<< レモンと花柚子に接ぎ木後、191日経過です。 | main | 漆喰塗りをやってみた。 うま〜くヌレールで上手く塗れるか? 仕上げのデザインが・・・ >>
2019.09.21 Saturday

ピオーネの成長 2019年9月 収穫終了後のお礼肥と、晩秋まで葉を残すこと。

0

    JUGEMテーマ:家庭

     

     

     


     

    ピオーネの成長 2019年9月

     

    収穫終了後のお礼肥と、

     

    晩秋まで葉を残すこと。

     


     

     

     

    2019年9月21日(土)。

     

     

    本日のこちらの、

     

    最高気温  27℃

    最低気温  22℃   の予想です。

     

     

    思わずヒンヤリと感じる程寒くなってきました。

     

    夏布団だけではなく、毛布も出してきました。

     

     

     

     

    さて、今年の収穫も完全に終わりました。

     

    基本的に、ぶどうの施肥は年に1回。

     

    果実収穫終了後に、お礼肥を施肥するだけで、あとは生育の状態を見て施肥するぐらいです。お礼肥施肥の目的は、新梢の登熟(緑色の新梢が茶色く木化した枝は寒さに強く、枯れなくなる)を促進し、また、来年の成長に向けた栄養分貯蔵を図るため。ですので、未だ今年の新梢が伸び続けている時は、この新梢の成長に肥料が使用されてしまい、登熟不良となったり、来年の栄養分貯蔵が十分でなかったりする事になりますので、新梢を摘芯したり、新梢の成長が止まってからお礼肥を施肥する様にします。

     

     

    という事で、当家の今年のお礼肥施肥は、未だ実施されていません。

     

     

     

    今現在の全体の様子です。

     

     

     

     

     

     

    日焼けした葉がだいぶ多いですが、それでもわっさわっさと茂っています。

     

     

     

    昨年同時期の写真がこちらです。

     

    9月16日、大型台風の後の写真です。

     

    房に生っていた実を全て飛ばされました。

     

    にしても、だいぶ葉も残っていません。

     

     

     

     

    そして、この後、枝を切っていきました。

     

    テッポウムシ被害を確認したためです。

     

     

     

     

    最終的には、全ての枝を切り取りました。

     

    上の写真が9月24日です。

     

    この時点で、もうほとんど葉が残っていません。

     

     

     

    健全なぶどうの落葉時期は11月頃との事です。それ迄は、葉を残しておきたい所なのですが、この様に昨年は9月中にはほとんどの葉が無くなっていました。最終的には枝を全て切り取りましたので、新梢の登熟に関しては関係なかったかもしれませんが、「養分の貯蓄」という部分では十分ではなかったと思われます。

     

     

     

    「ぶどうは収穫時期になりますと翌年の準備が始まります。 枝が登熟して来ます。 今年の晩秋には翌年の結果が既に出ています。 晩秋まで葉をしっかり残すことが重要ですね。」とのコメントを頂きました。来年の1月頃には剪定をすると思います。その時は、今年1年かけて育てた主枝1本(ほぼぶどう棚を1周する程に成長しました)のみを残して、他は切り取る予定です。なので、この主枝を再度確認してみますと・・・

     

     

     

     

     

     

     

    来年の新芽と思われる蕾が沢山ついています。

     

    これが、「翌年の結果が既に出ています」という部分なのでしょうか。

     

    なかなかに可愛らしい感じです。 ^^

     

     

    そして、春先に出だしていた「つの」らしきものは・・・

     

     

     

     

    「ひげ」の様に、ここまで伸びて、

     

    そして、枯れていました。これは何だったのでしょうか?

     

     

    何より安堵した事は、テッポウムシにやられた痕が見えない事。

     

    葉が全て落ちた頃には、もっとはっきり見えると思われます。

     

     

    葉が全て落ちた頃には、屋根(波板)の再設置も試みてみましょう。

     

     

     

     

    そして、最後に・・・

     

     

    夏以降に咲いた花房を少し残していました。

     

    特にジベ処理もしておりません。

     

    食べられるものになるのかの検証でした。

     

     

     

     

     

    粒は小さいなりにも、それなりの大きさには成長し、

     

    ある程度、色づきました。

     

    一粒採って食べてみると、渋くて食べられないという訳ではありませんが、

     

    やはり、甘くはありません。食べられる酸っぱさという感じです。

     

    そして・・・ 種が入っています。

     

    そうみると、やはりジベ処理は種なし効果があるのだなと解ります。

     

    来年からは、残さず切り取る事にします・・・ ^^;

     

     

     

    春に生った果実を木に残していたもの。

     

    どれぐらいの時期まで残しておいたら、どうなるのかを見てみる為。

     

     

     

     

    もう、見るに堪えられない状況となっております。

     

    収穫から、その後も日々観察してきて思うのですが、

     

    「やはり収穫適期は、あの頃だったのかなぁ?」ということ。

     

     

    完熟して、果実が美味しくなればなるほど、

     

    鳥や虫に食べられる果実が増えていきます。

     

     

    どのタイミングで、どれだけ綺麗な果実を収穫するのか?

     

    このタイミングを計るのが1番難しそうに思えます。

     

    防除方法、 タイミング

     

    来年の課題としたいと思います!!

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    ほんの少しでも、

     

    面白いと思って頂ければ、

     

    下のバナー(コロ)を

     

    「ポチッ」と押して頂きますと、

     

    これからも、頑張れます!

     

     

    宜しくお願いします。 おじぎ の画像

     

     

     

     

     


    にほんブログ村

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    コメント
    今の時期にもう来年の出来不出来が...
    うちのぶどうで唯一生き残っているブラックビートが、来年は収穫できるといいなあ。
    肥料をあげすぎてもいけないのですね。
    そして時期外れの実はやはりいまいちでしたか。
    キンカンがかなり時期外れにさいて実がなっていて、味がどうなのか気になりつつ、もったいないので実らせたままになっています^^;
    • 海月
    • 2019.09.21 Saturday 22:32
    海月さんへ

    >今年の晩秋には翌年の結果が既に出ています。
    どの部分の事が翌年の結果なのかは未だ知らないのですが、改めてチェックしてみると、この蕾の事なのかなぁ?と・・・ 
    十分栄養を貯蓄出来ているかどうかの確認が取れれば良いのですが・・・ ^^;

    ブラックビートって「藤稔」に「ピオーネ」を交配したものですよね。私も今年苗木を頂いて喜んでいたのですが、枯れてしまいました。「藤稔」に「ピオーネ」なので、絶対に美味しいんでしょうね。海月さん、是非とも収穫に至り、そのお味の評価を宜しくお願い致します!

    時期外れのものはダメの様です。レモンとピオーネ、いずれも試してみましたが、次回同じように作ろうとは思いません。その養分を樹に蓄積させた方が良いと思ってしまった程のお味でした。

    最終的な目的は「果実の収穫」、もう少し言えば「最高の果実の収穫」なので、実が付いた後の事はあまり考えなかったのです。だから私も適期以降でも果実を生らせてみました。(検証でもありましたが) しかしながら、栽培は来年以降も続きます。収穫の後には「来年の準備」があるのだなぁと感じ始めました。その様がなかなか見えない部分なので気付きにくかったのですが・・・ 来年の成長や実付きの為にも、この時期に十分栄養を貯めて頂かないといけない・・・なので時期外れの果実は止める事にしてみます。 ^^;

    本日、失敗しても良い場所「トイレ」で、初漆喰を試す予定です。但し、妻にとっての予定は、もの凄く柔らかい予定なのですが・・・ 今も「さぁ、雨が降っていないので散歩でも行こうか!」と言うので、「漆喰はしないの?」と訊いてみると、「・・・」と返事が返ってきません。彼女の散歩は2時間程時間を要するので、行くと次の用事に続かない場合が多いのです。(次に朝食、昼食、かたづけ、買い物・・・と色々スケジュールが立て込むので) 全く何もせず、漆喰だけに注力するか、完全に私に任せてくれれば良いのですが・・・ ^^;
    ぶどうは雨除けしてある場所と雨除けしていない所では、この時期の枝の状態が違います。
    ぶどうの実は雨を嫌いますが、枝も同じです。
    野ざらしの枝は、この時期は疲れ切っていますので。

    幹の節から出ているひげは気根と呼ばれている根です。
    ぶどうの枝を地面に垂らしておくと節々から根が生えて来ます。

    枝が充実してますので、来年は今年以上に期待出来ますね。

    • 日本一の果実
    • 2019.09.23 Monday 21:17
    日本一の果実さんへ

    雨の件、そう感じる様になってきました。
    「雨も良い所があり、雨除けは必要ない」というコメントを頂いた事があります。
    そういう側面も確かにあるのだろうなと思いますが、雨が直接当たる被害を見ておりますと、農薬等の防除ではどうしようもないのではないか?とさえ思います。ハウスがあって、屋根の開け閉めが自由に出来て、空いた時にでもネットが張ってあるので、虫や鳥が入ってこれない様に出来れば・・・ そんな事を考えたりします。ひっくり返っても無理ですが・・・ ^^;

    気根と呼ばれるものなのですね。初めて知りました。葡萄の成長期の証なのでしょうか? ^^

    来年は、本当に期待しております。
    11月以降、枝葉の様子を見て剪定の時期を決めたいと考えております。
    その時には、ある程度の枝葉を落とすとの、今以上に見える様になると思うのですが、枝に「穴」がない事を祈っております。今の所、「穴」は見えません。^^;
    コメントする








     
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    Calendar
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031    
    << December 2019 >>
    ご覧頂きありがとうございます。
    @korolemon
    スポンサーリンク
    ランキングに参加しています。ポチっと宜しくお願いします!!
    にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ
    にほんブログ村
    スポンサーリンク
    日本ブログ村ランキング
    PVアクセスランキング にほんブログ村
    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Recent Comment
    Recommend
    バースデー プレート
    バースデー プレート (JUGEMレビュー »)

    大切な人へ。

    生涯残る、唯一の贈り物。
    Links
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM