施肥をする事にしました。

                 

                 

                6月頃を予定していましたが、前倒しです。

                 

                そう言えば、昨年も前倒しして施肥しています。

                 

                 

                5月には、急な成長が始まりますので、

                 

                4月の中旬以降には追肥した方が良いのかもしれません。

                 

                 

                 

                 

                 

                そう言えば・・・

                 

                3月31日にEMボカシ肥料を作ってみました。

                 

                その時の様子が「こちら」です。

                 

                 

                その時使用したEM菌は、購入後1年8か月経過しており、

                 

                「お前はもう死んでいる」かもしれませんでした。

                 

                 

                通常であれば、1週間後でも酸味がかった匂いがしてきて、

                 

                発酵している確認が出来るのですが、

                 

                2週間後でも、全く匂いが変わりませんでした。

                 

                その後、根気よく続けて・・・

                 

                 

                 

                今朝の状態です。

                 

                この時点で、酸味がかった匂いが香ります。

                 

                 

                 

                 

                表面に少しですが、カビまで生えていました。

                 

                生きている事が確認でき、逆に嬉しい結果となりました。

                 

                EM菌って・・・  死なないのかも・・・ ^^;

                 

                 

                 

                という事で、

                 

                本日は、化成肥料とEMボカシ肥料の施肥をする事に!

                 

                 

                先ずは、少し土を掘り返してみましょう。

                 

                 

                 

                 

                そして、化成肥料を量ります。

                 

                 

                 

                 

                チッソ・リンサン・カリ ⇒ 8ー8ー8

                 

                のものを使用しました。

                 

                 

                庭植えレモン     100g(EMボカシ肥料も)

                花柚子        100g(EMボカシ肥料も)

                鉢植えレモン(20ℓ)   20g

                6・7号鉢       10g

                9号鉢         15g

                 

                 

                ちなみに、100gを量ってみますと、

                 

                これぐらいになります。

                 

                 

                 

                 

                 

                それを、木の周りに撒いてみます。

                 

                 

                 

                EMボカシ肥料も上から撒いて・・・

                 

                 

                 

                それから、土を被せて、液肥で土を湿らせてみました。

                 

                 

                 

                 

                 

                さて、本日の作業はここまでです。

                 

                これで、暫く様子を見てみたいと思います。

                 

                葉が落ちる現象は止まってくれるのでしょうか?

                 

                 

                その後の様子もアップしていきたいと思います! ^^

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                ほんの少しでも、

                 

                面白いと思って頂ければ、

                 

                下のバナー(コロ)を

                 

                「ポチッ」と押して頂きますと、

                 

                これからも、頑張れます!

                 

                 

                宜しくお願いします。 おじぎ の画像

                 

                 

                 

                 

                 


                にほんブログ村

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                2019.04.21 Sunday

                ピオーネの成長 2019年4月 枝を全て切り取り、反射シートを敷いてみた。

                0

                  JUGEMテーマ:家庭

                   

                   

                   


                  ピオーネの成長

                   

                  2019年4月

                   

                  枝を全て切り取り、反射シートを敷いてみた。


                   

                   

                  平成31年4月21日(日)

                   

                  先ずは、今の様子です。

                   

                   

                   

                   

                   

                  この写真からは分かりずらいですが、

                   

                  少しずつ、芽が出てきました。

                   

                  ようやく動きが見られました。

                   

                   

                  悩んでしまったのが、枝を切り取るかどうか。

                   

                   

                  昨年、テッポウムシにやられました。

                   

                  ほとんどの枝を食べられていたので、

                   

                  「だから、果実が生っても十分熟した実にならないのだ。」

                   

                  と結論付け、ほとんどの枝を剪定しました。

                   

                  その時の記事が、「こちら」です。

                   

                   

                   

                  結果、1本だけ枝を残しました。

                   

                  全て切除するのは、あまりにも勇気がいったから。

                   

                  でも、今年も、無事芽が出始めました。

                   

                   

                   _蠅出だしたので、新たな主枝を育てられる事を確信。

                   

