<< 令和2年お正月。 | main | レモンの成長 2020.1 レモン栽培、冬の寒い時期にしておきたい事 >>
2020.01.05 Sunday

ぶどう棚の屋根増設

0

    JUGEMテーマ:家庭

     

     


     

    ぶどう棚の屋根増設

     


     

     

     

    令和2年1月5日(日)

     

     

    昨年の6月9日、ぶどう棚に雨除け屋根を設置しました。

     

    その時の様子が「こちら」です。

     

     

     

    その時の記事にも記載しましたが、

     

    波板屋根部分が小さく、雨に当たる部分が残りました。

     

    昨年は、その部分をビニールシートでカバーしました。

     

    台風クラスの強風が来ますと、ビニールシートではダメです。

     

    飛んでいってしまいます。

     

     

     

    取り敢えず、枝を傷つけてはいけませんので、

     

    剪定を待って、主枝1本にした所で屋根を増設する事にしていました。

     

     

     

    剪定の適期は、寒さが厳しい1月〜2月との事。

     

    今年は暖かい日が続いておりましたので、剪定の時機をうかがっておりましたが、

     

    結構、皆さんが剪定をされ始めていた様ですので本日行ってみました。

     

     

    本日剪定してみて、、、

     

    切り口からほんの少しの水分が出ておりました。

     

    ポタポタと落ち出して枯らしてしまうという心配は必要ありませんでした。

     

    余念の為、切り口にトップジンMペーストを塗っておきました。

     

     

    あと、昨年の様に、テッポウムシがあっちこっちから出てくる、

     

    という事はありませんでした。 安心です。

     

     

     

     

    本日、思い切って切りました。

     

    主枝1本を残し、他は全て切除しました。

     

     

     * 剪定前

     

     

     * 剪定後

     主枝は、この1年で棚を1周する程に育ちました。

     

     

    剪定には、

     

     |讃壬鯆蝓 粉霽瑤茲1〜3芽残す)

    ◆|羮壬鯆蝓 粉霽瑤茲蝪粥腺恐蟷弔后

     長梢剪定 (基部より7〜9芽残す)

    ぁ…仰江壬鯆蝓粉霽瑤茲蝪隠芦螳幣綮弔后

     

    と種類がある様です。

     

     

    芽を沢山残す剪定は難しいと言われますので、

     

    短梢剪定にしてみました。

     

     

    短梢剪定は、芽が乾燥や寒さで枯れ込む事がある為、厳寒期を過ぎてから行うとも書かれていますが、ここは住宅地なのでそれ程寒くならないと思い込む事にして、ほとんど1芽残しての剪定としてみました。

     

    昨年は、枝が1本もなくなってしまいました。

     

    それと比べれば、まぁ、ましではあるしなぁと安易な考えを持っております。^^;

     

     

     

    どうでしょうか、切り過ぎてしまったでしょうか? ^^;

     

     

     

    まぁ、切ってしまったものはどうしようもありません。

     

    これも経験と思い込む事として、

     

    今春の様子を見てみましょう。

     

     

     

    さて、枝が1本となり、作業がしやすくなった所で屋根の増設に取り掛かりました。

     

    先ず、イレクターパイプの接合部分をはずしてみました。

     

    昔作った箇所なので、針金とガムテープのみで接合していたのです。

     

    これを一端取り除いて、購入してきたジョイントで接合してみました。

     

     

     

     

    ジョイントで接合した後、専用接着剤で接着し、

     

    心もとないので、上下に動かない様にガムテープを巻き、

     

    後は、

     

    周りの柵や、地面に差し込んだ鉄くい(ロープ留め)に、

     

    或いは、イレクターパイプ同士を針金で固定したところ、

     

    作業前と変わらないぐらい汚くなってしまいました。^^;

     

     

     

    しかしながら、専用のジョイントを使ってみて感心した事。

     

    それは、パイプが真っ直ぐになった事。

     

     

     

     

    針金だけで接合していた時は、

     

    そのぴっぱり具合等でパイプが真っ直ぐにならなかったりしていました。

     

    真っ直ぐになるよう引っ張ってみても、別の箇所が斜めになるとか。。

     

    しかしながら、1か所1か所が真っ直ぐ、或いは、きっちりと90度であると、全てが綺麗に仕上がります。

     

     

     

     

    そんなこんなで、

     

    以前、ビニールシートを張っていた場所に、

     

    横にイレクターパイプを1本、

    縦にイレクターパイプを3本設置してみました。

     

     

     

     

    これで、波板屋根を乗せる台が出来上がりました。

     

    本日はここまでとしました。

     

     

    波板屋根は、春先までに作ってみましょう。

     

    ここまで出来れば、「あぁ、出来たかな?」という感じです。

     

     

     

     

     

    当初購入したセキスイフルーツパーゴラから大分変りました。

     

    台風シーズン前には、もう少し補強してみましょう。

     

     

     

    と納得顔で作業しておりますと。。。

     

    おばぁさんが寄ってきて。。。

     

    「今年は、ぶどう何房ほど出来るん?」

     

    「ここまでやっているんやから、50房は生らしたいなぁ。」

     

    「ぶどう50房生ったら嬉しいなぁ。レモンは、沢山使えへんからなぁ。」

     

    「・・・・・ ?????」

     

     

     

    言いたい事は大変良く分かるのです。

     

    数十個のレモンを、どう料理に使えば良いのか?

     

     

     

    でも、でも、

     

    苦節5年。ようやっと、105個の果実を庭植えレモンに生らせたのに。

     

     

     

    しかも、レモンミックスジュースの場合、

     

    沢山のレモンが必要になるし・・・

     

    それが我が家の皆の喜びにもなっていたはずなのに。。。

     

    「生絞りのレモンジュースぐびぐび飲めるなんて贅沢やなぁ。」

     

    あの会話はどこに行ってしまったのでしょうか????

     

     

     

     

    大変良く分かりました。

     

    おばぁさんは、レモンよりもピオーネの方に関心がある様です。

     

    今年こそは、50房の収穫に注力していきましょう。

     

     

    でも、切り過ぎたかなぁ??

     

     

     

     

     

     

     

    ほんの少しでも、

     

    面白いと思って頂ければ、

     

    下のバナー(コロ)を

     

    「ポチッ」と押して頂きますと、

     

    これからも、頑張れます!

     

     

    宜しくお願いします。 

     

     

     

     

     


    にほんブログ村

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    コメント
    100個以上のレモンは凄いです。
    余ったら丸かじりしましょう。(笑)
    目が覚めます。

    ぶどうは長い新梢を残した場合に養分が枝の先の方に流れやすく手前側が芽飛びし易くなります。
    芽キズによって危機感を与えておくと良いかもしれません。
    • 日本一の果実
    • 2020.01.05 Sunday 20:35
    日本一の果実さんへ

    また、今度、ブログに載せようと思っているのですが、
    庭植えレモンに105個、鉢植えレモンに14個の収穫でした。
    庭植えレモンは平均166g、鉢植えレモンは平均112.5gでした。
    庭植えレモンに2個だけ果実を残しております。5月頃まで放っておいて、どれぐらい酸味が無くなるのか試してみようかと思っております。^^

    個数もさることながら、大きさに満足しております。
    今年も同じぐらいの果実を収穫できれば偶然と言えなくなるのではと思っております。^^;

    主枝自体に付いている芽だけを残しているという感じなのです。
    教本等を見ますと、主枝から生えている枝についた芽を1〜3芽残しているので、剪定後主枝1本というより、主枝にゲジゲジの様な足が生えている様な形となっていますが、私の主枝は綺麗に1本だけ残しました、という感じです。ブドウの冬芽には花穂と新梢が既にあるはずなのですよね。主枝自体に付いている冬芽からも花は咲くはずなのですよね! もう切ってしまった後だというのに、訴えかけてもどうにもなりませんね。^^;
    御婆ちゃんの希望は、私にも良く分かります。
    果樹などを植えるとき、本人には夢やポリシーが有って、
    周りから見ると、と言うより恩恵を受けれるものにとっては、
    自分の好みまあって偏りが出ますね。
    私も、レモンは作りたいですが、まあ一本あればいいかとなります。
    しかし、不特定の人に、レモンとピオーネのどちらかをあげると言われれば、
    ピオーネを希望する人の方が、絶対多いと思いますが、ね。
    では、レモンはいらないかと言うと、そうはいきません。
    頂いたレモンの木は、大事に大事に育てます。
    今年あたりは、実が成ってくれるのではないかと、期待しています。
    yukikami27さんへ

    今、「レモン10個とピオーネ1房、どちらがいいですか?」と質問すれば、多くの方が「ピオーネ」がいいと答えるのだろうなぁ、と私もそう思います。^^;
    大きさや出来栄え等にもよりますが、レモン10個の方が値段は高いと思われますが、それでもピオーネと答える人の方が多いかと。。。「レモンって、沢山貰っても。」と思う人が多いと思いますし、いや、なにしろ普通にピオーネの方が美味しいと思われます。

    ですよねぇ、といった感じですね。^^;
    レモンって、栄養だったり、リラックスする効果であったり、色々とメリットがあるのですが、一般的にはピオーネ支持者が多いのでしょう。

    今年は、レモンもピオーネも成功を収めたいものです。
    そしたら、全てがまーーーるく収まりそうです。^^
    棚の建築作業、お疲れ様です。
    前回より進歩があるというのは、うれしいものですね。
    おばあさんのキャラが光っています。
    レモンが100個以上って、すごいと思いますけど、意外に身内はありがたみをわかってくれないものかも。
    レモンやゆずを、甘酢漬けの漬物や酢の物に刻んで入れると、皮ごとけっこうな量を食べられると気付きました。
    • 海月
    • 2020.01.08 Wednesday 10:29
    コンニチハ!
    昔、部活の先輩にレモンのはちみつ漬けを差入れしてた時は
    お小遣いでレモンを買うのが大変だったわ〜〜
    私は今年、1個でも生らせるのが命題です(笑)
    葡萄棚、スッキリ!きれいに仕上がると気持ちがいいですね。
    あとは雨除けですが…
    今日、ものすっごい強風が吹いてませんか?
    こちらは家が揺れるほど(T−T)
    外のハウスが気になるけど出られません〜〜
    海月さんへ

    ぶどう棚については、正直嬉しかったです。^^
    1回目の屋根が出来た時と同じぐらい嬉しかったです。
    何か、屋根を作っただけで「これで立派なぶどうが収穫出来る」という何の根拠もない自信が出て来る様な。。。

    「レモンジュース作って!!」というオーダーは来るのですが、「私が、僕がこれでなにかを作ってみましょう!」という言葉には繋がりません。妻の友人にレモンを15個程差し上げたのですが、その友達から写真付きのメールが妻に届きました。レモン塩やレモンピールやいっぱい作っていました。何やら、そちらの方が嬉しかったです。

    >甘酢漬けの漬物や酢の物に刻んで入れる・・・
    皮ごと結構食べられるというのは吉報です。もう2個しか残っておりませんので、来年チャレンジしてみたいと思います。^^
    gerogeroさんへ

    レモンのはちみつ漬け、そう言えばありましたね。私はサッカーをしていたのですが、やはりレモンのはちみつ漬けを作っていました。作ってくれる後輩はいませんでしたが。。。^^; あの頃は(当然自分でお金を出していないので知りませんが)、今ほど高くはなかった様な、もっと身近な果物だった様なイメージがあります。

    屋根は、もう少し先に作ろうと思います。
    今はあまり必要ではないので、出来るだけ新品状態で春先を迎えようかと。。。

    昨晩「明日は強風」とニュースで聞いておりました。が、私は終日建物の中にいる仕事をしているので、日中の風は分かりません。日中雨が降っているかどうか気付かない日も沢山あります。^^; 棚は大丈夫の様です。写真では見えにくいのですが、結構針金で固定しています。パイプとパイプも、パイプと周囲のフェンスとかとも。波板も間隔をつめて釘を打ちましたし、支えの木の板とも針金で巻き付けましたので、バタバタとした音も鳴りません。今の所、いい感じです。大型台風にも負けなければ良いのですが。^^
    コメントする








     
    Calendar
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    << February 2020 >>
    ご覧頂きありがとうございます。
    @korolemon
    スポンサーリンク
    ランキングに参加しています。ポチっと宜しくお願いします!!
    にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ
    にほんブログ村
    スポンサーリンク
    日本ブログ村ランキング
    PVアクセスランキング にほんブログ村
    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Recent Comment
    Recommend
    バースデー プレート
    バースデー プレート (JUGEMレビュー »)

    大切な人へ。

    生涯残る、唯一の贈り物。
    Links
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM