<< 甘平を箱買いしてみた! | main | カラタチを台木にして、みかんとレモンを接ぎ木。 >>
2020.02.09 Sunday

もう冬が終わってしまう。 暖かくなる。 その前にしておきたい事。

0

    JUGEMテーマ:家庭

     

     


     

    もう冬が終わってしまう。

     

    暖かくなる。

     

    その前にしておきたい事。

     


     

     

    令和2年2月9日(日)

     

     

     本日の予想最低気温     0℃

     

     明日の予想最低気温     2℃

     

     明後日の予想最低気温    2℃

     

     明々後日の予想最低気温  11℃

    (明々後日の予想最高気温  14℃)

     

     

    そして13日以降も、多少の寒の戻りはあっても、

     

    暖かくなるという事です。

     

     

     

     

    ちなみに、昨年の記録を見返してみますと、

     

    平成31年1月27日  最低気温  0℃、最高気温  7℃

     

    平成31年2月24日  最低気温  6℃、最高気温 14℃

     

    平成31年4月14日  最低気温 11℃、最高気温 15℃

     

     

     

    明々後日の予想最低最高気温は、

     

    昨年でいうと、4月14日の気温という事になります。

     

     

     

     

    明々後日には、、、 冬が終わってしまいます!

     

    樹々が、動き出してしまうかもしれません!

     

     

     

     

     

    つい先日、「寒い内にしておきたい事」をまとめた所なのに。

     

    ちなみに、レモンに関しては「こちら」で、

     

    ピオーネに関しては「こちら」に記載しました。

     

     

     

    まとめた先月は、まだジャンパーなしで普通に庭作業ができました。

     

    つまり、「もう少し寒くなってからしよう」という状態。

     

    で、本日2月9日で、冬の早期終了の対応策を検討。。。

     

    どうなっているのでしょうか? 不安です。

     

     

     

    取り急ぎ検討したい事・・・

     

     レモン・花柚子の剪定   昨日実施済

     

    ピオーネの粗皮剥ぎ    昨日実施済

     

     鉢植えレモンの植え替え  2月12日予定とする

     

    柑橘系樹々へ元肥施肥   本日実施予定

     

    穂木の準備        本日実施予定

     

    Α\椶木実施        2月11日 or 12日

     

    Аー液をとる        落ち始めたら

     

     

     

    3月に試験を控えてる私にとってあまりバタ付きたくない時期ですが、

     

    取り敢えず、少し焦ってみましょう。

     

     

     

     

     .譽皀鵝Σ嵳子の剪定

     

      剪定方法を以前まとめた記事が「こちら」です。

     

      これを意識しながら剪定しようと思ったのですが。。。

     

     

    レモンの葉が黄色くなっていたと記載しましたが、

     

    その大半が落ちてしまいました。

     

    と言いましても「ハゲ」になった訳ではなく、

     

    半分程度は葉が残っている状態です。

     

    遠目に見たら、そんなに変でもなく、緑色の葉が多く残っている感じです。

     

     

    だからなのかもしれませんが。。。

     

    切る枝が見当たりません。

     

    もう既にスカスカ、風通しもむっちゃ良い感じです。^^;

     

     

     

      

    という事で無理には切らず、この程度の剪定となりました。

     

     

    昨年は、3月3日に実施しました。その時の様子は「こちら」です。

     

     

     

    これに比べて、花柚子は結構切りました。

     

    全体の1〜3割の枝を切り落とすのを上限とする様ですが。。。

     

     

     

     

     

    3割で済んでいるでしょうか?

     

    一抹の不安はありますが、昨年のミカンハダニの経験もあり、

     

    昨年以上に風通しをよくしようとしてみました。

     

     

     

    そして、こちらが Before Afterです。

     

     

     

    後ろも木であるからか、少し分かり辛いですね。

     

    でも、かなり梳いて風邪通しは良くなったと思われます。

     

    取り急ぎ、これで様子を見たいと思います。

     

     

     

     

    ◆.團ーネの粗皮剥ぎ

     

     

    昨年は2月23日に粗皮剥ぎを実施しています。

     

    その時の様子が「こちら」です。

     

     

    昨年と比較しますと、

     

    既に綺麗と迄は言いませんが、そんなに汚くない様な感じがします。

     

    コツを掴みましたので、ハサミを用いてコツコツと。

     

     

    今回実施した粗皮剥ぎの作業前と作業後の様子です。

     

     

     

     

     

     

     

     

    削っていますと、枝を痛めていないか心配になってきます。

     

    樹液が出ださないだろうか?等々・・・

     

     

    一方、安心したのは「テッポウムシの穴」が見られなかったこと。

     

    「皮を剥いだら、そこに穴がありました」なんて事がないように。。。

     

    祈る様に作業をしておりましたが、無事「穴」を見る事はありませんでした。

     

     

     

    粗皮剥ぎは良いものですね。

     

    幹・枝を隅々迄くまなく見る作業となりますので、

     

    木の様子をチェックするにはもってこいです。

     

    こんなに全てチェックする事はほどんどありません。^^;

     

     

     

    さて、では、

     

    今から朝食をとって、

     

    元肥の施肥をして、

     

    接ぎ木用の穂木の準備をしてみましょう。

     

     

    その後は、お勉強です。

     

    レム睡眠学習です。(半分寝落ちしてます)

     

     

     

    穂木の準備が今日で、

     

    接ぎ木の実施が明後日(11日)か明々後日(12日)。

     

    んーーーーと思うのですがやむなしです。

     

     

     

     

     

     

     

    ほんの少しでも、

     

    面白いと思って頂ければ、

     

    下のバナー(コロ)を

     

    「ポチッ」と押して頂きますと、

     

    これからも、頑張れます!

     

     

    宜しくお願いします。 

     

     

     

     

     


    にほんブログ村

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    コメント
    冬がもう終わる!
    冬の間にしておくことは、何一つやってありません。
    葡萄類の粗皮剥ぎは、今まで一度もやったことがなかったですが、
    大事なことのようですね。
    柑橘類の剪定の計画も、白紙状態です。
    何時も2月中に実施していた、追肥はまだ肥料すら揃えていません。
    korolemonさんの記事が、私の果樹管理のバイブルですと、
    以前から書かせてもらっていましたが、空文と化したような、
    申し訳なく恥ずかしいです。
    当分は老骨に鞭打って、頑張ねば・・・
    yukikami27さんへ

    私もほとんど何もしておりませんでした。
    まだ大丈夫と思っておりました。
    ニュースなどで、「寒の戻りが数日あったとしてもそれだけで、もう暖かくなります。」と聞いてビックリです。しかも明々後日には気温が上がりだし、14日(金)の最低気温などは16℃を予想しています。これではいっきに草木が活動を始めてしまうのではないかと。。。

    ぶどうの粗皮剥ぎに関しては「そこまでしなくても良い。木を甘やかし過ぎだ」というコメントを頂いた事があります。確かに1本の粗皮剥ぎをするだけでも結構時間を要しますので、ぶどう農家さんが全ての木の粗皮剥ぎをしているかは疑問です。病害虫被害に関しては別の何らかの方法により対処し防除可能である、とするならば粗皮剥ぎを絶対にしなければならないという事はないのかもしれません。出来得る限り無農薬栽培を目指している、しかも1本だけ栽培している私などにとっては、しておいた方が少しでも防除効果をあげられるという事なのでしょう。

    先ほど、接ぎ木用の穂木を切り取って、冷蔵庫に保管しました。15〜20冂に育った萌芽前の1年生か2年生枝が良い様なのですが、小さな、短い穂木がほとんどとなってしまいました。カラタチを台木とした初めての試みとなります。上手くいってくれれば良いのですが、不安要素の方が圧倒的に多いです。^^;
    私も何もしておりません(おいっ)
    これから頑張ります〜
    ピオーネのカワハギがつるっつるで心配になりましたが
    こういうものなんですね(@−@)
    春になって巻いていたコモを外して焼却するような?
    害虫のチェックをするうえでも重要なんですね。
    よく見ろってことですね!!

    gerogeroさんへ

    やはり、つるっつるに見えますか? 私もです。^^;
    少し削り過ぎている様にも感じて、幹や枝から樹液が染み出ないか心配です。
    初めて粗皮剥ぎをした時、1回目の写真を載せたのですが、少し物足りなかった様で、2回目を行いました。すると、「これで十分!」というコメントを頂きまして、これぐらいが良いのかというイメージを持っております。^^

    昨年はテッポウムシにえらい目に合わされましたので、こまめなチェックは大事かなと思っております。レモンの樹も熊蜂の巣被害に遭いましたし。完全にアウトの被害って案外あるものなんだなぁと感じています。いずれも、早期発見・早期対処がなんとかなった要因かと思っております。^^;

    もっとも。。。
    gerogeroさんの様に土地が広くて、沢山の作物を育てる事ができたとしたら、今ほどのこまめなチェックは出来ないと思われます。ほんの少し育てているからこそできる技の様な。。。園芸って、やっぱり結構大変ですものね。^^;
    樹皮をはいだピオーネが、盆栽みたいでかっこいいなあ。
    皮はまた生えてくるのかな。
    みかん農家の実家から届くみかんが減ってきて、買う機会が増えました。
    いろんな品種がありますね。
    風邪やインフルに気をつけて、試験勉強もがんばってください。
    • 海月
    • 2020.02.11 Tuesday 15:14
    海月さんへ

    盆栽みたいですか。新たな感覚です。^^;
    色が茶色く、かえって弱く見えます。「ままぁ、裸じゃイヤっ!!」って感じです。
    皮はまた生えてきます。昨年も同じ程度に粗皮剥ぎをしましたので間違いありません。^^ 毎年しなくても良い程度に成長してくれれば良いのですが。。。
    私は、みかん、、、買ってばかりです。いつか。。。作りますっ!!
    そう、お勉強を頑張らないとならないのですが、本日は何もしておりません。朝から接ぎ木をして、昼から妻と散歩(2時間コース)、そして、今から妻とお食事に行ってきます。結婚記念日祝いをしておりませんでしたので。こんなんで受かるのでしょうか? ^^;
    コメントする








     
    Calendar
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    << February 2020 >>
    ご覧頂きありがとうございます。
    @korolemon
    スポンサーリンク
    ランキングに参加しています。ポチっと宜しくお願いします!!
    にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ
    にほんブログ村
    スポンサーリンク
    日本ブログ村ランキング
    PVアクセスランキング にほんブログ村
    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Recent Comment
    Recommend
    バースデー プレート
    バースデー プレート (JUGEMレビュー »)

    大切な人へ。

    生涯残る、唯一の贈り物。
    Links
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM