<< レモンの樹にどれぐらいの肥料を与えるのか? 私が施肥した1年の記録とその結果・・・ | main | いい日、旅立ち・・・ >>
2019.09.28 Saturday

レモンの成長 2019.9 芽欠きし続けた苗木の芽欠きを、急に止めたらどうなるのか?

0

    JUGEMテーマ:家庭

     

     


     

    レモンの成長 2019.9

     

     

    芽欠きし続けた苗木の芽欠きを、

     

    急に止めたらどうなるのか?

     


     

     

     

    本日 9月28日(土)のこちらの

     

    最高気温 29℃

    最低気温 23℃ の予想との事。

     

     

    だいぶ秋らしい気温になってきました。

     

    晩、窓を開けて寝る事が出来ません。朝、寒くて起きてしまう程になってきました。

     

    コロと一緒に寝出して約3か月。首が少々痛くなってきました。

     

    コロが寝るスペースを確保する為に、私は変な体勢で寝ている様です。 ^^;

     

     

     

     

    さて、本日は28日なので、9月はほぼ終わりです。9月は、暑さが落ち着いた頃から、再び果実の肥大化が始まる時期と言われます。10月は果実の肥大化が止まり、果実が色づく準備を始めます。昨年の写真を見直してみますと、11月2日の写真で、一部が黄色い果実があります。11月24日には、完全なイエローレモンになっています。

     

     

    今年の9月も果実の肥大化は見られましたが、「9月に再度肥大化し始めた。」というより、「8・9月、ずっと日々少しづつ成長を続けた。」と言っても良いのでは?と感じます。 昨年の記事を再度読み直してみますと、9月15日頃に「ここ数日、レモンが急に大きくなってきたねぇ。」と、あばぁさんと会話をしております。なので、やはり9月は再度肥大化する時期であるのは間違いないのだと思います。しかしながら、今年は短期的にグンッと果実が急成長した感じはしなかったのです。8月、9月と日々少しづつ、少しづつ。。。 その年によって、成長の様子も違ってくるのでしょうか?

     

     

    庭植えレモンは、今年、とうとう化けてくれた様です。

     

     

    昨年ようやく1個の果実を収穫出来ましたが、今年は40〜50個の果実を生らせてくれています。レモンぶらぶら状態を実現出来たと思っております。その状態をまとめた記事が「こちら」になります。11月以降は、少しづつイエローレモンへ変化していきますので、10月中旬頃からグリーンレモンとしての収穫をしたいと思います。その際に、「サイズ」と共に「重さ」を量って、最終的な成長具合を判断したいと思っております。

     

     

     

     

    さて、それでは今月も、みんなの様子を記録しておきます。

     

     

     

    👉 鉢植えレモン

     

     

     

     

    鉢植えレモンの果実は、この1ヵ月で急成長してくれたと感じます。

     

    8月17日に3.2冂度でしたので、約1冂成長しています。

     

     

     

     

    大きさにバラツキはあるのですが、全体的に成長してくれています。

     

    と、全体をチェックしておりますと・・・

     

     

     

     

    黄色い葉が数枚ありました。

     

    他の樹(庭植えレモン等)にも数枚程度ですが、ありました。

     

    化成肥料を撒いたのが1ヵ月と10日前、

     

    液肥を撒いたのが2週間前・・・

     

    本日、またまた液肥をみなさんに与えてしまいました。 ^^;

     

     

     

    👉 小鉢強剪定あり

     

     

     

     

    8月も、そして、この9月も、大きな成長を見せませんでした。

     

    特に、元気がなさそうでもないのですが、新たな芽が出て、育っていくというのがありません。

     

     

     

    👉 日向で育てた挿し木苗

     

     

     

     

    当初は、この苗木が一番病弱でした。

     

    上に、上にという感じではなく、横にという感じですが、

     

    それでも成長を見せ始めております。

     

     

    この病弱な苗木を一回り大きな鉢に植え替えて、上の小鉢強剪定ありの苗木と、その成長の違いを比較していってみようかなぁ?と思っていたのですが、一回り大きな鉢に植え替えないでも、同じ程の大きさに育ってきてしまいました。

     

     

    この写真は、7月17日の時の写真です。

     

    この時は、幹の太さが全く違うのが確認できます。

     

     

     

    そして、こちらが本日 9月28日の写真です。

     

    気持ち、幹の太さが近づいてきた様な気がします。

     

     

     

     

    日向で育てた病弱な苗木は、どれだけ面倒を見ても大きな成長を見込めないのかもしれないと思っておりました。しかしながら、後のケアを十分してあげると、元気な苗に戻ってくれるとの結果を出せそうな感じがしてきました。日向で育てた苗木の鉢を一回り大きくして、小鉢強剪定ありの苗木との成長の違いを検証しようと思っていたのが、逆に、小鉢強剪定ありの方を一回り大きな鉢に植え替えて、この2つの成長の違いを見ていこうかと思う程です。どちらにするのかは、もう少し、この2鉢の成長を見てから決めたいと思っています。

     

     

    家のレモンの苗木は、何年経っても実を収穫出来ないなぁ?」と思われていらっしゃる方もいるかもしれません。その原因が何なのかは、じっくり見ていかないと分からない事だと思いますが、

     

    少なくとも、これだけ生まれた時から病弱な苗木でさえ、

    その後、2年間もの間、やはりなかなか元気な成長が出来なかった苗木でさえ、

     

    最終的にはすごく元気な苗木に育つ事が証明できれば・・・

    レモンの果実を収穫出来る苗木に育てる事が出来れば・・・

     

    「私の苗木も、今からでも十分回復させられる」と思って頂ける様になるのではないでしょうか?

    どんな苗木も、何かの(悪い)原因さえ取り除く事が出来れば必ず元気になれる、事を実証していければ良いのになぁと思います。この2つの苗木君達には、暫くの間、この検証にお付き合い願いましょう!

     

     

     

    👉 大鉢強剪定あり

     

     

    この写真は、先月 8月17日の写真です。

     

     

     

    果実を落果させない為に、新芽を毎日の様に芽欠きしていました。

     

    栄養は、新芽の成長には使わないで、果実の成長にだけ回す為に・・・

     

    挿し木で増やして丸2年経過、3年目に入った所の苗木で、

     

    レモンの果実を収穫出来るという事を証明する為に。。。

     

     

     

    芽欠きしても、芽欠きしても、新芽が出てきます。

     

    他の苗木を見ておりますと、新芽が出るのは、一定期間だけ。

     

    その後は、その新芽が成長を始めますが、その後も次々新芽が出て来るという事はない。

     

    その時期が、春(春芽)、夏(夏芽)、秋(秋芽)の3回の一定期間。

     

     

    そのはずなのに、、、

     

    この苗木の新芽は、ずっと、毎朝の様に出てくるのです。

     

    「毎朝芽欠きするの大変だから、もうやめてっ!」と思う程に次々出てきます。

     

     

     _娘造これだけ大きくなってきたのだから、もう落果しないのではないか?

     

    ◆,海譴世泳萋芽欠きした苗木の芽欠きを、急に止めてしまったら、

      その後その苗木はどんな成長を見せるのか?

     

    を見たくなり、急きょ方針変更です。

     

    この芽欠きを止めてみました。(止めた日を正確に記録しておりません。^^;)

     

     

    そして、本日の様子がこちらです。

     

     

     

     

    やはり、方々から新芽が出てきて、急速に成長しております。

     

    上から写真を撮ってみますと・・・

     

     

     

     

    こんな感じです。

     

    ただ、面白い所は、あれだけ毎朝新たな新芽が出ていたのに、方々から新芽が出て、その芽が少し成長を始めると、その後、新芽が出てこなくなったのです。この新しい枝が一定の堅さになったら、新たな新芽を付けるのでしょうか? もっとも、今は秋(芽)なので、次は、春を待たないといけないのかもしれませんが・・・ 又、そう考えると不思議なのですが、秋芽が全く出なかった苗木もあります。これは何が原因なのか? まだまだ分からない事が沢山あります。 ^^; 

     

     

     

    👉 小鉢強剪定なし

     

     

     

     

    この子も、来週旅立ちのご予定となりました。

     

    家を買い替え、新築となったご家庭でしたので、路地植えと思い込んでおりました。

     

    本日確認しましたところ、鉢植えで育てようかと思っているとの事。

     

     

     

    うーーーーん。 

     

    鉢植えとなると、少々成長させ過ぎたかなぁ?と思う程です。

     

    しかたがないので、

     

    当家の鉢植えレモン同様、20ℓ鉢を買ってきて植え替え、

     

    少々、剪定をしてみましょうか? 等と考えております。

     

     

     

    9月は、3月と共に、植え替え・植え付けの適期との事です。

     

    剪定はいかがなものかと思いますが、後日再度お伺いする訳には

     

    いきませんので、ある程度の形にしてお届けしたいと思います。

     

    大学時代の友人なので・・・ ^^

     

     

     

     

    👉 庭植えレモン

     

     

     

     

     

    先述しました通り、少々の成長を見せてくれております。

     

    それでも、まぁ、良い感じでしょうか?

     

     

    昨晩、次男坊がお酒 (焼酎?)に入れたいと1個レモンをとってきていました。

     

    「あぁ、レモンの味や!」と感動のない一言を残しておりましたが・・・

     

     

     

     

    👉 花柚子

     

     

     

     

    さて、最後に花柚子さんです。

     

    実を生らせ過ぎたのか? 全体的に小振りに感じます。

     

    昨年の同時期の写真と比較すると、同じぐらいにも見えるのですが・・・

     

     

     

    レモンの後の収穫となりますので、

     

    最後の最後です・・・ 

     

    今しばらく、様子を見てみましょう。。。 

     

     

     

     

     

     

     

    ほんの少しでも、

     

    面白いと思って頂ければ、

     

    下のバナー(コロ)を

     

    「ポチッ」と押して頂きますと、

     

    これからも、頑張れます!

     

     

    宜しくお願いします。 

     

     

     

     

     


    にほんブログ村

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    コメント
    私も芽欠きをします。
    もう少し成長させたい時に。

    今年から本収穫を始める紅ちゃんが2本あります。
    今年が6年目くらいでしょうか。
    実の数は1本が20個。1本が80個くらい。
    参考に実の数を変えてみました。
    来年の影響度をみようと思いまして。
    現時点では実の大きさが全然違います。
    この感じですと今年の実の味にも差が出るかもしれません。
    2本とも夏芽(秋芽)はほとんど出てきませんでした。
    実に全力のように見えます。
    果樹自身、常に成長を意識していますが子孫を残すことの方に重きを置いています。
    その結果としての新芽です。
    余力の大小が新芽に現れますね。

    実を着けていない苗は数本の枝を兎に角まっすぐ長く。
    最初に選んだ意外の新芽を芽欠きして養分をその数本に集中。
    この方法は幼苗だけで、成木は逆に芽欠きはしません。
    成木は冬に剪定した後は次の冬まで枝はそのまま。
    成木の夏季剪定は樹勢を落とします。
    夏季剪定をしない分、枝でグチャグチャになります。
    それを見越して、冬に9割の枝を間引きます。
    (レモンでは無く、落葉果樹です)
    家のレモンの初生りは8年目でした。
    初生りで100個。
    7年を成長に費やした格好です。
    初生りはそれぞれの環境で違って来ますね。

    これから香酸柑橘の季節です。
    家にも種無しスダチ、種無しカボス、レモン、シークワーサー、ユズがあります。
    香酸柑橘もそれぞれ個性があって面白いですね。

    • 日本一の果実
    • 2019.09.29 Sunday 07:03
    おはようございます
    コロちゃん、この暑い夏を無事過ごせて何よりです。これからもゆっくりのんびりね。

    今朝は寝坊をしてしまい目を覚ますと隣に寝ていた犬と目が合いました。犬は大分前から目覚めていたようなんですが、気を遣って私が起きるのをじっと待っていたようです。愛い奴じゃ。

    師匠の記録を見て凄いなぁ。大人の自由研究だ!と感心しきりです。施肥量もタイミングも私はやはり足りなかったんだな、、庭もきれいだ。

    今はもう話すことも出来なくなってしまった隣のおばあちゃん、、もっといっぱい植物のお話ししたかったな。おばあちゃん家に行くたびに邪魔が入ってしまうので行くのをためらっていましたが、そんなの気にしないでもっといっぱい会いにいけばよかったよ。

    時間を巻き戻したい、、いろんな意味で、です。

    子どもたちには好きなことだけしろとは言えませんが、好きなことがわかっているなら我慢せずに生きていって欲しいですね。食べることも!山盛り唐揚げナイスでした。
    • アナベル
    • 2019.09.29 Sunday 09:31
    コロちゃんとの添い寝が3ヶ月…寝違えそうで大変ですね。
    私も寝ているあいだに猫に圧縮されて、40歳過ぎてから背が8ミリ伸びました。
    レモンの芽かき…したことがありませんでした。
    今までそんなに芽が出たことがなくて^^;
    これから秋芽が出たら、芽かきしたほうがいいのかな?
    • 海月
    • 2019.09.29 Sunday 13:41
    日本一の果実さんへ

    紅ちゃん、計 100個。 凄いですね。私なら食べきれません。^^;
    たぶん、ご近所さんに配って、それでも余ったのは朝市に並べて頂きます。
    頂いたご近所さんはラッキーです。なにせ紅ちゃんですから・・・ ^^

    実の大きさが違う。 この点は、今年かなり意識した部分です。
    庭植えレモンと鉢植えレモンの実の大きさ、昨年はほぼ同じだったのです。なので、今年もほぼ同じものが出来るはず、と思っていました。鉢植えレモンに最初果実を残し過ぎたせいか、小さいものばかりになりました。けれど、結果的には、この9月に急成長を見せてくれて、庭植えレモンよりは小さいものの、遜色ない程の大きさになってくれました。その樹が持っている成長能力迄のものには育ててくれるのかな?(途中で果実の数等を修正していれば)と感じました。庭植えレモンは、今育てられる最高の大きさが、恐らく今の大きさ。これより大きくなったとしたら、それはリスボンではなく、ポンテローザになってしまいます。

    やはり、成木の夏季剪定はしないですか。
    夏枝と秋枝は、基本的には切り取りたいと考えています。(木自体の成長を求めていなければ) 昨年剪定した時に、少し困りました。どの枝が、夏・秋枝なのか分からない。枝の表面の色彩から、なんとなく判る様な気もしますが、それよりも、夏芽が生った時に、或いは、秋芽が生った時にこれを切除すれば、やはりこちらの方が分かり易いと感じたものです。せっかく元気よく芽が出ているのに、そのタイミングで切ってしまうと樹が元気をなくしてしまいそうで、ここが難しいところです。

    柑橘の収穫の時期が近づいてきましたね。昨年以上に楽しみです。
    その数が全く違ってきました。ジュース作りに困りません。^^
    その後、テープを剥がす事が出来る様であれば、熊蜂の巣の様子を見てみたいと思っています。
    アナベルさんへ

    >犬は大分前から目覚めていたようなんですが、気を遣って私が起きるのをじっと待っていたようです。
    これは結構あるあるです。時に、トイレを我慢している時もあり、私が起きると、直ぐに玄関の戸の前まで行って、こちらを振り向く時があります。申し訳ないです。寝ている時と起きる時の狭間といいますか、そのタイミングがあります。そのタイミングで知った事があります。ちょうど私が仰向けからうつ伏せになろうと体をひっくり返した時に、コロを下敷きにしました。コロは飛び起きて、恐る恐る、そして、ひっそりと、部屋を出ていきました。申し訳ないです。^^;

    >大人の自由研究だ!と感心しきりです。
    ありがとうございます。ありがとうございます。 ^^;
    その環境や樹の大きさ、土の状態等、色々な条件で育て方も変わる事だと思いますので、1つの参考・目安にしかならないとは思いますが、少なくとも私がレモン栽培を始めた時は、施肥量等知りたい情報の1つでした。今年、40個程度の果実を収穫出来そうなので、その意味で喜んでいます。つまり、その参考情報に付加価値が付きます。「このやり方で、少なくとも果実の収穫に至る事が出来た」という付加価値です。

    あの時に「あぁすれば良かった」と思う事、ありますよね。
    私にも、時間を巻き戻したいと思う事があります。
    今は、次男坊の就職で、そう思う事の無い様にしたいと考えています。
    再来年の話しですが、次男坊は少し不安、おっとりしているので・・・ ^^;
    海月さんへ

    >猫に圧縮されて、40歳過ぎてから背が8ミリ伸びました。
    猫に圧縮されて背が伸びる事があるのですね。少々驚きです!!
    ドスコイ複数効果でしょうか? しかしながら、8ミリはなかなかですよ!!
    久しぶりにサロンパスを買ったぐらいです。これは・・・ 臭います・・・
    コロは、先ず最初は寄り添って寝るのです。ひっついてきます。
    でも、それでは本当に寝れないのでしょう。そのうち少し離れて、空きスペースに移るのです。私が普通に寝返りをうつと、そのスペースが空きスペースではなくなるのです。なので、私は体を変に捻って空きスペースを守ろうとしている様です。^^;
    私も、捻り過ぎて・・・ 背が伸びるかも??

    芽欠きをした方が良いのか悪いのか? 難しいところですね。
    私の今の感覚は、上記(日本一の果実さんへのコメント)の通りです。
    私がもう少し豆なら、その枝にマーカーをつけて、夏・秋枝は3月に剪定するかもしれません。春枝に生った実しか良い実は育たない様なので・・・
    最も、その樹自体をもっと大きくしたいと思っている場合は、夏芽も秋芽も残して大きく成長させますが。
    久しぶりに訪問させていただきました。
    なかなかの長文を、よませていただきましたが、引き込まれるわぅに
    一気に読みました。
    取り分け、レモンに対する、愛情と根気を感じたのは・・・

    >少なくとも、これだけ生まれた時から病弱な苗木でさえ、
    その後、2年間もの間、やはりなかなか元気な成長が出来なかった苗木でさえ、

    最終的にはすごく元気な苗木に育つ事が証明できれば・・・
    レモンの果実を収穫出来る苗木に育てる事が出来れば・・・

    レモンを育てるための、頼もしい指導書です。

    ご無沙汰しております。 ^^
    菜園の復帰、まだまだ時間を要しそうでしょうか?
    ご自宅は無事とはいえ、「元に戻す」という事は大変ですよね。
    お疲れが出ませんよう。

    >これだけ生まれた時から病弱な苗木でさえ・・・
    この感覚は、他のブロガーさんの記事を読んで感じ始めた事なのです。
    私などは3種程の果樹しか栽培しておりませんので、1つ1つに手間をかけられるからなのでしょうが、沢山の果樹・野菜を育てられている方の中には、「もう何年もレモンを育てていますが、果実が生らないどころか花も咲きませんでした。」というお話しやコメントを書かれている方がいらっしゃいます。私も最初は(今も半信半疑ですが)、「本当に実が生るのかなぁ?」と思っていましたが、それでも「生らす事が出来る」と思う所から何かが始まる様な気がするのです。その意味で、「こんな弱弱しい苗木でも・・・」という結果を残したいと思い始めました。どんな子達からも、どんな状態からでも復活させたいものです。^^;
    今から数年仕事になるかもしれませんが、頑張ってみます!
    お久しぶりです。

    良くブログ見させてもらってますが、コロさんのブログも性格もこまめで凄いと思いながら見させてもらってます!

    実は少し前から私もブログを始めまして、今日少し話した『レモンの木の取り木』を実験してみました。

    興味があれば見てみてください。

    • SSK
    • 2019.10.04 Friday 20:52
    SSKさんへ

    ご無沙汰しております。
    とうとうブログデビューされたのですね! 早速、リンクを貼らせて頂きました! ^^
    しかも・・・ ジュゲムさんですね。 ^^

    「取り木」上手くいかないのです。^^;
    早速、気ままなプーちゃんを拝見させて頂きましたが、
     ヽ鞍蕕鬘閏剥くのではなく、切り込みを入れただけだった。
    ◆’┐蕕靴真絅乾韻魎いていなかった。(ガーゼを巻いていた)
     アルミホイールで更に巻いていなかった。
    ぁ。噂鬼嵋茲乏けてみて、様子を見ていた。(ガーゼを水で濡らす為)
    点が違うなぁと思いました。
    SSKさんのブログを拝見し、次回は、私にも成功の光が見えてきました!!
    凄く分かり易くて助かります。 ^^
    それにしても、立派に沢山根っこが生えています。
    挿し木よりも、成功の確率は高そうですね。
    コメントする








     
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    Calendar
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
    << October 2019 >>
    ご覧頂きありがとうございます。
    @korolemon
    スポンサーリンク
    ランキングに参加しています。ポチっと宜しくお願いします!!
    にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ
    にほんブログ村
    スポンサーリンク
    日本ブログ村ランキング
    PVアクセスランキング にほんブログ村
    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Recent Comment
    • レモンの精油を採れるのでしょうか? アロマオイルを作るために・・・
      korolemon (10/14)
    • レモンの精油を採れるのでしょうか? アロマオイルを作るために・・・
      海月 (10/14)
    • グリーンレモンでの収穫適期は? 先ずは、2個だけとってみた。
      korolemon (10/13)
    • グリーンレモンでの収穫適期は? 先ずは、2個だけとってみた。
      korolemon (10/13)
    • グリーンレモンでの収穫適期は? 先ずは、2個だけとってみた。
      海月 (10/13)
    • グリーンレモンでの収穫適期は? 先ずは、2個だけとってみた。
      アナベル (10/13)
    • いい日、旅立ち・・・
      korolemon (10/10)
    • いい日、旅立ち・・・
      アナベル (10/10)
    • いい日、旅立ち・・・
      korolemon (10/09)
    • いい日、旅立ち・・・
      アナベル (10/09)
    Recommend
    バースデー プレート
    バースデー プレート (JUGEMレビュー »)

    大切な人へ。

    生涯残る、唯一の贈り物。
    Links
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM