<< ぶどう ピオーネの害虫 テッポウムシ(鉄砲虫)の駆除 | main | 2週間後のレモン塩 >>
2018.02.04 Sunday

レモンの接ぎ木 1本のレモンの木に多品種接ぎを試してみる!

0

    JUGEMテーマ:家庭

     

     

     


    レモンの接ぎ木

     

    1本のレモンの木に多品種接ぎを試してみる!


     

     

     

    昨年、「レモンの挿し木」にチャレンジして

     

    みました。

     

     

     

    今年は、「レモンの接ぎ木」にチャレンジ

     

    してみようと思います。

     

     

     

    「何故、レモンの苗木の大半は、接ぎ木によ

     

    って出来た苗木なのでしょうか?」は、

     

    レモンの育て方」で触れてみました。

     

     

    尚の事、接ぎ木の経験を持ち、その結果を

     

    記録していきたいと思います。

     

     

     

    当初は、柚子の木にレモンの枝を接ぎ木して

     

    みようかと思ってました。

     

     

    接ぎ木を経験するためと言っても、

     

    リスボンの木にリスボンの穂木を

     

    接ぎ木しても・・・

     

    と思っただけのことです。

     

     

     

     

    そんな中、コメントを頂きました。

     

     

    「接ぎ木で遊べば、面白いレモンの木になり

     

    ます。収穫時期を意識して接ぐ品種を決めな

     

    いといけません。数品種を接げば、9月下旬

     

    頃から12月いっぱいまで順番にレモンを楽

     

    しめます。形・色もいろいろのレモン。遊び

     

    心いっぱい詰め込んだレモン・・・」

     

     

     

     

    多品種接ぎの存在は知っていましたが・・

     

    当然のことながら、自身でしようとは思った

     

    ことは一度もなく(穂木を集める事すら

     

    難しい)、でも、「穂木もプレゼントさせて

     

    頂きます。」とのお言葉も添えて頂き、

     

    ありがたく頂戴することにしました。

     

     

     

    多品種接ぎを「自身で試してみよう」と

     

    思った瞬間でした。

     

     

     

     

    👉 接ぎ木の適期

     

     

    いろいろな書物を読んでいますと、「接ぎ木

     

    の適期は4月」が多かったように思います。

     

     

    で、私も4月に接ぎ木実施予定でしたが、

     

    「柑橘の接ぎ木は、3月の第一週あたりがベ

     

    ストかと思います。4月は既に根が動き始め

     

    ていますので少し遅いです。接ぎ木は根が動

     

    き始める直前がベスト。」とのコメントを頂

     

    戴しました。

     

     

    「接ぎ木適期は樹種ごとに違います。緑枝接

     

    ぎもありますし、秋接ぎもあります。」とは

     

    続くのですが。

     

     

     

    私の接ぎ木は、3月の1周目に接ぎ木を実施

     

    予定としてみましょう。

     

     

     

     

    👉 穂木の採取

     

     

    台木に接ぐ枝のことを穂木というようです。

     

     

    穂木は、接ぎ木をする直前に他の木から切り

     

    取り、接ぎ木に使用するのではなく、枝の生

     

    育が緩慢な寒いうちに切り取り準備し、接ぎ

     

    木を行うまで冷蔵庫等(5℃〜8℃)で保存

     

    しておく必要があるようです。これは、発芽

     

    した枝は穂木としては不適である為、まだ寒

     

    い時期、萌芽前の1年生か2年生枝を切り取

     

    り、台木の樹液の流動が盛んになる接ぎ木適

     

    になるまで保管する必要があるということ

     

    のようです。

     

     

    但し、穂木の貯蔵期間は短いほうが失敗しに

     

    くいようなので、そのタイミングには留意し

     

    たいものです。

     

    穂木の鮮度と、接ぎ木の適期のどちらを選ぶ

     

    かと言うと、鮮度だという事です。

     

     

     

    穂木として適切な枝は、濃い緑色でしっかり

     

    している充実した前年の春枝や夏枝のようで

     

    す(太さ、5〜8伉度)。又、適当な太さ

     

    の2年生枝も穂木として使用できるようで

     

    す。色、形、堅さ等をしっかり見て、元気な

     

    充実した枝を選びたいものです。

     

     

     

     

    👉 穂木の保存方法

     

     

    1〜2芽ついている状態の枝を20冂度に

     

    切り、葉をつけ根で切り取り落とします。接

     

    ぎ木を行うまで乾燥させず、又、カビさせな

     

    いようにポリ袋に入れて冷蔵庫の野菜室等で

     

    保存します。ポリ袋に入れた後は、空気を抜

     

    いて密封した方が良いようです。使用する

     

    際、みずみずしさが保たれていればOKとの

     

    こと。

     

     

    冷蔵庫で保存する際、新聞紙でくるまず、穂

     

    木だけをビニール袋に入れ、グルグル巻きに

     

    するのが一番新鮮度を保てるとのことです。

     

    新聞紙を濡らして保湿すると過湿でカビ易く

     

    なるようです。

     

     

    又、穂木を入れたポリ袋は、7日に1回程度

     

    の割合で袋を開けて、ガスを入れ替えると

     

    良いようです。

     

     

     

     

     

     

     

    👉 接ぎ木の方法

     

     

    穂木の違いにより、枝を接ぐ「枝接ぎ」と、

     

    芽だけを接ぐ「芽接ぎ」に分かれます。

     

     

    又、「枝接ぎ」は、台木の切り方によって、

     

    「切り接ぎ」「割り接ぎ」「腹接ぎ」に

     

    分かれます。

     

     

    「切り接ぎ」が素人には成功しやすいよう

     

    なので、「切り接ぎ」を試してみます。

     

     

     

     

    👉 「切り接ぎ」、成功のポイント

     

     

    1、形成層を合わせる

     

    枝は、皮部分の樹皮と中の部分の木部に分か

     

    れます。そして、樹皮と木部の境(飴色の細

     

    胞層)を形成層といいます。

     

     

    今、台木と穂木の太さが同じであれば、切っ

     

    た部分どうしを張り合わせた時、形成層の位

     

    置も合ってくる確率は高くなります。接ぎ合

     

    わせた形成層が2本とも合うと、接ぎ木の成

     

    功率も高くなるようです。しかしながら、全

     

    く同じ太さのものを揃えるのは難しいので、

     

    その場合には、片方だけでも形成層をしっか

     

    りと合わせるようにします

     

     

    形成層では、細胞分裂が行われているので、

     

    台木と穂木の形成層が合うことで、新しい細

     

    胞が作られ接合するようです。

     

     

     

     

     

     

    2、乾燥しないようにする

     

    台木や穂木の切り口が乾燥しないように注意

     

    します。具体的には、枝を切ったら直ぐに接

     

    ぎ合わせたり、又、接ぎ木をした後、半年は

     

    接ぎ木をした部分を触らないように注意しま

     

    す。特に、台木と穂木を接ぎ合わせる時、

     

    着面に隙間があると必ず失敗するので、ぴっ

     

    たりと合うように、切り口を平らにするよう

     

    に注意します。

     

     

     

    台木に穂木を接いだら、接ぎ木部を接ぎ木テ

     

    ープかビニールテープでしっかり固定。

     

     

     

     

     

     

     

     

    [商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

    Sun Garden 接ぎ木ナイフ H255×W78×D4(mm)
    価格:1371円(税込、送料別) (2018/2/5時点)

     

     

     

     

    この一連の作業については、実際に接ぎ木を

     

    行う時に、作業の写真とともにアップしてい

     

    きたいと思います。

     

     

     

    その後は、この作業が合っているかどうか、

     

    順調に育つのか、その後を観察し検証です。

     

     

     

    この多品種接ぎのブログを作成している途中

     

    で、穂木を頂戴しました。

     

     

     

     

    みずみずしい、立派な穂木です!

     

     

     

     

    穂木となっているものや、

     

    根っこが付いている苗木も。

     

     

     

    リスボンレモン

     

    アレンユーレカレモン

     

    ナベリーナ等のみかん

     

    台木として重宝するカラタチもありました。

     

     

     

     

    早速、それぞれビニール袋に入れ直して、

     

    冷蔵庫で保管。

     

     

    1週間毎に、

     

    ガス抜きとして袋から出してみましょう。

     

     

     

     

    ただ、鮮度を取るなら・・・

     

    3月の1周目ではなく、

     

    2月18日(日)を、

     

    接ぎ木実施予定日としたいと思います。

     

     

     

    少し拡大した写真です。

     

     

     

     

    大事に育てて行きたいものです。

     

     

     

     

    根っこつきの苗も・・・

     

    早速、鉢を買ってきました。

     

     

     

     

    左側3つが、私が使用する目的で購入した

     

    プラスチック製の鉢。

     

     

    そして、右端が妻が使用する目的で購入した

     

    素焼きの鉢。

     

     

    今、並べて置いて写真を撮った意味は、

     

    特にはございません。( ^ω^)・・・

     

     

     

     

     

    動かすには、軽くて良いのです!!

     

     

     

     

    さぁ、穂木も揃いました。

     

    18日を心待ちに待ってみます。

     

     

     

    ・・・・・・・・・・・

     

    2月18日

     

    実際に接ぎ木をしてみた時の

     

    記事が「こちら」から読めます!

     

     

    ・・・・・・・・・・・・

     

     

     

     

     

    下のバナー(コロ)を

     

    「ポチッ」と押して頂きますと、

     

    大変、助かります!!

     

     

    宜しくお願いします。 おじぎ の画像

     

     

     

     

     


    にほんブログ村

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    コメント
    接木も最初は失敗するかもしれませんが慣れれば接いだ時点で成功かどうか分かります。
    形成層は片側が合っていれば成功します。
    形成層は穂木の真っ直ぐに削った方と斜めの方の両面があります。
    斜め側の方の形成層も合えばさらに確率が上がります。
    なので斜めの方を少し鋭角に長めに削ると良いと思います。
    斜め部分を45°より30°くらいの尖ったイメージ。
    (形成層のあわせ距離が長くなります。)
    そして斜めに削る面をまっすぐに削った面と並行になるようなイメージで。
    (真横から見ると面と面が角度がなく直線に見えるように。表現が難しいですが。)
    削る面がピッタリ合っていないと形成層も合いませんし、テープを巻く時にずれ易いです。

    あと大事なことがあります。
    保湿が大切で接木後はビニール袋を被せて紐で縛っておいて下さい。
    枝も呼吸してますので自分で保湿することになります。


    • 日本一の果実
    • 2018.02.05 Monday 20:45
    日本一の果実さんへ

    コメントありがとうございます。

    本当に具体的なご指導、誠にありがとうございます。
    恐らくは、お伝え頂いた事、理解出来たと思いますが、
    18日接ぎ木を実施した際、写真付きでアップさせて頂きます。
    私の理解が間違っているようでしたら、又、ご指摘頂けると大変助かります。

    「綺麗に切る事」も、大事なポイントなのかな?と思いまして、
    接ぎ木用のナイフを購入しました。
    あと、ニューメデールと。
    ホームセンターに行ってみたのですが、私の探し方が悪かったのか、
    2か所も回ったのに、探せませんでした。
    なので、ネットで購入しましたので、未だ到着してません。

    だいぶんと、「楽しみ」という感覚を超えて、「興奮」してきました!
    18日が楽しみです!!
    因みに私は細い枝はカッターナイフを使っています。
    細枝ほどカッターナイフがやり易いです。
    一番細い枝は2mmの楊枝サイズまで。

    接木は切り接ぎと割り接ぎが良く用いられます。
    私も両方行いますが、多いのは切り接ぎです。
    慣れない時は割り接ぎの方が安定してテープが巻けます。
    柑橘は切り接ぎと割り接ぎで成功率に大差が無いと思います。
    割り接ぎは鋭利で尖らせるくらいのイメージで。

    • 日本一の果実
    • 2018.02.06 Tuesday 07:47
    日本一の果実さんへ

    コメントありがとうございます。
    いろいろな書物や、ユーチューブ等も見ました。
    経験があまりない人は、まな板の上に載せて切ると切りやすい等の説明がありました。接ぎ木ナイフですと、スパッと切れて、良い感じでした。
    なので購入したのですが、カッターナイフの方がやり易いですか。

    プロの方は、手に持ったまま両面スパッ、スパッと切っていましたが、
    私などがすると、平行にならないと思いました。 ^^;
    なので、まな板の上で・・・
    これなら、切った方と平行に切れるような気がする、と思いました。
    一度、別の枝で接ぎ木ナイフと、カッターナイフと使ってみようと思います!

    通信講座のようになってきましたね。(笑)

    例えばカーブした枝のカーブした面を平らに削るのはかなり難しいです。
    そう言ったカーブした枝は側面を削ります。
    その場合に平面は出ますが形成層もカーブしますので形成層のあわせ面は減ります。
    (カーブした枝は丸い枝より楕円のような枝に多いです。)
    但しこちらの方が成功します。
    丸々形成層が良いのですが一部の形成層からでも活着します。(時間が掛かりますが。)
    台木と穂木に隙間を生じますと間違いなく失敗します。

    穂木を平らに削る時に、一般的には手前から奥に切ります。
    平らにならなかった場合は、出っ張った部分を反対側から手前に削り込んで下さい。
    補正して平らに。

    さらにその先。(笑)
    接木した後、暖かくなりますと接いだ枝より手前から台木側の新芽が出てきます。
    木は接いだ枝より台木の新芽に養分を送ります。
    これを放置すると接いだ枝は養分不足で枯れます。
    台木側の元気の良い新芽はその都度欠いて下さい。
    接いだ部分よりすぐ下から元気の良い新芽が出て来ますので。
    • 日本一の果実
    • 2018.02.07 Wednesday 07:26
    日本一の果実さんへ

    コメントありがとうございます。
    冗談ではなく、本当に講座です。
    大変お忙しい中、詳細にご指導頂き、本当にありがたいと思っております。
    先生と呼ばせて頂きたい程に・・・ 

    今日のコメント、妻にも伝えました。
    一字一句読み上げました。
    形成層、台木、穂木などの言葉が分からないせいか、「私には難しすぎる。」という言葉はあったものの、「良かったね。」と微笑んでくれました。 ^^

    いろいろな本を読みました。
    よく思った事。
    今、分からない事、教えてほしい事をピンポイントで教えて頂ければ・・・
    そう思っている初心者は沢山いてると思います。
    その方達に、少しでも実際に育てている中でのノウハウ記事が書ければ、「私もやってみようかな?」と思う人がもっとふえるのでは?と思います。

    でも、それよりも、知識や経験が豊富な人に聞ける場所・機会があれば・・・
    本当に、授業料を払ってでも、と思う人はいるのではないでしょうか?
    私も、一度、プロの蒲萄農園の方をご紹介頂き、教えを乞いに行った事があります。
    2〜3時間では、限りがありますが・・・

    日本一の果実さんなら、本当にそれができるなぁと思います。

    今日のコメントに十分留意しながら、接ぎ木にチャレンジしてみます!
    これからも、いろいろな経験を積んでいければと思います。
    いつの日か、少しでも経験則に基づいた記事が、「なるほどね」と思って頂けるような記事が書けるようになる為に。

    本当にありがとうございました
    お時間の許す限り、今後ともご指導ご鞭撻の程、宜しくお願い致します。 ^^



    コメントする








     
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    Calendar
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    252627282930 
    << November 2018 >>
    ご覧頂きありがとうございます。
    @korolemon
    スポンサーリンク
    ランキングに参加しています。宜しくお願いします!!
    にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ
    にほんブログ村
    ブログ感覚でHPを簡単作成
    日本ブログ村ランキング
    PVアクセスランキング にほんブログ村
    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Recent Comment
    • レモンの成長 30.11 秋肥の施肥とイエローレモン そろそろ寒さにも要注意!
      korolemon (11/18)
    • レモンの成長 30.11 秋肥の施肥とイエローレモン そろそろ寒さにも要注意!
      gerogero (11/18)
    • 花柚子の実が黄色くなりました。平成30年度 今年の出来栄え。
      korolemon (11/16)
    • 花柚子の実が黄色くなりました。平成30年度 今年の出来栄え。
      海月 (11/16)
    • 花柚子の実が黄色くなりました。平成30年度 今年の出来栄え。
      korolemon (11/15)
    • 花柚子の実が黄色くなりました。平成30年度 今年の出来栄え。
      gerogero (11/15)
    • 花柚子の実が黄色くなりました。平成30年度 今年の出来栄え。
      korolemon (11/14)
    • 花柚子の実が黄色くなりました。平成30年度 今年の出来栄え。
      yukikami27 (11/14)
    • 花柚子の実が黄色くなりました。平成30年度 今年の出来栄え。
      korolemon (11/14)
    • 花柚子の実が黄色くなりました。平成30年度 今年の出来栄え。
      日本一の果実 (11/13)
    Recommend
    バースデー プレート
    バースデー プレート (JUGEMレビュー »)

    大切な人へ。

    生涯残る、唯一の贈り物。
    Links
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM