<< 犬と一緒に行ける紅葉狩り。 勝尾寺に行ってきた。 | main | やっと火がついたか? 漆喰塗り Part2。 >>
2019.11.24 Sunday

レモンの成長 2019.11 レモンの果実をいつまで樹に生らせておくのか?

0

    JUGEMテーマ:家庭

     

     


     

    レモンの成長 2019.11

     

    レモンの果実をいつまで樹に生らせておくのか?

     


     

     

    令和1年11月24日(日)

     

    本日のこちらの気温は、

     

    最高気温 19℃

    最低気温 14℃  の予想です。

     

     

     

    昨日と今日、比較的暖かな日でした。

     

    なので、頑張って高くなってきた木の剪定等をやってみました。

     

    そんなこんなに時間をかけていますと、

     

    レモンの果実を使うのが後手後手となっています。

     

    今でも、沢山の果実が残っております。 ^^;

     

     

     

     

    もう既に34個の果実を収穫しておりますが、

     

    相当残っております。

     

    50個を予想しておりましたが、

     

    60個オーバーとなるのではないでしょうか?

     

     

    果実は出来るだけ早く収穫した方が、

     

    木に負担をかけなくて済む様です。

     

     

    11月には果実の肥大が完全に終わるという事です。

     

    出来れば11月中に、遅くとも12月中旬には全て収穫したい

     

    と思っておりましたが、どうなるのでしょうか?

     

     

     

    気温が下がってくると、寒さに備える為、

     

    枝葉中の水分を減らしていくとの記載もある様です。

     

    12月中旬には、取り敢えず全て収穫した方が良いかもしれません

     

     

     

    それでは、今月の記録を残しておきたいと思います。

     

     

     

    👉 鉢植えレモン

     

     

     

    果実は全て収穫済みです。

     

     

     

    👉 小鉢強剪定あり

     

     

     

     

     

    👉 日向で育てた挿し木鉢

     

     

    小鉢強剪定ありの苗木と違いが分からなくなってきました。

     

     

     

    👉 大鉢強剪定あり

     

     

     

    こちらの果実も収穫しておりません。

     

    そろそろ取り除かないと、来年の実付きに影響を及ぼすかも・・・

     

     

     

    👉 庭植えレモン

     

     

     

    まだまだ果実が残っております。

     

    いっきに消費する方法は、レモンミックスジュース。

     

    ですが、家族が皆揃っておりませんと飲み干せません。

     

     

    来週にでも、大量生産してみましょうか・・・

     

     

     

    👉 花柚子

     

     

     

    全体的な様子は良いのですが、

     

    先月も記録しましたように・・・

     

     

     

     

    果実が小粒で、果実の表面が黒っぽい。

     

    「葉は綺麗なのに」と思っておりましたが、

     

    葉の裏面が黒いものもありました。

     

     

     

    手で触ってみますと、手は黒くなりません。

     

    なので「すす病」ではないのかな?と思います。

     

     

     

    では、「ミカンサビダニ」なのでしょうか。

     

    「6〜7月に被害が少ない場合でも、8月下旬以降に被害が急激に発生する事例を多く見かけます」

     

    という記事を読みました。

     

    まさにこの状態なのではないでしょうか?

     

     

    ミカンサビダニは小さく、目で見て確認する事ができない為、

     

    防除的に薬を散布するしかないとか・・・

     

    薬は出来るだけ使いたくないのですが・・・

     

     

     

    先日、焼酎を撒いてみました。

     

    その後、拡散は止まり黄色い花柚子も残っています。

     

     

     

     

    焼酎が効いたのかどうかは怪しいですが、

     

    人にやさしい方法を発見したい( ^ω^)・・・

     

     

     

    取り敢えず、このまま様子を見たいと思います。

     

     

     

     

     

    〜 あとがき 〜

     

     

    冒頭に申し上げました通り、

     

    本日、ザイフリボクと山茱萸の木を剪定しました。

     

    あばぁさんから「大きくなり過ぎたので切って欲しい」

     

    と頼まれておりました。

     

    筋肉痛です( ^ω^)・・・

     

     

     

     

    例年は、少し切って、その後梳くという感じでしたが、

     

    今年は、バッサリ切ってみました。

     

     

     

    徒長枝が出るのかもしれません。

     

    或いは、枯れてしまうのかもしれません。

     

     

    でも、思い切って、バッサリいってみました。

     

     

    長男坊が手伝ってくれました。

     

    大変助かります。 一人でするのと大違いです。

     

     

    弟君は、作業を横目に、

     

    「出かけてくる!」と言って・・・・

     

     

     

    さて、今晩、おばぁさんが徳島から帰宅します。

     

    明日、この剪定に気づくのでしょうか? ^^;

     

     

     

     

     

     

    ほんの少しでも、

     

    面白いと思って頂ければ、

     

    下のバナー(コロ)を

     

    「ポチッ」と押して頂きますと、

     

    これからも、頑張れます!

     

     

    宜しくお願いします。 

     

     

     

     

     


    にほんブログ村

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    コメント
    レモンがいい色ですね。
    ところが、「ミカンサビダニ」なんでしょうか。
    葉だけではなく、実にもついてしまったのか、・・・
    焼酎で退治できれば良いですね。
    私も薬は出来るだけ使いたくないので、
    最終判定が出たら教えてください。
    頂いたレモンの木は、来年実を付けてくれると期待しています。

    yukikami27さんへ

    9割程度は黒くなってしまいました。
    見た目が悪くなるだけで食べられると聞きました・・・
    でも、昨年よりも相当小さいのです。
    もう、放っておいても大丈夫!などと安心していたらダメですね。
    次々に試練を与えてくれます。 ^^;
    剪定お疲れ様でした。
    普段使わない筋肉を使うことも大事ですので。
    ザイフリボクは根元から数本間引くと枝同志の感覚が確保出来てスッキリします。
    幹が太くなった時にやることがあります。

    家にも焼け焦げたようなみかんがあります。
    これぞサビダニの典型のような。
    ダニは肉眼で見えませんので予防的に防除するのがコツなのかもしれません。
    ダニは冬と夏の一回づつの防除で大丈夫なのですが。
    防除の意識が一番薄いのがみかんでもあります。

    レモンは暖かい地方であれば5月まで生らしておきますと完熟します。
    酸っぱくなくておいしいとか。
    ただ当地では2月に凍傷に罹って腐ります。
    スダチやカボスの完熟果は鳥が食べて行きます。
    あのシークワーサーも綺麗に。
    香酸柑橘も完熟すれば、それなりに生食出来るかもしれません。


    • 日本一の果実
    • 2019.11.26 Tuesday 06:40
    実っている光景をいつまでも見ていたいけど、木の負担もあるのですね。
    私もオレンジ色の実をつけたバラをばっさり剪定しました。
    自家栽培で食べるものには農薬を使いたくないですよね。
    剪定お疲れ様です。
    ザイフリボクもサンシュユもどちらもずいぶん大きくなるんですね。
    赤い実がたくさん実って小鳥が喜びそう。
    サンシュユって食べられるそうですが、味はどうでした?
    • 海月
    • 2019.11.26 Tuesday 11:39
    日本一の果実さんへ

    >ザイフリボクは根元から数本間引くと枝同志の感覚が確保出来てスッキリします。
    すごく分かります。
    枝同士が重なり合うというより、ぶつかり合っているのです。
    数本、結構下の方からのこぎりで切ってしまいました。
    少し可哀想な気もしましたが、痛そうにも思えまして・・・ ^^;

    今回、初めてサビダニの存在を勉強させて頂きました。
    「目に見えない程小さい」というのがネックです。
    カイガラムシ等であれば、毎週のチェックで見つける事が出来、対処も可能なのですが、気づいた時には真っ黒になっているというのは辛いものです。花柚子についてはガードが甘すぎました。「もう、放っておいても大丈夫」という気持ちが強かったと思います。この感覚はレモンにも通じます。来年、レモンを病気にしていたとしたら、今回の教訓を活かせなかったという事になります。^^;

    5月まで生らせておいても大丈夫ですか?!
    1、2個残してみましょうか。すっばくないレモンを食べてみたくなりました。
    どんな食レポとなるのか、想像もつきません。 ^^
    こちらは住宅に囲まれておりますので、大丈夫かもしれません。
    凍傷覚悟で試してみましょう。 
    海月さんへ

    バラに実があるのですね。またまた初めて知りました。
    少しググると、ローズヒップなるワードが出てきました。全てのバラにつくものではないのですね。やはり、その実の中にあった種を蒔いたのでしょうか? ^^

    「無農薬」、目指したいものです。
    でも、今年は少々お薬りを使ってしまいました。例のテッポウムシ再来を恐れてしまいました。成虫のゴマダラカミキリも、今年は沢山見ました。恐ろしい、恐ろしい。

    あの木のおかげで、沢山鳥たちが来てくれます。
    温かい時期の休日は、あまり飲まないコーヒーを入れ、庭でボーっとしながらコーヒーを飲みます。ゆったりとした時間を感じる事ができます。そこで鳥たちが来てくれていると一層ホッとした気持ちになれます。メジロ・ウグイスだとラッキーです。よく来るのはヒヨドリです。鳴き声がうるさい。^^;
    ちなみに山茱萸の実が食べられる事を知りませんでした。^^; 食べた事がありません。・・・ 今、実が残っていましたのでそのまま食べてみましたが、渋いです。一口と言わず、一かみでアウトでした。^^; ザイフリボクはジャムとかに出来るそうですが、熟す頃には鳥さん達が食べていきます。ぶどうとかと一緒ですね。^^
    コメントする








     
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    Calendar
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031    
    << December 2019 >>
    ご覧頂きありがとうございます。
    @korolemon
    スポンサーリンク
    ランキングに参加しています。ポチっと宜しくお願いします!!
    にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ
    にほんブログ村
    スポンサーリンク
    日本ブログ村ランキング
    PVアクセスランキング にほんブログ村
    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Recent Comment
    Recommend
    バースデー プレート
    バースデー プレート (JUGEMレビュー »)

    大切な人へ。

    生涯残る、唯一の贈り物。
    Links
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM