2018.02.18 Sunday

レモンの木に接ぎ木をやってみた。 多品種接ぎにチャレンジ!

0

    JUGEMテーマ:家庭

     

     


    レモンの木に接ぎ木をやってみた。

     

        多品種接ぎにチャレンジ!


     

     

    2月18日が来ました。

     

    レモンの木に接ぎ木を行う日です。

     

    天気も良好です!

     

     

     

    リスボンレモンと花柚子の木に、リスボンレ

     

    モン、アレンユーレカレモン、ナベリーナ等

     

    のみかんを接ぎ木してみます。

     

     

    レモンの接ぎ木に際し、注意した点等を記載

     

    しつつ、写真等をアップ・記録していきたい

     

    と思いますが、結果は上手くいくでしょう

     

    か?

     

     

     

    👉 穂木について

     

    穂木の保存については、既にアップしており

     

    ますので、1本のレモンの木に多品種接ぎ

     

    を試してみる!」をご覧下さい。

     

     

     

    冷蔵庫から出してきてみました。

     

    鮮度は十分保っていると思います。

     

    穂木と道具を準備してみました。

     

     

     

     

    穂木は、1〜3芽残して切って用意する

     

    との事です。

     

     

    芽を確認しましょう。

     

    ・・・

     

    芽が小さすぎて、これで良いのかなぁ?

     

     

    少し不安。

     

    挿し木をした時もそうでした。

     

    小さな膨らみができて、

     

    それが大きく育って芽となりました。

     

     

     

     

    それから、できるだけ真っ直ぐに切るのと、

     

    斜め(約30度)で切るのと。

     

     

    イメージするのは、

     

     

     

     

    片方だけでも形成層をしっかり合わせる

     

    こと。

     

     

    形成層では細胞分裂が行われているので、台

     

    木と穂木の形成層が合うことで、新しい細胞

     

    が作られ接合する。

     

     

    角度は、どれぐらいがちょうど良いのか?

     

     

    ちょっと紙に角度を記入して、

     

    これを参考に枝を切ってみました。

     

     

     

     

    真っ直ぐに切ってみた方。

     

     

     

     

    反対側を、斜め(約30度)で切って

     

    みました。

     

     

    この時に注意した事。

     

     

    斜めに削る面を真っ直ぐに削る面と並行に

     

    なるように心がける事。

     

     

    これで、両側の形成層が合うことが期待でき

     

    ますし、隙間もなくなります。

     

     

     

    但し、正確に切るのは難しいです。

     

    慣れていないので、まな板の上で押さえなが

     

    ら切ってみたのですが、ちょっとした芽の出

     

    っ張りがあり、コロコロ動き、しっかりと押

     

    さえられないのです。

     

     

     

    ゆっくり、根気よくやってみました!

     

     

     

     

    その後、メデールテープで穂木を巻きます。

     

    乾燥を防ぐため。

     

     

     

     

    1回目の写真。

     

    十分にメデールテープを引っ張っていないの

     

    で、包帯を巻いているのかと思う程の白さ

     

    です。

     

     

    それを、接ぎ木した状態。

     

     

     

     

    真っ白

     

    この穂木は、リスボンレモンです。

     

     

     

    リスボンレモンの穂木はいつでも取れるの

     

    で、このまま接ぎ木しました。

     

     

     

    どうなるか様子を見てみましょう。

     

     

     

    そもそも、メデールテープとは、

     

     .董璽廚粘いても、テープを破って芽が

     

      出て来る。

     

    ◆ー然劣化するので、テープを取り除く

     

      必要がない。

     

      のがメリット。

     

     

     

    ,里燭瓩法芽の部分は2重巻き以上になら

     

    ないように注意しなればなりません。

     

     

     

    芽以外の部分は、強風等で穂木が動かない

     

    ように3〜4重に巻き付けます。

     

     

     

    穂木と台木の切り口面や形成層部分が完全に

     

    シールされている事を確認します。

     

     

     

    きっちりと巻き付けるために、メデールテー

     

    プは3〜5倍伸びるように出来ています。

     

     

     

    つまり、伸ばして貼れば、

     

    こんなに白くはならない・・・

     

     

     

     

    巻き付け2回目。

     

    少しは引っ張れるようになりました。

     

     

     

    👉 台木部分

     

     

    接ぎ木ナイフで切ってみました。

     


     

     

    案の定、指を切ってしまいました。

     

    滑った時に手が切れないように左手の位置に

     

    注意するのですが、そうし過ぎると、しっか

     

    りと枝を押さえられなくなります。

     

     

     

    作業をやっていて気付いたこと。

     

     

     

    のこぎりを引くようにナイフを動かしても、

     

    なかなか切れません。

     

    又、左手を切る危険があります。

     

     

     

    これよりも、

     

    上下に引くのではなく、

     

    シーソーのように、上下に動かす方が

     

    よく切れました。

     

     

     

    この時、深く切ろうと押し付けなくても構い

     

    ません。少しづつ切れていきますので、自分

     

    が求める深さまで切れたら上下運動を止めれ

     

    ばよいだけです。力を入れずにシーソー運動

     

    を続けるだけ。

     

     

     

    ナイフの状態等によっても違ってくる

     

    のでしょうが・・・

     

     

    もっと早く気づけば良かったです。 笑っ の画像

     

     

     

    👉 接合

     

    穂木と台木を合わせます。この際、注意した

     

    いのが、形成層を合わせる事と、「隙間」を

     

    作らない事。

     

     

    これが難しかったです。

     

     

     

     

    接合部分は、しっかりと巻き付けます。

     

     

     

     

    太い幹の部分にも接ぎ木してみました。

     

     

     

     

    どうやっても、台木と穂木の間には隙間が

     

    出来たように見えました。

     

     

    完全に隙間をなくすのは至難の業。

     

     

    「隙間が出来ると、間違いなく失敗」との話

     

    しもありましたので注意はしたのですが。

     

     

     

    結果を見ていきたいと思います。 夏だよ。子供だよ。汗だく の画像

     

     

     

     

    👉 接ぎ木後の処理

     

     

    保湿が大切になりますので、接ぎ木後はビニ

     

    ール袋を被せて紐で縛っておくと良いそう

     

    です。

     

     

    枝も呼吸をしているので、自分で保湿する

     

    ことになるようです。

     

     

     

     

    後で分かるように、ビニール袋に名前を書い

     

    ておきました。

     

     

    この後、6か月は触れないようにします。

     

     

    きっちりと付くまでは注意します。

     

    と書きながらですが、

     

    作業中に、既に完成した接ぎ木に体が当たっ

     

    て折れ曲がり、やり直しとなったのが3度。

     

     

    悲しくなっていました。 

     

     

     

    それと、暖かくなってきた頃、接いだ枝より

     

    手前の台木側に新芽が出てきますが、これを

     

    放置すると接いだ枝は養分不足で枯れてしま

     

    うそうです。なので、台木側の新芽は、出て

     

    きたら、その都度取り除かなければならない

     

    との事。

     

     

     

    暖かくなったころ、

     

    十分注意していきましょう。 お星さま の画像

     

     

     

     

     

    最後に・・・

     

    本日の接ぎ木作業が終わった後の、

     

     

    庭植えレモン

     

     

     

     

    全部で6本の穂木を接ぎ木。

     

     

     

    柚子

     

     

     

     

    全部で4本の穂木を接ぎ木。

     

     

    さて、1本でも成功してくれるでしょうか?

     

     

     

    「毎月の記録」で報告していきたいと

     

    思います!!

     

     

     

     

     

    ほんの少しでも、

     

    面白いと思って頂ければ、

     

    下のバナー(コロ)を

     

    「ポチッ」と押して頂きますと、

     

    これからも、頑張れます!

     

     

    宜しくお願いします。 おじぎ の画像

     

     

     

     

     


    にほんブログ村

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    2018.02.17 Saturday

    レモンの木の育て方 庭植えの木を大きく育てるために土を掘り返してみた!

    0

      JUGEMテーマ:家庭

       

       


      レモンの木の育て方

       

      庭植えの木を大きく育てるために

       

           土を掘り返してみた!


       

       

       

      鉢植えレモンの場合、何年に1回鉢の植え替

       

      えをしたら良いのでしょうか?

       

       

      鉢の大きさにもよりますが、いつかは鉢が

       

      根っこで一杯になります。

       

       

      それ以上、根っこが育つ事ができるスペース

       

      が無くなる。

       

       

       

      鉢植えレモンの植え替え」については、

       

      以前、少し触れて、やってみました。

       

       

       

      レモンの木を大きく育てるために、

       

      必要な対処です。

       

       

       

      平成27年 レモンの苗を購入して、

       

      庭に地植えしました。

       

       

      以後、水をあげたり、肥料をあげたりはしま

       

      したが、「土を掘り返したこと」はありませ

       

      んでした。

       

       

      庭植えですと、鉢植えでいうところの「植え

       

      替え」は必要ない・・・

       

      土はいっぱいあります・・・

       

       

       

      本当に、いっぱいあるのでしょうか?

       

      考えた事もありませんでした。

       

      だから、平成27年以降、一度も「土を掘り

       

      返したこと」はありません。

       

       

       

       

      2月12日 元肥(春肥)を施肥しました。

       

      庭植えレモンの周囲に元肥を均一に撒き、

       

      地表表面を軽くすき込んだだけでした。

       

       

       

       

      ご指導を頂きました。

       

      「施肥の他に土そのものの状態があります。

      鉢では『根詰まり』を起こし易いです。

      根が窒息する状態。

      路地でもそれは当てはまります。

      固くて空気が入っていない状態は地上部とのバランスが崩れます。

      今回の路地レモンの施肥をされたさらに外周部の土を柔らかくして下さい。

      (スコップなどで土をほぐす。幹近くはやらない。)

      根が成長を始める春以降で結構です。

      新根の成長=木の成長。」

       

      との事。

       

       

       

       

      18年前の事を思い出しました。

       

       

      自宅購入時に思った事。

       

      何とか良い感じのお庭作りをしたい。

       

      子供用の砂場を作ったり、

       

      花壇作りなど。

       

      土を掘り返して、大きな石や(ブロックまで

       

      出てきました)粘土質の土を出来るだけ取り

       

      除いて・・・

       

       

      で、出来た花壇に花を植えるのは、

       

      妻や母の役。 

       

       

       

       

      確かに、ふかふかの、根っこが自由に伸びま

       

      われるような代物ではありませんでした。

       

       

       

      それから18年。

       

      ふかふかの土のままであるはずが

       

      ありません。

       

       

       

      根っこも、「根詰まり」を起こしかけている

       

      かもしれません。

       

      庭植えの樹々の根っこに対しても、「根詰ま

       

      り」の注意を持たないといけないと

       

      学びました。

       

       

       

       

      樹々は生きている。

       

       

      人のように、呼吸もすれば、食事もするし、

       

      成長もします。

       

      寒ければ風邪もひくし、足りなければ

       

      栄養失調にもなります。

       

      靴も小さくなれば、合う大きさのものに

       

      替えてあげなければなりません。

       

       

       

      樹々が元気で、気持ちよく育つ事を、

       

      もっと感じられるようになれれば・・・

       

       

       

       

      本日、先ずは庭植えレモンの木の右サイドを

       

      掘り返してみました。

       

      幹近くはやらないように注意して外周を。

       

       

       

      掘り返す前の状態

       

       

       

      掘り返した後の状態

       

       

       

      これが、結構大変な作業でした。

       

      根っこが絡んでくるし、

       

      大きな石も出てきます。

       

      腰に結構きます! 泣く の画像

       

       

       

      18年前は・・・

       

      若かった・・・ 夏だよ。子供だよ。汗だく の画像

       

       

       

      そして、こんなものまで、

       

       

       

       

      セミの幼虫さん。

       

      冬眠中なのか、全く動きません。

       

      体が無傷で良かったです。

       

      そっと、戻しておきました。 ^^;

       

       

       

      で、思い出したのが

       

      「EM肥料用ボカシ」を作った事

       

       

       

      このまま掘り返した土を戻す前に、EM肥料用

       

      ボカシを撒いたら、もっと土壌が良くならな

       

      いか?

       

       

       

       

      恐る恐る、

       

      肥料を入れていたゴミ箱の蓋を開けると、

       

      未だ大丈夫でした。

       

      カビで一杯という状態ではありません

       

      でした。

       

      香りも、未だ酸味のある香りのまま。

       

      という事で少々撒いてみました。

       

      肥料のやり過ぎ? を少し気にしながら。

       

       

       

       

      ほぐした土を戻して完了! 

       

       

      晩秋まで2か月ごとに肥料をあげて、新根の

       

      成長に合わせて根が成長するところに空気を

       

      送り続ける(新根の先を常に耕す)とかなり

       

      の成長を見せてくれるようです。

       

       

       

       

       

      やはり、土が盛り上がります。

       

      かなり、増えた感じがします。

       

       

       

      なにかいい感じ。

       

      少しは気持ち良くなってくれたでしょうか?

       

      レモンの木が、

       

      笑ってくれていたら良いのですが。 

       

       

       

      時間をかけて少しづつやっていきましょう。

       

       

      腰にきますので・・・ バイバイ の画像

       

       

       

       

       

       

      ほんの少しでも、

       

      面白いと思って頂ければ、

       

      下のバナー(コロ)を

       

      「ポチッ」と押して頂きますと、

       

      これからも、頑張れます!

       

       

      宜しくお願いします。 おじぎ の画像

       

       

       

       

       


      にほんブログ村

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

      2018.02.12 Monday

      レモンの木への肥料 元肥(春肥)を施肥してみた。

      0

        JUGEMテーマ:家庭

         

         

         


        レモンの木への肥料

         

        元肥(春肥)を施肥してみた。


         

         

         

        レモンの育て方 2」でも触れました。

         

        レモンの施肥量の目安。

         

        これをベースに、

         

        元肥の量を決めてみました。

         

         

         

        レモンの育て方 栽培方法

        ☝スマホでは画面タッチで少し拡大します。

         

         

         

        実際に撒く量を決める前に、

         

        2月に有機質肥料を撒く事の再確認!

         

         

         

        2月頃(元肥)に有機質肥料を、

        他の月(追肥)に化成(無機質)肥料を

        撒く!

         

         

        有機質肥料 ; 油かす、鶏糞、魚粕、

                堆肥、牛糞など。

         

         ‥攵蹐硫良効果がある。

         (土が柔らかくなる、保水性が高まる)

        ◆ヾ妨性。

         微生物が多くなる。

        ぁ“醂狙分が少ない。

        ァ‘値の匂いがあり、虫がわく可能性が

          ある。

         

         

        無機質肥料 ; 化成肥料、尿素など。

         

         。蛎膠浜楞如蔽眩如Ε螢鷸澄Εリウム)

          を効率よく施肥。

        ◆ヾ妨性・速効性があり、選択できる。

         有機質肥料より安価ですむ傾向がある。

        ぁ〔亀ー舛个りでは、土壌環境が悪く

          なる。(土が痩せる)

        ァ“醂舛笋韻魄き起こす事がある。

          (やり過ぎ)

        Α‘いはなく、虫がわく心配もない。

         

         


        有機質肥料の多くは、肥料成分が少なく緩効

         

        性。レモンは肥料食いで、又、お礼肥のよう

         

        に速効性を求められる場合、有機質肥料だけ

         

        でレモンを栽培するには経験と努力が必要と

         

        なりそうです。なので、有機質肥料と無機質

         

        肥料両者の長所を生かして育てる為に、「元

         

        肥に有機質、追肥に無機質を撒く」記述が多

         

        いようです、との事でした。

         

         

         

         

        撒き方

         

        庭植え

         

        レモンの枝葉が茂る範囲(樹冠)の地表に均

         

        一に撒きます。表面に撒くだけでもいいです

         

        が、軽くすき込むと吸収がよくなります。

         

         

        鉢植え

         

        鉢土の表面に均一に撒きます。すき込む必要

         

        はありません。

         

         

         

        👉 肥料やけに注意!

         

         

        肥料は、やればやるほど良いというものでは

         

        ありません。肥料をやり過ぎると、土の中の

         

        肥料分の濃度が高くなり、浸透圧の影響で根

         

        の水分が奪われ、「いくら水をやってもしお

         

        れる」という事にもなりかねません。特に化

         

        成肥料等の成分割合が高い肥料を用いる場合

         

        は注意が必要です。

         

         

        有機質肥料は、上記の通り、肥料分としての

         

        みならず、土をふかふかにして、水はけを良

         

        くする事を期待します。又、有機質肥料は

         

        「肥料やけはしない」事を念頭に施肥して

         

        みます。

         

         

         

        元肥(春肥)は、まだ寒くて木々が動き始め

         

        る前に撒き、活動し始める頃までに少しずつ

         

        分解させます。

         

         

         

         

        今回、用意してみたのが、こちら。

         

         

         

         

        チッソ・リンサン・カリが、

         

        5-5-0のものでした。

         

        5-3-2のものを探したのですが

         

        見つからず。

         

         

         

        カリ(根肥)がない為、枯葉や落葉が少し

         

        心配。

         

        水溶性で流亡しやすいので、

         

        今後、少しずつ追肥してみましょう。

         

         

         

        施肥量は、

         

         

         

         

        このぐらいでと計算、施肥してみました。

         

         

         

        先ずは、柚子

         

         

         

         

         

        分量を量り、表面に撒き、

         

        その後、軽くすき込みました。

         

         

         

         

         

         

         

         

        次に、庭植えレモン

         

         

         

         

         

         

         

        庭植えレモンは、不織布を巻いていました

         

        ので、少しスカートをめくりあげての作業。

         

         

         

         

        四つん這いになっての作業でした。 --;

         

         

         

        そして、

         

        他の鉢達は、表面に均一に撒くだけ。

         

         

         

         

        施肥完了です。

         

         

        実際に量ってみて思った事。

         

         

        年間施肥量の半分を撒くというイメージがあ

         

        ったせいか、思っていた程の量ではなく、少

         

        ないのかな?と思う程。

         

         

         

        後は、冒頭にも記載した通り、硫酸加里か草

         

        木灰を購入し、少しずつ追肥してみて様子を

         

        見たいと思います。

         

         

         

        この後の様子は、「毎月の記録」でアップ

         

        していきたいと思います。

         

         

         

         

         

        ほんの少しでも、

         

        面白いと思って頂ければ、

         

        下のバナー(コロ)を

         

        「ポチッ」と押して頂きますと、

         

        これからも、頑張れます!

         

         

        宜しくお願いします。 おじぎ の画像

         

         

         

         

         


        にほんブログ村

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

        2018.02.11 Sunday

        ちょっと、ひと安心。

        0

          JUGEMテーマ:家庭

           

           

           

           

          今日、合格発表がある日でした。

           

          今頃の合格発表は、インターネット。

           

          以前は、大学に行って、張り紙がされる

           

          のを待って・・・

           

           

           

          何か、昔の方が良かったかも。

           

           

           

          10時半頃、郵便が届きました。

           

          1通の合格通知書。

           

          たまたま私が取りに行きました。

           

          表紙を見てビックリ。

           

          「合格通知書」との記載があった為。

           

           

           

           

          インターネットでの発表は、正午以降

           

          との事でした。

           

          つまり、

           

          ネットで確認する前に届いたという事。

           

           

           

           

          次男坊は、朝からソワソワ・・・

           

          1つでも受かっていれば、先ずは安心

           

          できる。

           

          けれども、手ごたえは全くなかったから。

           

           

           

           

          通知書を受け取り、声をかけました。

           

          「合格通知書届いたよ〜!」

           

           

           

          どたどたどたどた・・・

           

          「うそ〜〜〜っ!」と、

           

          2階から降りてきました。

           

           

           

           

           

          「浪人」

           

          この言葉が充満していた重苦しい雰囲気が

           

          解消された瞬間でした。

           

           

           

          私自身、

           

          90%近い確率で覚悟していた程です。

           

          受験後の彼からの言葉を聞いている限り。

           

           

           

          「もう、どこでもいい。浪人だけはいやや! 

           

          浪人するくらいなら死んだほうがましや!」

           

          「俺、勉強するのが、本当に嫌いやねん!」

           

          本当に、嫌いなんだなぁと思いました。^^;

           

           

           

           

          将来は、頭ではなく、肉体を使う仕事を

           

          探すそうです。^^;

           

           

           

           

          そこまで言っていた彼から出てきた言葉。

           

          「よし、これで、取り敢えず大学生には

           

          なれる。パソコン買いに行こう!」

           

           

           

           

          まだ、他の大学の合格発表を後日に

           

          残しているのに。

           

          彼らしさを感じさせられた瞬間でした。

           

           

           

          妻はというと、猛反対。

           

          「まだ、終わってない。パソコン買う

           

          とかは、全てが決まってから!」

           

           

           

          しかし、

           

          その言葉は全く意味を持ちませんでした。

           

          そそくさと着替えに入り、

           

          「さぁ、行くで!!」

           

           

           

           

          一言、言われます。

           

          「せめて、お仏壇に(ご先祖さんに)ご報告

           

          して、お礼を言ってきなさい!」

           

           

           

           

          いろいろな事がありましたが、

           

          あれも人生、これも人生。

           

           

           

          どれ程頑張ろうとも、頑張れなくても、

           

          必ず結果が出る時というのは来るもので、

           

          そして、その先も必ず来るのです。

           

          終わることはないのです。

           

           

           

          その時々で、何を感じ、

           

          今後、

           

          それをどう活かしていこうとするのか?

           

           

           

           

          今、パソコンの初期設定でもがいている

           

          彼にも、

           

          これからの長〜〜〜い人生が待っている。

           

           

           

           

          何はともあれ、

           

          先ずは、ちょっと、ひと安心。

           

          彼が言うように、

           

          取り敢えず、

           

          これで大学生にはなれるのだから。

           

           

           

           

          ちょっと、独り言でした。

           

           

           

           

          korolemon

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

          2018.02.11 Sunday

          レモンの成長 30.2

          0

            JUGEMテーマ:家庭

             

             


            レモンの成長 30.2


             

             

             

            今月も、寒い日が続いています。

             

            マイナス4℃となる日もあります。

             

             

            さすがに、鉢は全て玄関内に入れました。

             

            引き続き「防寒対策」に注意します。

             

             

             

            2月は、元肥(春肥)の施肥を行います

             

            樹の大きさに応じた施肥を行います。

             

            多すぎても、少なすぎてもダメです。

             

             

             

            元肥は「化成肥料」ではなく、「有機質肥

             

            」を施肥しますので、「肥料やけ」の心配

             

            は少ないかと思いますが、適正な配分に心が

             

            けたいものです。

             

             

             

             

            当家の庭植えレモンの葉が、

             

            少し、黄変してきました。

             

             

             

             

            切り取る必要はありませんが、落ちた葉は、

             

            ほっておかず処分します。病害虫の住処にな

             

            ってしまいます。

             

             

            又、黄変した葉が多い場合は、原因を調べ

             

            対処したいものです。

             

             

             

            庭植えレモン

             

             

             

             

            特に大きな変化はありません。

             

            何枚か、黄色い葉となってきました。

             

            数は少ないので、しばらく様子を見てみま

             

            す。

             

             

            今月、接ぎ木の予定です。

             

             

             

            花柚子

             

             

             

             

            こちらも、大きな変化はありません。

             

            黄色くなる葉も、ほとんどありません。

             

            花柚子にも接ぎ木予定です。

             

             

             

            挿し木レモンの鉢

             

             

             

             

             

             

            土・日曜日は、朝から庭に出して陽を浴びて

             

            もらい、夕方、室内に戻します。月曜から金

             

            曜日までは、朝から晩迄室内なので少し心

             

            配。早く、厳しい寒さが和らいでほしい。

             

             

             

            外に出しっぱなしの枝が、

             

            室内には入れずに外に置いていた挿し木の

             

            枝が、

             

            枯れてる?

             

             

             

             

            上半身が白っぽくなっています。

             

             

             

            鉢植えレモン

             

             

             

             

            こちらも、とりあげて大きな変化なし。

             

            室内に置いているからでしょう。

             

            玄関の内側なので、陽は差し込まないので少

             

            し心配ですが、

             

            今のところ異常は見られません。

             

             

             

             

            👉 「元肥の施肥」と、「接ぎ木」について

             

               は、別の記事で!

             

             

            👉 もう少し寒さが和らいだら、月内でも不

             

               織布等外してみましょう!

             

             

            👉 水やりは、鉢植えに1週間に1度やって

             

               ます。 外に出してやってます!

             

             

             

             

             

            ほんの少しでも、

             

            面白いと思って頂ければ、

             

            下のバナー(コロ)を

             

            「ポチッ」と押して頂きますと、

             

            大変、助かります!!

             

            これからも、頑張れます!

             

             

            宜しくお願いします。 おじぎ の画像

             

             

             

             

             


            にほんブログ村

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

            2018.02.06 Tuesday

            めじろ

            0

              JUGEMテーマ:家庭

               

               

               


              めじろ


               

               

               

              ちょっと、一息・・・

               

               

               

              先日、散歩に行きました。

               


              餌箱を枝に置いている木があります。

               

               

              以前来たときは、

               

              40〜50羽はいたような。

               

               

              今回も、30羽程度は居てます。

               

               

               

              めじろ。

               

               

               

              後ろを歩いていたご夫婦も、

               

              話されていました。

               

              「鳥がいっぱいいるね! めじろだなぁ。」

               

               

              写真を撮ってみました。

               

               

               

               

              スマホのカメラを最大限に拡大して

               

              撮りましたが、

               

              ぼやけます・・・

               

               

               

              なので、動画を撮ってみました。

               

              不要な背景が入らないように撮りますと、

               

              下から、アップになりまして、

               

              アングルが悪く、

               

              メジロも、小さくて分かりずらい・・・

               

               

               

               

               

               

               

              分かりましたでしょうか?

               

              画像右下の枝に、餌箱が設置されています。

               

              黒い、四角の物体が餌箱です。

               

               

               

               

              お庭にいっぱい鳥が来てくれたら、

               

              やっぱり嬉しいかも・・・

               

               

               

               

               

              korolemon

               

               

               

              2018.02.05 Monday

              2週間後のレモン塩

              0

                JUGEMテーマ:家庭

                 

                 


                2週間後のレモン塩


                 

                 

                 

                1月20日(土)

                 

                レモン塩を作りました。

                 

                 

                 

                1月28日(日)

                 

                1週間後のレモン塩」をアップしました。

                 

                 

                 

                果汁が増えてきた訳ではありません。

                 

                皮の色に透明感が出てきません。

                 

                 

                 

                日々、瓶を振ることなく過ごしたせいか?

                 

                全体の濃度をならさなかったからか?

                 

                 

                 

                作ってから1時間後と何ら変わりないように

                 

                見えました。

                 

                 

                 

                 

                 

                今日、2月4日(日)

                 

                2週間と1日経過。

                 

                 

                この1週間は、

                 

                晩に1度、瓶を振ってみました。

                 

                完成に近づくことはできたのでしょうか?

                 

                 

                 

                先ず、全体の写真。

                 

                 

                 

                 

                あまり変化はないように感じます。

                 

                 

                瓶の下が濡れています。

                 

                瓶が少し割れているのかと心配しましたが、

                 

                瓶を振り、蓋を開けた時に、少しづつ零れた

                 

                ものが流れ出たものかもしれません。

                 

                 

                 

                 

                少し、斜めに傾けてみると、

                 

                 

                *作ってから3時間経過後

                 

                 

                 

                *1日経過後

                 

                 

                 

                *1週間経過後

                 

                 

                 

                 

                *そして、今日、2週間経過後

                 

                 

                 

                 

                気持ち、少しエッセンスが増えた感じもしま

                 

                すが、ほとんど変わりないとも言える感じで

                 

                す。

                 

                 

                中は、どうでしょうか?

                 

                 

                 

                *1週間前の瓶の中

                 

                 

                 

                 

                *そして、今日の瓶の中

                 

                 

                 

                 

                唯一、瓶の中は変わっていました。

                 

                レモンの皮に薄っすら透明感が出てき

                 

                います。

                 

                とろ〜〜〜んとした感じが出てきています。

                 

                 

                 

                 

                相変わらず、匂いも素晴らしいです。

                 

                レモンの香り・・・

                 

                 

                 

                 

                但し、これが完成だとするならば、

                 

                やはり少しエッセンスが少ない気がします。

                 

                少し使えば、もう無くなっているような。

                 

                 

                 

                 

                少し、味見だけして、

                 

                レモンを足してみることにしてみましょう。

                 

                 

                 

                 

                ・・・・・・・・・・・・・・・・

                 

                 

                にしても、

                 

                レモン塩はかなり時間がかかるものです。

                 

                 

                先日作った、ピザ。

                 

                自身初めて、生地から作ってみました。

                 

                作り始めて、約2時間で完成しました。

                 

                レモン塩に比べますと、あっという間です。

                 

                 

                 

                トッピングを何にするのか?

                 

                量をどれぐらい乗せるのか?

                 

                自分好みに出来るからでしょうか?

                 

                大好評でした!

                 

                 

                次は、もう少し生地を薄く作ってみようと

                 

                思いました。 ^^

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                下のバナー(コロ)を

                 

                「ポチッ」と押して頂きますと、

                 

                大変、助かります!!

                 

                 

                宜しくお願いします。 おじぎ の画像

                 

                 

                 

                 

                 


                にほんブログ村

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                2018.02.04 Sunday

                レモンの接ぎ木 1本のレモンの木に多品種接ぎを試してみる!

                0

                  JUGEMテーマ:家庭

                   

                   

                   


                  レモンの接ぎ木

                   

                  1本のレモンの木に多品種接ぎを試してみる!


                   

                   

                   

                  昨年、「レモンの挿し木」にチャレンジして

                   

                  みました。

                   

                   

                   

                  今年は、「レモンの接ぎ木」にチャレンジ

                   

                  してみようと思います。

                   

                   

                   

                  「何故、レモンの苗木の大半は、接ぎ木によ

                   

                  って出来た苗木なのでしょうか?」は、

                   

                  レモンの育て方」で触れてみました。

                   

                   

                  尚の事、接ぎ木の経験を持ち、その結果を

                   

                  記録していきたいと思います。

                   

                   

                   

                  当初は、柚子の木にレモンの枝を接ぎ木して

                   

                  みようかと思ってました。

                   

                   

                  接ぎ木を経験するためと言っても、

                   

                  リスボンの木にリスボンの穂木を

                   

                  接ぎ木しても・・・

                   

                  と思っただけのことです。

                   

                   

                   

                   

                  そんな中、コメントを頂きました。

                   

                   

                  「接ぎ木で遊べば、面白いレモンの木になり

                   

                  ます。収穫時期を意識して接ぐ品種を決めな

                   

                  いといけません。数品種を接げば、9月下旬

                   

                  頃から12月いっぱいまで順番にレモンを楽

                   

                  しめます。形・色もいろいろのレモン。遊び

                   

                  心いっぱい詰め込んだレモン・・・」

                   

                   

                   

                   

                  多品種接ぎの存在は知っていましたが・・

                   

                  当然のことながら、自身でしようとは思った

                   

                  ことは一度もなく(穂木を集める事すら

                   

                  難しい)、でも、「穂木もプレゼントさせて

                   

                  頂きます。」とのお言葉も添えて頂き、

                   

                  ありがたく頂戴することにしました。

                   

                   

                   

                  多品種接ぎを「自身で試してみよう」と

                   

                  思った瞬間でした。

                   

                   

                   

                   

                  👉 接ぎ木の適期

                   

                   

                  いろいろな書物を読んでいますと、「接ぎ木

                   

                  の適期は4月」が多かったように思います。

                   

                   

                  で、私も4月に接ぎ木実施予定でしたが、

                   

                  「柑橘の接ぎ木は、3月の第一週あたりがベ

                   

                  ストかと思います。4月は既に根が動き始め

                   

                  ていますので少し遅いです。接ぎ木は根が動

                   

                  き始める直前がベスト。」とのコメントを頂

                   

                  戴しました。

                   

                   

                  「接ぎ木適期は樹種ごとに違います。緑枝接

                   

                  ぎもありますし、秋接ぎもあります。」とは

                   

                  続くのですが。

                   

                   

                   

                  私の接ぎ木は、3月の1周目に接ぎ木を実施

                   

                  予定としてみましょう。

                   

                   

                   

                   

                  👉 穂木の採取

                   

                   

                  台木に接ぐ枝のことを穂木というようです。

                   

                   

                  穂木は、接ぎ木をする直前に他の木から切り

                   

                  取り、接ぎ木に使用するのではなく、枝の生

                   

                  育が緩慢な寒いうちに切り取り準備し、接ぎ

                   

                  木を行うまで冷蔵庫等(5℃〜8℃)で保存

                   

                  しておく必要があるようです。これは、発芽

                   

                  した枝は穂木としては不適である為、まだ寒

                   

                  い時期、萌芽前の1年生か2年生枝を切り取

                   

                  り、台木の樹液の流動が盛んになる接ぎ木適

                   

                  になるまで保管する必要があるということ

                   

                  のようです。

                   

                   

                  但し、穂木の貯蔵期間は短いほうが失敗しに

                   

                  くいようなので、そのタイミングには留意し

                   

                  たいものです。

                   

                  穂木の鮮度と、接ぎ木の適期のどちらを選ぶ

                   

                  かと言うと、鮮度だという事です。

                   

                   

                   

                  穂木として適切な枝は、濃い緑色でしっかり

                   

                  している充実した前年の春枝や夏枝のようで

                   

                  す(太さ、5〜8伉度)。又、適当な太さ

                   

                  の2年生枝も穂木として使用できるようで

                   

                  す。色、形、堅さ等をしっかり見て、元気な

                   

                  充実した枝を選びたいものです。

                   

                   

                   

                   

                  👉 穂木の保存方法

                   

                   

                  1〜2芽ついている状態の枝を20冂度に

                   

                  切り、葉をつけ根で切り取り落とします。接

                   

                  ぎ木を行うまで乾燥させず、又、カビさせな

                   

                  いようにポリ袋に入れて冷蔵庫の野菜室等で

                   

                  保存します。ポリ袋に入れた後は、空気を抜

                   

                  いて密封した方が良いようです。使用する

                   

                  際、みずみずしさが保たれていればOKとの

                   

                  こと。

                   

                   

                  冷蔵庫で保存する際、新聞紙でくるまず、穂

                   

                  木だけをビニール袋に入れ、グルグル巻きに

                   

                  するのが一番新鮮度を保てるとのことです。

                   

                  新聞紙を濡らして保湿すると過湿でカビ易く

                   

                  なるようです。

                   

                   

                  又、穂木を入れたポリ袋は、7日に1回程度

                   

                  の割合で袋を開けて、ガスを入れ替えると

                   

                  良いようです。

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                  👉 接ぎ木の方法

                   

                   

                  穂木の違いにより、枝を接ぐ「枝接ぎ」と、

                   

                  芽だけを接ぐ「芽接ぎ」に分かれます。

                   

                   

                  又、「枝接ぎ」は、台木の切り方によって、

                   

                  「切り接ぎ」「割り接ぎ」「腹接ぎ」に

                   

                  分かれます。

                   

                   

                  「切り接ぎ」が素人には成功しやすいよう

                   

                  なので、「切り接ぎ」を試してみます。

                   

                   

                   

                   

                  👉 「切り接ぎ」、成功のポイント

                   

                   

                  1、形成層を合わせる

                   

                  枝は、皮部分の樹皮と中の部分の木部に分か

                   

                  れます。そして、樹皮と木部の境(飴色の細

                   

                  胞層)を形成層といいます。

                   

                   

                  今、台木と穂木の太さが同じであれば、切っ

                   

                  た部分どうしを張り合わせた時、形成層の位

                   

                  置も合ってくる確率は高くなります。接ぎ合

                   

                  わせた形成層が2本とも合うと、接ぎ木の成

                   

                  功率も高くなるようです。しかしながら、全

                   

                  く同じ太さのものを揃えるのは難しいので、

                   

                  その場合には、片方だけでも形成層をしっか

                   

                  りと合わせるようにします

                   

                   

                  形成層では、細胞分裂が行われているので、

                   

                  台木と穂木の形成層が合うことで、新しい細

                   

                  胞が作られ接合するようです。

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                  2、乾燥しないようにする

                   

                  台木や穂木の切り口が乾燥しないように注意

                   

                  します。具体的には、枝を切ったら直ぐに接

                   

                  ぎ合わせたり、又、接ぎ木をした後、半年は

                   

                  接ぎ木をした部分を触らないように注意しま

                   

                  す。特に、台木と穂木を接ぎ合わせる時、

                   

                  着面に隙間があると必ず失敗するので、ぴっ

                   

                  たりと合うように、切り口を平らにするよう

                   

                  に注意します。

                   

                   

                   

                  台木に穂木を接いだら、接ぎ木部を接ぎ木テ

                   

                  ープかビニールテープでしっかり固定。

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                  [商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

                  Sun Garden 接ぎ木ナイフ H255×W78×D4(mm)
                  価格:1371円(税込、送料別) (2018/2/5時点)

                   

                   

                   

                   

                  この一連の作業については、実際に接ぎ木を

                   

                  行う時に、作業の写真とともにアップしてい

                   

                  きたいと思います。

                   

                   

                   

                  その後は、この作業が合っているかどうか、

                   

                  順調に育つのか、その後を観察し検証です。

                   

                   

                   

                  この多品種接ぎのブログを作成している途中

                   

                  で、穂木を頂戴しました。

                   

                   

                   

                   

                  みずみずしい、立派な穂木です!

                   

                   

                   

                   

                  穂木となっているものや、

                   

                  根っこが付いている苗木も。

                   

                   

                   

                  リスボンレモン

                   

                  アレンユーレカレモン

                   

                  ナベリーナ等のみかん

                   

                  台木として重宝するカラタチもありました。

                   

                   

                   

                   

                  早速、それぞれビニール袋に入れ直して、

                   

                  冷蔵庫で保管。

                   

                   

                  1週間毎に、

                   

                  ガス抜きとして袋から出してみましょう。

                   

                   

                   

                   

                  ただ、鮮度を取るなら・・・

                   

                  3月の1周目ではなく、

                   

                  2月18日(日)を、

                   

                  接ぎ木実施予定日としたいと思います。

                   

                   

                   

                  少し拡大した写真です。

                   

                   

                   

                   

                  大事に育てて行きたいものです。

                   

                   

                   

                   

                  根っこつきの苗も・・・

                   

                  早速、鉢を買ってきました。

                   

                   

                   

                   

                  左側3つが、私が使用する目的で購入した

                   

                  プラスチック製の鉢。

                   

                   

                  そして、右端が妻が使用する目的で購入した

                   

                  素焼きの鉢。

                   

                   

                  今、並べて置いて写真を撮った意味は、

                   

                  特にはございません。( ^ω^)・・・

                   

                   

                   

                   

                   

                  動かすには、軽くて良いのです!!

                   

                   

                   

                   

                  さぁ、穂木も揃いました。

                   

                  18日を心待ちに待ってみます。

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                  下のバナー(コロ)を

                   

                  「ポチッ」と押して頂きますと、

                   

                  大変、助かります!!

                   

                   

                  宜しくお願いします。 おじぎ の画像

                   

                   

                   

                   

                   


                  にほんブログ村

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                  2018.02.03 Saturday

                  ぶどう ピオーネの害虫 テッポウムシ(鉄砲虫)の駆除

                  0

                    JUGEMテーマ:家庭

                     

                     


                    ぶどう ピオーネの害虫

                     

                       テッポウムシの駆除


                     

                     

                     

                    当家のピオーネの枝に、沢山の穴を発見

                     

                    しました。

                     

                    ブドウトラカミキリムシが幼虫を産み付

                     

                    けているようです。

                     

                     

                    その様子は、

                     

                    ブドウトラカミキリが発生した?」から。

                     

                     

                     

                     

                    「ブドウトラカミキリが発生した?」で記載

                     

                    させて頂いた通り、今回は、カミキリムシの

                     

                    幼虫であるテッポウムシ(鉄砲虫)の駆除に

                     

                    チャレンジしてみました。

                     

                     

                     

                    方法は、針金でテッポウムシを突っついての

                     

                    刺殺を試みます。

                     

                     

                     

                     

                     

                    家にあったこの針金を使ってみました。

                     

                    少々切り取り、穴から差し込んでみます。

                     

                    太さ・硬さから推察するに、

                     

                    もし幼虫がいたら刺殺できると思います。

                     

                     

                     

                     

                    大きさ的には、丁度穴に入るサイズであり、

                     

                    いいように曲がって使いやすかったです。

                     

                     

                     

                     

                    もう少し、真下から見た感じです。

                     

                     

                    何個かの穴に針金を入れてみて感じた事。

                     

                    穴から片方(若い方の枝へ)空洞が続いてい

                     

                    るケースが多い。

                     

                    (逆側は全く穴が堀り進められていない)

                     

                     

                     

                    当然のことながら、穴から両方に針金が差し

                     

                    込める状態のものもありますが、伸びている

                     

                    枝の方向へ食い進む傾向があるのか?

                     

                     

                     

                     

                    そんなことを考えながら、次々に穴に針金を

                     

                    差し込んでいくのですが、突き当たってしま

                     

                    うだけとか、反対側から針金が出てくると

                     

                    か、あまりに穴が奥まで続いているのか針金

                     

                    が差し込めなくなってしまうとかばかり。

                     

                     

                     

                    そう、すなわち、幼虫が針金に刺さって、針

                     

                    金と一緒に出てきた(捕獲できた)という事

                     

                    は1度も起こりませんでした。

                     

                     

                     

                    唯一、一度だけ、針金を引っこ抜くと、透明

                     

                    のトローっと糸を引く感じの液体が付いてき

                     

                    ました。これが、幼虫を刺殺した後の体液が

                     

                    付いてきたものなのか、或いは、何らかの樹

                     

                    液なのかは不明。

                     

                     

                     

                    やはり、3月〜4月を待った方が良いのかも

                     

                    しれません。

                     

                     

                    3月下旬頃から、早朝にぶどうの枝をよく見

                     

                    ると、枝から水(樹液)が出ているのを見つ

                     

                    けることがあるそうです。

                     

                    実は、これがテッポウムシが枝を食べている

                     

                    場所であり、この部分を針金等でつっつくと

                     

                    テッポウムシを刺殺できるのだとか。

                     

                     

                     

                    ある程度、テッポウムシの居る場所を特定

                     

                    できなければ、やはり刺殺するのは難しい。

                     

                     

                     

                     

                    という事で、今回は、これで終了!!

                     

                     

                     

                    とする前に、

                     

                    最後に、

                     

                    余念の為、

                     

                    少しでも駆除できることを期待して、

                     

                    キンチョールEを噴射・注入してみました。

                     

                     

                     

                     

                     

                    このノズル部分に特徴があるようです。

                     

                     

                     

                     

                    この絵のように、ノズルの先から真っすぐに

                     

                    噴射されるだけではなく、プラス上下へ、

                     

                    3方向へ噴射されるのだとか。

                     

                     

                     

                    穴に噴射すると、空洞がどれくらい奥まで続

                     

                    いているのかが分かります。穴のだいぶ先、

                     

                    遠い枝の部分から液体が出てきた際には、

                     

                    気分がドーンと暗くなってしまいます。

                     

                     

                     

                    取り敢えず、今日出来ることはここまで。

                     

                     

                     

                    本当は、穴を全て、癒合剤トップジンMペー

                     

                    ストで埋めてしまおうかとも思ったのです

                     

                    が、次回、3月下旬からの作業までは、この

                     

                    ままにしておくことにしました。

                     

                     

                     

                     ,匹貭の幼虫がまだ残っているのか?

                     

                    ◆,匹貭の枝がアウトとなっているのか?

                     

                     

                     

                    まだまだ不安ですが、

                     

                    これで、春を待ちたいと思います。

                     

                     

                     

                     

                     

                    下のバナー(コロ)を

                     

                    「ポチッ」と押して頂きますと、

                     

                    大変、助かります!!

                     

                     

                    宜しくお願いします。 おじぎ の画像

                     

                     

                     

                     

                     


                    にほんブログ村

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                    2018.01.29 Monday

                    ぶどう ピオーネの害虫 ブドウトラカミキリが発生した?

                    0

                      JUGEMテーマ:家庭

                       

                       


                      ぶどう ピオーネの害虫

                       

                       ブドウトラカミキリが発生した?


                       

                       

                      平成30年1月13日(土)

                       

                       

                      ピオーネの荒皮剥ぎをしてみました。

                       

                      病原菌0の原点に帰る為!

                       

                      その時の様子は、「こちら」です。

                       

                       

                       

                       

                      途中、すごく気になった事。

                       

                      剥いだ皮の下から、穴が見つかった事。

                       

                      それも、1・2か所どころではありません。

                       

                       

                       

                       

                      このまま、ほっておいて大事に至ってもと

                       

                      思い、対処方法等を調べてみました。

                       

                       

                       

                      穴の主は、ブドウトラカミキリか?

                       

                      「ブドウの害虫の中で、最も被害の大きい」

                       

                      害虫である様子。

                       

                       

                       

                      これは困りました。

                       

                      すごく不安になります。   マメマメン ビックリ !! の画像

                       

                       

                       

                      ピオーネの木の剪定をした際、

                       

                      中が空洞になっている枝も発見。

                       

                       

                       

                       

                      ちなみに、この枝は、入り口のところだけ穴

                       

                      が開いていたのではなく、反対側まで穴が開

                       

                      いていましたので、全部食べられていると推

                       

                      察します。

                       

                       

                       

                      食べられた枝は、

                       

                      どうすれば良いのでしょうか?

                       

                       

                      ⇒ 切り取る以外に方法はない、様子。

                       

                       

                       

                       

                      これは、ちょっと厄介です。

                       

                      かなりの範囲で

                       

                      食べられているとするならば、

                       

                      かなりの枝を切り取らなければなりません。

                       

                       

                       

                       

                      このままほっておくと

                       

                      どうなるのでしょうか?

                       

                       

                      5月か6月頃、新梢が伸びだした頃、

                       

                      その新梢を食べてしまい、ひどければ、

                       

                      母枝まで食べられてしまうのだとか。

                       

                       

                       

                       

                      かなり危険です。

                       

                       

                       

                       

                      先ずは、

                       

                      そやつらを知らなければならないです。

                       

                       

                       

                      成虫は、どういう姿をしているのか?

                       

                      んんっ??

                       

                      見た事がある姿・・・  目玉 の画像

                       

                       

                       

                       

                      次に、幼虫は、どんな姿をしているのか??

                       

                       

                       

                       

                      良く覚えておこうと思います。

                       

                       

                      前の年に生まれた幼虫が越冬して、暖かくな

                       

                      ってきた頃、活発に枝を食べ始める。

                       

                       

                       

                      これを防ぐには、

                       

                      3月〜4月、

                       

                      早朝にぶどうの枝をよく見ること。

                       

                       

                      幼虫が枝を食べると、そこから樹液がもれ、

                       

                      枝から水が出ている所があるようです。

                       

                       

                      この部分を発見したら、この部分を針金等で

                       

                      つっつき、幼虫を殺すのだそうです。

                       

                       

                       

                       

                      3月〜4月を待つのも良いですが、

                       

                      先手必勝!

                       

                      次の土日には、この見つけた穴に針金を差し

                       

                      込み、幼虫を殺せるか試してみましょう!

                       

                       

                       

                      まず、どこまで穴を掘り進めていて、どこに

                       

                      とどまっているのか正確に把握するのが難し

                       

                      いかもしれません。

                       

                       

                       

                       

                      ブドウトラカミキリの生態や症状・対処を

                       

                      完結にまとめてみました。

                       

                       

                      <発生>

                       

                      成虫は7月下旬から10月中旬に発生。

                       

                      最盛期は、9月上旬・中旬。

                       

                      成虫は新梢の芽の隙間に産卵し、

                       

                      幼虫の状態で越冬します。

                       

                       

                      <症状>

                       

                      越冬した幼虫が新梢や母枝を食害します。

                       

                      新梢が食入されると5〜6月の伸長期に

                       

                      しおれだします。

                       

                       

                      <対処>

                       

                      幼虫がいる枝は切り取り、処分します。

                       

                      薬剤は、成虫が発生する7月以降。

                       

                      最盛期の8月下旬〜9月上旬、ベニカ水溶液

                       

                      等を散布します。

                       

                       

                      薬剤を使わない場合は、幼虫のいる場所を

                       

                      探し、針金などで刺殺します。

                       

                       

                       

                      さて、

                       

                      今年の被害はどれ程になるのでしょうか?

                       

                       

                       

                      毎週観察を続けたいと思います!

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                      下のバナー(コロ)を

                       

                      「ポチッ」と押して頂きますと、

                       

                      大変、助かります!!

                       

                       

                      宜しくお願いします。 おじぎ の画像

                       

                       

                       

                       

                       


                      にほんブログ村

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                      Calendar
                          123
                      45678910
                      11121314151617
                      18192021222324
                      25262728   
                      << February 2018 >>
                      ご覧頂きありがとうございます。
                      @keitanj112
                      スポンサーリンク
                      ランキングに参加しています。宜しくお願いします!!

                      にほんブログ村
                      ブログ感覚でHPを簡単作成
                      日本ブログ村ランキング
                      PVアクセスランキング にほんブログ村
                      Selected Entries
                      Categories
                      Archives
                      Recent Comment
                      • レモンの木に接ぎ木をやってみた。 多品種接ぎにチャレンジ!
                        海月 (02/20)
                      • レモンの木に接ぎ木をやってみた。 多品種接ぎにチャレンジ!
                        korolemon (02/19)
                      • レモンの木の育て方 庭植えの木を大きく育てるために土を掘り返してみた!
                        korolemon (02/19)
                      • レモンの木に接ぎ木をやってみた。 多品種接ぎにチャレンジ!
                        日本一の果実 (02/19)
                      • レモンの木の育て方 庭植えの木を大きく育てるために土を掘り返してみた!
                        日本一の果実 (02/19)
                      • レモンの木の育て方 庭植えの木を大きく育てるために土を掘り返してみた!
                        korolemon (02/18)
                      • レモンの木の育て方 庭植えの木を大きく育てるために土を掘り返してみた!
                        gerogero (02/18)
                      • レモンの木への肥料 元肥(春肥)を施肥してみた。
                        korolemon (02/15)
                      • レモンの木への肥料 元肥(春肥)を施肥してみた。
                        飛花ぽん (02/15)
                      • ちょっと、ひと安心。
                        korolemon (02/14)
                      Recommend
                      バースデー プレート
                      バースデー プレート (JUGEMレビュー »)

                      大切な人へ。

                      生涯残る、唯一の贈り物。
                      Links
                      Profile
                      Search this site.
                      Others
                      Mobile
                      qrcode
                      Powered by
                      30days Album
                      無料ブログ作成サービス JUGEM