                  ◆〕0貉弔靴浸泙テッポウムシにやられているが、その枝からも芽が出だした。

                   

                   △了泙鯤置すると、昨年同様熟した果実を作れない枝を残す事になる。

                   

                  ぁ〕槓を新たな主枝の成長の為に全て使う。

                   

                  ことからも、唯一残した枝を切除することを決心しました。

                   

                   

                   

                  「頂上辺り」と私が勝手に呼んでいる場所にテッポウムシの被害痕があります。

                   

                  ここから先にある枝を全て切除する事にしました。

                   

                   

                   

                   

                  一番期待していたのは「浪平さん」です。

                   

                  幹からも新たな枝が生えてくる可能性はあるのかもしれませんが、

                   

                  唯一テッポウムシにやられなかった1本の毛の様な枝です。

                   

                   

                  この枝から新芽が出だしたら、その芽を主枝として育てていこう、

                   

                  そう思っておりました。

                   

                   

                   

                   

                  まだまだ小さな芽ですが、

                   

                  それでも、元気に沢山出てきてくれています。

                   

                   

                  それに比べ、接ぎ木した穂木達は芳しくありません。

                   

                   

                   

                   

                  接ぎ穂から新たな芽が出て来るどころか、

                   

                  黄玉などは、枝の先っぽが枯れてきたようです。

                   

                  なんとか復活して頂きたいものです・・・  ^^;

                   

                   

                  一方で、頂上辺りにも変化が見られ始めました。

                   

                  新たな芽が出始めました。

                   

                   

                   

                   

                  浪平さんだけではありません。

                   

                  なんとか、将来の主枝候補を選べるでしょう、

                   

                  と確信を持ち始めると、気になるのがこちらです。

                   

                   

                   

                   

                  少し見にくいのですが、

                   

                  頂上辺りから少し先に被害痕があります。

                   

                  そして、その直ぐ先から新芽が出始めました。

                   

                   

                  「新芽が出ているのだから・・・」

                   

                  と昨年までは、その枝に付いた実も大事に育てました。

                   

                  しかしながら、ここは思い切って被害のある枝とは決別してみましょう。

                   

                   

                   

                   

                   

                  被害痕の場所はかなり大きく、人差し指もすっと入ります。

                   

                  それでも、その先に新芽を付けるとは・・・

                   

                  ピオーネ君、恐るべしといった感じでしょうか。

                   

                   

                   

                   

                  一部が繋がっていると、こそから養分を送れるようです。

                   

                  その先にある枝を切ってみると、綺麗な切り口でした。

                   

                  食べられているような痕はありませんでした。

                   

                   

                  この状態の枝でも、完熟の果実を育てられるのでしょうか?

                   

                  今回は、先ずは決別。

                   

                  新たな成長を期待してみます。

                   

                   

                   

                  ただ、切る時に心配したことは・・・

                   

                  未だ、葉が出てきていない状態の時(水分が蒸発する事ができない)に枝を切ってしまうと、

                   

                  その切り口から、樹液が止まらなくなるのではないか?

                   

                  という点です。

                   

                  これで、樹を枯らせたという話しも聞いた事があります。

                   

                   

                   

                  しかしながら、ここは一番、勝負です!

                   

                  接ぎ木等を行い、外科医になってきた気分そのままで。

                   

                  どうなるかやってみることにしました。

                   

                   

                   

                   

                  思い切って、枝を切り取りました。

                   

                  更に、枝を細かく切り、途中の状態を確認しました。

                   

                  (特に食べられている痕はありませんでした)

                   

                   

                   

                  とこんな事をしている場合ではありませんでした。

                   

                  ふと、切り口を見ると、そこからポタポタと樹液がこぼれだしていました。

                   

                   

                  事前に用意しておいた癒合促進剤 トップジンMペーストを付けて、

                   

                  メデールテープでぐるぐる巻きにしてみました。

                   

                  これだけ巻けば出血も止まるだろう、と思える程に。

                   

                   

                   

                   

                  今、再度様子を見に行ってきましたが、

                   

                  大丈夫そうです。ポタポタは止まっています。

                   

                   

                   

                  これで暫く様子を見たいと思います。

                   

                   

                  そして、本日最後に行った事が、

                   

                  反射シートを敷いてみた事です。

                   

                   

                   

                  この反射シート、なかなか届きませんでした。

                   

                  予定より遅れて、

                   

                  その遅れるとの案内メールの到着予定日よりも、更に遅れて・・・・

                   

                  届かないのかな? と思った程でした。

                   

                  さすが、送料込みの690円です。

                   

                   

                   

                   

                  想像していたよりも、ずっと薄いです。

                   

                  切り取り、くぎで打ち付けようと思っていたのですが、

                   

                  そのまま釘打ちすると破れます。

                   

                   

                  なので、セロハンテープを4枚程貼った上から釘打ちしてみました。

                   

                  キャンピングシート?というのでしょうか、

                   

                  少し厚めの銀色のレジャーシートみたいのが沢山あったので、

                   

                  これに張ってから釘打ちしようかとも思いましたが、

                   

                  必要以上に厚みが出そうなので、そのまま敷いてみました。

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                  さて、効果はあるのでしょうか?

                   

                  期待して、後の成長を見守ってみたいと思います。

                   

                   

                  今年は、主枝育てで終わってしまうかもしれませんが。

                   

                   

                   

                  最後に、万一の時用の鉢植え葡萄達です。

                   

                   

                   

                   

                  ブラックビートは、芽を出し始めましたが、

                   

                   

                   

                   

                   

                  シャインマスカットは、全く動きなしです。

                   

                  頑張って下さい!!

                   

                   

                   

                  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

                   

                  後日談 1

                   

                   

                  反射シートをそのまま地面に敷いていましたが、

                   

                  雨は溜まるわ、土は上に乗って汚れるわ・・・

                   

                  そもそも、いつ破れてもおかしくない状態です。

                   

                   

                  ですので、5月2日 キャンピングシートに貼り合わせてみました。

                   

                  だいぶ厚みが出ましたので、以前よりしっかりしました。

                   

                  これで、様子を見ていきたいと思います!

                   

                   

                   

                   

                   

                  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

                   

                   

                   

                   

                   

                  ほんの少しでも、

                   

                  面白いと思って頂ければ、

                   

                  下のバナー(コロ)を

                   

                  「ポチッ」と押して頂きますと、

                   

                  これからも、頑張れます!

                   

                   

                  宜しくお願いします。 おじぎ の画像

                   

                   

                   

                   

                   


                  にほんブログ村

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                  2019.04.14 Sunday

                  レモンの成長 31.4  だいぶ出だした新芽と蕾。 立枝の摘芯と台木の芽欠き。

                  0

                    JUGEMテーマ:家庭

                     

                     


                    レモンの成長 31.4

                     

                    だいぶ出だした新芽と蕾。

                     

                    立枝の摘芯と台木の芽欠き。


                     

                     

                    平成27年(2015年) レモンの苗木を植えました。(路地植え)

                     

                    平成30年(2018年) 初めて1個のレモンを収穫。

                     

                     

                     

                    そして、本日 平成31年4月14日(日)

                     

                    最高気温  15℃

                    最低気温  11℃  の予想。

                     

                     

                     

                    当家の庭植えレモンに沢山の新芽や蕾が出だしました。

                     

                    今年は、複数個の果実を収穫出来るのでしょうか?

                     

                    今年で4年目となります。

                     

                    40個程度の収穫となれば言う事はないのですが・・・

                     

                     

                     

                    それと、平成29年6月に挿し木で育てた苗木達。

                     

                    今年、収穫に至る事が出来れば2年目での快挙となります。

                     

                    1鉢に1個で十分です。

                     

                    なんとか収穫に至るか挑戦をしてみたいと思っています。

                     

                     

                     

                     

                    👉 庭植えレモン

                     

                     

                     

                     

                    大分大きくなってきましたので、上側の枝は摘芯しています。

                     

                    本日、再度上側の状態を見ると、少し新芽が出ていましたので取り除きました。

                     

                    上に伸びようとする枝が一番養分を消費するようです。

                     

                    この部分はまめにカットして、

                     

                     _への成長のために

                    ◆_娘造涼絏未里燭瓩

                     接ぎ穂の成長のために 栄養が回るように心がけます。

                     

                     

                    庭植えレモンの上側の状態

                     

                    いつの時点の花から生った実なのでしょうか?? ^^;

                     

                     

                    上側の枝の様子です。

                     

                    これ以上は上に成長しないで欲しいのですが・・・

                     

                     

                     

                    まだまだ小さな蕾ばかりですが、まぁまぁ大きな蕾も発見。

                     

                    数個、こんなのもこの時期で見られました。

                     

                     

                     

                     

                    開花した時に、雌蕊(柱頭)があれば良いのですが・・・

                     

                     

                     

                    今年の成長の始まりです。

                     

                    昨年との比較も記録しておきましょう。

                     

                     

                     

                     

                    大分梳きましたので、スカスカ感がありますが、

                     

                    枝ぶりは改善されたのではないでしょうか?

                     

                    ところどころ歯抜けになっている感じがありましたが埋まりました。

                     

                    あともう少しだけ、横への広がりが欲しいものです。

                     

                     

                     

                    👉 鉢植えレモン

                     

                     

                    鉢植えレモンも、大きな変化はありません。

                     

                    新芽も蕾もよく出てきています。

                     

                    今年も昨年同様、8個程度の収穫を期待したいものです。

                     

                     

                     

                    👉 カラタチ

                     

                     

                     

                    落葉樹である事を知ったカラタチです。

                     

                    順調に今年の葉が生えてきております。

                     

                     

                    鉢植えのカラタチは強剪定を行いました。(3月21日)

                     

                     

                     

                     

                    その後、ほとんど動きはありませんが、

                     

                    小さく1つだけ、新たな芽らしきものが生えてきました。

                     

                     

                     

                    👉 花柚子

                     

                     

                     

                     

                    花柚子も、そう大きな変化はありません。

                     

                    昨年接ぎ木したアレンユーレカレモンの枝にも蕾があります。

                     

                    なんとか、収穫に至って欲しいもです。

                     

                     

                    今年3月に接ぎ木した台木の芽欠きをしようと穂木を見たら・・・

                     

                    何という事でしょう・・・

                     

                     

                     

                    これはトゲでしょうか?

                     

                    1つ、メデールテープを突き破りそうになっていました。

                     

                     

                    それから、これはデコポンでしょうか?

                     

                     

                     

                    ほんの僅かではありますが、

                     

                    新芽が、はっきりとメデールテープを突き破って出てきています。

                     

                    少し興奮・・・

                     

                    大分興奮・・・

                     

                     

                    他にもないのかなぁ? と全てを再度チェックしました。

                     

                    すると、庭植えレモンの木の接ぎ穂からも・・・

                     

                     

                     

                     

                    みかんの接ぎ穂から新芽が「こんにちは!」をしています。

                     

                     

                    なんとか、1つ2つは成功してくれるのでしょうか?

                     

                    なんとか、カクテルツリーへ1歩進んでいるのでしょうか?

                     

                     

                    油断せずに、今後の成長を確認しつつ、

                     

                    台木側の芽欠きに注意していきましょう!

                     

                     

                     

                    👉 挿し木鉢植えレモン達

                     

                     

                     

                    皆さん、比較的元気に、順調に育っていると思われます。

                     

                    ずっと気にして見ているのは、

                     

                    この3月3日に行った強剪定の後の様子です。

                     

                     

                    強剪定をした時の様子は、「こちら」です。

                     

                    強剪定をした苗の方が、しなかった苗よりも、

                     

                    最終的には大きくなる・・・ はず・・・

                     

                     

                    で、約1か月経過した現在の様子はと言いますと、

                     

                     

                     

                    強剪定しなかった苗木

                     

                     

                    普通に新芽を出し、蕾が付いております。

                     

                    昨年の様に、黒くなって枯れていく、という現象は見られません。

                     

                    土の状態も悪くないという事なのでしょうか?

                     

                     

                    最終的には、1個の果実となる迄摘果する予定です。

                     

                     

                     

                     

                    強剪定した苗木

                     

                     

                     

                    黒鉢の大きな苗木の方からは、新たな新芽が出てきています。

                     

                    剪定した主枝からも、他の枝からもです。

                     

                     

                    しかしながら、白鉢の小さな苗木の方からは、全く出てきません。

                     

                    よくよく見ると、切断した直ぐ下の主枝から、

                     

                    新たな芽らしき小さな膨らみが出来初めていました。

                     

                     

                    まだまだ、切って1か月のお話しです。

                     

                    まだ、そんなに暖かくなってきておりません。

                     

                    もう暫く、このままで様子を見たいと思います。

                     

                     

                     

                    本日の最後に・・・

                     

                    あじさい コサージュの今・・・

                     

                     

                     

                     

                    こちらも、元気に育ってくれております。

                     

                    元気に育っていないのは、アスパラガス。

                     

                    次々に生えてきますが、細長い・・・

                     

                    細いのに、筋があり美味しくありません。

                     

                    土が悪いのでしょうか? 

                     

                    これも又、研究です・・・  ^^;

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                    ほんの少しでも、

                     

                    面白いと思って頂ければ、

                     

                    下のバナー(コロ)を

                     

                    「ポチッ」と押して頂きますと、

                     

                    これからも、頑張れます!

                     

                     

                    宜しくお願いします。 おじぎ の画像

                     

                     

                     

                     

                     


                    にほんブログ村

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                    Calendar
                       1234
                    567891011
                    12131415161718
                    19202122232425
                    262728293031 
                    << May 2019 >>
                    ご覧頂きありがとうございます。
                    @korolemon
                    スポンサーリンク
                    ランキングに参加しています。ポチっと宜しくお願いします!!
                    にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ
                    にほんブログ村
                    スポンサーリンク
                    日本ブログ村ランキング
                    PVアクセスランキング にほんブログ村
                    Selected Entries
                    Categories
                    Archives
                    Recent Comment
                    • YAMAHA電子ドラムセットDTX500(音は鳴りません)を貰ってくれる方いらっしゃいますか?
                      korolemon (05/25)
                    • YAMAHA電子ドラムセットDTX500(音は鳴りません)を貰ってくれる方いらっしゃいますか?
                      yukikami27 (05/24)
                    • 井上尚弥選手とエマヌエル・ロドリゲス選手の試合。
                      korolemon (05/20)
                    • 井上尚弥選手とエマヌエル・ロドリゲス選手の試合。
                      yukikami27 (05/20)
                    • ピオーネの成長 2019年5月 芽欠き、誘引をやってみた。
                      korolemon (05/13)
                    • ピオーネの成長 2019年5月 芽欠き、誘引をやってみた。
                      海月 (05/13)
                    • ピオーネの成長 2019年5月 芽欠き、誘引をやってみた。
                      korolemon (05/13)
                    • ピオーネの成長 2019年5月 芽欠き、誘引をやってみた。
                      yukikami27 (05/12)
                    • レモンと花柚子への接ぎ木後57日経過です。 接ぎ木2度目の経験で成功を勝ち取れるのか?
                      korolemon (05/07)
                    • レモンと花柚子への接ぎ木後57日経過です。 接ぎ木2度目の経験で成功を勝ち取れるのか?
                      korolemon (05/07)
                    Recommend
                    バースデー プレート
                    バースデー プレート (JUGEMレビュー »)

                    大切な人へ。

                    生涯残る、唯一の贈り物。
                    Links
                    Profile
                    Search this site.
                    Others
                    Mobile
                    qrcode
                    Powered by
                    30days Album
                    無料ブログ作成サービス JUGEM